1. TOP
  2. ワシントンDCで絶対に外せないお勧め観光スポット厳選10選

ワシントンDCで絶対に外せないお勧め観光スポット厳選10選

2015/03/26 北米
finger-red【裏ワザ】高額な海外旅行の保険料を無料にする方法→詳しくはコチラ
この記事は約 14 分で読めます。

アメリカの首都、ワシントンDCには観光名所がたくさんあり、美術館や博物館はほとんどが無料なので、観光で訪れるにはもってこいの楽しい街です!でもあまりにも色々あり過ぎてどこに行ったらいいのかわからない、と言う方のために、今回はDC在住の私が厳選した「ワシントンDCで絶対に外せないお勧めの観光スポット10選!」をお伝えしますね。

Sponsored Link

リンカーンメモリアル

リンカーンメモリアルの外観
いつも観光客で賑わうリンカーンメモリアル

アメリカの大統領の中でも今でも国民から圧倒的支持を得ているのが第16代大統領のエブラハム・リンカーンです。

南北戦争終結からわずか5日後の1865年4月14日にフォード劇場で凶弾に倒れたリンカーン大統領の偉業を讃えるために建設が決定したリンカーンメモリアルはギリシャドーリス様式の神殿で、およそ10メートルある36本の柱から成りますが、これはリンカーン大統領が亡くなった時点でのアメリカ合衆国への加盟州が36州だったことにちなんでいます。

またリンカーン大統領は56歳の時に暗殺されたので、階段も56段となっています。

メモリアルの中心となるリンカーン大統領の彫刻自体は高さが5.8メートル、リンカーンが立ち上がると身長が8.5メートルにもなる巨大な像です。

更にリンカーン大統領の手を良く見てみると、左手は手を閉じていて「アブラハム」を表す「A」の文字、右手は広げていて「リンカーン」を示す「L」の文字を手話で示しているとされています。

リンカーンメモリアル

高さが5.8メートルもある巨大なリンカーン像

そのリンカーンを取り囲む北と南の内側の壁にはには2つのリンカーン大統領による宣言が彫られています。南側の内壁面に刻まれているのが有名なゲティスバーグ演説の内容である「人民の人民による人民のための政治(=that government of the people, by the people, for the people)」の文字が刻まれていますので要チェックです!

このメモリアルは様々な演説の舞台に使用されていますが、特に公民権運動が盛り上がる1963年8月28日に、行われたマーティン・ルーサー・キングによる「I Have A Dream」の演説は有名です。キング牧師がその演説を行った場所の足下には記念の文字が彫られているので、よく探してみて下さい♪

リンカーンメモリアルからの眺め

リンカーンメモリアルの目の前にあるリフレクティングプール

ちなみにリンカーンメモリアルの目の前にある「リフレクティングプール」は映画「フォレスト・ガンプ」の中で、トム・ハンクス扮するフォレスト・ガンプが飛び込んだ場所。ロビン・ライト・ペン扮するジェニー・カランとフォレスとガンプがプールの中心で抱き合うシーンは有名です♪本当に眺めのいい場所なので、天気のいい日に是非たくさん記念写真を撮って下さいね。

リンカーンメモリアル
住所:2 15th St. NW Washington, D.C.(15th St. & Madison Dr. NW)
電話:202-426-6841
詳細情報はこちらのリンカーンメモリアルの公式HPから

ベトナム戦争戦没者慰霊碑

ベトナム戦争戦没者メモリアルを訪れる人々
リンカーンメモリアルの階段を降りて来て左手の方に歩いて行くとあるのが「ベトナム戦争戦没者慰霊碑」です。

ベトナム戦争での犠牲者たちを慰霊するために1982年に建設されたのがこの慰霊碑で、長さ151メートルの御影石の壁には犠牲になった男女の名前が年代順に1人ずつ刻まれています。

よく見ると名前の横に「十字架」や「星印」のようなものも刻まれていますが、この「十字架」がついている人は死体が確認されていない人で、星印は死体が確認された人、と言う風に分類されています。

ベトナム戦争戦没者慰霊碑

ベトナム戦争は未だに多くのアメリカ人の心に深い傷跡を残しており、この戦没者慰霊碑 には年間約300万人もの観光客が訪れるアメリカでも最も訪れる人の多い慰霊碑となっています。

ベトナム戦争戦没者慰霊碑3人兵士

ベトナム戦争戦没者慰霊碑にある3人の兵士の像

ベトナム戦争戦没者慰霊碑
住所: 5 Henry Bacon Drive NW, Washington, D.C.(Henry Bacon Drive & Constitution Ave. NW)
電話:202-426-6841

詳細情報はこちらのベトナム戦争戦没者慰霊碑の公式HPより

タイダルベイスン(朝鮮戦争戦没者慰霊碑、キング牧師記念碑、ルーズベルト記念公園、ジェファーソンメモリアル)

タイダルベイスンタイダルベイスン

リンカーンメモリアルからも歩いてすぐの場所にあるタイダルベイスンの岸辺も絶対にはずせないDCの観光スポットです。

ポトマック川の水流を導き、1897年に築かれた半人工的な入り江なのですが、1912年に日本から友好のシンボルとして贈られた桜の木がこのタイダルベイスンの岸辺に植えられていて春になると満開になり、その美しさはため息ものです。この桜の木の開花に合わせて毎年恒例の全米桜祭りが3月下旬から4月上旬にかけて開かれていて大勢の観光客で賑わいます。

ちょうどこのタイダルベイスンの岸辺には色々な観光名所があるので歩いて立ち寄って見て下さい。

位置で言うと以下の感じです。↓
タイダルベイスン付近の観光スポットタイダルベイスン付近の観光スポット

リンカーンメモリアルの階段を降りて、右手の方に行くと朝鮮戦争戦没者慰霊碑があり、また少し歩いて行くと2011年8月に公開されたばかりのマーチン・ルーサー・キング牧師記念碑が。キング牧師像を囲むようにしてある壁には、キング牧師が行ったスピーチなどから14の言葉が刻まれています。

朝鮮戦争戦没者慰霊碑

朝鮮戦争戦没者慰霊碑

キング牧師メモリアル

マーチン・ルーサー・キング牧師記念碑

そしてそこから更に歩いて行くとアメリカを大恐慌から救い、第二次世界大戦を指揮するなど、史上最長の13年間に渡り、アメリカの大統領を務めたフランクリン・D・ルーズベルト大統領の軌跡を銅像や6つの滝、御影石などで4つの「ルーム」に分けて表現しているフランクリン・D・ルーズベルト記念公園があります。

フランクリン・D・ルーズベルト記念公園

フランクリン・D・ルーズベルト記念公園にあるルーズベルト大統領と愛犬の銅像

フランクリン・ルーズベルト記念公園

フランクリン・D・ルーズベルト記念公園は自然も奇麗です。

そしてフランクリン・D・ルーズベルト記念公園からは少し歩きますがタイダルベイスンのほとりにはアメリカ合衆国の第3代トーマス・ジェファーソン大統領を記念して作られたジェファーソンメモリアルもありますので時間のある時にゆっくり歩いて回ってみる事をお勧めします!

ジェファーソンメモリアル外観

ジェファーソンメモリアル

朝鮮戦争戦没者慰霊碑
住所:10 Daniel French Dr, SW, Washington, D.C.(Independence Ave. & Daniel Chester French Dr. SW)
電話:202-426-6841

詳細情報はこちらの朝鮮戦争戦没者慰霊碑の公式HPより

フランクリン・D・ルーズベルト記念公園
住所:400 West Basin Drive SW, Washington, D.C.
(Nearest Intersection: West Basin Drive SW & Ohio Drive. SW)
電話:202-426-6841
詳細情報はこちらのフランクリン・D・ルーズベルト記念公園の公式HPより

キング牧師記念碑
住所:1850 West Basin Drive SW, Washington, D.C. 20024.
(Nearest Intersection: West Basin Drive SW & Independence Ave. SW)
電話:202-426-6841
詳細情報はこちらのキング牧師記念碑の公式HPより

ジェファーソンメモリアル
住所:End of 15th St. and East Basin Dr. SW Washington DC
電話:202-426-6841
詳細情報はこちらのジェファーソンメモリアルの公式HPより

ホワイトハウス

shutterstock_70492273ホワイトハウス

アメリカ合衆国大統領が住み、執務を行う官邸そして公邸の機能を持つのがホワイトハウスで、世界の政治の中心と言っても過言ではありません。

ホワイトハウスの建設が始まったのは初代のジョージワシントン大統領の時で、1800年11月に完成しましたが、ワシントン大統領は前年に既に亡くなっていたため自らがホワイトハウス入りすることはありませんでした。しかし2代目のジョンアダムス大統領から、44代のバラク・オバマ大統領まで歴代の大統領がここに住み続け、数々の歴史的な政治決断が下されて来ました。

1814年8月、独立戦争の終盤ではイギリス軍による焼き討ちにあい、石積みの外壁を残して全てが廃墟となってしまいましたが、その後再建が進み、1817年に完成しました。この時、焼け残った外壁とレンガを白く塗り、再建された建物の壁も白くしたことから、「ホワイトハウス」と呼ばれるようになったとされています。

さて、肝心の観光ツアーですが、春と秋の年に2回だけ、ホワイトハウスが公式に一般人向けに公開する「ローズガーデンツアー」が開催されます。このツアーではローズガーデンやジャクリーンケネディガーデン、南にある芝生部分やミシェルオバマ大統領夫人の菜園などを見学することができます。

May 2, 2014. Official White House Photo by Pete Souzaミシェルオバマ大統領夫人の菜園を案内するオバマ大統領とメルケル独首相(Official White House Photo by Pete Souza)

チケットは15th and E StreetsにあるEllipse Visitor Pavilionに行けば、国立公園局の担当官が無料で配布しています。早い者勝ちなので、お見逃しなく!ローズガーデンツアーの情報はこまめにホワイトハウスの公式HPをチェックしていると分かります。

私も何度か参加しましたが、比較的簡単にチケットが手に入りました。いつ開催するかを把握さえできれば、参加するのはそんなに難しくないのでお勧めです。

レッドルーム

ホワイトハウスの中のレッドルーム

現在、ホワイトハウス内部の見学は一般向けには行われていないのですが、コネがあれば可能で、図書室バーミィルームチャイナルーム外交官応接室イーストルームグリーンルームブルールームレッドルームなど一通り中の部屋を見学することができます。

ホワイトハウス全面の写真が奇麗に撮影できるのでペンシルバニア通り沿いからは柵越しに写真を撮る観光客があとを立ちませんが、2014年10月にこの柵を乗り越えて、ホワイトハウスの中に入るというトンデモ事件が起きたのを受け、現在は柵のそのまた一歩手前にもう1つ柵が設置されてしまいちょっと残念です。でも、DCに来たら必ず立ち寄った方がいいお勧めスポットです。

近くにホワイトハウスのギフトショップもあるのでそこもお見逃しなく!

ホワイトハウス
住所:1600 Pennsylvania Ave NW, Washington, D.C. 20500
電話:202-456-1111
詳細情報はホワイトハウスの公式HPより

ワシントン記念塔

ワシントン記念塔ワシントン記念塔

1776年の独立戦争の時にアメリカ軍を率いてイギリス軍との戦いを勝利へと導いたアメリカ初代大統領のジョージ・ワシントン大統領の功績を称えて建造された巨大な白色のオベリスクで、ワシントンDCのシンボル的存在です。

1848年に建設が始まりまたが、南北戦争や資金不足などから工事は一時中断するなどし、完成したのは1884年のことでした。

高さは約169メートル(555フィート)で大理石、花崗岩、砂岩など国産の石約3万6千個で出来ていますが、よく見ると地上から約46メートル、3分の1ほどの位置のところまでの大理石の色の明るさと、その上の大理石との色が違うのが見て取れます。これは工事が一時中断していたことを示すものです。

1889年にフランスのパリにエッフェル塔が完成するまで世界で最も高い建築物でした。

2011年8月23日にアメリカ東部でマグニチュード5.9の地震が発生し最上部に約10cmのヒビが入ったり、内部に深刻な破損が発生したため立ち入りが禁止され、2年8ヶ月かけて改修作業が行われていました。改修が終わり2014年5月12日に再び一般公開が始まりました。

ワシントン記念塔の受付が15ストリート添いにあり、毎朝8時半からその日の無料チケットを配布しています。早く来た人順なので、予約がない時はすこし早起きしてチケットをもらいに行きましょう!1人あたり6枚までチケットを受け取ることができます。しかし観光のピークシーズンにはチケットもすぐになくなってしまうので、心配な方は1枚あたり1ドル50セントの手数料は取られますがオンラインで事前にチケットを予約してから行くのが懸命です。

チケットのオンライン予約はこちらから。

ワシントン記念館

住所:Constitution Ave. at 15th St. NW Washington DC
電話:202-426-6841
詳細情報はワシントン記念館の公式HPより

 

ナショナルギャラリー(国立絵画館)

ナショナルギャラリー正面ナショナルギャラリー(国立絵画館)

ナショナルギャラリーはピッツバーグ出身の金融業者で美術品の収集家、そして3代に渡る大統領の下で財務長官を務めたアンドリュー・W・メロン氏からの寄贈を受け1941年3月17日にオープンしました。

その後、世界中の多くの個人の美術品収集から美術品が寄贈されるようになり、13世紀から現代までの絵画や彫刻など西洋美術を中心としたコレクションの総数はおよそ12万点にものぼり、その数は個人からの寄贈などで毎年増え続けていると言います。この作品群を無料で楽しめるのだから驚きです!

 

ナショナルギャラリーのハイライトはイタリア国外では最高と言われるイタリア美術です。中でもヨーロッパ以外で見ることのできる唯一のレオナルド・ダ・ビンチの絵画ジネブラ・デ・ベンチの肖像は必見です!この絵画には裏面もあるので、裏に回ってじっくり見て下さい。

ジネブラ・デ・ベンチの肖像レオナルド・ダ・ビンチの絵画ジネブラ・デ・ベンチの肖像

このほか
ボッティチェリ「若者の肖像」
ラファエロ「アルバの聖母子」
フェッティ「ベロニカのベール」
フラゴナール「本を読む少女」
モネ「ルーアン大聖堂」「パラソルと女性ーモネ夫人と息子」
ゴーギャン「ファタタ・ミティ」
ルノワール「オデリスク」「じょうろを持つ少女」
ゴッホ「ラ・ムスメ」「自画像」

など数えきれない程、見所満載です。

モネのパラソルと女性モネの「パラソルと女性ーモネ夫人と息子」

ゴッホの「自画像」ゴッホの「自画像」

 

ルノワールの絵を摸写する女性ルノワールの絵画を摸写する女性。絵のごく近くまで寄れてとっても自由な雰囲気です。

ナショナルギャラリーをたっぷり堪能した後は、是非ミュージアムショップに寄ってみて下さい!西館1階とその下のレベルのコンコースに2つありますよ!

ちなみに館内にカフェもいくつかあるので、観光に疲れた時には立ち寄って見て下さいね。

ナショナルギャラリー
住所:6th and Constitution Ave NW, Washington, DC 20565
電話:202-737-4215
詳細情報はこちらのナショナルギャラリーの公式HPより

 

よく読まれている関連記事はこちら

国立航空宇宙博物館

国立航空宇宙博物館の外観アメリカ全土で一番人気のある博物館の国立航空博物館

国立航空宇宙博物館はワシントンDCにある19のスミソニアン博物館の中でも最も大きく、ダレス空港近くにある別館と合わせると、年間800万人もの観光客が訪れるアメリカでは一番人気のある博物館です。

所蔵数はマイクロチップのような小さなものから、大型の戦闘機まで計6万点もあり、21の展示ギャラリーに分かれているほか、プラネタリウムやIMAXシアターも完備しています。

入り口を入ってすぐに目に入るのがマイルストン・オブ・フライト(飛行の一里塚)と名付けられた展示場です。

アポロ11号アポロ11号

ここには1969年7月20日にアポロ11号で月まで到達したその時の司令船のアポロ11号コマンド・モジュール・コロンビアが展示されています。

また1927年5月にプロペラ機でニューヨーク・パリ間を飛び、大西洋単独無着陸飛行に初めて成功したチャールズリンドバーグが乗り込んだスピリット・オブ・セントルイスも同じ展示場内にありますよ。

スピリットオブセントルイスチャールズリンドバーグが乗り込んだスピリット・オブ・セントルイス

更に国立航空宇宙博物館でも見逃せないのが月の石です。2階にある「アポロ号、月へ」の展示場の入り口近くに展示されていますがあまり目立たないので気付かずに通り過ぎてしまう可能性も。誰でも触れるようになっています。めったに触れないものなのでお見逃しなく!。

また第二次世界大戦に参戦した各国のエース級戦闘機が展示されている第二次世界大戦機の航空機の展示場には、日本が生み出した名戦闘機の零戦 Mitsubishi A6M Zeroも展示されていますよ。

日本のゼロ戦日本のゼロ戦も展示されています。

この他にも見所満載です。Imaxシアターなども到着したらまず時間をチェックして見て下さいね。3Dを大画面で鑑賞出来てお勧めです!

国立航空宇宙博物館
住所:Independence Ave at 6th St, SW Washington, DC 20560
電話:202-633-2214
詳細はこちらの国立航空宇宙博物館の公式HPより

===
いかがでしたでしょうか?ワシントンDCは本当にたくさんの観光スポットがありますが、今回は本当に代表的なものだけを厳選しました。ナショナルギャラリーや航空博物館などはじっくり見ようと思うとそれだけで1日かかってしまうので、是非ゆっくり観光して下さいね。

 

よく読まれている関連記事はこちら


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

ワシントンDCライフスタイル

ワシントンDCライフスタイル

大手メディアで長年記者として様々な記事を書いて来ました。ワシントンDCに住むのは2回目ですが、自然が奇麗で住み心地がいいのでとても気に入っています。旅行や美味しいものを食べるのが大好きです♪

ワインエキスパートでもあるのですが、DC 近郊、特にバージニア州には
250ものワイナリーがあるのでワイナリー巡りも趣味の1つです。

この人が書いた記事

  • 観光客に大人気!ワシントンDCらしいおすすめなお土産 厳選7選

  • ワシントンDC6年目の私がお勧めする最高級ホテル 厳選7選

  • ワシントンDCで絶対に外せないお勧め観光スポット厳選10選

  • ワシントンDC観光客にお勧め!大統領も訪れるグルメレストラン厳選5選

関連記事

  • ラスベガスでカジノ?初心者でも簡単なルールとおすすめカジノ&ホテル10選徹底紹介!

  • シカゴで食べたいボリュームがアメリカンなレストラン厳選10選

  • 【アメリカ西海岸】初めて行く旅行にオススメな観光都市厳選3カ所

  • ワシントンDC観光客にお勧め!大統領も訪れるグルメレストラン厳選5選

  • セドナ一人旅を満喫するための確認事項5つを現地ツアーガイドが紹介

  • ハーバービューは必須!ボストン観光を魅力的にするおすすめホテル 厳選10選