• 東南アジア
    これだけは食べタイ!タイの王道おすすめ料理6選
    2015年1月18日
  • ヨーロッパ
    ローカルにも大人気なフランスのおすすめB級グルメ 厳選7選
    2015年5月15日
  • ヨーロッパ
    スコットランド歴2年の私がおススメするエディンバラ観光を楽しむベストプラン
    2015年2月22日
  • 旅行のスキル
    旅行中の日焼け止めはコレで決まり!敏感肌の私がやっと見つけた紫外線対策に最適なUVケアクリーム!
    2016年5月5日
  • 中国・台湾・東アジア
    韓国旅行に行ったらMERSはほぼ終息し街中の様子にも活気が!観光に行くなら今がお得です。
    2015年8月15日
  • 旅行のスキル
    海抜0mから燃料0 所持金0円でエベレストに登頂して気がついたこと9つ
    2015年3月5日
  • 国内旅行
    北海道在住の筆者がお勧めする道央の観光スポット厳選10選
    2015年4月22日
  • 世界のおすすめ情報
    撮影不可!レインボーギャザリングというヒッピーの集会で愛を感じた男の話
    2015年3月19日
  • ヨーロッパ
    格安旅行に必須!ヨーロッパに3年住んでいる私が使っている航空券・電車チケットを取るサイト14つ
    2016年4月17日
  • 北米
    セドナでサンライズを観た後にお勧めのレストラン厳選5選
    2015年4月15日
スペインでクリスマスの時期に食べられる伝統菓子
スポンサーリンク

1年の終わりが近づいて来ました。子どもたちにとっては待ち待ったクリスマス。ケーキにサンタクロースからのプレゼントと楽しみにしているかと思います。ここスペインはカトリックの国ですので、日本のクリスマスとは少し捉え方が違っています。そんなスペインで、クリスマスの時期に食べられる伝統的なお菓子をご紹介します。

スペインのクリスマスは?

4a94a832ce8e420a892d9fea02ded39d_s

321127794_8906f41a19_b
画像出典:juanpol

Nativity_tree2011
画像出典:ja.wikipedia.org

日本のクリスマスは12月25日で、サンタクロースが子どもたちにプレゼントを届けてくれるのが定番ですね。しかし、スペインはカトリックの国なので、イエスが誕生した12月25日から、1月6日のレジェス・マゴス(Reyes Magos:東方の三博士)までがクリスマスとなっています。

クリスマスツリーも1月6日まで飾られています。

スポンサーリンク

サンタクロースがいない!?

ebb7fc35424408035484ece84ead5c0f_s

16019100618_af14b48dc2_b
画像出典:M. Martin Vicente

実はスペインにサンタクロースが浸透してきたのは、ごく最近のこと。サンタクロークはカトリックとは関係ないため、最近までスペインでは存在しなかったのです。では、スペインの子どもたちはプレゼントがもらえなかったのか?というと、そうではありません。

実は、レジェス・マゴス(東方の三博士)がプレゼントを持ってきてくれていたのです。しかし、サンタクロークが浸透した今日では、サンタクロースと東方の三博士からとダブルでプレゼントをもらう子が普通となって来ました。

祖父母や叔父・叔母からもクリスマスプレゼントをもらうのが一般的ですので、この時期の子どもたちはプレゼント三昧です。親は痛い出費ですが、子どもは羨ましい限りですね。

クリスマスの時期に食べられるお菓子

6766934331_5b58a79b4a_b
画像出典:Gonmi

334256097_9f9909683e_b
画像出典:BocaDorada

スペインには日本のようなクリスマスケーキは存在しません。しかし、東方の三博士までを含むクリスマスの時期に食べられる伝統的なお菓子(いずれも極甘!)がいくつかありますので、ご紹介します。

トゥロン(Turrón)

Turrón_de_Alicante_(Casa_Mira)
画像出典:en.wikipedia.org

Turrón_de_Jijona_(Mallorquina)
画像出典:it.wikipedia.org

5304205257_2e3cd95e10_b
画像出典:Lablascovegmenu

323354132_fe3e8a8a2c_o
画像出典:deramaenrama

アーモンド、蜂蜜、砂糖、卵白を混ぜ合わせたお菓子。柔らかいものと固いものがあります。バレンシア地方のアリカンテやヒホナ、カシノスなどで作られたものがよく知られています。

アーモンドがそのまま入っており、薄く固いタイプものがトゥロン・デ・アリカンテ(もしくはトゥロン・ドゥーロ)、アーモンドが粉状で、柔らかいタイプのものがトゥロン・デ・ヒホナ(もしくはトゥロン・ブランド)と呼ばれます。最近ではフルーツやチョコレート入りの物など変わった味のトゥロンもあります。

ポルボロン(Polvorón)

Polvorones-2009
画像出典:commons.wikimedia.org

Polvorón_de_Tordesillas_(Valladolid,_Castilla_y_León,_España)
画像出典:en.wikipedia.org

Polvoron
画像出典:en.wikipedia.org

煎った小麦粉とアーモンドの粉、ラード、砂糖、シナモンを混ぜて焼いたお菓子。アンダルシア地方で特に好まれているようです。キャンディーのように包まれており、見た目はクッキーや小さなケーキのようで、ほろほろとした食感が特徴です。食べる時に崩れて食べにくいので、食べる前に包みの上から潰し固めて食べるとスペイン通に見られるかも。

マサパン(Mazapán)

Mazapán-Casa_Mira-2009
画像出典:commons.wikimedia.org

Mazapán-_Toledo
画像出典:commons.wikimedia.org

44701354_c445c1326a_b
画像出典:JuanJaén

マサパンはトレドが有名で、季節を問わず食べることができますが、一般的にはクリスマスの時期になるとよく食べられるお菓子です。アーモンド、砂糖などを練って作った一口サイズのお菓子で、様々な形があります。

ロスコン・デ・レジェス(Roscón de Reyes)

6642864825_1f3efcff97_b
画像出典:El Coleccionista de Instantes

Roscon_de_Reyes
画像出典:commons.wikimedia.org

Roscón_de_Reyes_-_Mallorquina
画像出典:en.wikipedia.org

83175262_1a57098a4c_o
画像出典:Rosa y Dani

1月6日のレジェス・マゴス(東方の三博士)の日に食べられるもの。浮き輪のような形をした生地に砂糖漬けにされた果物が乗ったものが多いです。生地の間には、生クリームやチョコーレートクリーム、モカなどのクリームが挟まっています。(昔は挟まっていなかったそうです。)

スーパーでも買えますが、地元のパン屋で買うのが一般的。クリーム中にはレジェスや天使などの小さな陶器の人形とそら豆の“お楽しみ”が入っています。人形が当たった人は1年間ラッキーな人。付属の王冠を被ります。そら豆が当たった人は来年のロスコン・デ・レジェスを買うのがお決まりなんだそう。

いかがでしたか?これらのお菓子(ロスコン・デ・レジェスを除く)はスーパーなどで特設コーナーが設けられ、気軽に購入できます。少しずつの詰め合わせの箱や量り売りもしてくれます。クリスマスの時期に旅行される方は、自分用にはもちろんですが、お土産にもなりますので是非食べてみてくださいね。

スポンサーリンク
関連キーワード
ヨーロッパの関連記事
  • 格安&コスパよし!フランクフルトの人気ホテル厳選10選
  • 時間によっては無料wifi利用可能!バルセロナのwifi環境
  • スペインの無料wifiが使えるスポットはココ!インターネットで旅行がもっと快適に!
  • ハンガリー料理『パプリカシュチルケ』は絶品!ブダペスト観光で絶対に外せない9つの目玉
  • 知らなかったじゃ済まない!フランス旅行で外せない大人気の観光地 厳選50選
  • 後悔したくない!イタリア旅行で絶対行きたい観光地 厳選50選
おすすめの記事