1. TOP
  2. ハイデルベルク観光はオーディオガイド必須!古き良き学術都市を街歩き

ハイデルベルク観光はオーディオガイド必須!古き良き学術都市を街歩き

学問の中心地として、多くの学者や学生が居を構えてきたハイデルベルク。古くはゲーテやショパンもこの地を訪れました。ドイツ最古の大学、ハイデルベルク大学の所在地でもあるこの学生が多いため、街全体にとても活気があります。特に、金曜日の学生酒場の盛り上がりは尋常じゃありません。

Sponsored Link

ハイデルベルク城はハイデルベルクの半分

IMG_4876

…といっても過言ではないほど(※個人差があります)見ごたえがあるお城です。チケット売り場で日本語のオーディオガイドを4ユーロでレンタル可能。これがあるのとないのとでは、面白さがだいぶ違います。時間がある人は借りておきましょう。

ノイシュバンシュタイン城のようなきれいなお城を想像してはいけません。近くに寄れば寄るほど、この城がいかにか硬派かわかります。

IMG_4277

2度の戦争で破壊された挙句、落雷にとどめを刺され、廃墟と化しました。それ以来、わりと長いこと、この城は忘れられていたようです。みんながハイデルベルクのことを思い出したのは、18世紀に入ってから。

ゲーテなどこの街を訪れた詩人たちがこの城の美しさに気づき、彼らの作品の中でその美しさをたたえました。その結果、ハイデルベルク城は全国区で有名になり、市はここを修復してやろうという気になったのです。ゲーテの詩が流行らなかったら、ハイデルベルク城は今も、ドイツに数多ある田舎城の1つに過ぎなかったかもしれません。

IMG_4249

なんの変哲もない朽ちかけた門ですが、ここでゲーテは、恋人マリアンネとよく待ち合わせをしていました。ゲーテ60歳、マリアンネ30歳。もちろんゲーテはすでに権力者かつ金持ちになっていました。

IMG_4305

ルネサンス様式の館は、上に行くほど窓が小さくなっているため、実際よりも大きく見えます。

IMG_4567

地下には、当時使われていた酒樽が展示されています。農夫から納税されたワインを保存するために使われました。左右の階段から樽の上に上ることができます。

IMG_4675

城内に入るには、ガイドツアーに参加しなければなりません。英語とドイツ語のみですが、ガイドツアーの内容はオーディオガイドとかなり被っています。事前にオーディオガイドを聞いていけば、ガイドの説明している内容が、なんとなく理解できるはずです。

落書きだらけの学生牢

現在の常識から考えるとにわかには信じがたいことですが、ハイデルベルク大学はかつて「治外法権」でした。大学に所属する学生が街で犯罪を犯しても、警察は処罰することが出来なかったのです。学問を政治から切り離し独立性を保つため、というのが治外法権を認めた理由ですが、血気盛んな学生どもは当然つけあがります。

12048995_617832081653559_1632527266_n

※イメージ図   Die Kindheit des Zeus(Lovis Corinth)の一部/クンストハレ(ブレーメン)所蔵
そこで大学側が、学生を収容するために作ったのが学生牢。騒ぎを起こした学生はここに投獄されました。

IMG_4810

ご覧いただくとわかるように、壁中落書きだらけ。

これは、この学生牢が使われていた1712年から1914年の間に、実際に投獄された学生たちの手によってかかれたものです。彼らがここでいかに深く反省していたか、うかがい知れますね。

IMG_4817

黒いシルエットは、投獄された学生自身を描いたもの。落書きは、将来の夢やら、好きな女の子のことやら、自分の罪状や、自分の名前のサインなど。いつの時代も、学生の頭の中は似たようなものですね。

徒歩圏内に3つの教会

ハイデルベルク旧市街には、半径200メートル以内に3つの教会があります。いずれも目玉の観光名所というわけではありませんが、全て無料で入場できますので、お散歩がてら立ち寄ってみるのもいいでしょう。

聖霊教会

IMG_4753

3つの中で一番大きな教会です。
IMG_4752

色と記号の組み合わせで作った、パウル・クレーの絵のようなステンドグラスが特徴。この教会のみ、塔に上ることが出来ます。別途2ユーロかかりますが、塔からの眺めは絶景です。

イエズス教会

IMG_4784

真っ白な内装に、シャンデリア、パイプオルガンなど、比較的モダンな雰囲気の教会です。

ペーター教会

IMG_4765

ここのステンドグラスは、聖霊教会と違い、人物画を中心にしています。

IMG_4767

教会の目の前には大学図書館が。

対岸から街を見下ろす

IMG_4833

カール・テオドール橋を渡った先に、シュランゲンヴェグという名の小道があります。そこを上って、有名な哲学の道へ出ると、ハイデルベルクの街並みをベストショットで一望できます。

しかし、橋を渡る前に必ずチェックしてほしいものがあります。
こいつです。

IMG_4853

ネコ?

いいえ、ヒヒです。

IMG_4860

360度、どの角度から見ても完璧なフォルム。

IMG_4862

お尻の踏ん張りがなかなかリアルです。

このヒヒに触ると、もう一度ハイデルベルクに戻って来られるという言い伝えがあります。ハイデルベルクが気に入ったら、念入りに撫でまわしておきましょう!


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

トリカ

トリカ

ドイツ在住。暑さに弱い、寒さに弱い、乾燥に弱い、湿気に弱い、胃腸が弱い、肌が弱い、子供に弱い、お酒に弱い、辛いもの苦手、なまもの苦手、英語苦手、飛行機苦手、船苦手。……こんなクソ低スペックの私でも海外旅行をるんるん楽しめるんだから、良い時代に生まれました。いろんなところをまわるのも楽しいけれど、1つの場所をじっくり楽しむのが好き。記事もそんな傾向で書いてます。

この人が書いた記事

  • ハイデルベルク観光はオーディオガイド必須!古き良き学術都市を街歩き

  • 今話題のネルトリンゲンも!文句なしにかわいいロマンチック街道田舎町 厳選3選

  • ドイツ最大のコスプレイベント”Connichi2015″を33枚の画像でレポート

  • ドイツ旅行で訪れたい”存在しない街”と噂のビーレフェルト

関連記事

  • まるで海外!日本で海外に行った気分になれるスポット7選

  • 秋の東北観光を彩るおすすめ絶景紅葉スポット 厳選10選

  • 夏の北海道旅行で参加すべき夏祭りと花火大会2015 厳選10選

  • NO IMAGE

    huluが見放題!

  • 子連れ必見!子供と遊べる池袋の観光地 -定番・穴場-厳選10選

  • 知らなきゃ損!長崎観光に外せないおすすめ観光スポット厳選10選