1. TOP
  2. ラ・トマティーナの季節到来!スペインのトマト祭り2015は前夜祭も見逃せない!

ラ・トマティーナの季節到来!スペインのトマト祭り2015は前夜祭も見逃せない!

世界には様々な変わったお祭りがありますが、スペインで開催されるトマト祭り=トマティーナもそのひとつ。なんと言ってもトマトを投げ合うお祭りなんですから、正気の沙汰とは思えません。

しかし、毎年世界中から多くの観光客(もちろん日本人も!)が参加する世界でも有名なお祭りのひとつです。そんなトマト祭りの魅力に迫ってみます!

Sponsored Link

トマト祭りとは

156223183_5c18845a94_b
画像出典:grahammclellan

トマト祭り、スペイン語で「ラ・トマティーナ(La Tomatina)」と呼ばれるお祭り。毎年8月の最終水曜日に開催されています。

諸説ありますが、1945年8月の最終水曜日、お祭りの最中に野菜売り場の前で喧嘩を始め、トマトを投げ合ったのが始まりではないかと言われています。

2015年度の開催日

15032372946_2972acedcd_b
画像出典:Diario Critico Venezuela

今年は8月26日の水曜日となっています。

2015年度のトマト祭りの公式サイトはこちらからどうぞ。

開催場所

スペイン・バレンシア郊外の街ブニョール(Buñol)。人口1万人にも満たない小さな街です。

ブニョールへの行き方

8026695721_9924c22908_b
画像出典:GemiTux

日本からの一番オススメのアクセス方法は、まずスペインのバレンシアに行きます。日本からスペインへの直行便は残念ながらありません。航空会社によっても異なりますが、日本からバレンシアへの飛行時間は約20時間前後。

 バレンシアからは国鉄(Renfe)のバレンシア=サン・イシドロ駅(Valencia=San Isidre)から近郊線(Cercanias)が出ています。所要時間は約1時間です。

トマト祭りに参加すると決めたら

7c1e42ccc1926814a24b5108de39dd0b_m

まずチケットと宿を確保しましょう。ブニョールに宿が取れれば一番良いのですが、小さな町なのでホテルの数も限られています。ブニョールのホテルが取れなかった場合は、アクセス面でバレンシアでの宿泊をオススメします。

トマト祭り参加への5つのステップ

  1. まずはチケットを購入(最も安いもので10ユーロ)しましょう。出発前にネットで購入し、紙に印刷しておきます。
  2. 印刷しておいた紙をもって、交換ブースへ。
  3. パスポート(ID)と照合(コピーでも可)してもらったら、ブレスレットと領収証を受け取ります。
  4. ブレスレットを腕に付け、場所に向かいます。
  5. これで祭りへの準備は万端です!

トマト祭りの流れ

前夜祭

3968307699_f7d5cc206b_b
画像出典: Yeray Díaz

特にプログラムはありませんが、前日に乗り込み夜を明かす人多数。飲めや歌えやで大盛り上がり。お祭り当日より前夜祭の方が楽しかったという人も。

 ただし、ブニョールに宿がない人は野宿となります。治安面では特に注意してください。また夏と言えど、夜は冷えますので寒さ対策もお忘れなく。

 

祭り当日

156224454_23a62f309e_b
画像出典:grahammclellan

午前9時頃~:「パロ・ハボン(el Palo Jabón)」

直訳すると「石鹸の棒」。クカニャ(Cucaña)と呼ばれる遊びで、棒の上に賞品を付け、滑りやすくした棒をよじ登る遊びです。

石鹸をたっぷり塗られた棒の上には生ハムの足が丸々一本取り付けられています!これが取れた人は英雄になれるため、多くの人が参加します。過去には誰も取れなかった年もあるそうです。

Arrojando_tomates_desde_un_camión_-_La_Tomatina_2010
画像出典:https://en.wikipedia.org/wiki/La_Tomatina

午前11時頃(パロ・ハボン終了後)~:トマト投げ開始

パロ・ハボンが終了するとトマト投げ開始の花火が上がります。大量のトマトを積んだ数台のトラックがゆっくりと進んできます。序盤はトラックの上にいる人が、観客にトマトを投げてきます。それを人々は投げ合います。

トラックにあるトマトが少なくなってくるとトラックの荷台を傾け、一気に残りのトマトを落とします。あっという間にトマトの川のできあがりです。トマト投げは1時間ほどで終了となります。

3875755758_787af35ab8_b
画像出典:shortCHINESEguy

午前12時頃:トマト投げ終了

2発目の花火が上がり、トマト投げは終了となります。その後、散水車で街はきれいにされます。トマト投げ参加者は仮設シャワーで汚れを落としたり、親切な近隣の住民によりホースで水をかけてもらいます。仮設シャワーには毎年、長蛇の列ができます。

動画でチェック

トマト祭りのお約束と注意事項

トマト祭りを楽しむためには以下の運営側が決めた規定を守りましょう。

その1:毎年8月の最終水曜日に開催
トマト祭りが開催される街だからと、決められた日程以外の日にトマトを投げるのはやめましょう。

その2:お祭りは11時の花火で開始、12時の花火で終了
開始・終了の合図は守りましょう。ただし、時間は進行具合によって前後します。

その3:瓶や固い物を持ちこまない
アクシデントが起きないように、また他人を傷つけることがないように瓶や固い物の持ち込みは禁止されています。

その4:シャツは破らない・投げない
他人のシャツはもちろん、自分のものも破らないように。

その5:トマトは投げる前に潰すこと
熟しているとは言え、潰していないトマトが当たると痛いので、一度潰してから投げること。でも、潰れててもそれなりに痛いんですけどね・・・。

その6:トマトの運搬トラックからは距離を保つこと
大量のトマトを運ぶので、もちろん大きなトラックです。トラックの近くにいると轢かれる可能性もありますし、人の力がトラック側にかかり、もみくちゃされてしまいます。少し離れた場所の方がオススメです。

その7:2発目の花火ではトマトを投げるのをやめる
1発目はトマト投げの始まりを告げる花火、2発目はトマト投げの終わりを告げる花火です。2発目がなったらトマトを投げるのを速やかにやめましょう。

その8:警備担当者の指示に従う
多くの人が参加しています。トラブルの原因にもなりかねませんので、自分勝手な行動は慎みましょう。

トマト祭りの持ち物リスト

とにかく荷物は最小限。捨てても良い恰好で臨むこと!

901e720f6a73c73040b4ceb8abc2a05c_m

1. 水中眼鏡

必ずしないといけないということはありませんが、トマトまみれになりますし当たると痛いですので、あった方が賢明です。現地でも売っていますが、粗悪品ですので日本から持って行くのが良いでしょう。

2. 水着

捨てても良い水着にしましょう。運営側でシャツを破らないことと決められてあるにもかかわらず破られることがあり、終わるころには女性の方はビキニの上がなくなっていた!ということもあるようですので、注意が必要です。

3. シャツ

こちらもトマトまみれになりますので、捨てても良いシャツにしましょう。

4. 着替え

汚れたままの服で電車には乗れません。ただ、総着替えを持って行くとなると大荷物なので、最小限で。

5. 靴

サンダルでも良いですが、トマトまみれになるだけでなく、踏まれたり下手をすればなくなる可能性もなりますので、脱げにくい靴にするか、脱げにくいように工夫する必要があります。帰りの為にサンダルを持って行くのも手です。

6. ビニール袋やジプロック

着替えを入れておく為や、トマトを投げている間、貴重品が濡れるのを防ぐのに必要になります。

7. タオル

汚れを拭き取るため。捨てても良いもの、また大き過ぎない物がオススメです。

8. 現金

人混みに行く=スリがいると思った方が良いので、交通費+αに留めましょう。

9. ガムテープ

貴重品をお祭りの間、体に巻きつけておくため。スリ対策にもなります。荷物を預かってくれる場所もありますが、安全面からあまりおすすめできません。

10. 防水カメラ

カメラを持参する場合、防水をオススメします。

おまけ話

1d1940c82953509b50a4e1706e98775d_m

その① トマト祭り専用のトマト

トマト祭りで使用されるトマトですが、バレンシア州のカステジョン県などでトマト祭り専用に栽培されているトマトを使用しているそうです。食用ではありませんので、味はイマイチだそうです。

3339908102_3581176da4_b
画像出典:Mr. Muddy Suitman

その② ビニールシート

トマト投げが行われる通りにある多くの家(アパート)はビニールシートを被せているのが目に付きます。理由は言わなくてもわかるかとは思いますが、トマトの汚れから守るためです。市はそのための補助金を出しているそうです。

 

いかがでしたか?日本からの参加者も多いので、各旅行会社が様々なツアーを組んでいます。個人での参加は不安だと言う方はそちらを利用するのも手でしょう。

とにかく忘れられないお祭りになることは間違いありませんので、トマト嫌いじゃない方は一度参加してみてはいかがでしょうか。


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

eimy

この人が書いた記事

  • 衝撃的?スペインの三大祭りバレンシアの火祭りをスペイン在住の私が楽しみ方を紹介

  • スペインのサンタクロース「レジェス・マゴス」

  • スペインでクリスマスの時期に食べられる伝統菓子

  • スペインのクレイジーでアツイ祭り!次に注目すべきは「粉かけ祭り」

関連記事

  • ピーター・ラビットの世界を味わえるイギリス湖水地方の観光を徹底ガイド

  • ポルトガル旅行者必見!観光に便利なリスボンのおすすめホテル 厳選5選

  • 夏のフランス観光に外せないバイヨンヌ祭り2015の日程と楽しみ方

  • 魔女の宅急便のモデルになった街 ポルトのおすすめ観光地 厳選8選

  • フランス歴3年の私が旅行者におすすめする穴場観光地 厳選7選

  • お洒落な家具に囲まれたい!オスロ1人旅におすすめなホテル 厳選10選