• 国内旅行
    日本からのお土産に日本酒を持っていきたい人必見!日本酒を選ぶポイント3つ
    2015年4月19日
  • 中国・台湾・東アジア
    韓国旅行の熟練が教えるソウルの市バス・マウルバスの乗り方と降り方
    2015年4月26日
  • 国内旅行
    冬の北海道観光におすすめな札幌ホワイトイルミネーションの見どころ2016 厳選7選
    2015年12月17日
  • 国内旅行
    肝試しには最高な京都の最恐心霊スポット&住所 厳選20選
    2015年7月23日
  • 東南アジア
    ベトナム旅行者に人気なスーパーで買えるベトナムのお土産 厳選10選
    2015年6月2日
  • 中国・台湾・東アジア
    韓国旅行に行ったらMERSはほぼ終息し街中の様子にも活気が!観光に行くなら今がお得です。
    2015年8月15日
  • ヨーロッパ
    世界一周ハネームーンカップルがおすすめするイタリアの街アルベロベッロはおとぎの国
    2015年7月22日
  • 東南アジア
    天才建築家ジェフリー・バワが手がけたスリランカのホテル 厳選3選
    2015年4月30日
  • 北米
    効果抜群!セドナで人気のお土産にしたいパワーストーン 厳選3選
    2015年5月10日
  • ヨーロッパ
    ドイツ旅行で訪れたい"存在しない街"と噂のビーレフェルト
    2015年9月15日
美食の都パリで秋の味覚を堪能!おすすめグルメとレストラン 厳選4選
スポンサーリンク

食欲の秋、美食の秋!美食の国フランスも秋模様に染まり、マルシェと呼ばれる市場にも秋の食材が続々と並び始めています。これからパリに行く機会があるという人がフランスの秋の味覚を堪能できるよう、おすすめのグルメとレストランを合わせてご紹介します!

1.きのこ

秋の味覚の代表格といえば、日本でもおなじみのきのこですね!フランスでもセップやマッシュルーム、ムスロンなどさまざまな種類のきのこを目にするようになります。特にフランスのきのことして有名な高級食材といえば、トリュフです。

世界の三大珍味の一つとしても知られ、豊かな香りは多様な食材とも相性が良いという特徴があります。
そんなトリュフを最大限味わいたいなら、「Terres de Truffesテール・ド・トリュフ」に足を運んでみてはいかがですか?

terre de truffe
画像出典元:http://www.yelp.fr/

terre de truffes plat
画像出典元:http://www.yelp.fr/

前菜からデザートまでトリュフをふんだんに使ったメニューで贅沢なひと時を過ごせます。トリュフ製品の販売店が併設されているので、食事の後はお土産選びも可能です。

HP:http://www.terresdetruffes.com/
住所:21, rue Vignon 75 008 Paris
電話番号:+33(0)53 43 80 44

 

スポンサーリンク

2.ジビエ

みなさんはジビエ料理というのを味わったことはありますか?ジビエというのは、食べるために狩猟で入手した野生鳥獣のことを意味します。フランスでは古くから、特に上流階級に愛されてきた食材の一つです。

そんなジビエ料理をじっくり味わうなら、パリ12区にある「A La Biche Au Boisア・ラ・ビッシュ・オ・ボワ」に足を運んでみては?

a la biche au bois
画像出典元:https://www.flickr.com/

メイン料理だけではなく前菜からジビエを堪能できるとあって、常連でにぎわう店内が特徴的です。
野生の鹿やいのしし、鴨肉などが楽しめます。

canard a la biche au bois
画像出典元:https://www.pinterest.com

こちらの画像は鴨肉料理です。
レストランはパリのリヨン駅(Gare de Lyonガール・ド・リヨン)からも近いのでアクセスも良好です。

住所:45, avenue Ledru-Rollin 75012 Paris 12
電話番号:+33(0)1 43 43 34 38

 

3.フランスでは甲殻類や貝類は秋から

日本の二倍の国土面積を誇るフランス。周囲を海に囲まれた日本とは違い、大西洋に面しているエリア以外は昔、新鮮な甲殻類や貝類を入手するのが困難でした。

そのためフランスでは5月~8月の気温が上がる期間は甲殻類、貝類を我慢し、秋の始まりである9月から食べる習慣があります。
もちろん、現在では鮮度を保ちながら運搬する技術が発達しているため夏でも問題はないのですが、昔からの名残で今でも秋口からこれらの食物を食べる人が大勢いるのです。

パリで海鮮類を食すなら、是非訪れてほしいのが「Le Congrès Auteuilル・コングレ・オトイユ」。

congres-auteuil-ambiance-interieure-2
画像出典元:http://www.congres-auteuil.com/

上品な店内の雰囲気は、ゆっくり食事を頼むのにもぴったり。

congres-auteuil-st-jacques
画像出典元:http://www.congres-auteuil.com/

カキやホタテなど新鮮な海鮮類に舌鼓を打ちながら、旅行の思い出話に花を咲かせてるのも楽しそうですね。

HP:http://www.congres-auteuil.com/
住所:144 bd Exelmans 75016 Paris
電話番号:+33(0)1 46 51 15 75

 

4.かぼちゃやきのこ…季節の味覚のいいとこ取り!

季節のものを堪能するなら、「Le villaretル・ヴィラレ」がおすすめ!旬の食物をふんだんに使った料理が盛りだくさんで、地元民にも愛されているレストランです。

le villaret
画像出典元:http://www.gillespudlowski.com/

見た目にも鮮やかで秋らしさが感じられるかぼちゃのスープ 。

veloute potimarron le villaret
画像出典元:http://www.gillespudlowski.com/

香りと食感が人気のセップ茸のソテー。

le villaret cèpes
画像出典元:http://www.gillespudlowski.com/

マルシェ(市場)で仕入れる食材に合わせてメニュー変更を行うこともよくあるようで、その時期にしか味わえない美食を楽しめます。フランスの伝統料理を季節の食材で楽しんでみてはいかがですか?

住所:13 Rue Ternaux, 75011 Paris
電話番号:+33(0)1 43 57 89 76

パリで楽しむおすすめの食材とレストランをご紹介しましたが、いかがでしたか?旅行中のレストラン選びは、つい億劫になって近くにあるお店に入ってしまいがちです。

しかし事前に下調べをして開店時間をチェックしたり、予約をしておけば現地でしか味わえない季節の食材を楽しめます!パリに足を運ぶ際にはぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
関連キーワード
ヨーロッパの関連記事
  • 格安&コスパよし!フランクフルトの人気ホテル厳選10選
  • 時間によっては無料wifi利用可能!バルセロナのwifi環境
  • スペインの無料wifiが使えるスポットはココ!インターネットで旅行がもっと快適に!
  • ハンガリー料理『パプリカシュチルケ』は絶品!ブダペスト観光で絶対に外せない9つの目玉
  • 知らなかったじゃ済まない!フランス旅行で外せない大人気の観光地 厳選50選
  • 後悔したくない!イタリア旅行で絶対行きたい観光地 厳選50選
おすすめの記事