1. TOP
  2. 美味しいエッグタルトが食べられるリスボンのおすすめレストラン 厳選5選

美味しいエッグタルトが食べられるリスボンのおすすめレストラン 厳選5選

ポルトガル料理といえば、
日本に伝わった「テンプラ」や「カステラ」
「コンペイトウ」が有名です。
ポルトガルに行って、その原型は見られますが、
そのもの自体を見られないので、
意外とがっかりする人も多いです。
実は、ポルトガルはお菓子がおいしい国です。
日本に紹介されて人気がでたのは「エッグタルト」。
ポルトガルで食べてもとてもおいしいです。
有名ではない伝統菓子の中にもおいしいものがあるので、
パン屋やお菓子屋をのぞいてみると楽しいですよ。

今回は日本人がリスボンで訪れる有名なレストランとカフェを5つ紹介します。
「行った後にみんなに話したくなるレストラン」を探したいと思う人は
参考にしてください。
きっとあなたが気に入るレストランが見つかります。

Sponsored Link

パステラリア・パステイス・デ・ベレン

c1308f597d2432ad23724923660c61eb97c4850f_p
画像出典:www.travelbook.co.jp

パステラリア・パステイス・デ・ベレンはリスボンにある
「おいしい」と評判のエッグタルトの店です。
ジェロニモス修道院の近くにあり、店の入り口は狭いですが、
小さな部屋がいくつもあるので、実は100人以上入れます。

pasteis-de-belem
画像出典:www.travelbook.co.jp

各部屋にスタッフがいて、注文してからすぐタルトと飲み物を持ってきてくれます。
焼き立ては、温かくてサクサクしています。

施設名:パステラリア・パステイス・デ・ベレン
英名:Pastelaria Pasteis de Belem
住所:Rua de Belem, 84-88 1300-085 LISBOA
URL:http://www.pasteisdebelem.pt/

トリンダーデ

Lisbon-83-1024x768
画像出典:www.matraqueando.com.br

トリンダーデは、リスボンのバイシャ・シアード駅の近くにあります。
バイシャ・シアード駅をシアード地区方面に出て、
ガレット通りを少し登り、ア・ブラジレイラ・カフェの横を曲がって
少し行った右側に店があります。
サン・ロケ教会からなら、坂道を降りてすぐ左側です。
ビール会社直営のレストランで、ガイドブックに掲載されているので、
知っている人も多いでしょう。

trindade-4
画像出典:www.matraqueando.com.br

店内は、入り口付近にカウンター席、奥はテーブル席です。
店内は、修道院を改装したので、アズレージョがとても美しく、
食事しながらゆっくり見たいと思うでしょう。
お値段も手頃で味も良いのでおすすめです。

施設名:トリンダーデ
英名:Trindade
住所:Rua Mova da Trindade 20C
URL:http://www.cervejariatrindade.pt/

バレアル

2bd8570c
画像出典:don-and-emi.dreamlog.jp

バレアルはリスボンにあるポルトガル料理のレストランです。
店を外から見ると店内が見えないので、
混んでいるのか空いているのか分からないので、入りづらいのですが、
店内は明るくてなじみやすい雰囲気です。
ガイドブックに掲載されているので、知っている人も多いでしょう。
料理はできたてのものを熱いうちに運んでくれるので、
満足度が高く、おいしいです。
量も多いです。

d70cd44076fb86454051f8a6bb68e684_featured_v2
画像出典:www.zomato.com

日本人がよく頼む料理は、アローシュ・デ・マリスコ( Arroz de Marisco)、
シーフードリゾットです。
エビやあさり、ロブスター、かになどが入っていて、
海鮮の出汁の味も出ていて満足度の高い一品です。

施設名:バレアル
英名:Cervejaria Baleal
住所:Rua da Madalena, 265/277 1100-320 LISBOA

ア・ブラジレイラ

a_brasileira_do_chiado
画像出典:cocineroloko.blogspot.com

ア・ブラジレイラは、リスボンにある老舗のカフェです。
かつて、芸術家や知識人たちが集まって話していたらしいです。
場所は、地下鉄のバイシャ・シアード駅の入口が目の前にあります。
カフェスペースと食事スペースがあります。

Cose-da-visitare-a-Lisbona
画像出典:commons.wikimedia.org

内装は、とても雰囲気があり、ゆっくりくつろぎたくなります。
カフェスペースには、地元の人と観光客がたくさんいて、
ゆっくりくつろぐ雰囲気ではありませんが、
地元を感じられるすてきなカフェです。
ここでは、ポルトガルらしく、ガラオンという
ミルクコーヒーを注文するとよいでしょう。
レストランは、地下です。

年中無休なので、日曜日にレストランを探していて、
見つからないならここを覚えておくとよいでしょう。

施設名:ア・ブラジレイラ
英名:A Brasileira
住所:Rua Garrett 120, Lisboa 

レスタオランテ・デ・コンフェイタリア・ナシオナル

restaurante_cristovao_vitrine
画像出典:www.tripadvisor.cl

レスタオランテ・デ・コンフェイタリア・ナシオナルは、
リスボンにある老舗のお菓子屋です。

confeitaria-nacional-1
画像出典:www.despertaraomundo.com.br

フィゲイラ広場にあるカフェで、メトロとトラムのRossio駅の近くにあります。
店の外観も落ち着いていて、中もショーケースには
選べないほどの種類の菓子が並んでいます。
ガイドブックに紹介されているポルトガルの伝統菓子が、
ほとんどそろっているのではないかと思うような品揃えです。
ちなみに、空港にもありますが、菓子の種類はかなり少ないので、
時間があれば来たほうがよいです。

385230
画像出典:sol.sapo.pt

定番のパステル・デ・ナタ(エッグタルト)もあります。
甘いものだけでなく、サンドイッチやパイもおいしいです。
会計は、グラム単位の量り売りです。
日曜・祝日は休みですが、7:30~20:00まで営業しているので、
いつでも利用しやすいです。
店内にサロンやカウンターもあるので、気分に応じて使い分けるとよいでしょう。

施設名:レスタオランテ・デ・コンフェイタリア・ナシオナル
英名:Restaurante da Confeitaria Nacional
住所:Praca da Figueira 18B 1100-241 Lisboa
URL:http://www.confeitarianacional.com/home.html

 

いかがだったでしょうか?
ポルトガルには、日本と同じように「お通し」文化があります。
パンとタラのフライなどが出てきます。
これらはコベルトと呼ばれていますが、有料なので断ることもできます。
必要ではない場合、断りましょう。
ショッピングや観光のついでにリスボンらしい味や雰囲気を感じては
いかがでしょうか?
お気に入りの一店が見つけてください。


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

胡桃澤いずみ

胡桃澤いずみ

海外旅行は50回以上、ハワイとヨーロッパ、島が好き。テロとストライキで予定通り飛行機が飛ばなかった回数は3回。ロストバゲージは、10回以上です。国内旅行はサッカー観戦のために2週間に一回どこかに行っています。格安エアラインのエコノミークラスからファーストクラス、クルーズ、友達の家から五つ星ホテルまで様々なスタイルの旅行経験があります。

この人が書いた記事

  • ハート形の島も!タヒチ ボラボラ島のおすすめ観光地厳選6選

  • カテドラル、メスキータ、シナゴーク、スペイン旅行をする時に知っておきたい教会の名称

  • 初めてのスペイン旅行でも名前が分かればホテルの選び方も簡単

  • 街全体が世界遺産のポルトガル・エヴォラのおすすめ観光地 厳選7選

関連記事

  • スコットランド歴2年の私がおススメするエディンバラ観光を楽しむベストプラン

  • イギリスB級グルメが食べられるロンドンのおすすめマーケット 厳選3選

  • パリに行ったらここだけは行っておきたい観光スポット厳選7選

  • 杉原千畝ゆかりの地リトアニアを旅行!世界遺産 『十字架の丘』が衝撃的すぎる…

  • 3日で満喫できるモデルプラン!初めてのバルセロナ旅行で外せないおすすめ観光スポット5ヶ所を堪能

  • スペインの牛追い祭り『サン・フェルミン祭2015』が7月6日開催