• 世界のおすすめ情報
    AirPano『もしもあの観光地が一つの惑星だったら』厳選画像21選
    2015年4月11日
  • 世界のおすすめ情報
    オススメな海外旅行スポット9選 定番〜マイナーまで【旅プロに学ぶ】
    2015年1月27日
  • ヨーロッパ
    衝撃的?スペインの三大祭りバレンシアの火祭りをスペイン在住の私が楽しみ方を紹介
    2016年1月22日
  • 旅行のスキル
    68カ国旅行した僕が海外旅行初心者の友人におすすめしている語学力の不安を解消する方法
    2015年6月24日
  • 北米
    【Airbnb】シアトル近郊の宝石の島で大自然を満喫する宿厳選3選
    2015年7月25日
  • in a car 北米
    グランドキャニオン観光はバスツアーよりもレンタカー!行き方と注意点9つ
    2015年7月2日
  • 東南アジア
    ベトナムの穴場観光地クレイジーハウスに行ってみので画像と感想を報告
    2015年7月12日
  • 中南米
    世界一周旅行ハネームーンカップルがおすすめイースター島観光スポット厳選5選
    2015年6月1日
  • 世界のおすすめ情報
    スピリチュアル系旅行者におすすめな世界のパワースポット厳選50選
    2015年7月1日
  • ヨーロッパ
    世界一周ハネームーンカップルがおすすめするイタリアの街アルベロベッロはおとぎの国
    2015年7月22日
子連れ必見!子供と遊べる那覇市の観光地~定番・穴場~厳選10選

日本最南端の沖縄県は他の地域とは違う独自の文化や独自の雰囲気が魅力。3泊4日程度でも十分楽しめますので、大型連休で家族旅行に行きたいときなどもぴったりです。

ここではそんな沖縄の中心都市でもある那覇でお子さんと一緒に思いっきり遊ぶためにおすすめの観光スポットを紹介していきます。定番スポットでもお子さんと一緒ということを踏まえるとまた新しい楽しみがあるので、ぜひ沖縄旅行前にチェックしてみてください。

国際通り

naha1
画像出典:http://www.veltra.com

国際通りは沖縄きっての繁華街で、飲食店からお土産屋さんまでさまざまな店が立ち並んでいます。歩いているだけでもわくわくしてしまうようなにぎやかな雰囲気が特徴です。

シーズン中は混み合うのでお子さんがはぐれてしまわないように注意しながら、那覇でのお買い物を楽しんでみてください。空港からは車でもよいですがモノレールでもアクセス可能です。

 


施設名:国際通り
住所:沖縄県那覇市松尾・牧志周辺
アクセス:那覇空港から車で15-20分

 

首里城公園 (首里城)

naha2
画像出典:http://43ismamorigami.sakura.ne.jp

沖縄を代表する観光地であり琉球文化を感じられる場所としても有名なのが首里城。那覇に行くのであれば首里城に行かないわけにはいきません。

とはいっても歴史的建造物を小さなお子さんが楽しめるの…?と心配にもなりますよね。

首里城の場合は無料のスタンプラリーがあり、11カ所以上のスタンプを集めることで記念シールをもらえます。こういったアクティビティがあるので、お子さんでも十分楽しめること間違いなしです。

 


施設名:首里城公園 (首里城)
住所:沖縄県那覇市首里金城町1-2
URL:http://oki-park.jp/shurijo/

 

パイナップルハウス

naha3
画像出典:http://ameblo.jp

那覇空港から車で5分もかからない立地にあるパイナップルハウス。大きなパイナップルのオブジェがあるので、まず見逃すことのない施設です。

1階ではパイナップルケーキやパイナップルの缶詰などのお土産を販売、2階では沖縄料理やパイナップルパフェを食べられるレストランが営業しています。

試食コーナーが多く、幼稚園くらいのお子さんなら試食でおなかいっぱいになるくらいのボリューム感。1カップ100円で冷たい新鮮なパイナップルも食べられるので、ぜひどうぞ。

 


施設名:パイナップルハウス
郵便番号:901-0142
住所:沖縄県那覇市鏡水684-1
営業時間:9:00-17:30
休業日:無休

 

沖縄アート体験 美ら風

naha4
画像出典:http://www.tabinchu.net

首里城などで琉球文化を見るだけではなく、体験させてあげたいと考えているなら沖縄アート体験 美ら風はおすすめ。アクセスの良い国際通りにあるアート体験工房で、多様な体験が可能です。

お子さんに特におすすめなのはしっくいシーサー絵付け体験。時間は40分で集中力が途切れにくいですし、乾燥したらすぐに持ち帰れるのも魅力です。

 


施設名:沖縄アート体験 美ら風
住所:沖縄県那覇市牧志3丁目2-50
営業時間:10:00-21:00

 

首里 琉染

naha5
画像出典:http://www.jtb.co.jp

上述の美ら風と同じように琉球文化を体験できるのが首里 琉染。化石になったサンゴを利用して淡い色使いの染物を作るサンゴ染め、神秘的な雰囲気が魅力の紅型染めの体験が可能で、お子さんに人気なのはサンゴ染めの方です。

30-40分での体験で小学生以下の料金は2700円、混み合うことが多いのでインターネットや電話で事前予約していくことをおすすめします。

また、首里 琉染では職人が製作したファッショングッズ、小物、インテリアグッズも販売しているのでお土産を買うにも良い場所です。

 


施設名:首里 琉染
住所:沖縄県那覇市首里山川町1-54
営業時間:9:00-18:00
URL:http://www.shuri-ryusen.com/

 

末吉公園

naha6
画像出典:http://photookinawa.jugem.jp

沖縄の自然と言えば海が注目されることが多いですが、ここ末吉公園はうっそうと生い茂ったジャングルのような雰囲気が魅力の公園です。アップダウンが多く、お子さんも親御さんも歩きやすい靴は必須。

遊歩道を歩きながら自然の空気をたっぷり吸ってリラックスするのがおすすめです。夏にはホタルが見られるので、園内の安謝川付近に行ってみましょう。

 


施設名:末吉公園
郵便番号:903-0801
住所:沖縄県那覇市首里末吉町1-3-1

 

識名園

naha7
画像出典:http://nahalcc.jp

ゆったりとした雰囲気が好きなご家族なら識名園はおすすめ度が高いです。世界遺産の庭園であるにも関わらず混み合うことは少なく、のんびりと庭園・周辺の自然を楽しめます。

京都などの庭園と違って自然が残っている部分が多く、本州では見られない南国植物を見ながらの散歩もよいですよ。周辺にはレストランなどがないので、事前に飲み物を買っておくのがおすすめです。

 


施設名:識名園
郵便番号:902-0072
住所:沖縄県那覇市字真地421-7
電話番号:098-855-5936
アクセス:三重城バスターミナルからバスで30分バス(那覇バス)利用の場合、1番:首里・識名線、5番:識名線
- 識名園前バス停から徒歩で1分
営業期間:9:00~17:00 10月1日~3月31日
9:00~17:30 4月1日~9月30日
休業日:[水] 祝日の場合は翌日

 

琉球スタジオ ちゅら美人

naha8
画像出典:http://www.jalan.net

家族旅行の思い出の1つが写真。将来お子さんが大きくなったときに見せて、改めて思い出話に花が咲くこともあるかもしれません。

沖縄に行った思い出の写真に琉球時代の民族衣装を着た写真はいかがでしょうか?琉球スタジオ ちゅら美人では子供用の琉球民族衣装もあり、沖縄風の髪結いも可能。女の子なら変身願望も満たされる観光になること間違いありません。

 


施設名:琉球スタジオ ちゅら美人
住所:沖縄県那覇市牧志3-2-47平和通商店街内
定休日:なし

 

ちんすこう博物館mini

naha9
画像出典:http://conception.zone

沖縄の定番お土産の1つであるちんすこう。伝統銘菓のちんすこうを始めて販売した新垣家の歴史やちんすこうについてのパネルなどがあるちょっとした博物館がちんすこう博物館miniです。

入館無料で少し時間が空いたときにサッと寄って楽しめるのが魅力で、お土産用のちんすこうを買うにもちょうどよいです。やや高級な『きんそこう』がお土産用に人気です。

 


施設名:ちんすこう博物館mini
郵便番号:900-0014
住所:沖縄県那覇市松尾2-1-4
URL:http://www.chinsuko.com/
営業時間:10:00-21:00

 

波の上ビーチ

naha10
画像出典:http://find-travel.jp

那覇市内でも沖縄の海を楽しめる観光スポットとして知られているのが波の上ビーチ。規模は小さいですがしっかりと監視員がいて、小さなお子さんと一緒でも安心して遊べるのが最大のメリットです。

やはり那覇は暑く体の水分も失われやすいので、近くにある売店やスーパーで事前にお茶などを買ってから波の上ビーチに遊びにくるのがおすすめです。

 


施設名:波の上ビーチ
郵便番号:900-0031
住所:沖縄県那覇市若狭辻
URL:http://www.naha-navi.or.jp/

 

体験型の観光スポットから自然を楽しめるスポットまで、お子さんと一緒に楽しめる那覇の観光地を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

大自然を感じるのであれば那覇市内から出て離島に行ったりするのも方法の1つですが、2泊3日などの短い期間でも旅行をゆったり楽しみたいご家族には那覇市内のビーチや公園を利用して自然を味わいつつ、利便性の良い国際市場などでのショッピングで沖縄観光をするのがおすすめです。

 

沖縄の日差しはとても強いです!子供の日焼け対策のためにも、こちらの記事も合わせてお読み下さい。

[blogcard url="http://ryoko-tatsujin.net/ryoko-skill/29287/"]
関連キーワード
国内旅行の関連記事
  • Pontaポイントを効率よく貯めて、じゃらんnetでお得に国内のホテル・旅館に泊まる方法とは・・・
  • 【トリップアドバイザーでマイルが貯まる】トリップアドバイザーの口コミを参考にお得に格安で国内・海外のホテルを予約する方法とは
  • 『torivago トリバゴ』でお得にホテル予約!!トリバゴを使って格安で国内・海外のホテルの料金を比較する方法とは
  • 地元民がおススメする『山口県の自然の美しい観光スポット5選』
  • ”ブリティッシュエアウェイズ(BA)”のマイルを使って超お得にJALの国内線に乗れる裏技公開!!
  • 実は日本にもたくさんある!綺麗すぎて感動する絶景スポット10選
おすすめの記事