1. TOP
  2. スペイン旅行で見逃しがちな地方都市サラゴサのおすすめ観光地 厳選10選

スペイン旅行で見逃しがちな地方都市サラゴサのおすすめ観光地 厳選10選

スペインは日本人の間でも人気の旅行先だと思います。でも、首都のマドリッド、バルセロナ、アンダルシア地方を訪れるくらいで終わっていませんか?スペインにはまだまだ魅力的な街がたくさんあるんです!

その中の1つが「サラゴサ」マドリッドとバルセロナの中間地点にあるので訪れやすく、また見どころの多くは中心街に集まっているのが特徴です。今回はサラゴサで訪れるべき観光地を10選ご紹介します!

Sponsored Link

聖母ピラール教会

Basilica_del_Pilar_wideangle
画像出典:http://en.wikipedia.org/

サラゴサ観光で絶対外せないのが「聖母ピラール教会」。この教会は世界で初めて聖母マリアに捧げられた教会だと言われています。入場料は無料。ただし、教会内の写真撮影は禁止ですので、注意してください。

また10月にはピラール祭りが盛大に行われ、聖母マリアへの献花の為に世界中からたくさんの信者が訪れます。別の入り口からは有料で塔に登ることができ、サラゴサを一望できます。

<教会>
西名:Basílica de Nuestra Señora del Pilar
住所:Plaza del Pilar s/n, Zaragoza
電話番号:+34 976397497
URL:http://www.basilicadelpilar.es/#_=_
営業時間:6:00~20:00(日・祝日は21:30まで)
料金:無料
<塔>
住所:Plaza de Nuestra Senora del Pilar 19,Zaragoza
料金:3€

 

ピラール広場

Plaza_del_Pilar
画像出典:http://es.wikipedia.org/wiki/Plaza_del_Pilar

ピラール広場は聖母ピラール教会、市庁舎、ラ・ロンハ、ラ・セオなどに面した広場です。ここにはピラール祭りの際に聖母マリアの献花台が設けられたり、それ以外の時でも様々なイベントが行われる市民の憩いの場でもあります。

広場には観光案内所、またサラゴサ出身であるゴヤの像があります。多くのカフェやレストランがありますので、そこでピラール教会を見ながら一息つくことができます。

西名:Plaza del Pilar
住所:Pl. del Pilar, s/n

 

ピエドラ橋

Basica-del-Pilar-8-Daniel-Marcos
画像出典:http://es.wikipedia.org/

ピエドラ橋とは日本語で石橋の意味です。ピラール広場から程近い場所にあります。ローマ時代に橋があった場所に、15世紀前半にゴシック様式の橋が建設され、エブロ川にかかる橋で最も古いとされています。

この橋から見えるピラール教会は素敵で、ピラール教会の写真撮影スポットでもありますので、是非、橋の中程まで足を進めてください。

西名:Puente de Piedra
住所:Puente de Piedra, Zaragoza

 

アルハフェリア宮殿

Palacio_de_la_Aljaferia
画像出典:http://fotolector.diariovasco.com/

イスラム王朝時代に、ムデハル様式と呼ばれるスペイン独特の建築様式で作られた宮殿で、【アラゴンのムデハル様式の建築物】として世界遺産にも登録されています。特にカトリック両王時代(15世紀)に建てられた2階の広間は、天井装飾が見事です。

宮殿の一部は現在、アラゴン州議会としても利用されています。バスターミナル、電車の駅からもそれ程遠くない場所にあります。

西名:Palacio de la Aljafería
住所:Calle de los Diputados s/n, Zaragoza
URL:http://www.cortesaragon.es/
営業時間:(4月~10月)10:00~14:00、 16:00-20:00(11月~3月)10:00~14:00、16:00~18:30(日曜日の午後は休館)
料金:一般5€、学生1€、12歳以下は無料

 

カエサラウグスタ劇場/カエサラウグスタ劇場博物館

image_gallery
画像出典:http://www.patrimonioculturaldearagon.es/

カエサラウグスタ劇場は、1972年に工事現場から偶然発見されました。古代ローマ時代の皇帝アウグストゥスの時代に建てられた円形劇場で、場所は中心街の南側にあります。

カエサラウグスタとはサラゴサの旧名のこと。劇場は壊れやすい石質でできているため、客席部分の3分の2は壊れてしまっているそうです。劇場には博物館が併設されています。

西名:Museo del Teatro de Caesaraugusta
住所:Calle de San Jorge 12, Zaragoza
電話番号:+34 976726075
営業時間:(火~土)10:00~14:00、17:00~21:00、(日祝)10:00~14:30
料金:4€

 

ラ・セオ/サン・サルバドール大聖堂

4489947490_a721b3c092_b
画像出典:https://www.flickr.com

サルバドール大聖堂(カテドラル)、又の名をラ・セオと言います。ピラール広場の東側にあり、【アラゴンのムデハル様式の建築物】の名で世界遺産に登録されています。

ローマ時代、西ゴート族が教会を建て、その跡にイスラム教徒がモスクを建て、その後、キリスト教徒が教会を建てました。ですので、様々な時代の建築様式が混じっています。内部は豪華で素晴らしい造りになっています。入場料には隣のタペストリー美術館の分も含まれています。

西名:La Seo/Catedral de San Salvador
住所:Plaza de la Seo s/n, Zaragoza
電話番号:+34 976291238
営業時間:夏時間(6月15日~)10:00~21:00、冬時間(月~金)10:00~14:00、16:00~18:30(土)10:00~12:30、16:00~18:30(日)10:00~12:00、16:00~18:30
料金:4€(美術館を含む)

 

サラゴサ美術館

130122111934
画像出典:http://www.zaragozaturismo.info

考古学博物館、また美術館でもあるサラゴサ美術館。展示物の幅が広いのが特徴。ここでは、カエサラウグスタのモザイクや、駆け出しの頃のゴヤの貴重な作品を見ることができます。

入場料は無料です。美術館の建物はアラゴン・ルネッサンス様式で、1908年にサラゴサで開かれた「スペイン・フランス博覧会」のために建設されました。

西名:Museo de Zaragoza
住所:Plaza de los Sitios 6, Zaragoza
電話番号:+34 976222181/+34 976225682
URL:http://www.museodezaragoza.es/
営業時間:(火~土)10:00~14:00、17:00~20:00 (日)10:00~14:00
料金:無料

 

ラ・ロンハ・デ・サラゴサ

Lonja
画像出典:http://www.lookingformaps.com/

ロンハは16世紀に建設され、商品取引所として使用されました。サラゴサは通貨(銀貨)の取引がメインだったようです。中世時代には通貨は各地域でつくられ数百種類の通貨があったと言われており、通貨交換は必要不可欠な物でした。

入場料は無料。現在は隣にあるサラゴサ市役所付属の展示場となっています。

西名:La Lonja de Zaragoza
住所:Plaza del Pilar s/n, 50001 Zaragoza
電話番号:+34 976397239
営業時間:(火~土)10:00~14:00、17:00~21:00、(日祝)10:00~14:30
料金:無料

 

サン・パブロ教会

DSC06269
画像出典:http://www.viajarcuesteloquecueste.com/

街の中心部の西側にある教会です。あまり知られていない教会ですが、実は【アラゴン州のムハデル様式建造物】として、ラ・セオ、アルファフェリア教会と共に世界遺産に登録されています。

八角形のムハデル様式の鐘楼が特徴的な教会で、内部にあるダミアン・フォルメントによる祭壇画は見応えがあります。入場料金は教会と修道院+塔を組み合わせた見学がお得ですので、そちらを是非。

西名:Iglesia de San Pablo
住所:San Pablo 42, Zaragoza
電話番号:+34 976283646
URL:http://sanpablozaragoza.org/#_=_
営業時間:(火・木・金・土)10:30、12:00、19:00(ガイド付き、教会+修道院+塔の見学時間)
料金:教会2€、修道院+塔3€、教会+修道院+塔4€、10歳未満無料(ガイド付き)

 

よく読まれている関連記事はこちら

外灯とガラスのロザリオの博物館

rosario de cristal (19)
画像出典:http://blogssipgirl.blogspot.com.es/

ピラール広場からそれほど遠くないこの博物館は、教会内にある珍しい博物館です。中は暗く、音声ガイドに従って進んで行くと、ロザリオの明りが灯ります。

ガラスのロザリオはピラール祭りでも重要な行事のひとつにもなっています。この博物館はあまり知られていませんので、穴場の観光地です!

西名:Museo de los Faroles y Rosario de Cristal
住所:Plaza de San Pedro, Nolasco, Zaragoza
メールアドレス:cabildo@cabildodezaragoza.org
電話番号:+34 619474558
URL:http://www.turismodezaragoza.es/
営業時間:6月15日~9月30日:(火~日)10:00~21:00、それ以外:(火~日)10:00~14:00、16:00~18:30

 

いかがだったでしょうか?サラゴサのような都市にも世界遺産はありますし、他にも見どころはたくさんあります。特にサラゴサは中心街に見どころが集まっていますので、無駄なく観光することができます。

大都市の観光もいいですが、スペインの本当の魅力はこういった地方都市にあると思います。是非、サラゴサの観光地厳選10選を参考にしていただけたらと思います。

 


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

eimy

この人が書いた記事

  • 衝撃的?スペインの三大祭りバレンシアの火祭りをスペイン在住の私が楽しみ方を紹介

  • スペインのサンタクロース「レジェス・マゴス」

  • スペインでクリスマスの時期に食べられる伝統菓子

  • スペインのクレイジーでアツイ祭り!次に注目すべきは「粉かけ祭り」

関連記事

  • お洒落がたくさん!ローマ観光で買いたい女性におすすめなお土産厳選20選

  • ロシア旅行で外せないモスクワのおすすめ観光スポット 厳選10選

  • イタリア旅行で外せないカプリ島のおすすめリゾートホテル 厳選10選

  • サウンド オブ ミュージックの舞台ザルツブルクの観光情報 厳選10選

  • エル・グレコを巡る世界遺産の街トレドのおすすめ観光地7選

  • 卒業旅行は絶対ヨーロッパ周遊!人生最後の長期休暇を満喫させる4都市10スポットを一挙紹介