1. TOP
  2. ドイツ旅行に行ったら外せないベルリンおすすめの観光地 厳選10選

ドイツ旅行に行ったら外せないベルリンおすすめの観光地 厳選10選

夏は涼しく過ごせ、冬は雪景色が魅力的なのがドイツ・ベルリンです。東西ドイツ統一の象徴ともいえる街で、博物館や大聖堂など見どころもたくさん。

そんなドイツ・ベルリンへの旅行を考えている方にお勧めのスポットを紹介します。数多くあるベルリンの見どころの中から10個に絞ってお届けするので、旅行のプラン作りに利用してみてくださいね。

Sponsored Link

ベルリン大聖堂

berurink1
画像出典:http://upload.wikimedia.org/

重厚な作りが魅力的なベルリン大聖堂はドーム型の教会で、団体ツアーでは必ずと言っていいほど選ばれるスポットです。ホーエンツォレルン家の墓所もあり、歴史を感じさせてくれます。

第二次世界大戦で受けた被害部分はしっかりと修復され、以前とほとんど変わらないたたずまいです。夜はライトアップされるので、昼とはまた違った雰囲気があります。

 

英名:Berliner Dom
住所:Lustgarten 1, 10178 Berlin

 

イーストサイドギャラリー

berurink2
画像出典:http://cdn.awayplan.com/

ベルリンといえば、東西ドイツ統一の際の映像で話題になったベルリンの壁が見たいという方も多いかもしれません。そんなベルリンの壁にアーティストがそれぞれの感性でさまざまな絵を描いたのがこちらの『イーストサイドギャラリー』です。

野外ギャラリーで非常に大きく作品も多いので、自分のお気に入りの一点を探してみるのもおススメです。

 

英名:East-Side-Gallery
住所:Muehlenstrasse 70-71, 10243 Berlin

 

虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑

berurink3
画像出典:http://www.berlin.de/

ドイツの歴史を語る上で忘れられない負の歴史である、ホロコーストの記念碑です。やや抽象的なモニュメントですがインパクトは強く、それぞれが何かしら感じるところのある場所と言えるでしょう。

地下には展示博物館があり、混みあうことも多いですが一見の価値あり。ホロコースト記念碑とは言えど残虐なものではなく、子供たちも遊んでいたりする平和な場所です。

 

英名:Stiftung Denkmal fuer die ermordeten Juden Europas
住所:Cora-Berliner-Strasse1, 10117 Berlin

 

ペルガモン博物館

berurink4
画像出典:http://www.globeimages.net/

古代ギリシャ・バビロニアに関する展示の多い博物館で、有名なのはゼウスの大祭壇です。細かな技術がちりばめられた彫り物などは、時間をかけてじっくり見るのが楽しいですね。

事前にチケットをWeb予約することも可能ですが、ドイツ語がわかる方に手伝ってもらった方がよいかもしれません。なお、ベルリンで3か所以上の美術館を回るなら『Museum Pass』を購入するのがおススメ。

 

英名:Pergamon museum
住所:Am Kupfergraben 5, 10117 Berlin

 

旧ナショナルギャラリー

berurink5
画像出典:http://upload.wikimedia.org/

大階段が特徴的な美術館で、最上階は古典絵画が多めとなっています。その他はドイツ絵画が多く、ベルリンで絵を見たいなと考えているならまず行きたいスポット。

ほかの観光地に比べると人が少なく、落ち着いて過ごせる美術館でもあります。日本人になじみ深いのはロダンの『考える人』。ぜひ、生の『考える人』を見に行ってみてください。

 

英名:Alte Nationalgalerie
住所:Bodestrasse 1-3, 10178 Berlin

 

ベルリンの壁記念センター

berurink6
画像出典:http://sitiosturisticos.com/

東西ドイツが分断されていた時代の歴史をしっかりと学べる場所です。ベルリンが分裂したときの壁の周囲の映像、パネル写真など当時の様子を感じさせてくれる展示品ばかり。

ドイツ語の説明をじっくり読むのでなければそれほど時間をかけずに観光することが可能です。骨組みだけになってしまった『ベルリンの壁』を見ることで、さらに歴史に対して深く考えるようになったという方もいます。

 

英名:Dokumentationszentrum Berliner Mauer
住所:Bernauer Strasse 111, 13355 Berlin

 

ベルリン動物園

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA
画像出典:http://upload.wikimedia.org/

動物の種類がなんと1500種、併設で水族館もある巨大な施設です。非常に広い敷地ですので、ここで半日は過ごすと思って行った方がよいかもしれません。

以前『クヌート』というホッキョクグマが有名になったことでも知られている動物園ですが、展示の仕方も魅力的。緑と動物がたくさんいるこの動物園は、特に家族連れには人気が高い観光スポットです。

 

英名:Zoologischer Garten
住所:Budapester Strasse 34, 10787 Berlin

 

新博物館

berurink8
画像出典:http://www.bustler.net/

『王妃ネフェルティティの胸像』でよく知られた博物館で、ネフェルティティは一番の見どころですが写真撮影は禁止。目にしっかりと彼女の様子を焼きつけてください。

ほかの展示についてもエジプト関連の展示が多く、展示室も古代をイメージさせる作りが独特です。子どものミイラ、動物のミイラなど普通の博物館ではなかなかお目にかかれない展示物も多いです。

 

英名:Neues Museum
住所:Bodestrasse 1-3, 10785 Berlin

 

ブランデンブルク門

berurink9
画像出典:http://www.wandmotiv24.de/

1791年に造られた巨大な門で、ユーロコインにもこのブランデンブルク門が刻まれています。現在の東西統一後のドイツの象徴的な存在とも言われ、近くで見ると圧倒的なほどの重厚感とオーラがあります。

ベルリンでも1,2を争うほどの人気観光地ですので、常に人がいます。ベルリンらしいお土産屋さんが周囲に多いので、この付近で買い物をするのもおススメです。

 

英名:Brandenburger Tor
住所:Pariser Platz 7, 10117 Berlin

 

シャルロッテンブルク宮殿

berurink10
画像出典:http://www.ieee-icnp.org/

ドイツを代表する高貴な宮殿です。王家の人々の生活を追体験できるようなリアルさが魅力で、日本語ガイドもあります。入場料にはガイド料が含まれており、実際に施設や展示物を見ながらドイツの歴史を学べます。

ちなみに開場が10時となっていますが、公園には時間前から入ることが出来ます。お庭でのんびりしてから、10時の開場に合わせて入るのもよいですね。

 

英名:Schloss Charlottenburg
住所:Spandauer Damm 20-24, 14059 Berlin

 

ここまで、ドイツ・ベルリンの観光地を厳選10選お伝えしました。

古代から近代ドイツの芸術、ベルリンの壁やホロコースト関係など、ドイツには歴史を感じさせてくれるものが非常に多いです。その都度、感慨深くなったり感受性が刺激されたりする方も多いはず。できるだけたくさんの『歴史』に触れるベルリンの旅などもおススメですよ。


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

chihiro

この人が書いた記事

  • 彼女をときめかせるホワイトデープラン♪デートスポット特集2017

  • 意外と喜ばれる!家族でひな祭りイベントへ!

  • バレンタインデート2017-都内のおすすめスポット7選-

  • 子連れ必見!子供と遊べる上高地の観光地-定番・穴場-厳選10選

関連記事

  • ミュンヘンで本場ドイツビールを味わえるおすすめレストラン 厳選10選

  • 高級志向?ローカル志向?ボルドー観光のおすすめホテル 厳選10選

  • お伽の国へようこそ!ローテンブルク観光であ外せないおすすめ観光スポット厳選10選

  • ポルトガルの家庭料理が食べられるシントラのおすすめレストラン 厳選5選

  • フィヨルドだけじゃない!北欧の人気観光地オスロのおすすめ情報 厳選12

  • サラゴサに住む私がおすすめするサラゴサの人気ホテル 厳選10選