• 中国・台湾・東アジア
    ソウル旅行初心者も安心!マウルバス鍾路11番で三清洞の行き方説明します
    2015年4月29日
  • ヨーロッパ
    3日で満喫できるモデルプラン!初めてのバルセロナ旅行で外せないおすすめ観光スポット5ヶ所を堪能
    2016年5月2日
  • ヨーロッパ
    夏好き旅行者が訪れるべきフランスのおすすめビーチリゾート 厳選5選
    2015年6月13日
  • 中国・台湾・東アジア
    韓国ソウルの美味しかったおすすめスイーツショップ 厳選7選
    2015年4月9日
  • 旅行のスキル
    海外旅行でムダ毛処理してるの?脱毛しておくと100倍楽しめます。
    2015年6月19日
  • 世界のおすすめ情報
    オススメな海外旅行スポット9選 定番〜マイナーまで【旅プロに学ぶ】
    2015年1月27日
  • ハワイ・グアム・ミクロネシア
    【Airbnb】ハワイで思いっきりゴルフ旅におすすめの宿3選
    2015年6月20日
  • 東南アジア
    スリランカ観光で外せない黄金海岸に簡単アクセス!ビーチで夕焼けも
    2015年5月14日
  • ヨーロッパ
    フランス歴3年の私が旅行者におすすめする穴場観光地 厳選7選
    2015年5月1日
  • 旅行のスキル
    旅行の荷物は極少に!超コンパクト荷造りが特技の私がしているパッキング方法を大公開
    2015年12月1日
美術館巡りは絶対!アムステルダムのおすすめ観光地 厳選7選
スポンサーリンク

アムステルダムには、「アンネの日記」で有名なアンネ・フランクの家や国立ゴッホ美術館、国立博物館などの見所があります。

また、運河巡りのツアーは、短時間で観光名所を見学しながら、運河巡りもできるので人気があります。

今回はアムステルダムの観光地を7つ選びました。アムステルダムに行きたい人はぜひ参考にしてみてください。

きっとあなたが気に入る観光地が見つかります。

 

アンネ・フランクの家

was

画像出典:http://masaji.at.webry.info/200811/article_84.html

アンネ・フランクの家は、アムステルダム中央駅から歩いて15分くらいのところにあります。

開館時間前からたくさんの人が並んでいるので、事前にホームページから、予約をしたほうがよいです。

 

0ba3aa77

画像出典:http://blog.livedoor.jp/chi0914ku0426/archives/27547459.html

中には、当時の物やアンネ・フランクの生涯について説明した資料があります。

オランダ語の説明だけでは分からないので、事前にアンネの日記を読んでいくと良いでしょう。

 

施設名:アンネ・フランクの家

英名:Het Anne Frank Huis

住所:Prinsengracht 263, Amsterdam

 

スポンサーリンク

運河巡り

d631000gosuvf7jpc631g842h842100

画像出典:http://smcb.jp/digiphoto/271942

アムステルダムといえば、船のツアーや船のタクシーなどを使った運河巡りが有名です。

本数が多いので、予約しなくても乗ることができます。日本語の説明が船内に流れるツアーもあるので、探してみてください。

 

100_5383

画像出典:http://matome.naver.jp/odai/2140804850397610301

アムステルダム中央駅から出発する運河巡りは、運河沿いの古いレンガの家やたくさんある橋、ボートハウスなどを眺めます。

コースによって、金額は変わりますが、1時間のツアーで15.5ユーロからのようです。

 

国立美術館

a0187426_16161036

画像出典:http://mimocale.exblog.jp/17759735

オランダの国立美術館は、トラムのHobbemastraatSpiegelgracht停留所などの近くにあります。

特に有名なのは、レンブラントの「夜警」、フェルメールの「牛乳を注ぐ女」など。そのほかにも図書館やドールハウスなど見所がたくさんあります。

 

施設名:国立美術館

英名:Rijksmuseum

住所:Museumstraat 1 1071 XX Amsterdam

URL:https://www.rijksmuseum.nl/jp/general-information-japanese

アクセス:トラム:25系統、Hobbemastraat停留所、710系統、Spiegelgracht停留所など

営業時間:9:0017:00

 

国立ゴッホ美術館

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

画像出典:http://blog.goo.ne.jp/true-arrow44/e/5364ba5145f256d2454022edcae40203

国立ゴッホ美術館は、アムステルダムのトラムVan Baerlestraat停留所の近くにあります。

同館では、オランダ時代、パリ時代、アルル時代の絵を展示しています。そのほかに絵の制作にインスピレーションを与えたものなどもあります。

 

Van_Gogh_Twelve_Sunflowers

画像出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B2%E3%81%BE%E3%82%8F%E3%82%8A_(%E7%B5%B5%E7%94%BB)

一番有名なのは、あの有名な構図の「ひまわり」。午後は比較的すいているようです。

 

施設名:国立ゴッホ美術館

英名:Van Gogh Museum

住所:Paulus Potterstraat 7 1071 CX Amsterdam 

URL:http://www.vangoghmuseum.nl/vgm/index.jsp?page=paginas.talen.jp

アクセス:トラム:23512系統、Van Baerlestraat停留所から徒歩5

営業時間:10:00-18:00 (金曜日は22:00まで)

 

西教会

2004_0325_180521AA

画像出典:http://historiamunditravel.blogspot.jp/2013/10/blog-post_12.html

西教会は、ダム広場から、10分くらい歩いたところにあります。

プロテスタントの教会で、85メートルの塔があり、50個の鐘が毎時なります。

アムステルダムの教会で一番高い塔なので、目印になります。教会内は、無料で見学できますが、塔は、有料ツアーに参加すれば登れます。

施設名:西教会

英名:Westerkerk

住所:Prinsengracht 281 Nederland 

 

レンブラントの家

127067659474216317745_IMG_1957

画像出典:http://kn-turismo.at.webry.info/201004/article_19.html

レンブラントの家は、レンブラントが生きていた時代のバブル期に、レンブラントが買った豪邸です。

彼が手放した後、購入した人が保存して今は美術館になっています。ここには、数多くのエッチングが残っています。

 

19235_1_l

画像出典:http://tabimame.com/sp/s/19235/

また、ベッドなどの調度品もあるので、当時の生活を見ることができます。

その他に、当時の絵を描くための道具の説明や実演があり、飽きずに見ることができます。

 

施設名:レンブラントの家

英名:Het Rembradthuis

住所:Jodenbreestraat 4, 1011 NK Amsterdam

 

マヘレのはね橋

img_0

画像出典:http://blogs.yahoo.co.jp/gajirodesu/5875520.html

マヘレのはね橋は、運河クルーズの時に見に行くことが多い建築物です。夜はライトアップされてとてもきれいです。

歩くと少し距離がありますが、橋は木製で、橋のたもとにある機械で、今も、開閉ができます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

画像出典:http://9.pro.tok2.com/~yucky/Netherlands-ryokou-Amsterdam.html

今は電動で動いていますが、昔は手動で開閉していたそうです。

マヘレのはね橋以外に、はね橋はたくさんあり、この近くにも似たような白い木製のはね橋があります。

 

施設名:Magerebrug

 

アムステルダムのおすすめ観光地7選はいかがでしたか?オランダ絵画が好きな人は、美術館巡りが楽しめると思います。

アムステルダムの観光をお楽しみください。

スポンサーリンク
関連キーワード
ヨーロッパの関連記事
  • 格安&コスパよし!フランクフルトの人気ホテル厳選10選
  • 時間によっては無料wifi利用可能!バルセロナのwifi環境
  • スペインの無料wifiが使えるスポットはココ!インターネットで旅行がもっと快適に!
  • ハンガリー料理『パプリカシュチルケ』は絶品!ブダペスト観光で絶対に外せない9つの目玉
  • 知らなかったじゃ済まない!フランス旅行で外せない大人気の観光地 厳選50選
  • 後悔したくない!イタリア旅行で絶対行きたい観光地 厳選50選
おすすめの記事