1. TOP
  2. 初めてのロンドン旅行で絶対はずせない観光スポット7選

初めてのロンドン旅行で絶対はずせない観光スポット7選

longon12

ロンドンは伝統と新しいものの融合した、 どんどん進化している活気のあるイギリスの首都です。 ブリティッシュファンは世界にとても多く、 ロンドンは世界の中でも最も人気のある観光都市の ひとつです。 そんなロンドンにはたくさんの観光スポットがあります。 伝統的な建築物や世界遺産、新しいランドマークに、伝統的な建物に新しい技術を取り入れた 観光施設など、ロンドンの顔とも言える観光スポット7ヵ所をご紹介します。

Sponsored Link

ウェストミンスター宮殿(国会議事堂)

longon1
画像出典:https://www.getyourguide.com

『ビッグ・ベン』の愛称をもち、ロンドンの顔としてみんなに愛される時計塔をもつ ウェストミンスター宮殿。

longon2
画像出典:https://en.wikipedia.org

イギリスのロンドン中心部、テムズ川河畔に位置し、現在は国会議事堂としても 使用されており、隣接するウェストミンスター修道院とともに世界遺産に 登録されています。 夏は国会会期中、冬は毎週土曜日にツアーがあり、中に入ることが出来ます。 テムズ川とともに映るビッグベンはロンドンの顔とも言える景色ですよね。

longon3
画像出典:https://www.askideas.com

テムズ川の対岸からきれいに見えるように設計段階から考えられていたそうで、 ぜひ対岸のベストポジションで写真撮影してください。

住所:Westminster, London SW1A 0AA イギリス 開館時間:9:15~16:30(半日の日もあり) 開館期間:夏期は開会中、冬期は土曜のみ。 料金:£15.00(ツアーに参加) ホームページ:http://www.parliament.uk/visiting/

 

ウェストミンスター寺院

Westminster Abbey
画像出典:http://limitlesstravel.org

ウェストミンスター宮殿に隣接する寺院で、戴冠式などの王室行事も執り行われる 由緒ある建物です。 最近ではウィリアム王子とキャサリン妃が挙式したことで日本でも話題になりました。

longon5
画像出典:http://www.dailymail.co.uk

10世紀に建立された建物は高いアーチ型の天井と大きなステンドグラスがとても美しく、 中でもヘンリー7世の聖母の礼拝堂っていうのが一際きれいでおすすめです。

longon6
画像出典:https://jp.pinterest.com

教会内の説明文はほぼ英語のみですので、日本語のオーディオ・ガイドを借りると、 歴史的な興味深いお話も聞けるのでぜひ借りましょう。 観光スポットとしても公開されていますが、一般礼拝堂として毎日使われているので、 礼拝に参加するとまた違った一面を見ることが出来、おすすめです。

住所:20 Deans Yd, London SW1P 3PA イギリス 開館時間: 09:30~15:30 休業日:日曜日(礼拝のため) 料金:£12.00 ホームページ:http://www.westminster-abbey.org/

 

ロンドン・アイ

longon7
画像出典:http://londonairportransfers.com

ロンドン・アイはテムズ川沿いのサウスバンクにあるジュビリー・ガーデンズの中にります。 2000年のミレニアムの事業のひとつして作られ、1つの『カプセル』に 25人を乗せることが出来る巨大な観覧車です。

longon8
画像出典:http://www.greatlondonlandmarks.com

高さは135mあり、ロンドンに高いビルは3つありますが、どこも一般に開放されていないので、 このロンドン・アイがロンドンで一番高い展望スペースになります。 全部で32個ある『カプセル』は足元までシースルーになっており、 中も自由に歩きまわれるという、 今までの観覧車とはまったく違うタイプの観覧車です。

longon9
画像出典:https://www.getyourguide.com

ビッグベンを目の前にまるでロンドンを空中散歩しているような気分を味わえます。 見通しのいい日はウィンザー城あたりまで見ることが出来ますが、 『霧の都』とも言われるロンドン。 日中見通しが悪い日でも、夜は視界が晴れる日も多く、夜に乗るのもお勧めです。

longon10
画像出典:http://pcwallart.com

眼下に広がるロンドンの夜景は絶景です。

住所:Westminster Bridge Rd., SE1 開館時間:10:00~20:00(季節により変わるので事前に確認してください) 定休日:12/25、不定期(メンテナンスのため) 料金:£29.50(オンライン購入 £26.55) ホームページ:http://www.londoneye.com

バッキンガム宮殿の衛兵交代式

longon11
画像出典:http://bucketlistjourney.net

バッキンガム宮殿は今でも実際に使われている世界でも数少ない王宮の一つで、 エリザベス女王の公邸兼執務の場です。 バッキンガム宮殿といえばロンドン観光の目玉とも言われるほど衛兵交替式が有名。 マーチングバンドとともに衛兵の行進、騎兵の行進を見ることが出来ます。

longon12
画像出典:http://www.travelgeeze.com

交代式自体は宮殿内で行われるので、門越しでしか見られませんが、 往復の行進だけでも十分迫力もあり楽しめます。 交代式が終われば小さい門を守っている衛兵と写真撮影もできます。

longon13
画像出典:http://www.mountainsoftravelphotos.com

横で写真撮影していてもピクリとも動かない姿は『さすが!』としかいいようがありません。

住所:Buckingham Palace Rd., SW1 時間:衛兵交替は春~夏期毎日11:30~(他の時期は1日おき) ホームページ:http://www.royalcollection.org.uk/visit/the-state-rooms-buckingham-palace/

ロンドン塔

longon14
画像出典:http://www.londontown.com

ロンドン塔は歴史の中で多彩な顔を持つことになった建物です。 もとは要塞と治して建築されましたが、王や女王の戴冠前に滞在する宮殿であり、 戴冠式のパレードはこのロンドン塔から始まります。 その反面、裏門は『反逆者の門』といわれ、高貴な在任を閉じ込める監獄、 そして処刑場という顔を 持っていた時代もあります。 ほかにも、武器庫や宝物庫時には動物園や天文台などとして使われていたことまであります。

longon15
画像出典:http://www.historyneedsyou.com

そういう歴史が興味深く人気があるひとつの理由ですが、 もうひとつ、 ここが人気の理由があります。 それは、南アフリカの政府が英国の王室に贈呈した『カリナン』と呼ばれる 500カラットを超える 世界最大級のダイヤモンドや、イギリス歴代の王室に伝わる王冠や宝剣、 宝石などの豪華な展示が 数多くされていることです。

longon16
画像出典:https://uk.pinterest.com

歴史も豪華な装飾品の展示も楽しめるなんて素晴らしいですね。

住所:London EC3N 4AB イギリス 開館時間:3/1~10/31 火~土 9:00~17:30/日・月 10:00~17:30(最終入場17:00) 11/1~2/28 火~土 9:00~16:30/日・月 10:00~16:30(最終入場16:00) 料金:£22.00(オンライン購入 £20.90 ) ホームページ:http://www.hrp.org.uk/TowerOfLondon/

 

タワーブリッジ

longon17
画像出典:https://londonspotter.com

ロンドン塔のすぐ横のテムズ川にかかっているロンドンの顔とも言えるほど有名な跳ね橋です。 今でも現役の跳ね橋で、現在は開閉することも少なくなりましたが、 運が良ければ橋が上がるのを見ることもできます。

longon18
画像出典:http://london.trusttown.net

2つの塔を上でつなぐ通路は使われることもなくなっていましたが、 2014年11月にガラス張りの『ウォーク・ウェイズ』に生まれ変わり、 シースルーになったウォーク・ウェイズは新名所として 話題を集めています。

longon19
画像出典:http://www.alva.org.uk

古き良きものを残しながら新しいものも取り入れていく、まさにロンドンの都市のような 観光スポットです。

住所:Tower Bridge Road, London SE1 2UP イギリス 開館時間:10:00~18:30(10~3月は9:30~18:00、1/1は12:00~) ※最終入場は閉館1時間前 定休日:12/24~26 料金:£8、学生£5.60 ホームページ:www.towerbridge.org.uk/

大英博物館

longon20
画像出典:https://www.expedia.com.au

大英博物館は700万点もの所蔵品を持つ、イギリスが世界に誇る世界最大級の博物館です。 古代エジプトのミイラやロゼッタストーン、ギリシアのパルテノン神殿の彫刻群など、 ここでは教科書で見た『本物』を見ることができます。

longon21
画像出典:https://commons.wikimedia.org

longon22
画像出典:http://planetden.com

しかも入場料は無料というから驚きですよね。 またギリシア様式の正面玄関は印象的な建築物で、誰もが知っているのではないでしょうか? 日本語に対応したマルチメディア ガイドが用意されているので自分のペースで、 ゆっくり楽しみたい博物館です。

住所:Great Russell Street, London WC1B 3DG イギリス 開館時間:10:00~17:30(金~20:00、遅い時間は一部のみの開館) 定休日:1/1、12/24~26 料金:無料(特別展は有料) ホームページ:www.britishmuseum.org/visiting.aspx?lang=ja

 

いかがだったでしょうか? 初めてロンドンに行くなら、『これぞロンドン!』というようなところに、 行っておきたいものですよね! イギリスは伝統を重んじる国だけあり、ロンドン中の建物、公園、どこを見ても 素晴らしいものばかりで、由緒のあるものがそこらじゅうにあったりと、 見所はたくさんです。 ひとつのエリアだけでも数個の観光スポットがあったり、 1日の間であまり移動せずに観光を楽しめるので、 ゆっくりゆったりロンドンを楽しんでみてください。


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

longon12

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Nanako

Nanako

趣味は女一人旅。でも実際はみんなで行く旅行も大好き(笑)
世界一周旅行で出会った風景や、出会った人たちは私の人生に大きく影響しています。

現在はライターとして働きながら、国内外を旅行しています。

好きな観光地は台湾。
国内なら京都!

この人が書いた記事

  • クリスマスマーケット

    ヨーロッパのクリスマスを満喫したい!ウィーンのクリスマスマーケット9選

  • 岩塩坑01

    世界初の世界遺産で地底探検!? ヴィエリチカ岩塩坑に潜入!

  • エッフェル塔02

    パリに行ったらここだけは行っておきたい観光スポット厳選7選

  • 東福寺

    京都の絶景めぐり! 1度は行きたい秋の紅葉名所スポット厳選7選

関連記事

  • basuh9

    イギリス旅行でバースに訪れたら泊まりたいホテル!外装内装がかわいいと評判 厳選10選

  • santorini-411938_640

    エーゲ海クルーズツアーが11泊で激安の18.9万円 航空券付き

  • romam5

    お洒落がたくさん!ローマ観光で買いたい女性におすすめなお土産厳選20選

  • Virgen-de-Valvanera-en-San-Mateo

    ワイン好きにおすすめな秋のスペイン旅行で訪れたいリオハの収穫祭

  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    パリのカフェで知っておきたいルール・マナー7つ&簡単フランス語

  • dubk7

    クロアチア/ドブロブニク観光に絶対欠かせないおすすめ観光地 厳選10選