• 国内旅行
    日光が誇る名湯 湯西川温泉の日帰りで行けるおすすめ温泉 厳選9ヶ所
    2015年6月19日
  • 国内旅行
    【まるで絵本の世界】日本にあったメルヘンな建物とカフェ6選
    2015年2月14日
  • トレンド
    ロマンチック♪好きな人と絶対行きたい都内バレンタインデーデートスポット2016
    2015年1月21日
  • 北米
    セドナでサンライズを観た後にお勧めのレストラン厳選5選
    2015年4月15日
  • 国内旅行
    日本からのお土産に日本酒を持っていきたい人必見!日本酒を選ぶポイント3つ
    2015年4月19日
  • 旅行のスキル
    海外旅行ロストバゲッジ経験者が語るおすすめの予防&対応策5選
    2015年4月21日
  • ヨーロッパ
    夏好き旅行者が訪れるべきフランスのおすすめビーチリゾート 厳選5選
    2015年6月13日
  • 東南アジア
    スリランカ観光で外せない黄金海岸に簡単アクセス!ビーチで夕焼けも
    2015年5月14日
  • L&P オセアニア
    女子に人気!スーパーで買えるニュージーランドの人気お土産 厳選8選
    2015年3月14日
  • 北米
    絶景! 七色に輝くフライガイザーが生み出す驚きの風景
    2015年9月13日
子連れ必見!子どもと遊べる軽井沢の観光地-定番・穴場-厳選10選

のんびりした避暑地のイメージが強い軽井沢は、自然が豊富ということもあって意外にも子供向けのアトラクションを提供している施設が多め。

普段は遊ぶにも近所迷惑かな、と気になっている方こそぜひお子さんと一緒に軽井沢に行ってみてください。

自然との触れあい、芸術との触れあいなどお子さんにとって一生モノの思い出になる子供と遊べる軽井沢の観光地を紹介します。

軽井沢おもちゃ王国

krk1
画像出典:http://www.tabibun.net

軽井沢おもちゃ王国に来ると帰りたがらない、何日も連続で来たがるお子さんがいるという話もあるほどの人気の施設。おもちゃのテーマパークとして有名で、さまざまな体験ができます。

季節によって渓流つり等のイベントあり、パビリオンは全天候型施設で雨でも遊べる、女の子向けの『リカちゃん』展示ありとお子さんにとっては至れり尽くせりの施設です。

 


施設名:軽井沢おもちゃ王国
郵便番号:377-1512
住所:群馬県吾妻郡嬬恋村大前2277
URL:http://www.omochaoukoku.com/karuizawa/
アクセス:万座・鹿沢口駅/バス/15分

 

湯川ふるさと公園

krk2
画像出典:http://karuizawa-local.net

天気が良い日の観光なら湯川ふるさと公園もおすすめ。大型遊具がなんと44種類もあり、1日中いても飽きずに遊べること間違いなしの施設です。

公園内の一部は芝生でできているので安全にお子さんが遊べるのもメリットですね。のんびりリフレッシュしたいときは湯川沿いの遊歩道を家族でお散歩するプランはいかがでしょうか?

 


施設名:湯川ふるさと公園
住所:長野県北佐久郡軽井沢町長倉
アクセス: 1) 碓氷軽井沢ICから車で30分
2) しなの鉄道しなの鉄道線中軽井沢駅から⇒下車徒歩15分
休業日:無休

 

アミーチアドベンチャー軽井沢

krk3
画像出典:http://karuizawa-kankokyokai.jp

体力を持て余しがちな男のお子さんを持つ家庭に必ず訪れてほしいスポットがアミーチアドベンチャー軽井沢。わくわくドキドキ、やや野性的なアトラクションが多い施設です。

このアミーチアドベンチャー軽井沢に来たからには体験したいのがエアアトラクションであるアミーチアクション。まずは高さ4mからのジャンプで体を慣らして、綱渡りなどに挑戦してみましょう。

 


施設名:アミーチアドベンチャー軽井沢
住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢 軽井沢プリンスホテルイースト内

 

軽井沢野鳥の森

krk4
画像出典:http://blog.livedoor.jp/aoitorikotori

軽井沢野鳥の森は約100ヘクタールにも及ぶ巨大な森。中に3kmの遊歩道があり、遊歩道を歩きながら森に住む約80種類の鳥たちを観察できます。

山登りがまだまだ難しい小さなお子さんでも3kmの遊歩道なら楽々。小学生くらいのお子さんであれば自由研究の題材にもちょうどよいので、夏休みに軽井沢を訪れるときにはぜひ野鳥の森に行ってみて下さい。

 


施設名:軽井沢野鳥の森
郵便番号:389-0112
住所:長野県北佐久郡軽井沢町中軽井沢 国有林内
URL:http://picchio.co.jp/sp/

 

軽井沢タリアセン

krk5
画像出典:http://minakaru.jp

『自然、美術館、文学』と『遊ぶ』が見事に融合した施設が『軽井沢タリアセン』。

堀辰雄の山荘や有島武郎別荘など大人が楽しめる名所が満載ですし、塩沢湖でのボート乗船、スプラッシュバルーンやスプラッシュローラーなど子供も大人も楽しめるアクティビティも多め。

その他には、小さなお子さんでも楽しめる大人1000円、子供500円のファミリーゴルフ場があります。

 


施設名:軽井沢タリアセン
住所:長野県北佐久郡軽井沢町長倉217
URL:http://www.karuizawataliesin.com/
アクセス: 1) 碓氷軽井沢ICから車で20分
2) しなの鉄道しなの鉄道線中軽井沢駅からタクシーで8分

 

プリンスホテルスキー場

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
画像出典:http://blog.princehotels.co.jp

夏の軽井沢と言えば避暑、冬の軽井沢と言えばスキーです。お子さんに初めてのスキーを体験させたい、スキーとはいかなくても雪との触れあいを楽しんでほしいなら軽井沢プリンスホテルスキー場がおすすめです。

小学生以下はリフト料金無料、ソリゲレンデやチュービングなどで雪遊びができるスノーパークが併設されています。スキー、スノーボード、ウエアはレンタル可能で、手ぶらで行けます。

 


施設名:軽井沢プリンスホテルスキー場
郵便番号:389-0103
住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢
電話番号:0267-42-5588
URL:http://www.princehotels.co.jp/ski/karuizawa/
アクセス: 1) 上信越道碓氷軽井沢ICから車で14分13.00km
2) JR北陸新幹線(長野経由)軽井沢駅南口から徒歩で10分または無料シャトルバスで約1分
営業期間:[2015年10月31日~2016年4月3日]

 

旧軽井沢森ノ美術館

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
画像出典:http://girlsstory.blog62.fc2.com

旧軽井沢森ノ美術館はトリックアートの美術館。普通の美術館では小さなお子さんは飽き飽きしてしまいますが、ここでなら五感で芸術と触れ合える上に、作品の中に自分が入り込む体験もできて、飽きることもありません。

また、一般的な美術館と違って旧軽井沢森ノ美術館はペットとの来場もOK。家族と同じくらい大切なペットとお子さんの思い出作りにもうってつけの観光地です。

 


施設名:旧軽井沢森ノ美術館
郵便番号:389-0100
住所:長野県北佐久郡軽井沢町旧軽井沢809

 

スウィートグラスアドベンチャー

krk8
画像出典:http://www.jalan.net

スウィートグラスアドベンチャーは『自然共生』をテーマにした施設で、コースは全員参加のブリーフィングコースの他年齢に合わせた3つのコースがあります。

すべてのサイトを楽しめるプランでも4600円で木の上の冒険を楽しめるという、またとない機会を手に入れられます。

冒険するだけではなく自立心をはぐくむことも施設のテーマですので、お子さんに『自分で頑張る力』を身に着けてもらうにもぴったりです。


施設名:スウィートグラスアドベンチャー
住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-4783
URL:http://ad.sweetgrass.jp/

 

軽井沢 ガラス工房

krk9
画像出典:http://travel-value.jp

軽井沢のお土産を自分で作る体験をしたら、お土産を見るたびに軽井沢での思い出がよみがえりますよね。軽井沢 ガラス工房では吹きガラス体験や彫り絵アート体験ができます。

吹きガラス体験は小学校1年生からOKで、金箔、銀箔の溶着体験ができるコースも。作業台が多くはないので祝日などは予約して行った方が無難です。

 


施設名:軽井沢 ガラス工房
住所:長野県軽井沢町長倉664-9
URL:http://karuizawaglass.o.oo7.jp/

 

軽井沢レイクガーデン

krk10
画像出典:http://with-one.cocolog-nifty.com

軽井沢レイクガーデンは名前の通り湖を中心とした庭園で、全部で8つのエリアに分かれています。石造りの建物の周囲にバラが咲き誇る様子は、まるでおとぎ話のお城のような雰囲気。

お土産もピンクのバラをイメージした雑貨が多く、女の子であればどれにしようか迷ってしまう子も多いでしょう。食べ物ならダックワーズがおすすめです。

 


施設名:軽井沢レイクガーデン
郵便番号:389-1608
住所:長野県北佐久郡軽井沢町レイクニュータウン
URL:http://www.karuizawa-lakegarden.jp/
アクセス:碓氷軽井沢ICから約15分
営業時間:9:30-17:00

 

軽井沢のアトラクション施設は規模が大きく、混雑するとは言っても首都圏の混雑よりはやはり多少マシです。そのため、待ち時間でお子さんがぐずってしまうリスクが低いのも魅力ですね。

この機会にたくさん自然と触れ合って自然の良さを知ると同時に、体力をつけたり知らない子供と仲良くなる社交性をはぐくむチャンスにもなりますので、ぜひご家族で軽井沢旅行を楽しんでくださいね。

 

関連キーワード
国内旅行の関連記事
  • Pontaポイントを効率よく貯めて、じゃらんnetでお得に国内のホテル・旅館に泊まる方法とは・・・
  • 【トリップアドバイザーでマイルが貯まる】トリップアドバイザーの口コミを参考にお得に格安で国内・海外のホテルを予約する方法とは
  • 『torivago トリバゴ』でお得にホテル予約!!トリバゴを使って格安で国内・海外のホテルの料金を比較する方法とは
  • 地元民がおススメする『山口県の自然の美しい観光スポット5選』
  • ”ブリティッシュエアウェイズ(BA)”のマイルを使って超お得にJALの国内線に乗れる裏技公開!!
  • 実は日本にもたくさんある!綺麗すぎて感動する絶景スポット10選
おすすめの記事