1. TOP
  2. カッパドキアならここに行け!奇岩を楽しめる観光スポット10ヶ所

カッパドキアならここに行け!奇岩を楽しめる観光スポット10ヶ所

トルコ周遊ツアーなどでは必ずといっていいほど組み込まれているのがカッパドキアです。トルコと言えばイスタンブールの旧市街や、ボスポラス海峡の絶景が思い浮かびますが、カッパドキアは岩窟や奇岩が作り出す絶景で有名です。
奇岩や眺望を中心とした不思議な世界観を持つカッパドキアのおすすめ観光地を厳選して紹介していきます。

Sponsored Link

ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群

kappak1
画像出典:http://www.dmcturkey.com/

ここがカッパドキア観光の中心的な場所で、三角形の奇岩群を見ることが出来ます。圧倒的なスケールで、見る人に驚きと喜び、感動を与えてくれる場所でもあります。

とにかく広いので、乗物を使ったツアーで回るのがよいでしょう。オススメの時間帯は朝焼けと夕焼けの見える時間。オレンジ色に照らされた奇岩群は、地球とは思えないほどの美しさです。

 

英名:Goreme National Park and the Rock Sites of Cappadocia
住所:Nevsehir, Turkiye

 

気球 (バルーンツアー)

kappak2
画像出典:http://www.turkeytour.com/cappadocia-tours/cappadocia-hot-air-balloon.html

広大なカッパドキアの岩窟群を空から体験できるツアーは大人気です。朝の時間帯を狙っていくので、気球に乗ってから軽い朝食が出るケースもあります。お値段は少なくとも万単位(日本円)はかかりますが、それを差し置いても見る価値のある景色が広がります。

冬季は日によって飛べなくなることもあるので、旅行時期は夏の方がよいでしょう。

 

英名:Balloon Tour

 

パシャバー地区

kappak3
画像出典:http://www.trekearth.com/gallery/Middle_East/Turkey/Central_Anatolia/Nevsehir/Pasabag/photo1234578.htm

カッパドキアの観光パンフレットなどにもよく使われる場所で、キノコ状の奇岩群を見ることが出来ます。周囲は荒野になっており、突如現れる大きな奇岩群の存在感は抜群。

小高い丘に登ることで奇岩群と荒野が広がる様子を楽しめます。周囲にはちょっとしたお土産屋さんやトルコアイスのお店などもあるので、観光地としても満足度が高いです。

 

英名:Pasabag
住所:Goreme Tarihi Milli Park

 

ギョレメ屋外博物館

kappak4
画像出典:http://www.ruyasehirkapadokya.com/goreme-muze.html

カッパドキア観光の中心地であるギョレメ国立公園から徒歩圏内にある場所です。一番の見どころは岩窟の中に潜んでいる教会、そこに飾られたフレスコ画です。
特にフレスコ画は、年月を経ても鮮やかな色合いが残っていることが高く評価されています。

すべて見て回るとしても1時間程度で終了しますので、ギョレメ国立公園の観光のついでによるのがおススメ。

 

英名:Goreme Acik Hava Muzesi
住所:Kapadokya Province, Turkey

 

ウフララ渓谷

kappak5
画像出典:http://seyirrehberi.com/gezilecek-yerler.aspx?gezi-yeri=ihlara-vadisi&sayfa=faydalibilgiler

奇岩群や洞窟などが有名なカッパドキアではめずらしく、奇岩よりも水で有名な景勝地です。全体的にごつごつした岩があるのはカッパドキアならではといった感じですが、ギョレメ国立公園などに比べると緑も多くなじみのある風景。

1-2時間かけてハイキングするとよい運動にもなります。夏季は非常に暑いので、日除けのための帽子や飲み物などをしっかり持参していってください。

 

英名:Ihlara Vadisi
住所:Ihlara Vadisi Kapadokya

 

セリメ修道院

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
画像出典:http://wanderingdanny.com/turkey/28-underground-city-ilhara-valley.html

奇岩の中に作られている、世界でもかなり珍しい部類の修道院です。とても高いところにあり、近くまでツアーの車などで行った後は徒歩で登ります。
この修道院へと登る道は滑りやすいので、靴選びには十分注意してください。

上まで登ると、山々の緑や岩などが広がる絶景に出会えます。ちなみに、ここは映画『スターウォーズ』のロケ地でもあります。

 

英名:Selime Monastery

 

ウチヒサル

kappak7
画像出典:http://www.kilimpension.com/enu/?page_id=276

カッパドキアに数多くある岩を、要塞として使っていた建造物です。岩山に小さな穴が見えますがそれはすべて小部屋。
今でも実際に人が住んでいるので、生活感も垣間見える不思議な空間です。

カッパドキアの遺跡群・史跡群の中でも大きく目立つ建造物で、周辺のホテルの一部の部屋では、部屋の窓からウチヒサルを眺めることもできます。

 

英名:Uchisar

 

カイマクルの地下都市

kappak8
画像出典:http://www.travelbypoints.com/2013/01/26/reader-reconnaissance-5-a-3-day
文化がまじりあうトルコでは、それぞれの文化を持つ人々の争いもありました。このカイマクル地下都市は、キリスト教徒がイスラム教圏の人々の迫害を避けて無事に過ごすために作られた、と言われています。

多くの人々が住めるように作られたので、全体ではなんと地下8階まであります。見られるのは4階までですが、それでも見ごたえのある場所です。

 

英名:Kaimakli Underground Cities

 

らくだ岩 (デヴレント渓谷)

kappak9
画像出典:https://www.flickr.com/photos/twiga_swala/2285225251

名前の通りらくだの形が特徴的な岩です。岩自体がそれほど強くはなく、雨風に負けることでこのような形が作られたと言われています。想像以上に大きならくだで、写真スポットにもなっているので常に人でにぎわっています。

有名なのはらくだ岩ですが、周辺にはほかにもさまざまな形に見える岩があります。どんな形に見えるか同行者と話をしてみるのも楽しそうですね。

 

英名:Devrent Valley
住所:Urgup Turky

 

ローズ バレー

kappak10
画像出典:http://www.akikocappadocia.com/

カッパドキアの中でも有名な夕日の名所です。ローズ・バレーに立ち並んだ岩が、夕日によって真赤に染まる景色は壮観です。ローズ・バレーという名前はもともと岩がピンク色であることから来ています。

ハイキングツアーでゆっくり歩きながら楽しむもよし、周囲でチャイなどを飲みながら夕日が落ちてくるのをじっくり眺めるもよしの景観スポットです。

 

英名:Rose Valley (Kizil Cukur)
住所:Goreme Tarihi Milli Park? Kapadokya

 

 

ここまで紹介したトルコ・カッパドキアの10の観光地は、すべてカッパドキア名物である奇岩を中心とした観光地ばかりですどの観光地もスケールが大きいので、個人で回るのはあまりお勧めしません。

日本人の場合は旅行会社のツアーを使って回るケースが多いようです。英語ができるなら海外のツアーの方がリーズナブルでお勧めです。


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

chihiro

この人が書いた記事

  • 彼女をときめかせるホワイトデープラン♪デートスポット特集2017

  • 意外と喜ばれる!家族でひな祭りイベントへ!

  • バレンタインデート2017-都内のおすすめスポット7選-

  • 子連れ必見!子供と遊べる上高地の観光地-定番・穴場-厳選10選

関連記事

  • イスラエル旅行に外せない宗教の街・聖地エルサレムの観光地 厳選10選

  • 青と白の絶景が壮大なトルコの世界遺産パムッカレは死ぬまでに一度は行きたい観光地

  • 紀元前の歴史に触れられるアンマンのおすすめ観光地厳選10選

  • 初めてのイスタンブール観光には外せないおすすめ観光スポット厳選5選

  • トルコ料理が美味しいパムッカレのおすすめグルメレストラン 厳選10選

  • 【秘境】インド洋のガラパゴス「ソコトラ島」の魅力を伝える画像17枚