1. TOP
  2. 知らないと後悔するイタリア ミラノのおすすめ観光地 厳選12選

知らないと後悔するイタリア ミラノのおすすめ観光地 厳選12選

2015/05/07 ヨーロッパ
finger-red【裏ワザ】高額な海外旅行の保険料を無料にする方法→詳しくはコチラ
この記事は約 12 分で読めます。

ミラノといえば、ドゥオーモとファッションの街というイメージですが、それ以外にも魅力的な観光スポットがあることを知っていますか?

博物館や美術館、教会など見所がたくさんあります。今回は始めてミラノに行く人に訪れてほしい観光スポットを6つ選びました。

 

ミラノに行きたい人はぜひ参考にしてみてください。きっとあなたが気に入る観光地が見つかります。

 

Sponsored Link

ドゥオーモ

Exif_JPEG_PICTURE
画像出典:http://wine-and-roses.blog.so-net.ne.jp/

ミラノのドゥオーモは、ミラノ大聖堂と呼ばれる建物です。

ミラノの中心のドゥオーモ広場に面した場所にあり、聖母マリアのための教会です。

最近、正面全体の修復が終わったので、本物が見られます。建物は世界最大級のゴシック建築で、天井が高く、正面のステンドグラスから差す太陽の光がとてもきれいです。

 

1milano_duomo_naibu_tyus-
画像出典:http://www006.upp.so-net.ne.jp/

建物には、135本の尖塔があり、尖塔の先に一人ずつ聖人が立っています。

その中で、一番高い尖塔に金のマリア像がいますが、昔は「このマリア像より高い位置に建物を建ててはいけない」といわれていたそうです。

この広場の南にヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアがあり、通り抜けるとスカラがあるミラノスカラ広場につきます。

施設名:ドゥオーモ (ミラノ大聖堂)
英名:Duomo di Milano
住所:Piazza Duomo, Milano
URL:http://www.duomomilano.it/en/

 

>>最安値保証<<
スクリーンショット 0028-06-25 22.41.33

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

2009_08Milano9433
画像出典:http://haofu.blog.so-net.ne.jp/

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会は、レオナルド・ダ・ヴィンチの壁画「最後の晩餐(ばんさん)」が見られる教会です。

完全予約制で、予約時間に遅れるとキャンセルになります。予約無しで見られる可能性もほぼないので、ここだけは予約が必要です。

 

l_leo
画像出典:http://fullitalian.web.fc2.com/

教会内は、完全入替制で、一度に入場する人数が限られています。鑑賞時間は15分です。

昨年から、毎月第一日曜日は、国の美術館、博物館は無料になりましたが、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会も含まれているので、電話で予約しましょう。日本語で予約できます。

 

施設名:サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会
英名:Santa Maria delle Grazie
住所:Piazza S. M. delle Grazie
予約:http://www.vivaticket.it/index.php

 

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア

PO20110804_0163
画像出典:http://tabizukimama.blog.fc2.com/

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアは、ドゥオーモ広場の南にあります。

1867年に完成した美しいアーケードです。天井は、鉄枠にはめられたガラス天井で明るく、床は、美しいモザイク画です。

アーケードの中央は、ガラスドームになっています。

 

hTuw752L1cDUQ-0
画像出典:http://tabisuke.arukikata.co.jp/

その下に牛のモザイク絵があり、その牛の局部に、自分の踵をつけて3回まわりながら願い事をすると叶うというジンクスがあります。

確かに日本ではそのように伝えられていますが、イタリアでは、「子宝に恵まれるためのおまじないの場所」と言われています。

本当のところは分からないので、試してみてください。アーケードの中は、有名ブランド店やレストラン、カフェなどがあります。

施設名:ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア
英名:Galleria Vittorio Emanuele II
住所:Galleria Vittorio Emanuele II, 20121 Milano 

 

>>最安値保証<<
スクリーンショット 0028-06-25 22.41.33

 

スフォルツェスコ城

img_0
画像出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

スフォルツェスコ城は、ノルド駅の隣にあるセンピオーネ公園の中にある要塞です。1466年に建築された城で、ヴィスコンティ家のものでした。

今は、美術館と博物館が全部で10くらいあります。

博物館には、ミケランジェロの未完の大作「ロンダニーニのピエタ」があります。そのほかの博物館も趣向を凝らしていて、見ごたえがあります。

施設名:スフォルツェスコ城
英名:Castello Sforzesco
住所:Piazza del Castello, Milano

 

スカラ座

img_2
画像出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

スカラ座は、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリアを抜けたところにあります。

ただ、周りの建物も立派なので、由緒ある劇場なのですが、外観や高さも含めて地味な印象の劇場です。

公演は夜だけですが、昼間は二階の博物館が一般公開されていて、有名なオペラ歌手の写真や衣装が展示されています。

施設名:スカラ座
英名:Teatro alla Scala
住所:Piazza della Scala 2

 

▶スリの多いミラノだからこそ、絶対に持って行くべき保険付きクレジットカード厳選4選

 

ブレラ絵画館

Giovanni_Bellini_013
画像出典:http://ja.wikipedia.org/

ブレラ絵画館は、1階が美術学校で、2階が美術館なので、入口は2階です。中庭には、カノーヴァ作のナポレオンの銅像があります。

イタリア人画家のすばらしいコレクションが見られるすてきな美術館です。

有名なのは、ラファエロやカラヴァッジョですが、ヴェネツィア派のベッリーニ、ティツィアーノ、ヴェロネーゼなども展示されています。

マンテーニャの「死せるキリスト」は、強烈な印象を与える作品です。全体的に宗教画が多いので、キリスト教や聖書の知識があると楽しめるでしょう。

施設名:ブレラ絵画館
英名:Pinacoteca di Brera
住所:Via Brera 28, Milano Italy 

サン マウリッツィオ教会

milak1
画像出典:https://hu.wikipedia.org

海外旅行サイトでドゥオーモを抜いて人気ランキング1位に輝いたこともあるのが、サン マウリッツィオ教会。僧院を増築して1504年から今の姿になり、内部の展示から『ミラノの秘められた宝物』とも言われています。

全体的にはややピンクがかった白色のシンプルな外観が特徴で、外側だけを見れば普通のヨーロッパの教会かな、と思うかもしれません。ですが、内部に入った途端印象が変わるはず。

 

milak2
画像出典:https://www.disfrutamilan.com/

というのも、このサン マウリッツィオ教会は壁一面がフレスコ画で埋め尽くされているからです。16世紀のフレスコ画の名家が描いた数々のフレスコ画は大きさと言い存在感と言い、圧倒されること間違いなし。

できれば事前にフレスコ画について軽く学んでおくか聖書の印象的なシーンを知っておくとよいでしょう。ストーリーとともに、さらにフレスコ画を楽しめます。

施設名:サン マウリッツィオ教会
英名:Chiesa di San Maurizio al Monastero Maggiore
住所:Corso Magenta, 15, Milano

ポルディ ペッツォーリ美術館

milak3
画像出典:http://www.unifor.it/

ポルディ ペッツォーリ美術館はかつてはペッツォーリ氏の私邸だったものを美術館として利用しています。主な展示品は絵画、陶磁器、刺繍などが中心で、見どころは『若い貴婦人の肖像』という作品。

実は第二次世界大戦で戦火に遭い、現在はドアや窓際の一角だけが当時のまま。特にドアについては繊細で緻密な装飾が美しいので、入るまでにまずドアをじっくり見てみましょう。

 

milak4
画像出典:http://www.milanotour.eu/

大きな美術館ではなくガイドブックにも掲載されていないことが多いので、観光客は少なめ。ミラノの穴場的な美術館を探しているのであればおすすめ度が高いです。

また、元々私邸だっただけあって、当時の生活の様子も想像されます。天井の装飾などを見ていると、こんな家に住めたらな…と思ってしまうほど優雅です。

施設名:ポルディ ペッツォーリ美術館
英名:Museo Poldi Pezzoli
住所:Via Alessandro Manzoni, 12

ジュゼッペ メアッツァ スタジアム(サンシーロスタジアム)

milak5
画像出典:http://gruppoing.to.it/

イタリアといえばサッカーも有名ですが、ジュゼッペ メアッツァ スタジアムはACミランやインテルのホームスタジアムかつ、サッカー専用のスタジアムです。

以前は『サン・シーロスタジアム』という名前でしたが、ジュゼッペ メアッツァ選手の業績をたたえて、現在はジュゼッペ メアッツァ スタジアムが正式な名称となっています。

 

milak6
画像出典:https://www.flickr.com/

もちろんここでの観光はサッカー観戦。チケットは日本からも予約して行けますし、現地のホテルなどで予約するのもOK。人気の試合の場合は早めに予約しましょう。

なお、試合がない日はスタジアムツアーに参加することが可能なので、シーズンオフでもジュゼッペ メアッツァ スタジアムを楽しめます。ACミラン、インテルのグッズも販売中。

施設名:ジュゼッペ メアッツァ スタジアム(サンシーロスタジアム)
英名:Stadio Giuseppe Meazza (San Siro Stadium)
住所:Stadio Giuseppe Meazza, 20151 Milano
URL:http://www.sansiro.net/

ナヴィリオ地区

milak7
画像出典:http://resoulrocks.com/

戦前の古き良きミラノの下町の様子を感じ取れるのが、ナヴィリオ地区。実はミラノは第二次世界大戦後、大規模な運河の埋め立てが行われたことで以前の街並みとはガラッと変わってしまいました。

交通の便の発達と引き換えに失った下町の風情がナヴィリオ地区には残っています。運河沿いの建物が、あたたかい雰囲気をかもしだしています。

 

milak8
画像出典:http://www.navigliogrande.mi.it/

最近ではイタリア国内でも人気の観光地とあって、ナヴィリオ地区にショップを出す人も増えています。特にレストラン・カフェが多いので食べるものにはまったく困りません。

おすすめは点々とライトアップされた運河を見ながらゆっくりと食事を楽しむコース。夕方以降、ナヴィリオ地区を訪れてみましょう。夏場はオープンカフェもよいですね。

施設名:ナヴィリオ地区
英名:Naviglio
住所:Naviglio di Pavia, 20142 Milano

 

>>最安値保証<<
スクリーンショット 0028-06-25 22.41.33

 

サンタンブロージョ教会

milak9
画像出典:https://en.wikipedia.org/

サンタンブロージョ教会はミラノ最古の聖堂であり、聖アンブロジウスが祀られているカトリック聖堂でもあります。起源は4世紀までさかのぼりますが、現在のような形になたのは9世紀、11-12世紀の大改築です。

外見はシンプルですが、ロマネスク様式の細部に至るこだわりがそこかしこに見られるので、柱の彫刻などに注目して観光するとより楽しいでしょう。

 

milak10
画像出典:https://it.wikipedia.org

他にはモザイクの天井画、黄金の祭壇飾りなどの展示もあります。祭壇は近くでは見ることはできませんが、遠くからでもその存在感の主張は感じられます。

そして、何より忘れてはいけないのがここに祀られている聖アンブロジウスのミイラ。祭壇の外側から見られるので、ぜひ見ていきましょう。

施設名:サンタンブロージョ教会
英名:Basilica di Sant’Ambrogio
住所:Piazza S. Ambrogio, Milano

レオナルド ダ ヴィンチ記念国立科学技術博物館

milak11
画像出典:http://manoxmano.it/

イタリアの生んだ天才といえばまず名前が挙がるのがレオナルド・ダ・ヴィンチ。絵画や彫刻の分野でよく知られますが、そのほかに科学、数学、発明、植物学に至るまで、あらゆる分野での偉業を成し遂げた人物です。

そんなダ・ヴィンチ生誕500年を記念して設立されたのがレオナルド ダ ヴィンチ記念国立科学技術博物館。科学と工業技術をテーマにした展示が中心で、2階には実際にダ・ヴィンチが考えていたアイディアの展示もあります。

 

milak12
画像出典:http://www.lanostramilano.com/

記念館、鉄道館、交通館と3つの建物がありますので、もっとも興味を持てるところから見てみてはいかがでしょうか。

基本的には混み合うことはありませんが、平日だと社会見学の子どもたちに出会うことも。とはいってもみんな行儀よく回っていますので、うるささの心配はいりません。

施設名:レオナルド ダ ヴィンチ記念国立科学技術博物館
英名:Museo Nazionale della Scienza e Tecnologia Leonardo Da Vinci
住所:Via S. Vittore 21, Milano

 

よく読まれている関連記事はこちら

 

ミラノのおすすめ観光地6選はいかがだったでしょうか?

時間が限られている旅行や、どこへ行ったらいいか分からないという人に参考にしていただけたらと思います。

 

個人的には、ミラノの美術館は、ルネッサンス時代の有名なものが多いので、何回行っても飽きません。

時間がなければ、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会だけでも行ってほしいです。あの迫力は、実際に見ないとわからないと思います。ミラノでの観光をお楽しみください。

 


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

胡桃澤いずみ

胡桃澤いずみ

海外旅行は50回以上、ハワイとヨーロッパ、島が好き。テロとストライキで予定通り飛行機が飛ばなかった回数は3回。ロストバゲージは、10回以上です。国内旅行はサッカー観戦のために2週間に一回どこかに行っています。格安エアラインのエコノミークラスからファーストクラス、クルーズ、友達の家から五つ星ホテルまで様々なスタイルの旅行経験があります。

この人が書いた記事

  • ハート形の島も!タヒチ ボラボラ島のおすすめ観光地厳選6選

  • カテドラル、メスキータ、シナゴーク、スペイン旅行をする時に知っておきたい教会の名称

  • 初めてのスペイン旅行でも名前が分かればホテルの選び方も簡単

  • 街全体が世界遺産のポルトガル・エヴォラのおすすめ観光地 厳選7選

関連記事

  • 要注意!知らないと危険なドイツ旅行の常識?ドイツで生き残るための9ヶ条

  • ドイツ旅行で訪れたい”存在しない街”と噂のビーレフェルト

  • アルハンブラ宮殿に宿泊?グラナダのおすすめ高級ホテル 厳選5選

  • フィレンツェ観光に外せないおすすめ美術館と観光スポット 厳選10選

  • マドリードで美味しいバル巡り!ローカルおすすめのレストラン厳選6選

  • 本当は怖い?「ロンドン橋」の歌詞の意味をイギリスに住む私が事実に基づいて紹介