• 国内旅行
    日本の冬【絶景8選】自然現象がつくりだす雪景色
    2015年1月23日
  • 東南アジア
    ベトナムの穴場観光地クレイジーハウスに行ってみので画像と感想を報告
    2015年7月12日
  • 国内旅行
    万葉集もおすすめ!ローカル若女将が日本三古湯の紀州白浜温泉と周辺の温泉を紹介 厳選10選
    2016年2月18日
  • 北米
    絶景! 七色に輝くフライガイザーが生み出す驚きの風景
    2015年9月13日
  • 世界のおすすめ情報
    ジブリ作品の舞台&モデルとなった海外の観光スポット 20ヶ所
    2015年7月13日
  • 世界のおすすめ情報
    年末年始を過ごすのにぴったりな海外のおススメスポット厳選20選(後編)
    2015年12月10日
  • 国内旅行
    まるで海外!日本で海外に行った気分になれるスポット7選
    2015年1月15日
  • 旅行のスキル
    旅行中の日焼け止めはコレで決まり!敏感肌の私がやっと見つけた紫外線対策に最適なUVケアクリーム!
    2016年5月5日
  • 東南アジア
    スリランカの天空に浮かぶ古代宮殿【世界遺産シギリヤロック】
    2015年4月23日
  • ヨーロッパ
    衝撃的?スペインの三大祭りバレンシアの火祭りをスペイン在住の私が楽しみ方を紹介
    2016年1月22日
夏のロンドン観光はイギリス最大のクラシック音楽の祭典BBCプロムスがおすすめ
スポンサーリンク

いよいよ夏真っ盛りですが、皆さんにとって夏の大イベントと言えば何でしょう?花火大会?夏祭り?それとも海水浴?イギリスでも夏はイベントシーズンなのですが、意外や意外、イギリス人にとっての夏は「芸術の夏」

今回はイギリスで行われる夏の芸術二大祭典の一つ、プロムスについてご紹介します。

クラシックの祭典BBCプロムス(BBC Proms)

maxresdefault
画像引用:http://www.bbc.co.uk/proms

ロンドンのロイヤルアルバートホールを舞台にしたクラシックの一大祭典「BBCプロムス」

公共放送局(BBC)が主催で毎年開催、様々な団体が入れ替わり立ち代わり演奏し、全プログラムがTV同時中継という点では、“イギリス版紅白”とも言えますが、なんと言ってもすごいのはそれが8週間もの間続くということ。これは音楽祭としては世界最大級の規模です。

今年の開催期間は7月17日から9月12日。

8週間分の全プログラムはとてもここには書き切れませんが、BBCの特設ページ上に詳細が載っています。

proms
画像引用:www.visitlondon.com

「いや・・・クラシックとかそんな渋い趣味ないし・・・・」とお思いのそこのあなた。ブラウザを閉じる前に、まぁちょっと聞いて下さい。プロムスはもともと「普段クラシックを聴かない人にこそ、気軽に足を運んでほしい」という思いから始まったコンサートです。

コンサート内容はその日の出演者・出演団体によって異なりますが、全体としてディープなクラシックファンでない人にとって、親しみやすい曲目が多いのが特徴。

誰でも知っているミュージカルやオペラ、映画やTVドラマの曲なども多く上演され、クラシックコンサート初心者にとって、通常の格式張ったコンサートよりずっと敷居の低いものになっています。

Benedict_Cumberbat_3278264b
画像引用:http://www.telegraph.co.uk/

中でも私の一押しは、BBCコンサート・オーケストラの演奏によるプログラム
『シャーロック・ホームズ ―ア・ミュージカル・マインド―』

日本でも大人気になったあの『SHERLOCK』にまつわる様々な演奏が聴けるそうです。

既に前売り券は公式サイト上で完売していますが、熱心なシャーロックファンならぜひ当日券にチャレンジしてみては?

【Prom 41: Sherlock Holmes -A Musical Mind】
日時:8月16日 15:30~
演奏:BBC Concert Orchestra
指揮:Barry Worsworth

スポンサーリンク

ラスト・ナイト(Last Night of the Proms)

proms画像引用:http://blog.johnrchildress.com/2014/03/23/my-heroes/

プロムス全期間中で何よりも盛り上がるのは、何と言っても最終夜です。実は日本でもBSで生放送されているらしいので、気付かないうちに見たことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ホール一杯の人々が思い思いの衣装で着飾り、ユニオンジャックを振り回しながら、愛国歌である『Land of Hope and Glory(威風堂々)』、『Rule, Britania! (ルール・ブリタニア)』、『Auld Lang Syne (蛍の光)』、さらには国歌『God Save the Queen (女王陛下万歳)』などを大合唱する姿は、まさにイギリス人の揺るぎない愛国心の象徴。

大人気なだけあってチケットが非常に取りにくいことでも有名ですが、今からでも決して取れない訳ではないようなので、イギリス旅行の思い出に頑張ってみてはいかがですか?

スポンサーリンク
関連キーワード
ヨーロッパの関連記事
  • 格安&コスパよし!フランクフルトの人気ホテル厳選10選
  • 時間によっては無料wifi利用可能!バルセロナのwifi環境
  • スペインの無料wifiが使えるスポットはココ!インターネットで旅行がもっと快適に!
  • ハンガリー料理『パプリカシュチルケ』は絶品!ブダペスト観光で絶対に外せない9つの目玉
  • 知らなかったじゃ済まない!フランス旅行で外せない大人気の観光地 厳選50選
  • 後悔したくない!イタリア旅行で絶対行きたい観光地 厳選50選
おすすめの記事