1. TOP
  2. 美人とITとメルヘンが融合するエストニア・タリンのおすすめ観光地とグルメ

美人とITとメルヘンが融合するエストニア・タリンのおすすめ観光地とグルメ

2015/05/28 ヨーロッパ
finger-red【裏ワザ】高額な海外旅行の保険料を無料にする方法→詳しくはコチラ
この記事は約 10 分で読めます。

先日、休暇で1週間ほどタリンに行って来ました。

と言われてすんなり、あぁ、エストニアの首都ね、と閃めかれた方は果たしてどのくらいいらっしゃるのでしょうか。

まだまだ(私達にとって)神秘のヴェールの向こうにある国、エストニア。

今日はその首都タリンを皆さんにご紹介いたします。

Sponsored Link

エストニア基本情報

map

エストニア共和国はバルト三国(歴史の教科書を確認すべし!)の一国で、国連の分類上は北欧に属する国の一つでもあります。

日本からエストニアへ

military-jet-619984_1280

2015年5月現在、エストニアと日本の間に直行便はなく、関西・成田からフィンランドやドイツ等欧州の国を経由して行くのが一般的です。空港での待ち時間を除くと片道大体12時間~15時間ほどです。

エストニアの大きさは?

resize-img

国土は九州とほぼ同じ大きさで比較的コンパクト。自然も豊かで、未だ都心部にも中世の面影を強く残し、まるで現代にひっそりと根付くおとぎの国のような印象です。

実はIT大国

e5d3a184a5e74ae7da5351bb674b4669_m

一方で、実はエストニアはIT関係に異常に強いことでも知られています。スカイプを開発したのも何を隠そうこの国。国民の大半がICチップ搭載の身分証を所持し、スマホで国政選挙のオンライン投票ができる、ここはそんな超ハイテクなおとぎの国でもあります。(ただし、フリーwifiはなかなか見つかりませんでした・・・)

美男美女が多い

3691535910_59fc2c67f5_b
画像引用:https://www.flickr.com/

これまた意外な統計結果ですが、エストニアは「世界一美男美女の多い国」として世界的に評判です。理由はいろいろと囁かれていますが、「平均身長世界5位を誇り、スタイル抜群であること」「金髪碧眼が多いこと」「白人の中でも特に色の白い民族であること」などから、アジア人だけでなく同じヨーロッパ人達からも羨望の眼差しを浴びているそうです。

公用語はというと

Estonia___Sign_by_racehorse87_stock
画像引用:http://pilgrimsandashes.com/

公用語はエストニア語で、第二言語としては英語よりロシア語の方が普及しています。これは1991年までソ連領だった歴史的背景によるものですが、その影響か英語は中高年の方相手にはほぼ通じません。(ただし、逆に観光地のレストランやお土産物屋では、英語の堪能な方ばかりな印象です。)

丸ごと世界遺産の旧市街


タリン (トリップアドバイザー提供)

首都のタリンはバルト海に面した湾岸都市で、旧市街は丸ごと世界遺産に登録されています。それほど規模は大きくないので、ほとんどの見どころは徒歩だけで回れるでしょう。歩くのが面倒な方には路面電車がおススメです。

さて、それでは早速タリンの観光名所を見て行きましょう。


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!