1. TOP
  2. ヨーロッパの朝食を国別比較!スペインでは朝からチョコ!?

ヨーロッパの朝食を国別比較!スペインでは朝からチョコ!?

chousyoku13

最近では日本も洋食を朝食にしたり、
いろいろな国へ行けるようになり、交流が始まってから、
世界の食文化もだいぶ似てきています。

もともと日本の朝食がご飯に味噌汁が定番だったように、
ヨーロッパでも国によって独自の朝食スタイルがあり、
陸続きのお隣同士だったりしても、結構違いはあるものです。

そんな国別の朝食スタイルをご紹介します。

Sponsored Link

イギリス

chousyoku1
画像出典:http://www.imgmob.net/england-big-ben.html

イギリスの伝統的な朝食は、品数たっぷりの『イングリッシュ・ブレックファスト』です。
この『イングリッシュ・ブッレクファスト』。
驚きの品数とボリュームです。

chousyoku2
画像出典:https://davidjrodger.wordpress.com/

そのメニューはフルーツジュースから始まり、シリアルに卵料理、ベーコン、ソーセージ2種、
ハッシュドポテト、マッシュルーム、ベイクドビーンズ、焼きトマト、
そしてトーストと紅茶またはコーヒー。

chousyoku3
画像出典:http://www.zomppa.com/

これが標準的な朝食というからびっくりですよね。

朝からがっつり派のイギリスです。

 

フランス

chousyoku4
画像出典:http://www.premiumtours.co.uk

なんとなくクロワッサンとカフェオレを朝食で食べているイメージを持っている人も
少なくないのではないでしょうか?

グルメの国フランスの朝食は、意外にシンプルです。

chousyoku5
画像出典:https://en.wikipedia.org/

イギリスと違い、普段はあまり朝食に時間をかけないことが多いようです。

よく食べられているのが名前に国名までついたフランスパンつまりバゲットです。

chousyoku6
画像出典:http://danken.jp

そう言われたら、フランスパンが入った紙袋を持つパリジェンヌのイメージって ありますよね。

そんなバゲットにバターとジャムを塗ったタルティーヌにコーヒやカフェオレ、
というのが一般的です。

chousyoku7
画像出典:http://www.essentialingredient.com.au

残って乾燥してしまったバゲットは、フレンチトーストにして食べたり、
そういうところはさすがグルメの国フランスですよね。

2番人気のパンがクロワッサン。

chousyoku8
画像出典:http://provisionaldustbox.blog50.fc2.com

休日はクロワッサンにカフェオレを飲みながらカフェでゆったり、という、
イメージ通りのパリの朝食をとる人もいるみたいですよ。

 

イタリア

Colosseum in Italy tourism destinations
画像出典:http://www.bestourism.com

イタリアもどこにいってもおいしものがあふれていますよね。
そんなイタリアの朝食事情はどうなのでしょうか?

イタリアもフランス同様意外にシンプル。

chousyoku10
画像出典:http://planetden.com/

そして、びっくりなのが、通勤通学の途中で、コーヒーやカプチーノとブリオッシュ、
ビスコッティ、マフィンなどですませてしまう人が多いということ。
このブリオッシュですが、中にジャムやクリームが入ってるスイーツ系のパンなんです。

chousyoku11
画像出典:http://www.trover.com

家で朝食をとる人も簡単にすませる人が多いのですが、 それでもやっぱりコーヒーと食べるのは、
固めのトーストに、 ヘーゼルナッツ入りのチョコレートクリームをたっぷり塗って食べるという
スイーツ系。

イタリアの朝食は甘党なんですね。

 

ドイツ

chousyoku12
画像出典:http://raredelights.com

ドイツと言えばソーセージとビールですよね。

いやいや、朝からさすがにビールはないでしょうって思ったあなた。
実は本当に朝からビールにソーセージの朝ごはんという風習があるんです。

ドイツのミュンヘンの定番朝ごはんは白ソーセージにプレッツェル、そしてビール!
ビアレストランに行けば、普通に朝食セットとしてあるというからびっくりです。

chousyoku13
画像出典:http://www.food-blog.co.za

白ソーセージは、ウィンナーソーセージよりもひと回り大きく、白胃色をしています。

仔牛の肉にパセリやレモンの皮、玉ねぎなどを加え、茹でたもので、
あっさりとしたソーセージです。

chousyoku14
画像出典:http://www.schallerweber.com

冷蔵庫のまだなかった時代は、白ソーセージは日持ちがしなかったので、
特に早く食べるものとされてきました。
その風習が今も残り、白ソーセージは午前中に食べるのが基本だそうです。

 

いやはや、やっぱりドイツはソーセージにビールの国でした。

 

スペイン

chousyoku15
画像出典:http://www.traveltipy.com

食を楽しむスペインでは1日に5食も食事をするそうです。
そんな国の朝はやはりちょっと控えめ。
ミルクコーヒーとクロワッサンやデニッシュ系のパンで済ます人が多いそう。

chousyoku16
画像出典:https://travel-gourmet.com

でも、この国にはびっくり定番がもう一つあります。
それはチュロスとホットチョコレートの組み合わせ。

chousyoku17
画像出典:http://www.recipeshubs.com

チュロスを甘ーいホットチョコレートにたっぷり浸して食べるんです。
これは甘党にはたまらない朝食ですね。

 

いかがでしたでしょうか?
同じヨーロッパなんだし、似たり寄ったりじゃないの?と思っていた方も
いたのではないでしょうか?

イギリスのボリュームにはびっくりでしたし、ドイツはやっぱりドイツでしたね。
グルメの国の朝食は以外と控えめなようです。
こうやってみると甘党の朝食を好む国も以外と多いようですね。

これほど国によって違うとはちょっとびっくりです。


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

chousyoku13

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Nanako

Nanako

趣味は女一人旅。でも実際はみんなで行く旅行も大好き(笑)
世界一周旅行で出会った風景や、出会った人たちは私の人生に大きく影響しています。

現在はライターとして働きながら、国内外を旅行しています。

好きな観光地は台湾。
国内なら京都!

この人が書いた記事

  • クリスマスマーケット

    ヨーロッパのクリスマスを満喫したい!ウィーンのクリスマスマーケット9選

  • 岩塩坑01

    世界初の世界遺産で地底探検!? ヴィエリチカ岩塩坑に潜入!

  • エッフェル塔02

    パリに行ったらここだけは行っておきたい観光スポット厳選7選

  • 東福寺

    京都の絶景めぐり! 1度は行きたい秋の紅葉名所スポット厳選7選

関連記事

  • se6

    セリャラントスフォス〜アイスランドの神秘的な滝〜厳選画像20選

  • DSCN9911

    イギリス住の私が選ぶお土産におすすめなお菓子と紅茶 厳選13選

  • img_5045

    パンケーキが大人気なアムステルダムのおすすめグルメレストラン 厳選6選

  • hnb0041-049

    夏のスコットランド観光を彩るエディンバラ・フェスティバル

  • アルベロッベロ 観光 1

    世界一周ハネームーンカップルがおすすめするイタリアの街アルベロベッロはおとぎの国

  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    ドイツ最大のコスプレイベント”Connichi2015″を33枚の画像でレポート