1. TOP
  2. 夏のフランス観光に外せないバイヨンヌ祭り2015の日程と楽しみ方

夏のフランス観光に外せないバイヨンヌ祭り2015の日程と楽しみ方

2015/07/28 ヨーロッパ
finger-red【裏ワザ】高額な海外旅行の保険料を無料にする方法→詳しくはコチラ
この記事は約 5 分で読めます。

日本の夏祭りは浴衣に花火…といったイメージですが、フランスは全く別物!飲めや歌えやの大騒ぎで、日常とは大きくかけ離れた風景を楽しめるのが魅力です。

特にフランス南西部で行われる『バイヨンヌ祭り』は、熱気あふれる祭りとして各国から観光客が訪れる人気の夏の祭りのひとつです。
そこで今回は、一生に一度は訪れてみたい、バイヨンヌ祭りについて見ていきましょう。

Sponsored Link

バイヨンヌ祭りとは

Karrikaldi
画像出典:http://www.fetes.bayonne.fr/

毎年8月第一週に行われるバイヨンヌ祭りは、フランスでも最大級の夏祭りです。スペインのバスク地方、パンプローナで行われるサン・フェルミン祭りの影響を受けて1932年に始まりました。

そのため、スペインの伝統文化とフランスらしさを一度に楽しめるとあって、「夏祭りといえばコレ!」と思っているフランス人も少なくありません。

 今年の開催時期は7月29日水曜日から8月2日の日曜日まで。 

100万人以上が集結!町中は白と赤の2色に

ouverture
画像出典:http://www.fetes.bayonne.fr/

フランスでは夏祭りといえば、地方で行われる小さなお祭りが一般的。しかしこのバイヨンヌ祭りだけは各地から観光客が訪れる巨大な夏祭りとして有名です。

 そしてこのバイヨンヌ祭りの特徴といえば、街中が白と赤を身にまとった人ばかりになるということ。一般的なのは、白の衣装に赤いスカーフを巻くというスタイルですが、赤いワンピースやシャツなどを着用してオリジナリティを出す人もいます。

 祭りの主催者だけではなく、観光者もまた白と赤の服に身を包むため、会場全体の統一感も圧巻です。街中のお土産屋さん等でバイヨンヌ祭り用のTシャツやスカーフなどが手に入りますので、一体感を味わうためにも白と赤でコーディネートしてみるのがおすすめですよ!

牛追いや伝統音楽…ヨーロッパらしさを一度に堪能!

encierro
画像出典:http://www.fetes.bayonne.fr/

バイヨンヌ祭りの目玉と言えば、なんといってもエンシロエと呼ばれる牛追い。常に危険と隣り合わせのこのエンシロエは、スリル満点で一度は生で見たいイベントのひとつです。

 また地元に伝わる伝統的なダンス民族音楽の演奏のほか、闘牛やコンサートなどもあり、内容が盛りだくさんですので年代や性別を問わず楽しめますね。

日にちごとにチェック!バイヨンヌ祭りの必見プログラム

それでは次に、日にちごとに必見プログラムをチェックしていきましょう。

7月29日(水)のプログラム

ouverture des fetes
画像出典:http://www.fetes.bayonne.fr/

22時 バイヨンヌ祭り開会式(Place de la Libertéリベルテ広場)
22時10分~22時20分 花火と音楽(Place du Réduitレデュイ広場)

7月30日(木)と7月31日(金)のプログラム

11時15分~12時 エンシロエと呼ばれる牛追い(Place de la Libertéリベルテ広場)
16時30分~23時 バスク地方の伝統的な歌や踊りを披露するカリカルディ(Place Jacques-Portesジャック・ポルト広場)
17時~19時 闘牛(Place Paul-Bertポール・ベール広場)

8月1日(土)のプログラム

couses de vaches
画像出典:http://www.fetes.bayonne.fr/

11時~13時 闘牛(Place Paul-Bertポール・ベール広場)
16時30分~23時 バスク地方の伝統的な歌や踊りを披露するカリカルディ(Place Jacques-Portesジャック・ポルト広場)
17時~19時 闘牛(Place Paul-Bertポール・ベール広場)

8月2日(日)のプログラム

fetes3cloture
画像出典:http://www.fetes.bayonne.fr/

16時30分~23時 バスク地方の伝統的な歌や踊りを披露するカリカルディ(Place Jacques-Portesジャック・ポルト広場)
0時 バイヨンヌ祭り閉会式と花火(Place de la Libertéリベルテ広場)

このほかに、祭り期間中は毎日、22時30分~午前3時に舞踏会(Carreau des Hallesキャロ・デ・オール /  Place de la Libertéリベルテ広場)が行われています。

特に見逃せないイベントをピックアップしましたが、この他にも子供向けイベントやマラソン大会、コンサートなどがあります。事前にプログラムをチェックして、どのようにまわるのかをしっかり検討してから訪れると、より満喫できますね。

バイヨンヌに行くには?

バイヨンヌはフランスとスペインの国境近くに位置しています。

パリから行く方法は主に高速鉄道TGV利用もしくは飛行機の2種類。TGV利用の場合、パリ・モンパルナス駅から約5時間~5時間半でバイヨンヌ駅まで向かうことが可能です。

飛行機を利用する場合、パリ・シャルルドゴール空港もしくはパリ・オルリー空港からビアリッツ・アングレット・バイヨンヌ空港へ向かう方法も(約1時間半)。

空港からバイヨンヌ市まではバスでのアクセスが便利です。30分~40分ほどでバイヨンヌ市に到着します。

バイヨンヌ市HPアクセス情報:http://www.bayonne-tourisme.com/
ビアリッツ空港からバイヨンヌ市までのバスタイムテーブル検索:http://www.chronoplus.eu/
バイヨンヌ祭り公式HP:http://www.fetes.bayonne.fr/

バイヨンヌ祭りについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

お祭り期間中は、子供たちはもちろん、大人たちもはしゃいでいる姿が印象的です。特に夜には、大人たちがお酒に酔い、歌ったり踊ったり騒いだりと、日本ではなかなか見ることのできない光景を眺めることができます。

現実世界を忘れて、思いっきり祭りの雰囲気を楽しみたい方は、ぜひこのバイヨンヌ祭りに足を運んでみてはいかがですか?


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

ますこ

ますこ

フランス在住3年目のアラサー女子。現地でアルバイトをしながら、在宅で幅広い分野の記事を手掛ける肉食系フリーライターです。

渡航歴:ニュージーランド、アメリカ、フランス、アイルランド、ベルギー、オランダ、ドイツ、イタリア

旅の出会いの素晴らしさをみなさまにお伝えできたらうれしいです。

この人が書いた記事

  • 夢の中にいるみたい!迫力満点のアルザス地方クリスマスマーケット厳選6選

  • 南フランスの穴場観光名所!絶景の数々が楽しめる南仏の美しい村5選

  • 美食の都パリで秋の味覚を堪能!おすすめグルメとレストラン 厳選4選

  • フランスにもハロウィン到来!観光ついでに立ち寄りたいパリ近郊のハロウィンイベント2015

関連記事

  • ケルン観光におすすめなドイツビール&料理食べられるレストラン 厳選10選

  • ポルトガルの家庭料理が食べられるシントラのおすすめレストラン 厳選5選

  • ロシア旅行で外せないモスクワのおすすめ観光スポット 厳選10選

  • 絶賛スイスの郷土料理が食べられるチューリッヒのおすすめグルメレストラン 厳選10選

  • 観光に便利!アムステルダムのおすすめ人気ホテル 厳選5選

  • ポルトガル旅行者必見!観光に便利なリスボンのおすすめホテル 厳選5選