1. TOP
  2. ピーター・ラビットの世界を味わえるイギリス湖水地方の観光を徹底ガイド

ピーター・ラビットの世界を味わえるイギリス湖水地方の観光を徹底ガイド

日本でも長く愛される絵本、ピーター・ラビットシリーズ。作者のビアトリクス・ポターは子供のころ家族と夏を湖水地方で過ごした経験をもとに、動物や自然への愛があふれる絵本を作り上げました。

ポターは、ロンドンで波乱の日々を過ごした後、晩年を湖水地方で過ごし、自然や景観の保護に力を注ぎました。彼女の活躍もあり、湖水地方には開発の手が伸びず、今も昔ながらの素朴な田舎の風景と、素晴らしい自然が残されています。

今回は、そんな湖水地方の観光情報をお届けします。

Sponsored Link

1.アクセス・交通

1. 英国主要都市からのアクセス(電車)

IMG_2981

ロンドンから

ユーストン駅から電車が1時間1便程度出ています。(日曜日は本数が減りますのでご注意を)。所要時間は3時間から5時間です。

グラスゴーから

湖水地方とスコットランドを観光する方は、グラスゴー・セントラル駅が起点となります。1‐2時間に1便程度運行しており、所要時間は2時間から3時間です。

どこの都市を起点とするにしろ、湖水地方にアクセスするためには一度Oxenholme Lake District 駅で湖水線に乗り換え、Windermereに行く必要があります。

また、値段については時間や曜日、等級によって大きく変わってしまいます。片道30ポンドほどのものから、200ポンド近いものまで色々ですので、お財布と相談して決めてください。

ちなみに、イギリスでは基本的に「予約は早ければ早いほど安い」方式でチケットが売られているので、早めに計画を立てることをお勧めします。

2.英国各都市からの行き方(バス)

ロンドンからは直通の長距離バスを使うことができます。地下鉄ヴィクトリア駅近くのヴィクトリアコーチステーションを11:00発で、所要時間は8時間です。

片道30ポンド前後で、national expressという会社が運行しています。座席のすわり心地がいいので、8時間かかっても意外と耐えられます。(少なくとも私は、同じ会社のバスで日中13時間移動を経験しましたが、大丈夫でした)。

2.域内交通

001

湖水地方は、見所や町が点在していて、その間をバスフェリーで行き来することになります。主要駅や観光案内所、スーパーマーケットなどで時刻表と路線図を入手できます。夏期と冬期で時間、路線共に大きく異なりますので、よく確認してください。

バス

Stage coach社が運行する路線バスを主に使います。緑色の2階建てバス、もしくは1階建てバスです。また、夏の観光シーズンには、特別路線もあり、ワゴン車がバス代わりになっていたりもします。1日に複数の街を訪れるのであれば、1日乗り放題チケットを購入するのがお得。1枚8ポンドです。

バスに乗る際に、運転手の方にday ticket, please!と言うか、通じなければcentral lakes day rider(セントラル・レイクス・デイライダー)と言ってみましょう。

また、1日券を買わない場合は、運転手さんに行先を伝えてチケットを買います。イギリスのバスは多くの場合車内アナウンスがないので、降車する場所をあらかじめグーグルストリートビューで調べるか、運転手さんや周りの人に教えてもらうようにするといいと思います。

フェリー

アンブルサイドやボウネスなど、観光の重要なポイントを結ぶフェリーも、欠かせない交通手段です。バスと同様、夏期は増便、路線が拡大します。遊覧船のようなものから、カーフェリーまで様々ありますので、用途に合わせて選んでください。

湖の上から見る景色も素敵なので、移動手段且つ観光の一部として楽しめるかと思います!
September 2015 Edinburgh lakedistrict 102

3.宿泊場所

上記の通り、湖水地方は観光スポットが点在しているので、宿泊場所の選び方で移動の効率が大きく変わります。

宿泊地としておすすめなのは、主要駅がありB&Bも多いウィンダミアや、便利なバス555番や599番などが止まり、湖水地方の中心に位置するアンブルサイドです。

どこのホテルや安宿を選んでも、建物がかわいらしかったり、窓からの景色が良かったりと湖水地方の魅力を楽しめる工夫がされているところが多いようです。

湖水地方は避暑地として英国人だけでなく世界中の人から愛されている分、夏の観光シーズンはどこも宿泊場所が予約でいっぱいになります。早めに計画を立てることをお勧めします。

4.観光情報

1.オレストヘッド

ウィンダミア駅を降りて、西に向かってすぐのところにオレストヘッドという小高い丘へ続くフットパスの入り口があります。

標高239メートルと低めなので、徒歩20分程度で簡単に頂上に着くことができます。

September 2015 Edinburgh lakedistrict 120

頂上からはウィンダミア湖やイギリス独特の田園風景、牛や羊などを見ることができます。ベンチやちょうどいい大きさの岩があるので、そこに座ってぼーっと時間を過ごすのもおすすめです。

2.ビアトリクス・ポターの世界

ウィンダミアから599番バスで5分ほど行ったところにある、ボウネスと言う街にあります。

September 2015 Edinburgh lakedistrict 033

映像での説明の後、ピーター・ラビットの登場人物(動物?)やシーンが、人形などと共に再現された展示を見ます。また、ビアトリクス・ポターの生涯についても学ぶことができます。入り口に飾られた仕掛け時計は30分ごとに動き出しますので、ぜひご覧ください。とても素敵です!!

館内のカフェではクリームティー(アフタヌーンティー)を楽しむことができます。また、お土産屋さんも充実していて、ピーター・ラビットシリーズのグッズがたくさん並んでいます。全部欲しくなってしまうので、ファンの方はお気をつけて…!

ビアトリクス・ポターの世界(The World of Beatrix Potter Attraction)
住所:Crag Brow, LA23 3BX
営業時間:夏期 10:00~17:30 冬期 10:00~16:30(1月5日から2月6日は閉館)
料金:£6.95

3.アンブルサイド

おススメ宿泊地としても紹介したアンブルサイド。街並みがかわいらしいほか、湖畔の景色も美しいのでぜひ訪れていただければと思います。

September 2015 Edinburgh lakedistrict 061

街の中心部にある「Bridge House(橋の家)」は、その昔、土地にかかる税金を逃れようとして、小川にかかる小さな橋の上に建てられたおうちで、観光スポットの一つになっています。
September 2015 Edinburgh lakedistrict 036

Bridge houseの手前にある、リンゴのマークの看板が目印のアップルパイ屋さん「the apple pie café and bakery」 は湖水地方では有名です。とろっとしたリンゴと食感を残したリンゴが混ぜてあり、甘さも控えめで、日本人の口にも合うと思います。

私のおススメはレギュラーよりもスパイス入りのアップルパイです。柔らかくて崩れやすいので、できればお店で食べるのがいいかと思います。崩れてもおいしいですが…!

ブリッジ・ハウス(Bridge House)
住所:Rydal Rd., LA22 9AN
営業時間:11:00~16:00(11月~イースターは閉館)

 

The apple pie Cafe and Bakery
住所:Rydal Road, Ambleside, LA22 9AN
営業時間:9時~(12月25日、26日、1月1日は休業)
HP: http://www.applepieambleside.co.uk/location

4.ホークスヘッド

ビアトリクス・ポターや、詩人ワーズ・ワースゆかりの地、ホークスヘッド。10分もかからずに歩いて回れる小さくて静かな街です。ウィンダミアやアンブルサイドから、505番バスで行くことができます。

September 2015 Edinburgh lakedistrict 070

この村には、ビアトリクス・ポターの夫が弁護士事務所として使っていた建物があり、ポターの原画や遺品を飾ったビアトリクス・ポター・ギャラリーとなっています。(ちなみに写真のピンクの建物はお土産屋さんです)

他にも、湖水地方に長年住んだ桂冠詩人、ワーズ・ワースが通っていた「ホークスヘッド・グラマースクール」があり、観光名所となっています。グラマースクールの裏手の丘にある小さな教会からは、素敵な景色も見られますので、ぜひ散策してみてください。

September 2015 Edinburgh lakedistrict 076

ビアトリクス・ポター・ギャラリー(Beatrix Potter Gallery)
住所:Main St., LA22 0NS
営業時間:10:30~17:00(3月29日~11月2日) 10:30~17:00(2月15日~3月27日) (8月~5月末の金曜、11月3日~2月14日は閉館)
料金:£5

 

ホークスヘッド・グラマースクール(Hawkshead Grammer School)
住所:Hawkshead, LA22 ONT
営業時間:月~土曜日10:30~13:00、13:30~17:00、日曜13:30~17:00(4月~9月) 月~土曜日10:00~13:00、14:00~15:30、日曜13:00~15:30(10月) (11月から3月は閉館)
料金:£2.50

5.ニア・ソーリー

ニア・ソーリーはホークスヘッドから夏季限定のバス(というよりもワゴン車)525番に乗って、5分ほどの所にある、ピーター・ラビットファンには外せない村です。

というのも、ニア・ソーリーには「ヒル・トップ」と呼ばれるビアトリクス・ポターの住んでいた家があるのです。

September 2015 Edinburgh lakedistrict 086

ポターが生きていた当時のままに残された内部や、小さな庭園は、つつましい中にかわいらしさがあってとても素敵です。各部屋にはピーター・ラビットの絵本が置かれ、挿絵とモデルとなった部屋を照らし合わせながら見学することができます。

また、ヒル・トップ以外にも、ニア・ソーリーはピーター・ラビットのお話の舞台としても使われています。絵本で見たことのある場所が、数か所ありますので、ぜひ見つけてみてくださいね。

September 2015 Edinburgh lakedistrict 097

ヒル・トップ(Hill top)
住所:Near Sewrey, LA22 0LF
営業時間:10:00~17:30(5月24日から8月28)、10:30~16:30(3月29日~5月22日、8月30日から11月2日)、10:30~15:30(2月15日~3月27日) (金曜、11月3日~2月14日は閉館)
料金:£9

※ショップと庭園は12月25日~2月14日を除いて通年営業。チケットなしで入場可。

※ヒル・トップは建物の保存のため入場制限をしています。ヒル・トップから西に50メートルほど歩いたところにチケット売り場がありますので、そこで時間指定券を購入してください。

 

いかがでしたでしょうか?

湖水地方は、時間がゆっくりと流れ、いつもよりも優しい気持ちになれるような気がするところです。ポターが人生をかけて湖水地方を守ったのは、ロンドンなどの都会で忘れられてしまった穏やかな生き方を、自然の力を、そこに見出したからではないかと思います。

ぎゅうぎゅうに詰めた旅行計画のもと、せかせかと観光地を回るのも楽しいですが、湖水地方に関してはぜひ2~3日かけてゆっくりと回ってみてください。

また、湖水地方に行く前に、ピーター・ラビットの絵本やレネ・ゼルウィガー主演でビアトリクス・ポターの半生を描いた映画、Miss. Potterを見ていただけると、より楽しめるかと思います。


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

annika

annika

英国留学中の女子大生。人生の夏休みを謳歌中。小さいころから海外にあこがれ、大学1年の春に遂に初海外でオーストラリアへ。好奇心は人一倍なのに極度の小心者の私も、最近は自信がついて一人旅をするようになりました。旅行中特に楽しみなのは、舞台を見ること、公園を観察すること、B級グルメを食べること、友達を作ること。

この人が書いた記事

  • サウンド オブ ミュージックの舞台ザルツブルクの観光情報 厳選10選

  • モミの木を飲む!?スコットランドのクリスマス事情を調査してみた。

  • スコットランド留学中の私が暮らす第2の都市グラスゴーのおすすめ観光地を徹底ガイド!

  • ピーター・ラビットの世界を味わえるイギリス湖水地方の観光を徹底ガイド

関連記事

  • メルヘンな城好き必見のポルトガル・シントラのおすすめ観光地 厳選6選

  • スイス旅行で泊まりたいチューリッヒのおすすめホテル 厳選10選

  • ミュンヘンで本場ドイツビールを味わえるおすすめレストラン 厳選10選

  • ハンガリー料理『パプリカシュチルケ』は絶品!ブダペスト観光で絶対に外せない9つの目玉

  • ゲーテハウスは圧巻!?フランクフルトを楽しむおすすめ観光地 厳選10選

  • イギリスで最も美しい街と評判!コッツウォルズのおすすめ観光地 厳選10選