1. TOP
  2. カルメンの舞台スペイン・セビリアのおすすめ観光地 厳選5選

カルメンの舞台スペイン・セビリアのおすすめ観光地 厳選5選

セビリアといえば、「セビリアの理髪師」ですが、
オペラ「カルメン」の舞台としても有名です。
また、フラメンコのイメージもあります。
実は、セビリアを舞台にした芸術は意外と多く、
セビリアの街を歩くと有名な観光スポットでなくても
目を引くものがたくさんあります。

セビリアはスペイン第4の人口を誇る都市として、
スペイン南部の政治、経済、文化の中心地です。
今回は、街の中に残るセビリアの観光地を5つ選びました。
セビリアに行きたい人はぜひ参考にしてみてください。
きっとあなたが気に入る観光地が見つかります。

Sponsored Link

スペイン広場

i1
画像出典:http://www.best-bookings.com

スペイン広場は、セビリアにある有名な広場です。
特に有名なのが、1929年に開催された万国博覧会の
「イベロ・アメリカ博覧会」の会場施設の建物です。
映画「アラビアのローレンス」や「スター・ウォーズ」のロケ地としても
使われたことで有名なので、映画好きな人にはぜひ訪れてほしい場所です。

i2
画像出典:http://www.bestplacesinspain.com

パビリオンだった建物は、ムデハル様式を取り入れたもので、
大きな曲線を描いて広場を囲む回廊とアーチの部分には
スペイン48県のタイル画があります。
セビリアっ子は、お気に入りの壁の前を待ち合わせ場所にするそうです。
全部の壁面を見ると時間がかかりますが、
各県の歴史的な出来事をイラスト化しているので
日本人が見ても楽しめます。
広場には噴水や池があり、ボートに乗ることもできます。

施設名:スペイン広場
英名:Plaza de Espana Square
住所:Plaza de Espana, Sevilla Spain

カテドラルとヒラルダの塔

i3
画像出典:http://www.spainpourseniors.com

カテドラルとヒラルダの塔は、セビリアの観光で誰もが訪れる有名な建築物です。
セビリアの観光の中心にあり、存在感抜群の建物です。
夜のライトアップもきれい。

i4
画像出典:https://www.flickr.com

カテドラルは、とにかく巨大。
ギネスブックには、世界一巨大な大聖堂として登録されていますが、
実際には世界で3番目に大きいそうです。
それでも大きいことには変わりはありません。
カテドラルに隣接するヒラルダの塔も重要なのですが、
ファサードが巨大過ぎるために正面からは見えません。
いつも入口は長蛇の列ができていてカテドラルの中に入るまで
かなり時間が掛かります。
それでも内部に入る価値はあります。
内装は、重厚な装飾で見ごたえがあり、コロンブスの墓もあります。
ここの中庭もイスラム式でオレンジの木が植えてあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
画像出典:https://de.wikipedia.org

ヒラルダの塔は、イスラム教のモスクと
キリスト教の鐘楼がまじりあった建築物で高さは、97m。
全行程の3分の2まで馬で登坂ができます。
そのため、回廊が広いので、登りやすいですが、
永遠と続くような上り坂は運動不足の人にはつらいものがあります。
それでも、登りきるとセビリアの絶景が見られるので、
上る価値はあります。
ヒラルダの塔の入場料は無料です。

施設名:カテドラルとヒラルダの塔
英名:Catedral y Giralda
住所:Avenida de la Constitucion s/n, 41004 Sevilla
HP:http://www.catedraldesevilla.es

アルカサル・デ・セビリア

i6
画像出典:http://www.academia.edu

アルカサル・デ・セビリアは、アルハンブラ宮殿に憧れて
カトリックの王が造った城です。
100m四方の広さの敷地に、2階建ての回廊と庭園があります。
門は典型的なヨーロッパの城にあるような門ですが、
建物はイスラム風で、ヨーロッパ風と交じり合って
オリエンタルな雰囲気を出しています。

ムデハル様式のファザードは、オリエンタルな雰囲気が漂っていますが、
「乙女の中庭」と呼ばれるパティオなどは、
池の周りに回廊がある典型的なイスラム風の空間になっていて、
アルハンブラの影響を受けたというのがわかります。

i7
画像出典:http://www.panoramio.com

「大使の間」の細かい彫刻も見事です。
時間を掛けてじっくり見る価値があるところです。

施設名:アルカサル・デ・セビリア
英名:Alcazar de Sevilla
住所:C/ Dean Miranda, 12 41004 Sevilla, Espana

サンタ・クルス街

i8
画像出典:http://guias-viajar.com

サンタ・クルス街は、ユダヤ人が住んでいた街のことで、
大きな範囲の地域を指します。
いまは多くのレストランが並び、日本食レストランもあります。
細い路地ばかりで、迷路のような感じです。

i9
画像出典:http://www.spaincenter.org

たまにオレンジの木なども植えてあったり、
石畳の小道があったりして、散策するのには楽しいですが、
東西南北が分からなくなるので、目的地があるとかえって迷うかもしれません。
細い道でも車が走っているので、歩く時には注意が必要です。

施設名:サンタ・クルス街
英名:Barrio de Santa Cruz
住所:Barrio de Santa Cruz, Sevilla Espana

セビリア美術館

i10
画像出典:http://www.thousandwonders.net

セビリア美術館は、スペイン絵画のコレクションの保有数では、
マドリッドのプラド美術館の次に多い美術館です。
1835年に開館し、コレクションは、メンディサバルの永代所有財産解放令によって
国有化された各地の修道院や教会から集められた教会財産です。
そのため、入館料も格安です。
スペインで活躍した中世から現代までの絵画が多く展示されていて、
特にセビリア出身のムリーリョのコレクションは世界一の所有数です。
美術館前の公園にムリーリョの胸像が飾られています。

i12画像出典:http://www.fotomadrid.com

建物は、17世紀のメルセッド修道院を改築したもので、
天井装飾の美しい元礼拝堂やアズレージョで飾られた美しい中庭があり、必見です。
静かで落ち着いた雰囲気で、ゆっくり鑑賞できます。
この元礼拝堂には、ムリーリョの絵がたくさん展示されています。
そのほかにスラバランの絵もあります。
全体的にムリーリョも得意でしたが、風俗画と
15世紀以降のセビージャ派画家の宗教画が多いです。
時間に余裕があれば、おすすめしたい場所です。

施設名:セビーリャ美術館
英名:Seville Museum of Fine Arts
住所:Plaza del Museo 9, 41001 Sevilla  Espana
HP:http://www.museosdeandalucia.es/culturaydeporte/museos/MBASE/?lng=en
閉館日:月曜日、1月1日、5月1日、12月25日
開館日:火~土:9:00~20:30 / 日祝日:9:00~14:30

 

セビリアのおすすめ観光地5選はいかがだったでしょうか?
有名なところにある程度行ったなら、映画や音楽、芸術、漫画の舞台になった
セビリアの場所を訪れるのも楽しいと思います。
セビリアでの観光をお楽しみください。


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

胡桃澤いずみ

胡桃澤いずみ

海外旅行は50回以上、ハワイとヨーロッパ、島が好き。テロとストライキで予定通り飛行機が飛ばなかった回数は3回。ロストバゲージは、10回以上です。国内旅行はサッカー観戦のために2週間に一回どこかに行っています。格安エアラインのエコノミークラスからファーストクラス、クルーズ、友達の家から五つ星ホテルまで様々なスタイルの旅行経験があります。

この人が書いた記事

  • ハート形の島も!タヒチ ボラボラ島のおすすめ観光地厳選6選

  • カテドラル、メスキータ、シナゴーク、スペイン旅行をする時に知っておきたい教会の名称

  • 初めてのスペイン旅行でも名前が分かればホテルの選び方も簡単

  • 街全体が世界遺産のポルトガル・エヴォラのおすすめ観光地 厳選7選

関連記事

  • アルハンブラ宮殿観光に外せないグラナダのおすすめレストラン厳選6選

  • ワインの本場フランスの魅力凝縮!ブルゴーニュ地方おすすめ観光地 厳選

  • お洒落な家具に囲まれたい!オスロ1人旅におすすめなホテル 厳選10選

  • スペイン旅行で見逃しがちな地方都市サラゴサのおすすめ観光地 厳選10選

  • フラメンコが見られるセビリアのおすすめレストラン厳選6選

  • 屋上からの景色が最高なトレドのおすすめホテル 厳選5選