• ヨーロッパ
    自転車旅行5万キロ走破した私が初心者にヨーロッパをおすすめする理由7つ
    2015年3月24日
  • 国内旅行
    秋の日光観光に外せないおすすめ紅葉スポットと2015のベストシーズン
    2015年9月29日
  • 国内旅行
    日本人なら絶対見なきゃ!日本の伝統的な町並み12選
    2015年1月20日
  • 中国・台湾・東アジア
    韓国旅行の熟練が持ち物リストに絶対入れる便利グッズ厳選10選
    2015年3月15日
  • 中南米
    ウユニ塩湖 世界一の絶景を体感できる画像【雨季・乾季】
    2015年1月21日
  • 国内旅行
    【まるで絵本の世界】日本にあったメルヘンな建物とカフェ6選
    2015年2月14日
  • ヨーロッパ
    夢の中にいるみたい!迫力満点のアルザス地方クリスマスマーケット厳選6選
    2015年12月15日
  • 世界のおすすめ情報
    年末年始を過ごすのにぴったりな海外のおススメスポット厳選20選(後編)
    2015年12月10日
  • in a car 北米
    グランドキャニオン観光はバスツアーよりもレンタカー!行き方と注意点9つ
    2015年7月2日
  • 中国・台湾・東アジア
    濃いソウル観光をお望みの旅行者にはブルーバス143番がおすすめ
    2015年5月26日
オーシャンビューを楽しめる沖縄でおすすめのビーチリゾートホテル厳選10選
スポンサーリンク

沖縄旅行の楽しみの1つは海。南国でしか見られない透明度の高い海が夕日とともにオレンジ色に染まったり、朝方の涼しい空気に混じって輝いているのは沖縄旅行の醍醐味とも言えます。

日差しの強い沖縄でのUV対策、バッチリですか?finger-red正直不安というかたはこちら

そんな海や屋内のプールを楽しめるリゾートホテルを厳選10選紹介していきます。立地はもちろん、ホテル内部でのサービスや施設も重視して10ホテルを選びましたので、早速見てみてください。

ホテル日航アリビラ

okinawah1
画像出典:http://destinia.com/

周囲にはサンゴ礁のある海とサトウキビ畑のある、沖縄らしさがたっぷりのホテルです。スイートタイプの客室は非常に広く、インテリアも南国風を取り入れており人気。

コーナーラグジュアリーツインは、アルハンブラ宮殿をイメージして部屋が作られました。観光シーズンではない冬の期間でも太陽光発電を利用したイルミネーションが見られるなど、さまざまな工夫で観光客をもてなしてくれるホテルです。

 

施設名:ホテル日航アリビラ
住所:沖縄県中頭郡読谷村字儀間600
アクセス:那覇空港より車で約60分

 

スポンサーリンク

ザ・ブセナテラス

okinawah2
画像出典:http://blog.livedoor.jp/

沖縄屈指のリゾートホテルとして知られており、リピート客も絶えません。特に従業員の教育が行き届いており、細やかな気遣いがうれしいです。

チェックインの時点でロビーのソファから海が見えるので、沖縄に来たなということを実感できます。ちなみにチェックイン時に出てくるウェルカムドリンクは南国フルーツを使っており、とてもおいしいです。

 

施設名:ザ・ブセナテラス
住所:沖縄県名護市字喜瀬1808
アクセス:那覇空港→空港リムジンバス那覇空港から約90分ザ・ブセナテラス下車

 

おすすめ記事finger-red 沖縄観光に外せないローカルにも人気なおすすめなグルメ 厳選10選

 

オキナワマリオットリゾート&スパ

okinawah3
画像出典:http://www.okinawa-marriott.com/

ホテルの朝食のおいしさで全国ベスト20にも入ったことのあるリゾートホテルで、食事にこだわりがある方にもおススメです。ホテルの立地がやや高台にあるので、低層階の部屋でも窓から水色に輝く海を眺めることが可能です。

窓が大きいのも特徴です。バリ島などにもありそうな明るく開放的なガーデンプールにも人気があります。

 

施設名:オキナワマリオットリゾート&スパ
住所:沖縄県名護市喜瀬1490-1
アクセス:那覇空港より車で80分

おすすめ記事finger-red 沖縄の海でも焼けない!絶対覚えておきたい最強の日焼け対策5選

ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワ

okinawah4
画像出典:http://blog.goo.ne.jp/

沖縄で大人気の観光地である『沖縄美ら海水族館』にも徒歩で行けるアクセスのよさ、オーシャンフロアでピローサービスやコンシェルジュサービスを使えるといったサービスの質の高さで人気を誇るホテルです。

内部施設にはエステサロン、屋内外に1つずつあるプール、大浴場などリラックスできる仕掛けがたくさん。ぜいたくなリゾートを楽しむならぜひ宿泊したいホテルです。

 

施設名:ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワ
住所:沖縄県国頭郡本部町山川1456
アクセス:沖縄美ら海水族館・エメラルドビーチまで車で5分、那覇空港から沖縄自動車道経由、車で約100分

 

スパリゾートエグゼス

okinawah5
画像出典:http://zexy.net/

敷地内にテニスコートなどもあるリゾート施設で、アメニティはロクシタンです。サービスの質が非常に高く、スタッフがいつでも笑顔でいてくれるのがくつろげたという声も多いです。

また、部屋にはベランダがついているので南国の風を浴びながらただのんびりするといったバカンスの過ごし方にもぴったり。自分や親しい人だけの空間で思う存分癒やされてみてください。

 

施設名:スパリゾートエグゼス
住所:沖縄県国頭郡恩納村名嘉真ヤーシ原2592-40
アクセス:那覇空港より沖縄自動車道利用で車で約80分

 

おすすめ記事finger-red 沖縄旅行で訪れたい琉球神話が残る沖縄のパワースポット厳選10選

 

カフー リゾート フチャク コンド・ホテル

okinawah6
画像出典:http://www.cmapper.com/

コンドミニアムタイプのリゾートホテルで、キッチンや洗濯機などが完備されているので、長期滞在する方や家族連れには特におススメ度が高いです。

浴槽と洗い場が分かれているタイプのバスルームなのも、人気の秘訣の1つ。天体望遠鏡の貸し出しがありますので、『降ってくるような星空』と形容される沖縄の星空を観察するのもよいかもしれません。

 

施設名:カフー リゾート フチャク コンド・ホテル
住所:沖縄県国頭郡恩納村冨着志利福地原246-1
アクセス:那覇空港よりお車で約90分

おすすめ記事finger-red初めての沖縄旅行者必見!沖縄本島のおすすめ観光スポット 厳選10選

星野リゾート リゾナーレ 小浜島

okinawah7
画像出典:http://catalina.sakura.ne.jp/

本島と離島には違った魅力がありますが、小浜島は離島の1つで石が杵島からさらに船に乗って移動することになります。エメラルドグリーンの海を見ながら、すべてを忘れてただ静かに過ごしたい方におススメ。

スイートルームにはジャグジーがついているのでリラックス度も高めです。夜はガジュマル広場のライトアップを楽しんでください。

 

施設名:星野リゾート リゾナーレ 小浜島
住所:沖縄県八重山郡竹富町小浜東表2954
アクセス:石垣空港から石垣島離島ターミナルへ。離島ターミナルから高速船で25分。小浜港より車で約5分

 

カヌチャベイホテル&ヴィラズ

okinawah8
画像出典:http://www.kanucha.jp/

ほかのビーチに比べて少し色が濃く、どことなくハワイのビーチに近い印象のある東海岸。その東海岸で80万坪の敷地面積を持つ巨大リゾートとして営業しているのが、カヌチャベイホテル&ヴィラズです。

マリンアクティビティコースが多く、シュノーケリングでは海と一体になる独特の雰囲気を味わえます。女性にはさわやかな空気のなかで行われる朝ヨガが人気です。

 

施設名:カヌチャベイホテル&ヴィラズ
住所:沖縄県名護市安部156-2
アクセス:空港より90分弱。沖縄自動車道那覇IC⇔宜野座IC下車(空港?ホテル間シャトルバス有)

 

JALプライベートリゾートオクマ

okinawah9
画像出典:http://prtimes.jp/

海の魅力を引き立たせてくれるのは砂。茶色の砂やピンクっぽい砂など、いろいろな砂がありますが、このJALプライベートリゾートオクマから見えるのはほぼ真っ白と言っていいほどの白砂。

1kmにわたって続く白砂海岸を臨むことができるリゾートです。JALプライベートリゾートオクマが人気である秘訣の1つが食事。地産地消を基本としており、メニューには沖縄の伝統料理もあります。

 

施設名:JALプライベートリゾートオクマ
住所:沖縄県国頭郡国頭村奥間913
アクセス:那覇空港より車で約120分。

おすすめ記事finger-red 子連れで沖縄旅行する時にあると便利な持ち物厳選10選

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

okinawah10
画像出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

吹き抜けのホテル内がいかにも南国といった感じで、高級リゾートというくくりにはなるのですが、スタッフの雰囲気はフレンドリーで、気張らずに過ごせるのが魅力です。

目の前の海は透明度が高く、マリンアクティビティをホテル周辺で楽しむことも可能。敷地の3面が海に面している立地なので、どこを見ても絶景に出会えるのも魅力と言えるでしょう。

 

施設名:ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート
住所:沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣2260
アクセス:那覇空港より沖縄自動車道利用で車で約100分

 

 

沖縄の魅力の1つ『海』に定評のある10のビーチリゾートを紹介しました。多くのホテルにはプールもついているので、海で泳ぐと肌が荒れる方や海の波が苦手な方は、眼前に広がる海を見ながらプールで遊ぶのもよいかもしれません。

また、それぞれのホテルには、マリンアクティビティのサービスに強い、オーシャンビューに強い、何もしないリゾートにぴったりなど特色があります。旅の目的に合わせて、最高のリゾート体験ができそうなホテルを選んでみてくださいね。

 

日差しの強い沖縄でのUV対策、バッチリですか?finger-red正直不安というかたはこちら

スポンサーリンク
関連キーワード
国内旅行の関連記事
  • Pontaポイントを効率よく貯めて、じゃらんnetでお得に国内のホテル・旅館に泊まる方法とは・・・
  • 【トリップアドバイザーでマイルが貯まる】トリップアドバイザーの口コミを参考にお得に格安で国内・海外のホテルを予約する方法とは
  • 『torivago トリバゴ』でお得にホテル予約!!トリバゴを使って格安で国内・海外のホテルの料金を比較する方法とは
  • 地元民がおススメする『山口県の自然の美しい観光スポット5選』
  • ”ブリティッシュエアウェイズ(BA)”のマイルを使って超お得にJALの国内線に乗れる裏技公開!!
  • 実は日本にもたくさんある!綺麗すぎて感動する絶景スポット10選
おすすめの記事