1. TOP
  2. 実は日本にもたくさんある!綺麗すぎて感動する絶景スポット10選

実は日本にもたくさんある!綺麗すぎて感動する絶景スポット10選

2017/06/01 国内旅行
finger-red【裏ワザ】高額な海外旅行の保険料を無料にする方法→詳しくはコチラ
この記事は約 6 分で読めます。

綺麗すぎて感動するスポットと言えばヨーロッパの建物やアフリカや中南米、南極などの雄大な自然を思い浮かべますが、この日本にもまだまだたくさん感動スポットが残されています。

そこで、今回は行けば感動間違いなしの絶景スポットを10カ所、日本のスポットのみで紹介していきます。

海外と違って移動にそれほど時間がかかりませんし、面倒な手続きも必要ないのでちょっとした休みに弾丸で訪れるのもおすすめのスポットばかりです。

Sponsored Link

青い池(北海道)

冬の雪景色が有名な北海道ですが、1年中楽しめる観光地としておすすめなのが美瑛にある青い池。季節によって、天気によって、時間によって絶妙に『青』の変化があります。

コバルトブルーを見たいのであれば5-6月ころがベストですが、この時期はまだまだ寒いのでしっかりと防寒していきましょう。
写真を本格的に撮るのでなければ30分ほどで十分良さを味わえるスポットです。

 

スポット名:青い池
住所:北海道上川郡美瑛町白金

 

白神山地(青森県・秋田県)


画像出典:https://www.alljapantours.com

世界最大級のブナの原生林があるのは何と日本の青森県、白神山地です。日本で初めての世界遺産になったほか、大ヒット映画『もののけ姫』の世界観のモデルの1つとしても知られています。

青森県から秋田県に広がる大きな山地なので、長期滞在でない限り一度にすべて回るというのは不可能。

散策・登山コースも12コースもあります。もっとも短いコースでは30分、もっとも長いコースでは8時間が目安なので日程に合わせて選びましょう。

 

スポット名:白神山地
住所:青森県南西部から秋田県北西部

 

幸手権現堂桜堤(埼玉県)


画像出典:http://www.go2park.net

日本を代表する花といえば桜。家族や友達とお花見に行った経験のある方はかなり多いでしょう。

日本各地に桜の名所はありますが、感動するスポットとしておすすめなのが埼玉県にある幸手権現堂桜堤です。桜と菜の花を同時に楽しめる貴重なスポットでもあります。

菜の花の鮮やかな黄色、桜の淡いピンクが目を楽しませてくれる上に、3月下旬から4月上旬までは『幸手桜まつり』が開催されており、にぎやかな雰囲気や屋台グルメも味わえます。

 

スポット名:幸手権現堂桜堤
住所:埼玉県幸手市内国府間887−3

 

青ヶ島(東京都)


画像出典:https://www.onegai-kaeru.jp

有人島としては伊豆諸島最南端に位置する青ヶ島は、東京都とは言えどもアクセスは至難の業。断崖絶壁の島だけあり、船が欠航になることもたびたびあります。

二重式のカルデラや水蒸気の噴出する穴であるひんぎゃなど見どころはたくさんですが、もっとも美しいのは星空。人口およそ160人、店はわずか数軒しかないので光も物音もほとんどしない夜を満喫できます。

 

スポット名:青ヶ島
住所:東京都青ヶ島村(伊豆諸島)

 

白馬八方池(長野県)


画像出典:http://vill.hakuba.nagano.jp

長野県の白馬は、登山が好きな方なら一度は登ってみたい山々があります。また、もっと手軽に冬場のスノーリゾートとして白馬を楽しむ方も多いかもしれません。

そんな白馬連峰にある絶景スポットが、白馬八方池です。標高2060mの澄みきった空気、湖面に映る白馬三山を見ていると心が洗われます。

白馬八方池までのコースは2コースで、木道コースは普段登山をしない方にもおすすめ。

 

スポット名:白馬八方池
住所:長野県白馬村北城

 

鳴沢氷穴(山梨県)


画像出典:http://jp.zekkeijapan.com

ここまでは地上の絶景を紹介しましたが、鳴沢氷穴は地下の絶景。今から1000年以上前に、富士山噴火の影響を受けてできた洞窟です。

真夏でも洞窟内の気温は0℃近くまで下がり、内部には天然氷があります。そのほか、3mほどの巨大な氷柱があったりと地下に広がるダイナミックな世界に感動できるでしょう。

日によって営業時間が異なるので、事前に確認して行ってください。

 

スポット名:鳴沢氷穴
住所:山梨県南都留鳴沢村8533

 

嵯峨野(京都府)


画像出典:https://ja.wikipedia.org

心をそっと落ち着けて、深い感動を呼び起こしてくれるような場所を探しているなら京都の嵯峨野へ行ってみましょう。大河内山荘から野宮神社に続く竹林の道は風情のある風景で人気です。

晴れた日には竹林の間から日の光が差し込み温かみのある雰囲気に、曇りの日には落ち着いた雰囲気にと天気による違いも楽しめます。

毎年冬にはライトアップが行われるので、ぜひ夜の竹林を味わってみてください。

 

スポット名:嵯峨野
住所:京都府京都市右京区

 

那智の滝(和歌山県)


画像出典:http://www.jnto.go.jp

日本は四方を海に囲まれた島国で『水』には何かと縁が深いです。全国各地の川・湖が観光地として有名な中、特におすすめの『水』スポットが那智の滝です。

滝つぼの深さはなんと10メートル、水柱は直下で133メートルにもなる日本最大級の滝として知られています。水の力強さ、生命力を存分に感じられる感動のスポットです。

 

スポット名:那智の滝
住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町

 

角島大橋(山口県)


画像出典:https://www.flickr.com

2000年に下関市豊北町神田と豊北町角島を結ぶ橋として開通した角島大橋は、今や角島観光の屋台骨ともいえる存在です。

1780mにも及ぶ橋の下にはエメラルドグリーンの海、眼前には抜けるような青い空、ここは本当に日本?と思ってしまうほど美しい景色が広がります。

角島大橋の横にある展望台や周辺の坂であれば、橋と海を1枚の写真にしっかり収められます。

 

スポット名:角島大橋
住所:山口県下関市豊北町

 

人津久の浜(長崎県)


画像出典:https://fastjapan.com

上で紹介した角島大橋と同じように『日本とは思えない』という景色が広がるのが、長崎県にある人津久の浜。白砂にエメラルドブルーの海は、海外のリゾートにも引けを取りません。

長崎県観光の中心ともいえる佐世保市からは車で1時間半、アクセスもなかなか良好ですし、夏場もひどく混み合うことは少ないです。

穏やかな波、鳥たちの声、ひっそりとした独特の空気と五感で味わう絶景を提供してくれる場所です。

 

スポット名:人津久の浜
住所:長崎県平戸市大石脇町

 

北は北海道から南は長崎県まで、日本の10の絶景スポットを見てみました。

中にはアクセスがやや大変な場所もありますが、それを乗り越えて見る景色はまた格別。恋人、家族との忘れられない思い出作りにも向いています。

今年はゴールデンウィークや夏休みを使って日本各地の絶景めぐりをしてみるのもよいかもしれませんね。

 


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

chihiro

この人が書いた記事

  • 実は日本にもたくさんある!綺麗すぎて感動する絶景スポット10選

  • まるでファンタジー!幻想的な世界遺産トップ10!

  • 綺麗なビーチならココ!世界の絶景ビーチリゾート10選

  • 彼女をときめかせるホワイトデープラン♪デートスポット特集2017

関連記事

  • バックパッカーにおすすめなプラハの格安ホテル 厳選10選

  • 子連れ必見!子供と遊べる東京の観光地-定番・穴場-厳選10選

  • 日本三大秘湯あり!徳島観光に外せない徳島の観光スポット 厳選10選

  • 鹿児島観光するならオススメここ!穴場観光地も 厳選10選

  • 日本の冬【絶景8選】自然現象がつくりだす雪景色

  • 秋の軽井沢は街全体が紅葉スポット!都内から1時間で行ける秋の観光地