1. TOP
  2. 夏のスペイン旅行におすすめな穴場観光地メノルカ島の魅力

夏のスペイン旅行におすすめな穴場観光地メノルカ島の魅力

ヨーロッパのリゾート地として人気のスペイン。リゾート地が多くある中で人気のひとつが、地中海にある「バレアレス諸島」。バレアレス諸島はマジョルカ島、イビサ島、メノルカ島などの島から成り立っています。

マジョルカ島、イビサ島はよく聞きますが、メノルカ島はあまり存在感を放っておらず、大手ガイドブックにも載っていないのが現状。しかし良く言えば、穴場中の穴場の観光地。そこには訪れる人を惹きつける魅力がありました!

Sponsored Link

メノルカ島へ行こう!

スペインがあるイベリア半島の東側、地中海に浮かぶ島々。その中で、最も北にあるのが、メノルカ島です。残念ながら、日本からメノルカ島への直行便はありません。スペイン自体への直行便も現在はありません。

おすすめのコースは、日本からまずスペインのバルセロナへ。そこからフェリーもしくは飛行機でメノルカ島へ行くのがいいでしょう。

日本からバルセロナまでは経由地にもよりますが飛行時間は約14時間。バルセロナからメノルカ島までは、フェリーで約8時間、飛行機なら約1時間です。また3~4時間で着く高速船も出ています。

メノルカ島について知ろう!

mapa-menorca-1
画像出典:http://romundeando.com/

メノルカ島では重要な2つの大きな街が東西にあります。

1148915_612911952075743_911839827_n

メノルカ島の中心は島の東側にあるマオン(Mahón)もしくはカタルーニャ語でマオ(Maó)。空港に近いのがマオになります。

1175365_612898765410395_1917677754_n

西側にあるシウダデラ(Ciudadela)もしくはカタルーニャ語でシウタデジャ(Ciutadella)はお金持ちのリゾート地という印象。

使用されている言語

2000px-Dialectes_català.svg
画像出典:https://ast.wikipedia.org/

上記からもわかるように、実はメノルカ島では私たちが知っている一般的なスペイン語(カスティーリャ語)も使われていますが、歴史的な理由から看板などの表記はカタルーニャ語(バルセロナがあるカタルーニャ地方で使われている言語:カタラン)での表記が多いのが特徴です。

もちろんカスティーリャ語は問題なく通じますのでご安心を。またヨーロッパからの観光客も多いので英語が通じるところが多いのも嬉しいですね。

島内の交通手段

foromenorca
画像出典:http://www.fotobus.es/

島内には電車はありません。レンタカーもしくはバスでの移動となります。バスでの移動の場合、残念ながら本数は多くありません。マオからシウタデジャまでバスで約1時間です。

時間的に余裕のある人はバス、時間を有効的に使いたい人はレンタカーを利用するのがオススメです。バスについての情報はこちらから

メノルカ島を訪れるべき理由

メノルカ スペイン
画像出店:paradiseintheworld.com

メノルカ島をオススメする理由、また島の魅力をご紹介します!

贅沢な時間が過ごせる!

971599_612898795410392_420332493_n

とにかくのんびり過ごせます!ヨーロッパの人たちのバカンスは、とにかくのんびり過ごすのが特徴的。メノルカ島には観光地はいくつかありますが、特に大きな島でもありませんので本当にのんびり過ごすことができます。

メノルカ島に旅行するなら、びっしり予定入れず、のんびりと過ごすことをおすすめします。

手つかずのビーチ!

7235920294_135513152c_b
画像出典:Paul Stephenson

メノルカ島には多くの魅力的なビーチがあります。観光地化したビーチももちろんありますが、人の手が入っていないビーチも数多くあります。そこもまた魅力。

ただし、そういったビーチは駐車場から遠かったり、もちろん観客向けではありませんので貸し出しのビーチパラソルや売店などもなく、バスでの移動の観光客には向かないのも事実。

フェリーで車にビーチパラソルを始め様々な海水浴グッズや食糧を持ちこんでいる観光客も多いんです。

日本人が少ない!

写真 003

大手ガイドブックに載っていないのが理由なのか、ハイシーズンでも日本人を見かけることはほぼありません。スペインは日本人にとって人気の観光地ではありますが、メノルカ島はまだまだ訪れる人が少ないようです。

外国に行って日本人に会うのは嫌だ!と言う人には是非訪れて欲しい観光地です。

観光アトラクションが豊富

999106_612905565409715_2076904303_n

観光船を始め、カヤックやフライボード、スクーバダイビングなど、海で楽しめるアクティビティが豊富なのはもちろん、自転車やパラグライダーなどのアトラクションもあり、楽しいメノルカ島での時間を過ごせます。

伝統料理を食べよう!

2562481556_65340de19c_o
画像出典:arquera

メノルカ島の伝統料理と言えばカルデレタ・デ・ランゴスタ(La caldereta de langosta)。ランゴスタとは伊勢エビやロブスターなどの大型のエビのこと。

玉ねぎやトマト、にんにくなどとエビを一緒に煮込み、豪快にぶつ切りされたエビがこれでもか!と入っており、非常に美味なスープです。もちろんエビの身も食べますので、食べる時は付属のエプロン着用です。

メノルカ島発祥の“アレ”

実は日本人もよく口にしている「マヨネーズ」がメノルカ島発祥なんだそうです。

MINOLTA DIGITAL CAMERA
画像出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Mayonnaise

18世紀半ば、メノルカ島(スペイン)での出来事です。当時イギリス領だったこの島にフランス軍が攻撃をしかけました。その指揮をとっていたのがリシュリュー公爵。
戦火の中、公爵は港町マオンで料理屋に入り、お肉に添えられたあるソースに出会いました。そのソースを気に入った公爵は、後にパリでそのソースを「マオンのソース」として紹介しました。
それが「Mahonnaise(マオンネーズ)」と呼ばれ、その後「Mayonnaise(マヨネーズ)」となりました。これがマヨネーズの最も有力な起源説といわれています。

出典:http://www.kewpie.co.jp/know/mayo/birth/

多くの説があるようですが、メノルカ島が発祥という説が有力なようです。

おまけ話

6291780329_0583b3d8bf_b
画像出典:ssantastic

実はメノルカ島、冬は風が非常に強く、耳鳴りを訴える島の人が多いんだそうです。斜めに生える木が風の強さを物語っています。

いかがでしたか?メノルカ島はバレアレス諸島の他の島に比べると印象的な島ではないかもしれませんが、それでも夏は特にヨーロッパから多くの人が押し寄せますので、ホテルなどは高くなります。

だからと言って、他の季節に訪れるよりは夏に訪れる方がよりメノルカ島は楽しめますし、魅力も伝わると思います。メノルカ島では是非時間を忘れ、ゆったりと流れる贅沢な時間を満喫してください。そうすれば日頃の疲れも吹き飛ぶはずです。


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

eimy

この人が書いた記事

  • 衝撃的?スペインの三大祭りバレンシアの火祭りをスペイン在住の私が楽しみ方を紹介

  • スペインのサンタクロース「レジェス・マゴス」

  • スペインでクリスマスの時期に食べられる伝統菓子

  • スペインのクレイジーでアツイ祭り!次に注目すべきは「粉かけ祭り」

関連記事

  • イタリア旅行で欠かせないベネチアのおすすめ有名観光地 厳選10選

  • 全長280kmの世界遺産!ロワール渓谷観光に外せない古城 厳選5選

  • スペイン旅行で見逃しがちな地方都市サラゴサのおすすめ観光地 厳選10選

  • サンクトペテルブルク観光に便利なおすすめお洒落ホテル 厳選10選

  • フランス屈指のリゾート地 ニースのおすすめ観光地 厳選7選

  • ストックホルム観光で食べるべきスウェーデンのおすすめグルメ 厳選10選