1. TOP
  2. 世界最古のテーマーパーク?コペンハーゲン観光で外せないおすすめスポット厳選10選

世界最古のテーマーパーク?コペンハーゲン観光で外せないおすすめスポット厳選10選

コペンハーゲンと言えば、可愛らしい建物や人魚姫、アンデルセン像など、観光したい場所がたくさんあります。しかし、たくさんあってどこに行けばいいか迷ってしまいますよね?

これから定番からオススメの場所、10カ所の観光地をご紹介致しますので、ぜひ旅行の計画の際に参考にして頂けたらと思います。

Sponsored Link

ニューハウン

654
画像出典元:http://europe21st.blog.so-net.ne.jp/

コペンハーゲンの景色と言えばここ!カラフルで可愛らしい建物が多く、コペンハーゲンに来たら外せない場所ですね。テラス席のあるカフェもあるので、景色を楽しみながらランチやお茶ができます。

夜になるとライトアップされるので、昼間の景色と違って綺麗な港町の風景が見られます。時間に余裕があったら、昼と夜の風景を楽しむのもいいいですね♪

住所:Nyhavn, 1050 Kobenhavn

 

チボリ公園

tibon
画像出典元:http://plaza.rakuten.co.jp/konkou/12000/

アンデルセンも何度も訪れた、世界最古のテーマパーク。このチボリ公園は、ディズニーランドのモデルとなったと言われ、アトラクションは、絶叫系から子供も楽しめるものがあって、子供も大人も楽しめます。

市街地のお店などは夕方に閉まってしまうことが多いのですが、チボリ公園は、夜の11時までやっているので、他の観光地に行った後でも遊ぶことができます。

住所:Vesterbrogade 3, 1630 Kobenhavn
アクセス:鉄道 コペンハーゲン中央(COPENHAGEN)駅から徒歩 1分
営業時間:日~木:11~22時、金、土:~23時

 

ストロイエ

aapp
画像出典元:http://www.arukikata.co.jp/

市庁舎前広場からコンゲンスニュートー広場までを結ぶ、歩行者天国のショッピングストリート。可愛い建物が多く、レストランやブランド品店、お手頃価格のお土産屋さんなど様々なお店が並んでいます。

コペンハーゲンの景色が好きな人なら、歩いているだけでも楽しめます。夜になるとライトアップされるので、1日中いても飽きない場所ですね。

住所:Stroget, 1100 Kobenhavn
アクセス:コペンハーゲン中央駅(Copenhagen Central Station)から徒歩5分
営業時間:24時間

 

アマリエンボー宮殿

kyuudenn
画像出典元:http://www.alistour.jp/

宮殿の中には、王族の方が使用されたお洋服や家具などが展示されており、コペンハーゲンカードがあれば、宮殿内も見学することができます。正午には、宮殿の外で衛兵交代式があるので、宮殿に行く際は正午前に行くことをオススメします。

また、衛兵さんと写真が撮れるので、記念に写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

住所:King Christians Vllls Palace, 1257 Kobenhavn
アクセス:コンゲンス ニュートー広場から徒歩 8分
URL:http://www.ses.dk/

 

ローゼンボー離宮

asasdfa
画像出典元:http://blog.goo.ne.jp/peperoncino789/e/4fa26efa89c930136de9f21dab704661

市内にあるお城で、宮殿内にはクリスチャン4世時代の豪華な室内や王冠等があります。特に見応えがあるのが、宝物館!

王冠の他にも高級感のある宝石などがたくさんあるので、見ているだけでもうっとりしてしまいます。こちらも宮殿内を見学する際は、コペンハーゲンカードが必要となり、写真や映像を撮るのは有料となるので、ご注意ください。

住所:Oster Voldgade 4A, 1350 Kobenhavn
アクセス:地下鉄 ノアポート(NORREPORT)駅から徒歩 5分、コンゲンス ニュートー広場から徒歩 8分
営業時間:11~16時(1/2~5/31)、10~17時(6/1~8/31)、10~16時(9/1~10/31)
11月:11~16時、12/27~30:10~16時

 

人魚姫の像

fffffff
画像出典元:http://matome.naver.jp/

アンデルセンの童話に出てくる人魚姫。コペンハーゲンの中心部から少し離れた海辺にありますが、人魚姫の背景にある海や風車がマッチしていて、絶好の写真スポットです。

人魚姫は寂しげな顔をしているのですが、夕方に行くと夕日に染まる美しい人魚姫の写真が撮れるかもしれません。コペンハーゲンに行ったら、1度は立ち寄りたい場所ですね。

住所:Langelinie Alle 17, 2100 Kobenhavn

 

ラウンドタワー(円筒)

tata
画像出典元:http://4travel.jp/

クリスチャン4世が天文台として建てられた、ラウンドタワー。街の中心部にあるので、立ち寄りやすい場所にあります。タワーは変わった構造で、入口を入ると白い坂道が待っています。

坂道が螺旋状になっていて登りきると展望台があり、コペンハーゲンの街を見渡すことができます。冬は天体観測所も公開しているので、どの季節に行っても楽しめます。

住所:Kobmagergade 52A, 1150 Kobenhavn
アクセス:ノアポート駅(Noerreport)から徒歩3分
営業時間:10~20時(9/21〜5/20は~17時)

 

コペンハーゲン市庁舎

ggggg
画像出典元:http://hamburg2007.blog103.fc2.com/

コペンハーゲンで一番高い建物の市庁舎。北イタリアのルネサンス様式と中世のデンマーク様式が取り入れられた、歴史のある建物です。

市庁舎の内部と塔の中を見学する際は有料になりますが、特にコペンハーゲンで1番高い塔からの眺めは、見てみる価値あります。また、市庁舎の横にはアンデルセン像があり、写真スポットとしても人気です。

住所:Raadhuspladsen 1, 1550 Koebenhavn
アクセス:中央駅(KOBENHAVN H)徒歩 3分
URL:http://www.kk.dk/

 

フレデリクス教会

src_13007933
画像出典元:http://4travel.jp/

ドーム型の屋根が特徴のフレデリクス教会。この教会は、別名で「大理石の教会・マーブルチャーチ」と呼ばれるほど、大理石を多く使用しているので、とても豪華な雰囲気を味わうことができます。

聖堂の内部は無料ですが、有料のガイドツアーに参加すると、ドームの頂上に登ってコペンハーゲンの景色も楽しめます。

住所:Frederiksgade 4, 1265 Kobenhavn
アクセス:ノアポート駅(Noerreport Station)から徒歩10分
営業時間:10時~17時(金・日曜12時~)

 

カステレット要寒

kakaka
画像出典元:https://sites.google.com/

星型の要寒で、昔はコペンハーゲン港の入口を防御していた、カステレット要寒。ここには、ゲフィオン像という有名な噴水があったり、砲台があったりと、観光客としては見ておきたい場所ですよね。

現在は緑が多い美しい公園で、天気が良いととても気持ちの良い場所なので、散歩がてら観光してみてはいかがでしょうか。

住所:Kastellet, 2100 Kobenhavn Danmark

10カ所の観光地をご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

コペンハーゲンらしい建物や歴史のある建物、テーマパークなど、様々な観光地があります。時間が限られることが多い旅行ですが、時間を有効に使って魅力のあるコペンハーゲンの街を楽しんでくださいね。


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

kawano

この人が書いた記事

  • 秋の東海地方を旅するなら絶対に外せない紅葉スポット 厳選10選

  • オークランド観光で外せないおすすめグルメレストラン 厳選10選

  • ストックホルム観光で食べるべきスウェーデンのおすすめグルメ 厳選10選

  • コペンハーゲン観光で外せないおすすめデンマークグルメ厳選10選

関連記事

  • 1人旅でも京都を満喫!格安おすすめなホテル厳選9選

  • あしかがフラワーパークの大藤をベストな見頃で楽しむ方法 2015

  • 冬の北海道観光におすすめな札幌ホワイトイルミネーションの見どころ2016 厳選7選

  • 秋の上高地観光におすすめな紅葉スポット2015 厳選10選

  • まるで海外!日本で海外に行った気分になれるスポット7選

  • 秋の日光観光に外せないおすすめ紅葉スポットと2015のベストシーズン