• 中国・台湾・東アジア
    韓国旅行の熟練が教えるソウルの市バス・マウルバスの乗り方と降り方
    2015年4月26日
  • silverfern オセアニア
    ニュージーランド旅行・観光で必ず見たい絶景 厳選12選
    2015年4月15日
  • 旅行のスキル
    旅行中の日焼け止めはコレで決まり!敏感肌の私がやっと見つけた紫外線対策に最適なUVケアクリーム!
    2016年5月5日
  • トレンド
    ロマンチック♪好きな人と絶対行きたい都内バレンタインデーデートスポット2016
    2015年1月21日
  • 東南アジア
    天才建築家ジェフリー・バワが手がけたスリランカのホテル 厳選3選
    2015年4月30日
  • 北米
    雄大豪壮!アメリカ・セドナの超いやし系な絶景厳選5選
    2015年3月18日
  • 中国・台湾・東アジア
    濃いソウル観光をお望みの旅行者にはブルーバス143番がおすすめ
    2015年5月26日
  • ヨーロッパ
    パリよりも充実?フランスの美しい田舎町厳選5選
    2015年3月3日
  • 中国・台湾・東アジア
    世界一周旅行中の私がおすすめする東チベットの街 厳選3選と絶景写真
    2015年7月10日
  • rusty tructor オセアニア
    観光客が驚愕!ニュージーランドの驚くべき習慣厳選7選
    2015年3月21日
韓国旅行の熟練が教えるソウルの市バス・マウルバスの乗り方と降り方
スポンサーリンク

旅に移動はつきものです。

さて、目的地までどうやって行きましょうか…

歩きますか? 乗り物に乗った方が楽に移動ができますね。

鉄道、地下鉄、タクシー、バスなどありますが、

その中でも ソウル市民の足として大活躍のバスに乗ってみませんか?

ソウル市内には、バス網が張り巡らされています。

地下鉄と違って、目的地の至近距離まで行けてしまうところがその魅力ですね。

この ゴールデンウィークに訪韓される方に参考にしてもらえるように

バスの乗り方を具体的にお話ししたいと思います。

バスの種類と運賃

ソウルの市内を走るバスは5種類あります。

色分けされているので見分けるのは簡単だと思います。

ソウルと郊外を結ぶ レッドバス (広域バス)

こちらは、停留所と停留所の間が長く、乗り間違えや乗り過ごしたときの

対応が難しいので、上級者向けです。  バスに乗り慣れてからトライしてください。1517013_1_65

市内の幹線道路を走る ブルーバス (幹線バス)

起点から終点まで長い距離を走りますが、

だいたいの経路を知っておけば、使い勝手の非常にいいバスです。

1517013_1_63

 

ソウル旅行初心者も安心!マウルバス鍾路11番で三清洞の行き方説明します

濃いソウル観光をお望みの旅行者にはブルーバス143番がおすすめ

 

地下鉄の駅や幹線バスとの連絡など乗り換えを便利にする グリーンバス (支線バス)

ブルーバスと併用して地下鉄への乗り換えなど、こちらも使い勝手いいバスです。

1517013_1_64都心を巡回する イエローバス (循環バス)

1517013_1_66

※画像は韓国観光公社公式サイトよりお借りしました

そして、最後に支線バスの中でも走行距離が短い マウルバス (近距離バス)

狭い範囲をぐるぐる回るため、小回りがきくように小型のマイクロバスです。

短い距離でもソウル市内は急な坂が多く、足代わりになってくれる強い味方です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スポンサーリンク

バスに乗車する困難さ

バス停に立ってみて路線図を目の当たりにするとオールハングルで驚きます。

ハングルが読めればまったく問題はなく、バスの乗車もさっさとできるはずですが、

旅行客でハングルが読めない方にも バスの小旅行を楽しんでいただけるように

走行距離の短い、しかも停留所と停留所の間が近い マウルバス 

ご紹介したいと思います。

 

体力のある限り歩き続けるのも1つの方法ですが、移動はバスにして

時間を節約し、もう1ヶ所余分に寄り道をしてみるのもいいでしょ。

バスに乗車する前に

バスに乗車するにあたり、まず準備してもらいたいものは 「Tマネー」 です。

「Tマネー」 とは、プリペイド式の交通カードです。

日本でいう JR東日本の 「SUICA(スイカ)」 JR西日本の 「Icoca(イコカ)」

東海地区の 「manaca(マナカ)」 と同じですね。

まずカード本体を購入し、希望の金額をチャージすれば

地下鉄、バス、タクシー、コインロッカー、買い物等に使用できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カードは、地下鉄駅構内やコンビニや雑貨を扱うお店にも置いてあります。

チャージは、地下鉄などの改札付近にチャージ機が設置してあるので

日本語の音声ガイダンスを選択すれば 簡単にチャージができますよ。

また、コンビニでもできます。

 

そのときは「チュンジョンネ ジュセヨ(チャージしてください)」と言い、

現金を出してください。

 

カード 本体 価格 2500ウォン(275円)~3000ウォン(330円)

最近では、韓国国内どこでもこの1枚で 利用できる「全国互換カード」も発売されています。

更に、これらのカードを使うと、いちいちキップを買う煩わしさもなくなり、

小銭が増えることもなく、通常の料金よりも割引となります。

 

ブルーバス・グリーンバス は、1150ウォン(126円) → 1050ウォン(115円)

マウルバスは、850ウォン(92円) → 750ウォン(82円)

さあ、Tマネーカードの準備ができたら、いよいよバスに乗りましょう。

スポンサーリンク
関連キーワード
  • 韓国旅行でwifiプリペイドカード「olleh」を実際に使ってみた!メリットとデメリットを紹介
  • 韓国ドラマで歴史を勉強!旅行前に観ると100倍楽しくなる韓国の歴史ドラマ・映画 厳選8選
  • 温泉!夜市!廟!台湾・台南で絶対行きたいおすすめ観光地厳選10選
  • 韓国料理が美味しい釜山のおすすめグルメレストラン 厳選10選
  • 中国大連で1人旅なら絶対おすすめのコスパ良しのホテル 厳選10選
  • 辛いのが苦手でもOK!ソウルグルメで話題の有名韓国料理店 厳選10選
おすすめの記事