1. TOP
  2. エル・グレコを巡る世界遺産の街トレドのおすすめ観光地7選

エル・グレコを巡る世界遺産の街トレドのおすすめ観光地7選

トレドといえば、エル=グレコですが、街自体が世界遺産に登録されています。

街を歩くだけで楽しいのですが、トレド観光のポイントをおさえておくと、時間を有効に使えます。

今回はトレドの観光地を「エル・グレコ」と「スペインらしい教会」をキーに7つ選びました。

トレドに行きたい人はぜひ参考にしてみてください。きっとあなたが気に入る観光地が見つかります。

Sponsored Link

トレドの旧市街

f1
画像出典:https://commons.wikimedia.org

トレドは、街の三方面をタホ川に囲まれた岩山に築かれた天然の要塞都市です。

中世ヨーロッパの雰囲気がそのまま残っていて、旧市街全体が「古都トレド」として世界遺産に登録されています。

電車のトレドの駅からは、バスが便利です。徒歩でも大丈夫ですが、街中も歩くことを考えると、バスの利用をすすめます。

f2
画像出典:http://christinebradleyseuropeanvacation.blogspot.jp

街は、坂道が多く、石畳なので歩きやすい靴を履いてきたほうがよいです。

また、「小道が多くて、迷いやすい」といわれていますが、大きな建物がいくつかあるので、それを目安に歩くと迷いにくくなります。とにかく、町並みが美しいです。

 

カテドラル

f3
画像出典:https://en.wikipedia.org

トレドのカテドラルは、旧市街の中心にあります。スペインでは1番大きく、世界では3番目に大きい教会です。

ミサの時間は入場できないので、入場できる時間を確認してから行くとよいでしょう。

外観の装飾は細かくて、技術力の高さがうかがえます。

内部は、ステンドグラスがあり、大量の金で装飾されて、直射日光が入るように計算された内陣はとても豪華です。

聖具室には、エル・グレコの「El Expolio(聖衣剥奪)」が展示されています。教会なので、回廊の壁にも物語が描かれています。

見所は、ステンドグラスと「El Expolio」ですが、いろいろな文化が交ざり合った建築物としても、十分楽しめます。

Cathedral of Toledo tourism destinations
画像出典:http://www.bestourism.com

施設名:カテドラル
英名:Catedral
住所:C/ CARDENAL CISNEROS, S/N 45002 Toledo, Espana

 

アルカサル

f5
画像出典:https://retazosdetoledo.com

アルカサルは昔、要塞として使われていましたが、今は軍事博物館になっています。

トレド駅から旧市街にバスで入ると、アルカサル前にバス停があります。

建物は、四隅に尖塔があって、独特の雰囲気を持つ外観です。高いところにあるので、街中のいろいろなところから見ることもできます。

夜は、ライトアップしてとてもきれいです。

f6
画像出典:http://www.urbanity.es

施設名:アルカサル
西名:Alcázar deToledo
住所: Calle Unión, s/n, 45001 Toledo,Espana
営業時間:10:00-19:00
電話:+34 925 23 88 00

サント・トメ教会

f7
画像出典:http://www.romanicozamora.es

サント・トメ教会は、礼拝堂とエル・グレコの「オルガス伯爵の埋葬」の展示室が、入場口で分かれています。

小さな教会ですが、いつも混んでいます。場所は、カテドラルから15分ぐらいのところにあります。

礼拝堂は黄色い壁のこぢんまりとした教会。展示室内は、写真撮影と大声での会話は禁止されています。

エル・グレゴに興味があるなら、この1枚の絵を見るために、サント・トメ教会を訪れる価値は十分にあります。

近くにエル・グレコの家とマサパン(アーモンドの練り菓子)で有名なサン・トメがあります。

f8
画像出典:http://guias-viajar.com

施設名:サント・トメ教会
英名:Iglesia de Santo Tome
住所:Plaza del Conde, 4, Toledo, Spain

サンタ・マリア・ラ・ブランカ教会

f9
画像出典:http://guias-viajar.com

サンタ・マリア・ラ・ブランカ教会は、トレドのユダヤ人街に残るムデハル様式のシナゴーグの1つです。

場所は、カテドラルから15分くらいのところにあります。

質素で、豪華さはありませんが、キリスト教とは違う文化を感じる建物です。

教会内は馬蹄形の白いアーチがあり、独特な形をした柱があります。

f10
画像出典:http://www.pbase.com

施設名:サンタ・マリア・ラ・ブランカ教会
英名:Sinagoga de Santa Maria la Blanca
住所:Calle de los Reyes Católicos, 4, Toledo, Spain

サン・ファン・デ・ロス・レイエス教会

f11
画像出典:http://www.entouriste.com

サン・ファン・デ・ロス・レイエス教会は、一人で静かに見学するのにぴったりな場所です。

観光の中心地から少し外れているので、個人旅行でトレドに来たらぜひ、訪れたい教会です。

入口は、レイエス・カトリコス通りに面していますが、入口は小さく、建物もあまり目立たないので通り過ぎてしまう危険があります。

f12
画像出典:http://www.voyagevirtuel.net

教会は、ゴシックとムデハル様式をミックスしたイザベル様式で、美しい回廊と中庭があります。

回廊部分は日陰で涼しく、気持ちが良い場所です。特に内部の彫刻がすばらしいです。

施設名:サン・ファン・デ・ロス・レイエス教会
英名:Monasterio de San Juan de los Reyes
住所:Calle Reyes Católicos, 17, Toledo, Spain

トレドの展望台

f13
画像出典:http://www.travelmatebarcelona.com

トレドの展望台は、タホ川の向こう側にあり、トレド旧市街の全体が眺められます。

エル・グレゴの絵や絵葉書、ガイドブックなどがこの場所からの風景なので、一目見るためにたくさんの人が訪れます。

トレド旧市街からソコトレン(ミニバス)に乗って行くのが便利です。

このソコトレンもかわいらしくて、乗るのが楽しみなのですが、トレドの展望台もすばらしい眺めです。

f14
画像出典:http://andrewjweber.com

一目見れば、なぜトレドが「自然の要塞都市」と呼ばれているのかがすぐにわかります。

天気がよければ、長い時間見ていても飽きないくらいすてきな風景です。

施設名:トレドの展望台
英名:Observatory of Toledo
住所:Toledo

トレドのおすすめ観光地7選はいかがだったでしょうか?時間が限られている旅行や、どこへ行ったらいいか分からないという人に参考にしていただけたらと思います。

エル・グレコが有名ですが、トレドは世界遺産の街です。トレドはさまざまな文化が交じり合った建物が多く残されています。

そういうスペインらしい建築やゴシックの細かい造作などを時間が許す限り見つけて楽しんでいただけたらと思います。

トレドの観光をお楽しみください。


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

胡桃澤いずみ

胡桃澤いずみ

海外旅行は50回以上、ハワイとヨーロッパ、島が好き。テロとストライキで予定通り飛行機が飛ばなかった回数は3回。ロストバゲージは、10回以上です。国内旅行はサッカー観戦のために2週間に一回どこかに行っています。格安エアラインのエコノミークラスからファーストクラス、クルーズ、友達の家から五つ星ホテルまで様々なスタイルの旅行経験があります。

この人が書いた記事

  • ハート形の島も!タヒチ ボラボラ島のおすすめ観光地厳選6選

  • カテドラル、メスキータ、シナゴーク、スペイン旅行をする時に知っておきたい教会の名称

  • 初めてのスペイン旅行でも名前が分かればホテルの選び方も簡単

  • 街全体が世界遺産のポルトガル・エヴォラのおすすめ観光地 厳選7選

関連記事

  • 忙しいパリ旅行でも大満足な日帰りで行けるおすすめ観光地 厳選4選

  • ヨーロッパの朝食を国別比較!スペインでは朝からチョコ!?

  • 実はおいしい!バース観光に外せない絶品イギリス料理店 厳選10選

  • イギリス料理がマズいは嘘?スコットランド旅行で試すべき意外に美味しいグルメ

  • 濃厚ビールが美味しいチェコ プラハのおすすめレストラン厳選5選

  • モンテネグロの3大観光エリア!コトル、ブドヴァ、スヴェティ・ステファン