1. TOP
  2. ネパール旅行で世界遺産好きが外せないカトマンズのおすすめ観光地 厳選10選

ネパール旅行で世界遺産好きが外せないカトマンズのおすすめ観光地 厳選10選

ネパールの首都にして最大の都市、それがカトマンズです。ヒンドゥー教、仏教などさまざまな宗教的施設をおもな観光地としており、カトマンズ渓谷はユネスコの世界遺産にも登録されています。

ヒマラヤ登山、周辺トレッキングのためにカトマンズを拠点に長期滞在する方も多いです。
そんなカトマンズの観光スポットを見てみましょう。

Sponsored Link

カトマンズの谷

5136942634_d486916935_o
画像出典:www.flickr.com

世界遺産にも登録されているカトマンズそのものが第一におススメしたい観光スポットです。チベット文化圏らしい寺院も見どころですが、街そのものにも魅力があります。

なんといっても面白いのは、世界遺産と人々の素朴な暮らしが融合しているところ。ネパールでは最大の街ですが田舎の素朴な雰囲気も持ち合わせているので、いるだけでも癒やされます。

 

施設名:カトマンズの谷
英名:Kathmandu Valley

 

パシュパティナート寺院

katok2
画像出典:http://commons.wikimedia.org/wiki/

ネパールでは最大級のヒンドゥー教寺院で、祀られているのは日本でもよく知られているシヴァ神。寺院にはヒンドゥー教徒以外は入れませんが、火葬場などは見られます。

日によってはバグマティ川に隣接した火葬場での葬儀を見ることもありますので、静かに見守りましょう。外から見ているだけでも敬虔で厳かな雰囲気を感じられる場所です。

 

施設名:パシュパティナート寺院
英名:Pashupatinath Temple
住所:Pashupati Nath Road, Kathmandu 44621

 

ダルバール広場

katok3
画像出典:http://commons.wikimedia.org/wiki/

さまざまな寺院が立ち並ぶ広場で、観光客にも大人気の場所です。小さな小屋のようなところで入場料を支払ったあとは、広場内をあちこち散策してみましょう。

広場内にある寺院を巡っていくのもよいですが、地元の人に倣って階段などに座りのんびりするのもおススメです。カトマンズの人々にとっては、気軽に休める公園のような場所とのことです。

 

施設名:ダルバール広場
英名:Durbar Square
住所:Ganga Path, Kathamndu, 44600

 

スワヤンブナート

katok4
画像出典:http://pt.wikipedia.org/wiki/Swayambhunath

もしもカトマンズでたった1つしか観光スポットに行けないとしてもここだけは!というのが、ネパール仏教の寺院であるスワヤンブナートです。

特徴的なのは仏塔に描かれたブッダの目で、この場所から森羅万象を見渡していると言われています。仏塔の周辺を左回りに回りながらマニ車をぐるぐる回す『コルラ』をぜひやってみてください。

 

施設名:スワヤンブナート
英名:Swayambhunath
住所:Kathmandu, Nepal

 

ボーダナート

katok5
画像出典:http://it.wikipedia.org/wiki/Boudhanath

ネパールでは最大のチベット仏教の仏塔で、ブッダの骨が埋められています。チベット仏教徒にとっては非常に大切な場所で、巡礼に来る人も絶えません。

この仏塔の中心から出ている5色の旗、ネパールの仏塔にはよくある旗はタルチョというもので、人々の健康や幸せを願うシンボルです。タルチョの美しさや込められた願いもとどめながら、仏塔を見てみましょう。

 

施設名:ボーダナート
英名:Boudhanath
住所:Boudhanath Nepal

 

カーラ バイラブ

katok6
画像出典:http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Bhairava_temples

独特の表情で世界中の観光客に人気なのが、カーラ バイラブという神像です。破壊神であるシヴァの化身で左手に生首を持っているのですが表情がどこかとぼけていて、女性や子供にも人気です。

像の周辺ではお参りセットを販売しているので、地元の人のようにお参りをしてみるのもよいかもしれません。夜になると明かりで幻想的な雰囲気になるので、夕方ころに行くのがおススメです。

 

施設名:カーラ バイラブ
英名:Kala Bairav
住所:Kala Bairav. Durbar Square, Kathmandu

 

アンナプルナ寺院

katok7
画像出典:http://commons.wikimedia.org/wiki/

カトマンズの市場通りであるアサン・チョークのすぐそば、にぎやかな場所に位置する寺院です。大きな三重の搭が目印で、存在感があるので見つけやすいです。

外から見ると日本のお寺に似ている感じもあるのですが、中は黄金色が基調でやや派手です。祀られているのは豊穣の女神であるアンナプルナ。この周辺にはほかにも2つの寺院があるので行ってみましょう。

 

施設名:アンナプルナ寺院
英名:Annapurna Temple
住所:Ason Tole, Kahmandu

 

ハヌマンドカ (旧王宮)

katok8
画像出典:http://commons.wikimedia.org/wiki/

ダルバール広場に位置する建物で、17世紀にネワール様式で建てられました。ハヌマンというのはヒンドゥー教のサルの神様で、ドカは門を意味します。ハヌマンがドカを守るという名前です。

ハヌマンドカでぜひチェックしたいのは装飾です。ネワール様式ならではの繊細な木彫りは、制作過程を想像すると気が遠くなりそうなほどです。

 

施設名:ハヌマンドカ (旧王宮)
英名:Hanuman Dhoka
住所:Hanuman Dhoka, Kathmandu

 

ガッディ バイタック

katok9
画像出典:http://commons.wikimedia.org/wiki/

ハヌマンドカの一部として建てられた建物ですが、カトマンズの観光スポットではめったにない西洋建築が特徴です。ロンドンのナショナルギャラリーがモデルと言われています。

周囲の建物からは完全に浮いた存在ですが、逆にそのなじんでいない感じが面白いと感じる方も多く、ハヌマンドカなどと一緒に観光に行くのがおススメ。実際に見てみるとかなり大きいです。

 

施設名:ガッディ バイタック
英名:Gaddhi Baithak
住所:Sajha Mrg, Kathmandu

 

アサン広場

katok10
画像出典:http://www.panoramio.com/photo/511105

ダルバール広場の近くにあります観光客はもちろん地元の方も日常的に利用するような庶民派の市場です。早朝から夜まで、人を変え品を変え1日中にぎわっています。

露店では野菜などの生鮮品から小物、バッグなどの服飾用品までさまざまなものを売っているので、おみやげに買っていくのもおススメ。バイクが多いので、歩くときは気をつけましょう。

 

施設名:アサン広場
英名:Asan Chowk
住所:Bhotahity Rd, Kathmandu, Nepal

 

 

寺院を中心としたカトマンズの10の観光スポットはいかがでしたか?どこの寺院に入るときにも大体ガイドを買って出る方がいて、頼むと法外な料金を取られることが多いです。

必要ない場合は、できるだけ早めに断るようにしてください。また、これらの寺院は地元の方にとっては心を寄せる大切な場所。お祈りの邪魔にならないように見学しましょう。

また、2015年5月に起きた大地震の影響で現在は崩壊してしまっている世界遺産、寺院も多いです。観光を楽しむことは現地にお金を落とすといういみでも重要ですが、現地住民んへの配慮も心がけを求められることもあるでしょう。


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

chihiro

この人が書いた記事

  • 実は日本にもたくさんある!綺麗すぎて感動する絶景スポット10選

  • まるでファンタジー!幻想的な世界遺産トップ10!

  • 綺麗なビーチならココ!世界の絶景ビーチリゾート10選

  • 彼女をときめかせるホワイトデープラン♪デートスポット特集2017

関連記事

  • 南国スイーツも小籠包も!台湾 高雄のグルメレストラン 厳選20選

  • 失敗しない韓国女子旅!これだけはソウルで必ずやっておきたい10のこと

  • 日本語対応OK、観光に便利な台北のおすすめホテル 厳選4選

  • 朝食からデザートまで!本場台湾で食べたい台湾フード7選

  • 松月洞童話村?メルヘン好きにおすすめ!今韓国で最も穴場な観光地

  • 旅行中なのに自宅並みに安らげるネパール・ポカラのホテル 厳選10選