1. TOP
  2. 北海道在住のスイーツ女子がおすすめする道央のスイーツショップ 厳選10選

北海道在住のスイーツ女子がおすすめする道央のスイーツショップ 厳選10選

北海道は自然豊かでグルメでも人気を博しています。

海鮮やラーメン、ジンギスカンなどに注目が集まりやすいですが、スイーツもかなり美味しいんです。

というわけで、北海道・道央のおすすめスイーツを厳選10選で紹介します。

旅の間は普段の厳しいダイエットは忘れて、思いっきりあまーい幸せに浸ってみるのもおススメですよ。

Sponsored Link

白い恋人パーク チョコレートファクトリー

dos1

画像出典:http://sapporo-photo.com/night/koibito/koibito_2.jpg

北海道銘菓・白い恋人を作っているところを見学できる施設です。

製作体験も可能ですので、実際に自分でお菓子を作るアミューズメント的な要素も持っています。

売店やおもちゃ展示コーナーは入場料が必要ありませんので、無料で楽しんでレストランでご飯をするというコースもありです。

異国情緒あふれる施設そのものも見どころです。

 

住所:北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11-36

電話番号:011-666-1481

URL:http://www.shiroikoibitopark.jp/

アクセス:1) 札幌駅から小樽行きバスで35分
– 西町北20丁目下車から徒歩で7分
2) 地下鉄東西線宮の沢下車から徒歩で7分

営業期間:

9:00~18:00 最終入館受付17:00まで

予算:小学生 200円 団体(20名様以上)150円
中学生 200円 団体(20名様以上)150円
高校生 600円 団体(20名様以上)500円
大人 600円 団体(20名様以上)500円
備考 3才以下無料

 

雪印パーラー 本店

dos2

画像出典:http://livedoor.blogimg.jp/o2tomo/imgs/d/6/d6738369.JPG

札幌駅から徒歩数分の好立地にあるのが、雪印パーラー本店です。

道民には昔から『高級パフェ』として愛されており、旅行雑誌などに掲載されることも多いです。

ショーケースの特大パフェは1万円越えですが、お友達と旅行に行くなら思い切って挑戦してみるのもよいかも!?

昔ながらの安定したおいしさを楽しみたい方には、スノーロイヤルアイスがお勧めです。

 

住所:北海道札幌市中央区北3条西3丁目1
営業時間:10:00~21:00(L.O.20:30)
休業日:無休
予算:(夜)1,000~1,999円(昼) ~999円

 

小樽洋菓子舗ルタオ 本店

dos3

画像出典:http://sapporo-yakei.up.n.seesaa.net/sapporo-yakei/image/IMG_2893.JPG?d=a1

ドゥーブルフロマージュ(チーズケーキ)で一躍人気になったのが、ルタオです。

1階は販売、2階はカフェとなっており、屋上には展望室もあります。

2階のカフェでは落ち着いた雰囲気の中で紅茶とケーキのセットを楽しめます。

名物のドゥーブルフロマージュも美味しいですが、タルトもおすすめ。

市内散策で疲れた時にちょっと休むにもぴったりです。

 

住所:北海道小樽市堺町7-16
営業時間:[月~木・日・祝] 9:00~18:00 [金・土] 9:00~19:00
休業日:無休
予算:(夜)1,000~1,999円(昼)1,000~1,999円

 

六花亭 小樽運河店

dos4

画像出典:http://cdn.mkimg.carview.co.jp/minkara/spot/000/000/434/150/434150/434150.jpg?ct=e20a96e994bf

小樽観光のメインストリートに位置する六花亭は、1階が販売、2階が飲食スペースとなっています。

2階の飲食スペースは休憩所的な要素があり、シンプルな作りです。

シュークリーム90円、コーヒー付と良心的なお値段で手軽に道産スイーツを楽しめます。

全国区で発売していないものとしては、ココアビスケットにベイクドチーズケーキを挟んだ『雪こんチーズ』があります。

100円でもしっかりした食べごたえがあって最高です。

住所:北海道小樽市堺町7-22
営業時間:9:00~18:00
予算:(夜) ~999円(昼) ~999円

 

あまとう

dos5

画像出典:http://image1-3.tabelog.k-img.com/restaurant/images/Rvw/4195/4195099.jpg

昭和レトロな風情が漂うのが、『あまとう本店』。

昔から地元に愛されてきたお菓子屋さんです。

1階のお土産スペースで買うならサブレを重ねてチョコレートでコーティングしたマロンコロンがおススメですが、2階のイートインスペースで食べるならぜんざいがイチオシ。

しょうゆ・みそ・塩のクリームぜんざいは、ちょっと変化球なおいしさです。

住所:北海道小樽市稲穂2-16-18
営業時間:10:00~19:00
休業日:木曜不定休
予算:(夜) ~999円(昼) ~999円

 

小樽 ミルク・プラント

dos6

画像出典:http://blog-imgs-63.fc2.com/a/i/k/aikaigo2014/20140826135858799.jpg

観光街からは少し離れてはいますが、地元の人たちも含めて営業期間中は常に盛況を誇っているのが、ミルク・プラントです。

店内・店前にもイートスペースはありますが、それほど広くはないので、天気が良ければ近くの小樽公園で食べるのもおススメ。

ボリューム感たっぷりのソフトクリームは、甘すぎずさっぱりした味に定評があります。

住所:北海道小樽市花園2-12-13
営業時間:[4月中旬~9月中旬] 11:00~19:00 [9月中旬~11月3日] 11:00~18:00 [土・日・祝] 10:00~19:00
休業日:無休(11月4日~4月中旬は休業)

 

北菓楼 砂川本店

dos7

画像出典:https://lh6.googleusercontent.com/-UzPpu0u7xr4/U5gIw0IvTNI/AAAAAAAAhuo/tAVRnxmzXoU/w1135-h851-no/P1060191

お土産を買う・その場でおいしいものを食べるという両方を満たせるスイーツ店は北海道には多いですが、北菓楼本店はさらに牧歌的な雰囲気も楽しめる魅力があります。

季節ごとに店内の趣も変わり、ドライブ途中の休憩所としても人気です。

隣接でドッグガーデンがあり、ペット連れでの旅行にも適したスポットです。

デザートだけではなく、食事メニューもあります。

住所:北海道砂川市西一条北19-2-1
営業時間:AM9:00 ~ PM19:00
ティールーム営業時間
AM10:00 ~ PM19:00
(LO(食事・パフェ) PM15:00
(その他) PM17:30)
休業日:元旦
予算:(夜) ~999円(昼) ~999円

 

The Sun 蔵人 本店

untitled

画像出典:http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3c-56/asaaso2004/folder/139815/86/10935286/img_1?1134217121

旭川1日観光などの観光バスでも必ず立ち寄る場所の1つです。

1階はかなりスペースが広く、2階にはイートインカフェもあります。

名物の『蔵生』はしっとりしたクッキーで、柔らかさと中のチョコレートの濃厚さで人気があります。

店舗限定の窯焼きブリュレは、パリパリととろとろの2種類が絶妙に混じり合った絶品。

パンも販売しているので、スイーツと一緒にお土産として持って帰ってもよいかもしれません。

住所:北海道旭川市神楽岡八条1-1-9
営業時間:8:00~19:00
休業日:年中無休
予算:(夜) ~999円(昼) ~999円

 

富良野チーズ工房 アイスミルク工房

dos9

画像出典:http://img.4travel.jp/img/tcs/t/tips/pict/src/121/711/src_12171140.jpg

ラベンダー畑で有名な富良野で、自然を楽しみながらアイスも食べられるのが富良野チーズ工房 アイスミルク工房です。

濃厚な味わいのアイスクリーム・ジェラートには定番のミルク、チーズ、ぶどうなどさまざまな味が揃っています。

普段はあまり食べることのない野菜アイス・ジェラートに挑戦してみるのもよいかもしれません。

住所:北海道富良野市中五区 富良野チーズ工房
営業時間:10:00~17:00
休業日:年末年始
予算:(昼) ~999円

 

ポプラファーム

dos10

画像出典:http://cdn.mkimg.carview.co.jp/carlife/images/TownInfo/297672.jpg?ct=13022f5cbbfb

サンタのひげで有名なのが、このポプラファームです。

サンタのひげとは、メロンにソフトクリームを乗せたスイーツで、夕張メロンの美味しさと北海道産牛乳のソフトクリームの美味しさの両方を味わえます。

半分のメロンのサンタのひげもありますが、食が細い人やお子様向けに4分の1サイズもあります。

産地だからこそのフレッシュな美味しさを是非味わってみてください。

住所:北海道空知郡中富良野町字中富良野東1線北18 ホテルラ・テール敷地内
営業時間:9:30~16:30 ※季節により変動します
休業日:不定休
予算:(昼)1,000~1,999円

 

北海道・道央のスイーツ店厳選10選はいかがだったでしょうか?

各スイーツ店、基本的にはイートインとお土産スペースの両方を兼ね備えています。

よく読まれている関連記事はこちら

イートインではその店舗でしか食べられないものを食べるのがお勧めです。

お土産品なら定番が喜ばれますが、季節限定のスイーツを提供しているお店も多いので、チェックしてみてくださいね。


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

chihiro

この人が書いた記事

  • まるでファンタジー!幻想的な世界遺産トップ10!

  • 綺麗なビーチならココ!世界の絶景ビーチリゾート10選

  • 彼女をときめかせるホワイトデープラン♪デートスポット特集2017

  • 意外と喜ばれる!家族でひな祭りイベントへ!

関連記事

  • 秋の行楽決定版!都心からすぐ行ける関東の紅葉スポット厳選10選

  • 子連れ必見!子供と遊べる東京の観光地-定番・穴場-厳選10選

  • 夢見心地になれるメキシコ・カンクンのおすすめホテル 厳選3選

  • 鹿児島観光するならオススメここ!穴場観光地も 厳選10選

  • 全部知ってる?大阪のおすすめメジャー観光スポット10選

  • 彼女をときめかせるホワイトデープラン♪デートスポット特集2017