1. TOP
  2. ハプスブルグ家の栄華を感じるウィーンのおすすめ観光地 厳選5選

ハプスブルグ家の栄華を感じるウィーンのおすすめ観光地 厳選5選

b7

ウィーンといえば、芸術の都のイメージですが、
ハプスブルグ家が集めた美術品を収めた美術館と
世界的に有名なオペラ劇場があります。
一つ一つが大きな建物なので、
見学時間に余裕を持って計画を立てたいですね。
今回はウィーンの代表的な観光地を5つ選びました。
初めてウィーンに行く人はぜひ参考にしてください。
きっとあなたが気に入る観光地が見つかります。

Sponsored Link

シェーンブルン宮殿と庭園

b1
画像出典:http://blog.insightvacations.com

シェーンブルン宮殿は、「フランスのベルサイユ宮殿に匹敵する宮殿を」という命により
設計されたハプスブルク家の夏の離宮で、世界遺産に登録されています。
「マリア・テレジア・イエロー」と呼ばれる華やかな黄色の外観と
ウィーン風ロココ様式が優雅な宮殿です。
建物にはもともと金を塗る予定でしたが、マリア・テレジアが財政状況を考慮して
黄金に似せた黄色にしたため、「マリア・テレジア・イエロー」と呼んでいるそうです。
地下鉄の駅から歩いて10分くらいの場所にあります。

グランドツアーやインペリアルツアーのチケットは券売機がありますが、
それ以外は窓口で買います。
宮殿の建物の中は撮影禁止です。
中も豪華で、ベルサイユ宮殿のようです。

b2
画像出典:https://www.viennacitytours.com

部屋ごとに趣向が凝らされていてゆっくり見たくなりますが、けっこう混んでいます。
混雑緩和のために入場は分刻みでコントロールされています。
宮殿の中の見学コースの終わりにかなり立派な売店があります。
たまにお買い得品もあるので、探すのも楽しみです。
夜にはオランジェリーで観光客向けのコンサートがあります。

b3
画像出典:http://whc.unesco.org

庭園は広くて歩くのは大変ですが、旅行中の運動不足にピッタリです。
宮殿から丘の上に見えるグロリエッテまでは歩いて20分くらいです。
ちなみにここの動物園には、ジャイアントパンダが3匹いて、ペンギンもいます。

施設名:シェーンブルン宮殿と庭園
英名:Palace and Gardens of Schoenbrunn
住所:Schloss Schonbrunn, 1130 Wien
URL:http://www.schoenbrunn.at/
営業時間:4~6・9・10月8:30~17:30、7・8月8:30~18:30、11~3月8:30~17:00
休業日:無休

シュテファン寺院

b4
画像出典:http://www.sacred-destinations.com

シュテファン寺院は、ウィーン旧市街のほぼ中心にある教会です。
歩行者天国の丘の上、下るとオペラ劇場という場所にあり、
尖塔が目立つので、街歩きの目印にもなります。
ミサをやっていない時間であれば、中を見学できます。
塔に登るのは、有料ですが、ウィーンの街を一望できるのでおすすめです。

施設名:シュテファン寺院
英名:Stephansdom
住所:Stephansplatz 1, 1010 Wien
URL:http://www.stephanskirche.at/
営業時間:月~土6:00~22:00  日祝7:00~22:00
休業日:無休

ウィーン国立歌劇場

b5
画像出典:http://www.keyword-suggestions.com

ウィーン国立歌劇場は、地下鉄Opera駅徒歩1分です。
毎日、館内の見学ツアーがあります。
日本語ガイドもいます。
所要時間は40分くらい。
オペラ座の概要と舞台裏や座席などを見ます。
オペラを見る機会がないと館内を見ることはないと思うので、
良い経験になります。
劇場の入り口までは入れるので、中央階段付近で記念撮影するとよいでしょう。
マーブルの大理石とところどころに使われている金細工が、
シャンデリアに照らされてとても優美な空間をつくっています。

b6
画像出典:https://en.wikipedia.org

実際にオペラを鑑賞したい場合は、
劇場外のチケットブースか事前にインターネットで席を買います。
当日は立ち見席のチケットも販売されます。
立ち見席は、全部で567席ありますが、舞台が見えるところは人気なので、
かなり早くから並ばないと難しいです。
外でコスプレして販売している人たちは、公式販売員のような顔をしていますが、
いわゆるダフ屋です。
私調査ですが、だいたい定価の5倍くらいの値段で販売しています。

施設名:ウィーン国立歌劇場 (国立オペラ座)
英名:Vienna State Opera
住所:Operngasse 2, 1010 Wien Austria
URL:http://www.wiener-staatsoper.at

美術史美術館

b7
画像出典:https://www.falter.at

美術史美術館は、フランツ・ヨーゼフ1世の命により20年掛けて建てられ、
ネオ・ルネサンス様式の建物で、隣の自然史博物館とそっくりの外観です。
館内入り口付近は天井が高く、自然光が差し込んですてきな雰囲気です。
左奥の地下にロッカーとクロークがあり、ロッカーはコイン返却式です。
2階の「世界一豪華なカフェ」もおすすめです。
b8
画像出典:http://www.mts-vienna.com

メインの展示室は2階です。幅広い年代と地域に渡る絵画を所蔵しているので
、一度に全部見るのは難しいので、時間が限られている場合、
事前に目当ての作品と場所を把握しておいたほうがよいでしょう。

b9
画像出典:http://www.panoramio.com

絵画は、ヨーロッパ各地のハプスブルク家の領土の作品が中心ですが、
貨幣や武器、古代エジプト・古代ギリシア・古代ローマの彫刻なども展示されています。
一部を除き、フラッシュなしでの写真撮影が可能です。
ブリューゲルの「バベルの塔」が有名ですが、
2005年に日本に来日したフェルメールの「絵画芸術」もあります。

施設名:美術史美術館
英名:Kunsthistorisches Museum
住所:Burgring 5, 1010 Wien
URL:http://www.khm.at/
営業時間:10:00~18:00(絵画部門のみ木~21:00)
休業日:月

ホーフブルク宮殿 (王宮)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
画像出典:https://commons.wikimedia.org

ホーフブルク宮殿 (王宮)は、ハプスブルク家代々の皇帝が居住していた
ウィーンの王宮です。
現在は、オーストリアの連邦大統領公邸や乗馬学校、図書館、
多くの博物館として利用されています。
見所はシシィ博物館、皇帝の部屋、王宮宝物館です。
行って後悔しない場所です。

b11
画像出典:https://en.wikipedia.org

チケットの種類がさまざまにあるので、
見学した居場所をあらかじめ決めておいたほうがよいでしょう。
シシィ(エリザベート)博物館・皇帝の部屋・宮廷銀器コレクションは
共通チケットで見学できます。
王宮礼拝堂のチケットなら、ミサとウィーン少年合唱団の歌声を鑑賞できます。
王宮宝物館と王宮家具博物館はそれぞれチケットが必要です。

施設名:ホーフブルク宮殿 (王宮)
英名:Hofburg Wien
住所:1, Innerer Burghof , 1010 Wien
URL:http://www.hofburg-wien.at/
営業時間:9~6月9:00~17:30 / 7・8月9:00~18:00 (入館は閉館60分前まで)
休業日:無休

 

ウィーンのおすすめ観光地5選はいかがだったでしょうか?
音楽の都として有名ですが、ハプスブルグ家の持つ美術品も多いので、
目も耳も楽しめる滞在ができると思います。
時間が限られている旅行や、どこへ行ったらいいか分からないという人に
参考にしていただけたらと思います。
ウィーンでの観光をお楽しみください。


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

b7

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

胡桃澤いずみ

胡桃澤いずみ

海外旅行は50回以上、ハワイとヨーロッパ、島が好き。テロとストライキで予定通り飛行機が飛ばなかった回数は3回。ロストバゲージは、10回以上です。国内旅行はサッカー観戦のために2週間に一回どこかに行っています。格安エアラインのエコノミークラスからファーストクラス、クルーズ、友達の家から五つ星ホテルまで様々なスタイルの旅行経験があります。

この人が書いた記事

  • MMB8991b1

    ハート形の島も!タヒチ ボラボラ島のおすすめ観光地厳選6選

  • Almudena Cathedral, Madrid, Spain

    カテドラル、メスキータ、シナゴーク、スペイン旅行をする時に知っておきたい教会の名称

  • k3

    初めてのスペイン旅行でも名前が分かればホテルの選び方も簡単

  • image6

    街全体が世界遺産のポルトガル・エヴォラのおすすめ観光地 厳選7選

関連記事

  • コトル

    モンテネグロの3大観光エリア!コトル、ブドヴァ、スヴェティ・ステファン

  • 12226660563_032525e557_b

    スペイン最大のカトリック教徒のお祭り サラゴサのピラール祭

  • roteng7

    ローテンブルクでドイツ料理を楽しむアットホームなレストラン 厳選10選

  • DSCN6760

    ハンガリー料理『パプリカシュチルケ』は絶品!ブダペスト観光で絶対に外せない9つの目玉

  • s7

    メスキータ風の内装が素敵なコルドバのおすすめホテル厳選4選

  • 12827629

    サラゴサに住む私がおすすめするサラゴサの人気ホテル 厳選10選