1. TOP
  2. フランス歴3年の私が旅行者におすすめする穴場観光地 厳選7選

フランス歴3年の私が旅行者におすすめする穴場観光地 厳選7選

フランス観光と言えば、あなたは何を思い浮かべますか?
パリにモンサンミシェル、ヴェルサイユ宮殿など日本人観光客ばかりの場所を訪れるだけでは、
海外に来たという感覚すら味わえず物足りなさを感じますよね!

そこでフランス在住者がおすすめする、フランスらしさが味わえる観光地を7カ所ピックアップしてご紹介します。

Sponsored Link

フランス第二の都市、リヨン

Lyon

パリに次いで人口の多いリヨンは、フランス南東部に位置しています。
「水の都」とも呼ばれており、市内を横切るソーヌ川とローヌ川沿いは散歩にも最適。

天気の良い日はソーヌ川クルージングでリヨンの街並みを川から眺めるのがおすすめです。

リヨンを観光するなら絶対に外せないスポットが「フルヴィエールの丘」。
丘の上には白亜のフルヴィエール大聖堂がそびえ立ちます。
ニースの街並みを一望できる見晴台からの景色は昼、夜ともに圧巻の一言です。

HP:http://www.lyon.fr/page/accueil.html

レオナルドダヴィンチでお馴染みシャンボール城

CIMG1169

大自然に囲まれた巨大な古城、シャンボール。
世界の名城にも選ばれる世界遺産の一つで、左右対称に造られた豪華な建築様式と広大な土地が出迎えてくれます。

お城の中に入ると、レオナルドダヴィンチが設計したと言われる二重の螺旋階段が目の前に現れます。
昇る人と降りる人がすれ違わない工夫がなされているため、数人で訪れる際にはぜひ試してみてください。

お城内外に施された細かな装飾や、フランス国王ルイ14世の部屋も必見です。

住所:Château de Chambord 41250 Chambord
HP:http://chambord.org/

秘境中の秘境!ロカマドゥール

ロカマドゥール2

フランス南西部にあり、世界遺産にも登録されているのがロカマドゥールと呼ばれる小さな村です。
ほとんどのフランス国王も訪れた巡礼地としても有名で、断崖絶壁に沿うように建物が並ぶ姿は荘厳そのもの。

城もある高台は、ドルドーニュ渓谷を一望できる絶景スポット。
特に夜景は眼底に焼き付いて離れない程の美しさですので、ロカマドゥールで1泊して昼と夜の顔を楽しんでみてはいかがですか。

HP:http://www.vallee-dordogne-rocamadour.com/

おとぎ話に出てきそうなヴィランドリー城

chateau_jardin_villandry_salon_ornement_premier_salon-12
画像出典:http://www.chateauvillandry.fr/project/le-jardin-dornement-premier-salon/

夏に訪れてほしいおすすめスポットは、ロワールの古城の一つ、ヴィランドリー城。
広大な庭園は幾何学模様に整えられており、開花の季節には鮮やかな彩りが脳裏に焼き付きます。
「水の庭園」と「装飾樹木庭園」、「装飾菜園」の3つから構成されており、散歩をしながらお城との調和を楽しみましょう。

16世紀前半に建設されたお城はルネサンス様式で、城内は絵画のコレクションや家具などが展示されているためこちらも見逃せません。
1905年に取り壊された、15世紀建設のマクダ公爵の宮殿の格天井の1つ「イスラム天井」の細かい装飾にも注目したいですね。

住所:Château de Villandry 3 rue Principale 37510 Villandry
HP:http://www.chateauvillandry.fr/

ヨーロッパ最大級の鍾乳洞パディラック

20130909_162953
壮大なスケールの巨大鍾乳洞をじっくり味わえるのが、パディラック。
直径30メートルのぽっかりと開いた穴が鍾乳洞への入り口になっており、訪れる人の期待感を増幅させます。

鍾乳洞見学はガイド付きのみで、歩きながら説明を受けるだけではなく、船にのって鍾乳洞内を移動する場面も。
所要時間は1時間半ほどですが、さまざまな形状の鍾乳石や自然が作り出した洞窟空間を見ていると、
時間の流れを感じないほどアッという間に見学が終わります。

3月末から11月中ごろまでしか営業をしていないので注意が必要。
長蛇の列ができる場合もあるので、事前にインターネットでチケットを取っておきましょう。ま
た夏場でも洞窟内は涼しいので、上着を忘れずに。

住所:Gouffre de Padirac 46500 Padirac
HP:http://www.gouffre-de-padirac.com/

クリスマスマーケット時期に訪れたいコルマール

コルマール
運河が街中を流れる様子から「フランスのベネツィア」の異名を持つコルマール。
ドイツとの国境に近いアルザス地方にあり、フランスとドイツの二つの文化が共存しています。

スタジオジブリの「ハウルの動く城」の舞台になったとも言われている場所で、
「コロンバージュ」と呼ばれる木骨造の建物が可愛らしい街並みを実現しています。

クリスマスマーケットと言えばアルザス地方最大の都市、ストラスブールが有名ですが、おすすめは断然コルマール!
昔ながらの街並みを強調する上品なイルミネーションと飾り付けで、毎年訪れたくなってしまうこと間違いなしです。

HP:http://www.ot-colmar.fr/fr/

ウエディングにもピッタリのヴェルリー城

20140719_125634

現在もフランス貴族が住むお城があることをご存知ですか?
湖に面した真っ白な古城、ヴェルリー城は知る人ぞ知るプライベート・シャトーです。

約500年の歴史を誇るヴェルリー城、実はシャトーウエディングの人気スポットの一つ。
周囲を広大な森に囲まれており、ロマンチックなひとときを過ごせるためカップルにもおすすめです。

お城見学は伝統衣装に身をまとったガイドが案内してくれます。所要時間は45分ほど。

最後はお城の入り口付近から湖面に映るヴェルリー城を写真に収めましょう。
天気が良ければお城がキレイに鏡写しになり、幻想的な一枚に。

住所:CHATEAU DE LA VERRERIE 18700 OIZON
HP:http://www.chateaudelaverrerie.com/

 

フランスの穴場観光地7選をご紹介しましたが、いかがでしたか。
日本人観光客が少ない穴場を訪れることで、現地の人との交流を楽しめるチャンスも広がります。
そのため時間が許す限り、地方の観光地へ足を伸ばしてみるのがおすすめです。
「有名観光地はもう飽きた」「普通の人とは一味違うフランス旅行を楽しみたい!」という方は、穴場観光地7選を参考にして、
これからの旅行計画に役立ててくださいね。


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

ますこ

ますこ

フランス在住3年目のアラサー女子。現地でアルバイトをしながら、在宅で幅広い分野の記事を手掛ける肉食系フリーライターです。

渡航歴:ニュージーランド、アメリカ、フランス、アイルランド、ベルギー、オランダ、ドイツ、イタリア

旅の出会いの素晴らしさをみなさまにお伝えできたらうれしいです。

この人が書いた記事

  • 夢の中にいるみたい!迫力満点のアルザス地方クリスマスマーケット厳選6選

  • 南フランスの穴場観光名所!絶景の数々が楽しめる南仏の美しい村5選

  • 美食の都パリで秋の味覚を堪能!おすすめグルメとレストラン 厳選4選

  • フランスにもハロウィン到来!観光ついでに立ち寄りたいパリ近郊のハロウィンイベント2015

関連記事

  • ウィーンに旅行したら訪れたいおすすめカフェレストラン厳選5選

  • 木製エレベーターは必見!リスボンのおすすめ観光地 厳選8選

  • お洒落な家具に囲まれたい!オスロ1人旅におすすめなホテル 厳選10選

  • まるでおとぎ話?チェコ プラハのおすすめ観光地厳選10選

  • イタリア一周旅行した私がオススメするプーリア州の穴場観光地厳選7選

  • ドイツ旅行に行ったら外せないベルリンおすすめの観光地 厳選10選