1. TOP
  2. ケルン観光を充実させるおすすめスポット7ヶ所とグルメ&お土産情報

ケルン観光を充実させるおすすめスポット7ヶ所とグルメ&お土産情報

ドイツの観光地と訊かれて真っ先に名前が挙がる街、ケルン。ケルン大聖堂と言えば日本でもそれなりの知名度ですね。

ところで皆さんは、大聖堂以外にこの街に何があるかをご存知ですか?

今日は意外と知られていないケルンの魅力をお届けいたします。

Sponsored Link

ケルン基本情報

Koln map

ライン川の湖畔に佇む街ケルンはドイツでは4番目に大きな都市で、人口は約100万人。特に日本人に人気の観光地ですが、大戦後に街の大部分が再建されたこともあり街は意外とモダンな雰囲気です。

DSCN8369

そのため私たちが想像する「ドイツ村」的ドイツを求めて来られると若干拍子抜けされるかもしれませんが、戦後再建された伝統的な建物と現代風の景観がうまく溶け合った独特の雰囲気こそが、ケルンの不思議な魅力とも言えるでしょう。

ちなみに京都市とは姉妹都市だそうです。

ケルンの街を歩く

ケルン大聖堂(Kölner Dom)

DSCN8367

ライン川の向こうに見えるのが、かの有名な世界遺産ケルン大聖堂です。この角度からの大聖堂はテレビや旅行雑誌などでも目にすることが多いので、「あ、ここがケルン大聖堂なのね」とたった今ピンと来た方もいらっしゃるでしょうか。

ちなみに電車でケルン入りされる場合、中央駅が大聖堂のほぼ真横(というかもはや真下)にあるため、大聖堂がぐんぐん近づいて来る景色を車窓から楽しむことが出来ます。

DSCN8380

こちらは別の角度から見たケルン大聖堂。世界最大のゴシック様式の建築物で、現在のものは3代目。空襲で14発の直撃弾を受けたものの倒壊しなかったなかなかタフな教会です。

その大きさは「どんなに後ろに下がってもカメラのフレームに収まりきらない」としばしば呆れられる程。全体像は川の近くから撮るのがおすすめです。

DSCN8386

ドイツで最も入場者の多い教会であるケルン大聖堂。他にも「欧州で2番目に背の高い教会」「ドイツ人が最も好きな教会」と言った肩書も持っていますが、入場料無料という市民のお財布に優しい教会でもあります。

DSCN0969

ケルン大聖堂のステンドグラスの一部は戦後ああでもないこうでもないと言いながら何度か新しくデザインし直されたものだそうですが、現在の物も「現代的すぎる」と賛否両論だとか。個人的にはそんなに気になりませんでしたけどね。

ケルン大聖堂
英語名:Cologne Cathedral
住所:Dompropstei. Margarethenkloster 5. 50667 Köln
開館時間:5月~10月 6:00~21:00、11月~4月 6:00~19:30
HP:http://koelner-dom.de/

 

ホーエンツォレルン橋(Hohenzollernbrücke)

DSCN0965

ケルン大聖堂の手前、ライン川上にかかるこの大きな橋がホーエンツォレルン橋です。なんだか舌を噛み千切りそうな名前ですが、由来はドイツ王家であった「ホーエンツォレルン家」から。

鉄道橋ですが、徒歩で渡ることも出来るため、ケルン観光の定番ルートの一つになっています。

DSCN8374

ホーエンツォレルン橋名物「愛の錠」。ここに 恋人同士名前を書いて南京錠をかけると末永く幸せに暮らせるとかなんとか、そんな感じのジンクスがあるそうです。

小さな南京錠はその辺のお土産屋さんで購入できますが、中には「倉庫の入口用かなんかですか」と思わず聞きたくなるようなごっついものもちらほらありました。

また周辺には名前やメッセージ入りの南京錠をわざわざ作ってくれる専門店もあるようです。

ホーエンツォレルン橋
英語名:Hohenzollern Bridge
住所:Am Alten Ufer 35 50668 Köln

 

ルートヴィヒ美術館(Museum Ludwig)

1715-Museum-Ludwig
画像引用:http://www.koeln-lodge.de/

美術館・博物館の数が多いケルンですが、最も有名なものの一つがこのルートヴィヒ美術館でしょう。ホーエンツォレルン橋と大聖堂の間に位置し、独特な外観が特徴。

近代美術、とくにポップアートや抽象絵画を中心とした美術館で、アメリカを除いて最大のポップアート美術館と言われています。また、ピカソの作品の所蔵数はフランス、スペインを差し置いて密かにヨーロッパ最大です。

ルートヴィヒ美術館
英語名:Museum Ludwig
住所:Heinrich-Böll-Platz,50667 Köln
開館時間:火~日 10:00~18:00(毎月第一木曜のみ22:00まで)
入館料:大人11€、子供無料
HP:http://www.museum-ludwig.de/en.html


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Mon

Mon

欧州在住3年目。現在は北ドイツにてドイツ語と格闘する日々を送る。こどもの頃から外国に強い関心を持ち、数年間京都の観光業界で働きながら英語を学んだ後、2013年に渡英。世界中を旅するのが趣味で、今までに訪問した国の数は20ヶ国以上。ちなみに一番好きな国はポーランド。

この人が書いた記事

  • ハンガリー料理『パプリカシュチルケ』は絶品!ブダペスト観光で絶対に外せない9つの目玉

  • イギリス旅行の定番!1日でオックスフォード観光をするなら外せない5ヶ所を厳選

  • 3日で満喫できるモデルプラン!初めてのバルセロナ旅行で外せないおすすめ観光スポット5ヶ所を堪能

  • 格安旅行に必須!ヨーロッパに3年住んでいる私が使っている航空券・電車チケットを取るサイト14つ

関連記事

  • 夏のフランス観光に外せないバイヨンヌ祭り2015の日程と楽しみ方

  • 老舗から日本語対応まで!フィレンツェのおすすめグルメレストラン 厳選10選

  • イタリア旅行で欠かせないベネチアのおすすめ有名観光地 厳選10選

  • 人気なのには訳があるバルセロナのおすすめホテル 厳選5選

  • 知らなかったじゃ済まない!フランス旅行で外せない大人気の観光地 厳選50選

  • コペンハーゲン観光で外せないおすすめデンマークグルメ厳選10選