1. TOP
  2. スペインのサンタクロース「レジェス・マゴス」

スペインのサンタクロース「レジェス・マゴス」

日本でクリスマスと言えば、1225日ですね。スペインのクリスマスは、キリスト誕生の1225日から1月6日まで続きます。それは宗教が深く関係しているからです。1月6日はレジェス・マゴスの日。レジェス・マゴスっていったい何でしょうか?

Sponsored Link

レジェス・マゴスって何?

16019100618_af14b48dc2_b
画像出典:M. Martin Vicente

6539584477_ac1e4dc846_b
画像出典:Gonmi

レジェス・マゴス(Reyes Magos)とは新約聖書に出てくる「東方の三賢者」のこと。他にも「東方の三博士」や「東方の三賢人」と呼ばれることもあります。彼らはキリスト誕生時にラクダに乗ってキリストを拝みにやってきて、それぞれが贈り物をしたと言われています。

それでは、各レジェス・マゴスを紹介します。細かい特徴は国によっても違うようですが、スペインでは以下のようになっています。

メルチョール(Melchor:メルキオール)

3172969420_b8e49c238f_o
画像出典:Contando Estrelas

白人で白い髭(場合によっては金色の髭)を生やし、老人の姿をした賢者。黄金を贈ったとされている。

バルタサール(Baltasar:バルタザール)

3172980990_12c1f57c88_o
画像出典:Contando Estrelas

黒人で壮年の姿をした賢者。乳香を贈ったとされる。

ガスパール(Gaspar:カスパール)

2170131906_63bbbdb12c_o
画像出典:Contando Estrelas

黒っぽい髭を生やし、青年の姿をした賢者。没薬を贈ったとされる。

サンタクロースは存在しない!?

ebb7fc35424408035484ece84ead5c0f_s

実は、スペインでサンタクロースが浸透して来たのはここ最近のこと。サンタクロースはキリスト教とは関係ないため、それまでは存在しなかったのです。

では、スペインの子どもたちはプレゼントをもらえなかったのかと言われると、答えはノー。レジェス・マゴスがプレゼントを届けてくれていたのです。子どもたちは1月5日の夜、ラクダ(レジェス・マゴスが乗って来る)のための水やお菓子と、レジェスたちのためにお酒を用意しておきます。

a069e42246958ac3f5676e333a43b435_s

サンタクロースが広まった現在、スペインの子どもたちは1225日のクリスマスと、1月6日のレジェス・マゴスの日にもプレゼントをもらう子がほとんどです。子どもたちはレジェス・マゴスに1年間良い子にしていたことと、欲しいプレゼントを書いた手紙をしたためます。

すると、良い子だった子には希望のプレゼントが、悪い子だった子には木炭が届けられます。木炭に似せたお菓子が売られていたりもします。

スペイン各地で開催されるパレード

Cabalgata Reyes Magos 10
画像出典:malojavio. El Saucejo

1月5日の夕方からスペイン各地でレジェス・マゴスのパレードがスペイン中で開催されます。パレードの規模は街によっても様々。カバルガタ(cabalgata)と呼ばれる山車に乗った人たちや三賢者が、小さなおもちゃや飴などを沿道の子どもたちに投げてくれます。

これを楽しみにしている子どもたちも(大人も!?)沢山いますし、大きな都市だとテレビ中継もあります。しかし近年は、不況の影響もあり、パレードの規模は小さくなってきているところが多いようです。

2015年度マドリッドでのパレードの様子

※レジェス・マゴスの登場は44分過ぎころから


動画出典:https://www.youtube.com/

2015年度バルセロナのパレードの様子

動画出典:https://www.youtube.com/watch?v=Ilyt7MhFBmU

2015年度サラマンカのパレードの様子


動画出典:https://www.youtube.com

おまけ話
Belén_2010
画像出典:commons.wikimedia.org

Portal_belen02_lou
画像出典:commons.wikimedia.org

クリスマスの時期になると街のあちこちでベレン(Belén)を見ることができます。ベレンはキリストがベツレヘムの馬小屋で生まれた当時を再現したジオラマのことで、大きさもミニチュアから等身大まで様々。

地域によってはカガネー(大便をする人)などの隠れキャラがいたりして、それを探すのもベレンを見る楽しみのひとつでもあります。ベレンはクリスマスの時期には欠かせないものとなっています。

6642864825_1f3efcff97_b
画像出典:El Coleccionista de Instantes

レジェス・マゴスの日(1月6日)には伝統的なスイーツ「ロスコン・デ・レジェス(Roscón de Reyes)」を朝食やおやつに食べます。ドーナツ型の生地にクリームが挟まっており、陶器のおもちゃやソラマメが入っています。陶器のおもちゃが当たった人は1年間ラッキーな人。ソラマメが当たった人はロスコン代を払うそうです。

いかかがでしたか?

日本では馴染みのないと「東方の三賢者」ですが、スペインではサンタクロースが現れる前から存在していたので、人々の間に深く根付いています。(もちろん宗教的な理由もありますが。)

この時期にスペインで過ごせるという方は、スペインでの年越しも良いですが、レジェス・マゴスのパレードも是非一度ご覧になってみてください。


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

eimy

この人が書いた記事

  • 衝撃的?スペインの三大祭りバレンシアの火祭りをスペイン在住の私が楽しみ方を紹介

  • スペインのサンタクロース「レジェス・マゴス」

  • スペインでクリスマスの時期に食べられる伝統菓子

  • スペインのクレイジーでアツイ祭り!次に注目すべきは「粉かけ祭り」

関連記事

  • 夏のスコットランド観光を彩るエディンバラ・フェスティバル

  • イギリス住の私が選ぶお土産におすすめなお菓子と紅茶 厳選13選

  • イタリア一周旅行した私がオススメするプーリア州の穴場観光地厳選7選

  • スペイン・カタルーニャ地方のハロウィン“カスタニャーダ”を紹介

  • 夏のスペイン旅行におすすめな穴場観光地メノルカ島の魅力

  • 杉原千畝ゆかりの地リトアニアを旅行!世界遺産 『十字架の丘』が衝撃的すぎる…