1. TOP
  2. ラスベガス街歩き観光のおすすめスポットなら絶対ここ!厳選9選

ラスベガス街歩き観光のおすすめスポットなら絶対ここ!厳選9選

眠らない街ラスベガス。ドキドキしながら足を踏み入れると、そこはまるでオモチャ箱のよう。美しいホテル、ショッピングアーケード、ショー、カジノ、美味しいレストラン、なんでもここに揃っています!

ここでは初めてラスベガスに来るなら絶対見ておきたいスポットをご紹介します。

Sponsored Link

ホテル巡り

個性的なホテルが建ち並ぶラスベガス。それぞれ、カジノ、ショッピングアーケード、レストランなどがそのホテルのテーマに沿って並んでいます。ラグジュアリーでありながら遊び心たっぷりのテーマパークのようなその数々は、宿泊せずとも観て周るだけでも楽しいんです。

las vegas_hotels

たくさんの魅力的なホテルの中で、必ず行くべき3ヶ所を参考としてピックアップしました。

 

パリス(Paris Las Vegas)

メインストリップでもかなり目立つのですぐ目に入ります。エッフェル塔にバルーン、凱旋門。
レストランもあるエッフェル塔展望台からのストリップの眺めはゴージャスそのものです。

paris

青空の天井の下、お洒落なお店が軒を連ねます。

paris_inside

Paris Las Vegashttps://www.caesars.com/paris-las-vegas

 

シーザーズパレス(Caesars Palace)

威風堂々とした外観に豪華な内装。

caesars palace

美しいショッピングアーケードはいつも多くの人で賑わいます。アーケード内、The Cheesecake Factory前では大掛かりな人形のショーも。時間帯によってはとても込み合いますが、無料ですのでちょっとした休憩がてらぜひ観に行ってみてください。

fall of atrantis_caesars palace 

Caesars Palace:https://www.caesars.com/caesars-palace

 

ベラージオ(Bellagio)

他の派手なホテルが並ぶ中、少し普通過ぎる外観かもしれません。ですがさすがのベラージオ。その美しい内装に感動の悲鳴が思わずあがります。四季とチャイニーズニューイヤーの年5回衣替えをするというコンサバトリーは必見!

bellagio

140人もの園芸スタッフを抱えているそうです。午後からホテル前で30分おきに行われる有名な噴水のショーももちろん無料(20時以降は15分おき)。ライトアップされると更に見ごたえがあります。

bellagio
画像出典:https://www.flickr.com/

Bellagio HP:https://www.bellagio.com/ja/

 

アトラクション

大人の遊園地のようなラスベガス。人気のアトラクションを3ヶ所ご紹介します。

ローラーコースター(The Big Apple Coaster & Arcade)

ラスベガスの中心地、小さなニューヨークマンハッタンのビルの中を駆け巡るローラーコースター。ベガスのネオンの中、巨大な自由の女神をかすめて走るのは不思議な気分です。

roller coaster, NY-NY
画像出典:https://www.flickr.com/

場所:ニューヨーク・ニョーヨーク
料金:$14
HP:https://www.newyorknewyork.com/

 

ストラトスフィアタワー(Stratosphere Tower)

中心部から離れているもののラスベガスを一望できる眺めは最高。輝くベガスの街を眼下に絶叫系のアトラクションが楽しめるのも魅力の場所です。

stratosphere tower
画像出典:https://www.flickr.com/

場所:ストラトスフィアカジノ、ホテル&タワー
料金:大人$20、子供$10
HP:http://www.stratospherehotel.com/

 

ハイ・ローラー(High Roller)

2014年にできた世界最大の観覧車。1周30分。一つのキャビンが最大40人乗りと大きいんです!

high roller
画像出典:https://www.flickr.com/

中にはキャビンの中でバーテンダーがお酒を入れてくれるという、ハッピー・ハーフ・アワーキャビンというものもあります。

場所:LINQホテル&カジノに隣接
料金:$26.95(日中)、$36.95(夜)など
HP:https://www.caesars.com/

 

ショー

ショーの激戦区ラスベガスにおいて、何年もロングランを続ける常設のショーがあります。海外からの観光客が多い場所なので、英語が分からなくても楽しめるショーも多いです。

 

オー(O)

日本でもお馴染みのカナダのサーカス集団、シルク・ドゥ・ソレイユによる水上ショー。ベラージオができた1998年からのロングランを続け、ラスベガスで人気NO.1を誇っています。

O
画像出典:https://www.flickr.com/ 

場所:ベラージオ内Oシアター
営業時間:19:30、22:00(水~日曜)
料金:$109~
年齢制限:5歳未満は入場不可、18歳未満は保護者の同伴が必要
HP:https://www.cirquedusoleil.com/

 

カー(Kà)

オーを越えての巨額投資がされたという、そそり立つ舞台。シルク・ドゥ・ソレイユによるダイナミックでアクロバティックなショー。

Ka
画像出典:https://www.flickr.com/

場所:MGMグランド
時間:19:00、21:30(土~水曜)
料金:$69~(12歳までの子供料金も有)
年齢制限:5歳未満は入場不可、12歳未満は保護者の同伴が必要
HP:https://www.mgmgrand.com/ja/

 

ジュビリー!(Jubilee!)

1981年から続くロングランの、最もラスベガスらしいショーと言われるのがこれ。多くのダンサーが出演し、華やかで、トップレスダンサーも登場する大人のためのレビュー。

Jubilee!
画像出典:https://www.flickr.com/

場所:バリーズ内Jubileeシアター
時間:19:00、21:30(日・火~木曜)、19:00(月)、21:30(土)
料金:60.25~
年齢制限:18歳未満は入場不可
HP: https://www.caesars.com/

 

よく読まれている関連記事はこちら

実際行ってみて

ラスベガスと言ったら、お洒落して、カジノ行って、お酒飲んで、ラグジュアリーなホテルばっかりなんでしょ?と、当初はお金が掛かりすぎるのではと気後れしていました。ですがそんな心配は無用!

常にとは言いませんが、安く泊まれる時期はあり、日本でビジネスホテルに泊まるような金額で、憧れの豪華な部屋に宿泊できてしまいます。

tusucany hotel

実際私が宿泊したのはTuscanyホテル。あまりに安かったのでバルコニー付プールビューにUPグレードして一部屋1泊1万弱(税込み)。バルコニーが無いと5千弱。

いざ街に出てみれば、無料のショーが至るところで行われ、カジノでは1セントからスロットが楽しめます(あまり勝てませんが)。

slot

チャリンチャリンと入れては消えていく不思議。レストランはいろんな種類がひしめき合っていて、どこに行ってもハズレは無く、それほど高くも無い印象です。

アトラクションやショーは、チケット購入サイトや街のチケットセンター、キャンセル待ちなど、格安で手に入れることもできます。つまり、ものすごく手軽に安く楽しめるんです!カジノで使い果たしさえしなければ。

街自体はそれほど広くもないので、1日あればホテルやお店巡りが楽しめます。ショッピング好きだったり、ショーも観たければ1日半~2日ほどを考えておけば良いでしょう。

al capone's car

イタリア系アメリカンマフィアのアル・カポネが所有していたという車も無料展示されていました。

あとは周辺のグランドキャニオンなどで大自然を堪能し、ホテルではプールでまったりラグジュアリー気分。ラスベガスは一度来たら病み付きになる場所です。ぜひ、一度訪れてみてはいかがですか?

よく読まれている関連記事はこちら

 


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

こばち

こばち

幼い頃の夢はジャングルで暮らすことでした。
お金を貯めては旅行へ繰り出すOLでしたが、2009年にオーストラリアへのワーホリに挑戦。
2010年にはニュージーランドにワーホリへ。
旅の途中で訪れた北島の小さな町で、現在のパートナーと出会ったことをきっかけにニュージーランドへの移住を目標として生活する日々が始まります。
現地ではときどきフリーマーケットで自身の写真を販売。
英語はまだまだ勉強中です!

この人が書いた記事

  • ヨセミテ国立公園で観光する人必見なおすすめスポットと四季別楽しみ方

  • ラスベガス街歩き観光のおすすめスポットなら絶対ここ!厳選9選

  • in a car

    グランドキャニオン観光はバスツアーよりもレンタカー!行き方と注意点9つ

  • passport+airplane

    ニュージーランド歴5年の私がおすすめするお得な格安航空券の選び方と注意点

関連記事

  • 効果抜群!セドナで人気のお土産にしたいパワーストーン 厳選3選

  • 【Airbnb】カリフォルニア女子がおすすめ!ロサンゼルスのビーチが見える宿3選

  • セレブスターに会えるかも?ハリウッドの観光名所 厳選7選 

  • シカゴでしか味わえないグルメを満喫!シカゴのおすすめレストラン厳選10選

  • 死ぬまでに観たい!世界の不思議な絶景7選

  • 貰ったら嬉しいカナダ・バンクーバー旅行のお土産 厳選6選