1. TOP
  2. 世界一周ハネームーンカップルがおすすめするイタリアの街アルベロベッロはおとぎの国

世界一周ハネームーンカップルがおすすめするイタリアの街アルベロベッロはおとぎの国

まるでおとぎの国に迷い込んだような場所、イタリアにあるアルベロベッロ(イタリア語: Alberobello)をご存知ですか?その特徴は、白い壁ととんがり屋根を持つ、小さな家々が立ち並ぶ街並み。

愛らしい家々を目の前にすると、思わず笑みがこぼれてしまいます。この記事では、そんな絵本のような世界観が魅力のアルベロベッロについてご紹介します。

Sponsored Link

アルベロベッロとは?

アルベロッベロ 観光 2

アルベロベッロ(イタリア語でAlberobello)は、イタリア共和国プッリャ州バーリ県にある、人口約1万1000人の地域。この地方独特の建物で、白い壁に円錐形の屋根を持つ家屋は「トゥルッロ」(複数形で「トゥルッリ」)と呼ばれており、アルベロベッロにはこのトゥルッロが約1500件現存しています。

その素晴らしい景観は、「アルベロベッロのトゥルッリ」として、1996年にユネスコ世界遺産に登録されました。

伝統的な白壁の家屋「トゥルッリ」

アルベロッベロ 観光 3

この白壁の家屋は、16世紀から17世紀にかけて開拓のために集められた農民によって造られたもので、かつてこの地方にはこうした家屋が立ち並ぶトゥルッロ群が多数現存していたそうです。

トゥルッリの内部は玄関や廊下は無く、部屋同士が繋がったシンプルな作り。窓の数は少ないものの、真夏でも内部は涼しくて快適なのだとか。白い壁に、至るところに飾られた植物のグリーンが映えます。

アルベロッベロ 観光 4

当時、モルタルなどの接合剤を使わずに、石灰岩の切り石を積み上げる工法が発達した背景には、次のような言い伝えがあります。17世紀にこの地方を治めていたジャンジローラモ2世は、ナポリ王に支払う住居税をなんとか減らそうと画策します。

そして、石を崩せば簡単に解体できるトゥルッリを建てさせ、税金の査察官が来る際に領民に命じて取り壊させていたそうです。本当に取り壊したかは定かではありませんが、税金対策のためとは言え、せっかく建てたトゥルッリを壊してしまうとは、なんだかもったいないですね。

トゥルッリの屋根の秘密

アルベロッベロ 観光 5

ハートに矢が刺さったマークや、月や太陽のマークなど、屋根に描かれている不思議なシンボルマーク。それぞれに神話や土着の宗教、キリスト教に由来する意味があるのだそうです。

アルベロッベロ 観光 6

トゥルッリが立ち並ぶ街のなかをさまよいながら、いろんな種類のシンボルマークを探してみるのもおもしろそうですね。

アルベロッベロ 観光 7

屋内の居住スペースが限られたトゥルッリにとって、屋上は大事なスペース。1件1件の屋根は実は独立しておらず、隣接するトゥルッリと繋がっています。柵やフェンスを引いてお隣同士の境界線にしているのだとか。正面から見るとんがり屋根からは想像できないくらい広々としています。

世界遺産に登録されている2つの地域

モンティ地区(Rione Monti)
アルベロッベロ 観光 8

お土産屋さんや飲食店が立ち並ぶモンティ地区は、観光客で賑わう活気のあるスポット。まるで迷路のように立ち並ぶトゥルッリの家々を、気の向くままに歩けば、そこはもう別世界です。建物の内部を解放しているところもあり、トゥルッリの内部を間近で見ることができます。

アルベロッベロ 観光 9

アルベルベッロならではのお土産、トゥルッリのミニチュアはここで手に入れましょう。職人さんのハンドメイドのため、お店ごとに表情が違います。ここでしか手に入らない、お気に入りのひとつを探してみてください。

アイア・ピッコラ地区(Rione Aia Piccola)
アルベロッベロ 観光 10

地元の人が居住・生活している地域で、とても静かでひっそりとしたトゥルッリの住宅地。

アルベロッベロ 観光 11

モンティ地区とはひと味違った、生活の中にとけ込んだトゥルッリの風景を見ることができます。ゆっくりと観光したい方にはこちらがおすすめ。生活している方の迷惑にならないよう、マナーを守って静かにそっと歩きましょう。

トゥルッリ屋根の教会「サンタントニオ教会」

アルベロッベロ 観光 12

旧市街にあるサンタントニオ教会は、この地域で唯一、トゥルッリ屋根で造られた教会です。アルベロベッロの街並にとけ込んだ、素朴であたたかみのある外観は必見。
ぜひ足を運んでみてください。

アルベロベッロへの行き方

アルベロッベロ 観光 13

観光で訪れる場合、アルベロベッロへの玄関口となるのが、アドリア海に面した南イタリアの港湾都市、バーリ。バーリまでは、ローマやナポリなどイタリアの各主要都市を結ぶ列車、トレニタリア(Trenitalia)でアクセスすることができます。

バーリからアルベロベッロまでは、私鉄電車のSUD-EST線で、約1時間30分。ゆったりと進む車窓から、田舎の田園風景を眺めていると、ひとつ、またひとつとトゥルッリが現れ始め、アルベロベッロに到着します。

電車の本数はあまり多くないので、到着時に帰りの時刻を確認しておくと安心です。

Free-Wifiスポットあり!

アルベロッベロ 観光 14

中心にあるポポロ広場では、Free-Wifiが使えます。なんと日本語で書かれた案内を発見。観光中に困ったことがあっても、ネットが使えると心強いですよね。

いかがでしたか?「トゥルッリの町」と呼ばれるアルベロベッロ。小さい地域のため、日帰りで十分観光が可能です。イタリア旅行の際は、ミラノやローマから少し足を伸ばして訪れてみませんか。可愛くて不思議な家々が立ち並ぶ街並を一目見たら、イタリアのイメージががらりと変わるかもしれません。

 後悔したくない!イタリア旅行で絶対行きたい観光地 厳選50選

 


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

YuyaSaya

YuyaSaya

1987年生まれの新米夫婦。共通の趣味は旅行・キャンプ・美味しいものを食べること!海外旅行はこれまでにタイ、フィリピン、サイパン、韓国に行ってきました。2015年2月末から念願だったハネムーンで世界一周をしてきます。
 
Yuya(夫)某ホテルのパティシエとして勤務。数々のコンクールに挑戦しながら日本一のパティシエを目指す。Saya(妻)大学卒業後、IT企業に勤務。結婚を機に飲食業界への転職を決意し、2015年1月に退社。ハネムーン帰国後は、夫婦二人三脚でパティスリーの開業を目指して修行します。

この人が書いた記事

  • 世界一周ハネームーンカップルがおすすめするマドリードのグルメスポット 厳選6選

  • 世界一周ハネームーンカップルがおすすめするイタリアの街アルベロベッロはおとぎの国

  • 世界一周ハネームーンカップルがおすすめするモロッコの外せない観光地 厳選5選

  • 世界一周旅行ハネームーンカップルがおすすめイースター島観光スポット厳選5選

関連記事

  • 棺桶派?刑務所派?ドイツ旅行で泊まりたい奇抜ホテル 厳選7選

  • 美味しいピンチョスがあるバルセロナのおすすめバルレストラン厳選5選

  • 青の洞窟は絶景!イタリア旅行におすすめなカプリ島の観光スポット厳選10選

  • フラメンコが見られるセビリアのおすすめレストラン厳選6選

  • フィヨルドだけじゃない!北欧の人気観光地オスロのおすすめ情報 厳選12

  • イギリス住の私が選ぶお土産におすすめなお菓子と紅茶 厳選13選