1. TOP
  2. オーストラリア旅行で訪れたい!おすすめ観光地を全土から厳選50選

オーストラリア旅行で訪れたい!おすすめ観光地を全土から厳選50選

オーストラリアは日本の21倍の国土面積の非常に大きな国。日本と緯度がそれほど違うわけではないので時差も少なく、旅行者にも人気があります。

オーストラリア観光の魅力は広大な自然と西洋風の建築、最近はワイナリーなども観光地として人気があります。そんなオーストラリア全土でも特に人気のある観光スポットを50カ所、厳選してお伝えしていきます。

Sponsored Link

もくじ

50 アルパイン国立公園

ausgensen1
画像出典:http://www.visitmelbourne.com

オーストラリアのスキーの名所として知られるビクトリアンアルプス。その中心地ともなっているのがアルパイン国立公園で、クロスカントリー専用のスキー場を含めて全部で5カ所のスキー場を擁しています。

非常に広大なスキー場ですので、全部くまなく楽しもうと思うと1週間は必要となります。長めの休みを取ってスキーとウィンタースポーツ三昧の毎日を送るにはぴったりの場所です。

 

施設名:アルパイン国立公園
英名:Alpine National Park
住所:Alpine National Park
URL:http://parkweb.vic.gov.au/explore/parks/alpine-national-park

 

49 グレネルグ

ausgensen2
画像出典:https://commons.wikimedia.org

グレネルグはオーストラリアを代表する文化・芸術の街であるアデレードに位置する街。トラムで街を巡るも良し、繁華街のレストランで食事をするも良し、さまざまな楽しみのある街です。

ですが一番の見どころは何と言ってもサンセット。グレネルグに面したセント・ヴィンセント湾に沈むオレンジの夕陽は沈みきるまで眺めていたいほどの美しさです。

 

施設名:グレネルグ
英名:Glenelg
住所:Glenelg SA 5045 オーストラリア
URL:http://glenelgsa.com.au/

 

48 ロイヤル ボタニックガーデン&ドメイン

ausgensen51
画像出典:http://eastsidefm.org

オーストラリアの経済・ビジネスの中心地と言えばシドニー。整えられた環境で自然や動物を楽しめるのもシドニーならではの魅力です。

ロイヤル ボタニックガーデン&ドメインはシドニーの街中に現れる巨大な植物園。美しく整えられた庭園を眺められるだけではなく野鳥がたくさんいるので、バードウォッチングするにも最適な場所と言えるでしょう。

 

施設名:ロイヤル ボタニックガーデン&ドメイン
英名:Royal Botanic Gardens and the Domain
住所:Mrs Macquaries Road, Sydney, New South Wales, 2000

 

47 マウントエインズリー 展望台

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
画像出典:http://mildenhall.moadoph.gov.au

マウントエインズリー 展望台はオーストラリアの首都であるキャンベラを一望できる展望台です。キャンベラは20世紀に入ってから計画的に作られた都市ということで、上から見ると秩序だった街並みを眺められるのが特徴です。

展望台とは言っても公園に近く、ピクニックするにもおすすめの場所。このマウントエインズリー 展望台から少し下りると戦争博物館があるので、一緒に観光するのも良いでしょう。

 

施設名:マウントエインズリー 展望台
英名:Mount Ainslie Lookout
住所:Mount Ainslie Drive, Canberra, ACT, 2602

 

46 メルボルン博物館

ausgensen5
画像出典:http://www.radiomuseum.org

メルボルン博物館は南半球では最大級の博物館で、オーストラリアの自然を感じられるようなダイナミックな展示が特徴です。スペースも大きく、しっかり見て回るなら半日は必要な場所。

学術的な展示ではありますが、視覚的なインパクトが強い展示も多く、お子さんと一緒に行っても十分楽しめます。施設もどちらかと言えば新しく、清潔です。

 

施設名:メルボルン博物館
英名:Melbourne Museum
住所:11 Nicholson Street, Carlton Gardens, Victoria, Australia
URL:http://museumvictoria.com.au/melbournemuseum/

 

45 グランピアンズ国立公園

ausgensen6
画像出典:http://www.magictours.com.au

オーストラリアの広大さを感じるのにおすすめのスポットの1つがグランピアンズ国立公園。広さは何と17万ヘクタールで、さまざまな見どころが散らばっているので歩きやすい服装と靴は必須です。

特に人気が高いのは恐竜の横顔のように見えるバルコニーズ・ウォークや階段上の滝であるマッケンジー・フォールズなど。拠点となるホールズ・ギャップ周辺にもたくさんの野生動物がいます。

 

施設名:グランピアンズ国立公園
英名:Grampians National Park
住所:Grampians National Park

 

44 ラミントン国立公園

ausgensen7
画像出典:http://pretraveller.com

ラミントン国立公園は1994年にユネスコ世界遺産に拡大登録された国立公園で、公園内は非常に広いので、レンタカーを借りて回るのがおすすめ。公園付近のホテルに宿泊して、ゆっくり観光するプランが良いでしょう。

公園内、周辺ホテルでは野鳥やアルパカとの触れ合いが楽しめるほか、亜熱帯雨林を上から眺められるツリー・トップ・ウォークも人気の観光プランとなっています。

 

施設名:ラミントン国立公園
英名:Lamington National Park
住所:Lamington National Park
URL:http://www.oreillys.com.au/experiences/lamington-national-park

 

43 ブロックアーケード

ausgensen8
画像出典:https://rexwh.wordpress.com

オーストラリアは上述したような自然観光の場が非常に多いですが、メルボルンはヨーロッパの伝統を感じさせる街並みと建物が特徴。ブロックアーケードはそんなメルボルンの中心にあるアーケードです。

アールヌーボー調の装飾が華やかなアーケードの下にはお土産屋さんやケーキ屋さん、チョコレート屋さんがあり、歩いているとちょっとしたおやつを食べたくなってしまう場所です。

 

施設名:ブロックアーケード
英名:Block Arcade
住所:282 Collins Street, Melbourne VIC 3000
URL:http://theblock.com.au/

 

42 カタラクト渓谷

ausgensen9
画像出典:http://www.launcestoncataractgorge.com.au

オーストラリア南東部の街であるローンセストンは落ち着いた田園風景が魅力的で、ローンセストンで一番人気の観光地・カタラクト渓谷も落ち着いた雰囲気が特徴です。

ウォーキングコースがあるので本格的な装備ではなくハイキング感覚で遊べるのも魅力ですし、ワラビーなどかわいらしい動物に出会えることも。澄んだ水の流れを見ながら、存分に癒やされてくださいね。

 

施設名:カタラクト渓谷
英名:Cataract Gorge
住所:Cataract Gorge, Launceston, TAS

 

41 バロン滝

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
画像出典:http://danny.oz.au

バロン滝はキュランダという小さな村にある滝で、キュランダ観光鉄道のバロン滝駅を降りるとすぐに展望台に行けるので鉄道利用がおすすめ。ただ、多少歩きますがレンタカーやロープウェイでもアクセス可能です。

長さ265mにも及ぶ巨大な滝を展望台から見ると、圧巻!の一言。ごつごつしていて野性的な雰囲気のある滝です。

 

施設名:バロン滝
英名:Barron Falls
住所:Barron Gorge National Park, Kuranda, Queensland, Australia
アクセス:スカイレール、キュランダ鉄道、車等でアプローチできる

 

40 ウロンゴン・ノースビーチ

ausgensen11
画像出典:http://www.weekendnotes.com

シドニーから電車で2時間程度の場所にあるウロンゴンは世界的にはそれほど有名ではありませんが、オーストラリア人が休暇の際によく訪れる街です。

ウロンゴン・ノースビーチはウロンゴン駅から歩いてアクセスすることが可能な静かなビーチで、波も穏やかなのでのんびり散歩したり近くのレストランでただ海を眺めて過ごしたい方にぴったり。

 

施設名:ウロンゴン・ノースビーチ
英名: Wollongong North Beach Precinct
住所:North Beach Precinct Cliff Road Wollongong, NSW 2500

 

39 カトゥーンバ滝

ausgensen12
画像出典:http://candalia.com

カトゥーンバ滝は100万ヘクタールに及ぶ自然遺産『ブルー・マウンテンズ』の観光地の1つで、ブッシュウォーキングコースのポイントとして、あるいはシーニックワールドなどからも見ることができます。

上から見ると岩肌を滑り落ちるように水が流れていくのが特徴的で、せり出した岩が芸術的な風合いをも持っています。近くで見るとより自然の神秘さや偉大さを感じられるので、ぜひ歩いてアタックしてみてください。

 

施設名:カトゥーンバ滝
英名:Katoomba Falls
住所:Katoomba NSW 2780
URL:http://www.bmtp.com.au/katoomba-falls.html

 

38 ジャイアント ステアウェイ

ausgensen13
画像出典:http://www.panoramio.com

上述の『ブルー・マウンテンズ』一番の見どころと言われているのがアボリジニの伝説にも出てくるスリーシスターズという3つの奇岩。そこにアクセスする方法の1つがジャイアント ステアウェイです。

このジャイアント ステアウェイ、階段なのですが高低差は300m、段数は全部で800段もあります。脚力は必要となりますが、その分周辺の木々の葉擦れの音に癒やされたり、スリーシスターズに到着したときの達成感も得られます。

 

施設名:ジャイアント ステアウェイ
英名:The Giant Stairway
住所:Katoomba NSW 2780
URL:http://www.atlasobscura.com/places/the-giant-stairway

 

37 マンリービーチ

ausgensen14
画像出典:http://www.sydney.visitorsbureau.com.au

シドニー市内からフェリーで30分というアクセスの良さで人気があるマンリービーチ。シーズンによってはサーファーが集まるビーチでもあります。

週末にマンリービーチに行くと、フェリーからビーチまでのメイン通り周辺でフリーマーケット、アート展示が行われているのでぜひどうぞ。波の状態によって遊泳禁止になることもあるので、注意してください。

 

施設名:マンリービーチ
英名:Manly Beach
住所:Manly Beach Australia

 

36 コテスロー ビーチ

ausgensen15
画像出典:https://quiltstodyefor.wordpress.com

コテスロー ビーチはパースにある家族向けのビーチで、波が低いことから小さなお子さんでも楽しめるのが最大の魅力。砂浜のすぐそばに芝生があるので、お弁当を広げながらのんびり過ごすのもよいですね。

昼は昼で美しいコテスロー ビーチですが、地元の方の間では夕陽の名所として知られています。インド洋に沈む燃えるような夕陽を見たい方におすすめです。

 

施設名:コテスロー ビーチ
英名:Cottesloe beach
住所:Marine Parade, Cottesloe, 6011

 

35 タスマニアンデビル保護パーク

ausgensen16
画像出典:http://www.tailoredtasmania.com

ずんぐりむっくりの体型がぬいぐるみのような親近感を覚えさせてくれるタスマニアンデビル。見た目は可愛いのですが気性は荒く、鳴き声が悪魔のようだということからこの名前となりました。

絶滅が危惧されているタスマニアンデビルを保護しているのが、ホバートのタスマニアンデビル保護パーク。餌付けショーもありますし、ほかの動物も保護・展示されています。

 

施設名:タスマニアンデビル保護パーク
英名:Tasmanian Devil Conservation Park
住所:5990 Point Arthur Highway, Taranna, TAS 7180
URL:http://www.tasmaniandevilpark.com/

 

34 ペンギン観測センター

ausgensen17
画像出典:http://www.wellersinn.com.au

タスマニアのデボンポートにあるペンギン観測センターは、日本人にはまだあまり知られていない観光地。地元の方々はペンギン観測をするときにはここを訪れるそうです。

施設自体は小さいのですが、無料で世界最小のコガタペンギン(フェアリーペンギン)を見られるのが最大の魅力。ペンギン観測は夜が適してるので、近くに宿を取るのもよいでしょう。

 

施設名:ペンギン観測センター
英名:Little Penguin Observation Centre
住所:Pasonage Point, West Beach, Burnie, 7320 Tasmania
URL:http://www.discoverburnie.net/what-to-see/penguins.html
営業時間:11月~4月
休業日:5月~10月

 

33 ナンバン国立公園 (ピナクルス)

ausgensen18
画像出典:http://davidenoz.fr

ナンバン国立公園のピナクルス(奇岩群)は通称『荒野の墓標』とも呼ばれており、名前だけ聞くとどれだけ退廃的な景色だろうと思うかもしれません。

実際に見てみると乾いた砂の上に奇岩が突き出るように点在しており、同じ地球にあるとは思えないような不思議な光景です。

パースからは245kmもの距離がありますので、運転に自信のない方はナンバン国立公園を含んだいくつかの名所を回るパース発のツアーに申し込むのが良いでしょう。

 

施設名:ナンバン国立公園 (ピナクルス)
英名:Nambung National Park (The Pinnacles)
住所:Nambung National Park, Western Australia
URL:http://parks.dpaw.wa.gov.au/park/nambung

 

32 ホエールウォッチング(ゴールドコースト)

ausgensen19
画像出典:http://www.spiritwhalewatching.com.au

オーストラリアに行ったらぜひ楽しみたいのがホエールウォッチング。オーストラリア周辺の海では5月から11月の間にホエールウォッチングを楽しめます。

ゴールドコーストのホエールウォッチングはホテル手配や飲み物つきなどサービスが充実しているツアーが多め。船の規模によっては揺れを大きく感じることもあるので、普段はあまり船酔いしない方も一応酔い止めを持っておきましょう。

 

施設名:ホエールウォッチング(ゴールドコースト)
英名:Whale Watching
住所:Level 1, Olympia Court 3059 Surfers Paradise Blvd Surfers Paradise QLD 4217

 

31 セントパトリックス大聖堂

ausgensen20
画像出典:http://fineartamerica.com

セントパトリックス大聖堂は計画から建築完了まで91年もの歳月を費やしたオーストラリア最大のゴシック建築の宗教建築物です。

高さのある尖塔がひときわ存在感を放っており、遠くからでもすぐにセントパトリックス大聖堂を見分けることができます。

オーストラリアカトリックの総本山ということもあって厳粛かつ荘厳な雰囲気が魅力的。内部のイエローをベースにしたステンドグラスにも注目してみてください。

 

施設名:セントパトリックス大聖堂
英名:St Patricks Cathedral
住所:Cnr. Gisborne St. & Cathedral Pl., East Melbourne VIC 3002

 

30 シドニー タワー アイ & スカイウォーク

SKYWALK
画像出典:http://www.gizmodo.com.au

オーストラリアで最も高い建造物がシドニー タワー。そしてこのタワーでは頂上からシドニーの街並みを眺めるシドニー タワー アイ & スカイウォークという体験が可能となっています。

地上250mから見るシドニーの街並みは美しく、天気が良ければ80km先まで見える眺望の良さも魅力。スカイウォークは大体1時間半程度ですべての行程が終了します。

 

施設名:シドニー タワー アイ & スカイウォーク
英名:The Sydney Tower Eye & SkyWalk
住所:Westfield Centre, 100 Market Street, Sydney NSW 2000
URL:http://www.sydneytowereye.com.au/
営業時間:9:00AM~10:30PM
休業日:無休

 

よく読まれている関連記事はこちら

29 クイーンビクトリア・マーケット

ausgensen22
画像出典:https://commons.wikimedia.org

自然が豊富なオーストラリアは当然食材も豊富。クイーンビクトリア・マーケットは1878年に創業された南半球最大の屋外市場です。衣料品や土産物などもありますが、やはり中心は野菜や魚介類。

新鮮な野菜やフルーツを買って、ホテルでサラダにして食べたりするのもよいかもしれません。また、マーケット内にフードコートがあるので、その場で食べることも可能です。

 

施設名:クイーンビクトリア・マーケット
英名:Queen Victoria Market
住所:Cnr. Elizabeth & Victoria Sts., Melbourne, VIC 3000

 

28 カカドゥ国立公園

ausgensen23
画像出典:http://impressivemagazine.com

カカドゥ国立公園は4万年以上前から人が住んでいた形跡がある場所で、アボリジニがこの場所に3000以上の壁画を残しています。非常に大きな公園ですので、ガイド付きのツアーの方が安心です。

赤土の焼けるような色合いとごつごつした岩肌の雄々しさを堪能できるだけではなく、野生のクロコダイルを見られるチャンスも!
観光ポイントが広い公園内に散らばっているので、体力に自信のある方向けの観光地とも言えます。

 

施設名:カカドゥ国立公園
英名:Kakadu National Park
住所:Kakadu Hwy, Jabiru NT 0886 Australia

 

27 ジェノランケーブ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
画像出典:https://en.wikipedia.org

オーストラリアの世界遺産の中でも人気が高いブルーマウンテンズに位置する世界最古の鍾乳洞が、ジェノランケーブです。洞窟内は自由に見回ることは不可能で、洞窟ツアーにガイドとともに行くことになります。

特に人気があるのはオリエントケーブで、ダイナミックかつさまざまな表情を見せてくれる洞窟には圧倒されること間違いなしです。

 

施設名:ジェノランケーブ
英名:Jenolan Caves
住所:Jenolan Caves Road, Jenolan Caves, New South Wales, 2790
URL:http://www.jenolancaves.org.au/

 

26 夜行性動物探検ツアー

ausgensen25
画像出典:http://www.weekendnotes.com

オーストラリアを代表する動物と言えばやはりコアラとカンガルー。コアラやカンガルーを始め、ワラビーなども含めてオーストラリアには夜行性の動物が多く、昼間に行くと寝ている姿しか見られないということもあります。

そんなときは、夜行性動物探検ツアーに出かけてみてください。野生動物が相手なので見られる動物は多少運任せにはなってしまいますが、ラッキーな方はカモノハシを見たりもするそうです。

 

施設名:夜行性動物探検ツアー
英名:Wild Animal Watching Tour
住所:Suite 21, 12-14 Lake St., Cairns 4870
URL:http://www.dokidokitours.com/
営業時間:毎日 14:00~21:00
予算:大人 $150 子ども $90 家族 $390

 

25 ミコマスケイ

ausgensen26
画像出典:http://www.thetourspecialists.com.au

ミコマスケイはサンゴ礁でできた白砂の島で、グレートバリアリーフのうちの1つでもありますミコマスケイの最大の特徴は、何と言っても鳥が多いこと。鳥の群れの中に人間が入っていくような雰囲気すらあります。

さて、そんなミコマスケイで何をするかというと野鳥観察はもちろん、シュノーケリングやダイビングを楽しむ方が多めです。
初心者向けのマリンアクティビティツアーも豊富なので、今までシュノーケリングなどをしたことがない方でも楽しめますよ。

 

施設名:ミコマスケイ
英名:Michaelmas Cay
住所:Michaelmas Cay 4871, Australia

 

24 フランクランド島

ausgensen27
画像出典:http://blog.queensland.com

上述のミコマスケイと同じようにケアンズからのツアーで訪れることができるフランクランド島。7月から9月にはクジラ、ジュゴンに出会えるチャンスもある島です。

無人島ということでどことなく静かで落ち着いた雰囲気があり、ゆったりとした時間の流れに癒やされる方も多いはず。海や空をただ眺めるだけの観光も良いかもしれません。

 

施設名:フランクランド島
英名:Frankland Islands
住所:frankland islands Australia

 

23 バイロン ベイ

ausgensen28
画像出典:http://larissadeningphotography.com.au

バイロン ベイはオーストラリア大陸最東端にあるビーチタウン。バイロン ベイも含むゴールドコースト自体が観光地・保養地として人気で、バイロン ベイにも多くの方が訪れています。

マリンアクティビティを楽しむならサーフィンがおすすめ。バイロン ベイの波はやや高めで、地元のサーファーもよく訪れるんです。
海は見るだけでも十分、という方には周辺でのショッピングがおすすめです。

 

施設名:バイロン ベイ
英名:Byron Bay
住所:Byron Bay NSW Australia

 

22 ヤラバレーワイナリーツアー

ausgensen29
画像出典:http://www.grayline.com

オーストラリア料理にはワインが欠かせないと言われるほど、オーストラリア人にとってワインは身近なもの。最近ではワイン観光も盛んで、ヤラバレーワイナリーツアーもそんなワイン観光の1つです。

爽やかな雰囲気が漂うブドウ畑を見ながら、国際的にも評価の高い赤ワインを1杯。優雅な大人の休日を過ごすのにぴったりですね。

 

施設名:ヤラバレーワイナリーツアー
英名:Yarra Valley Winery Tours
住所:The Old Courthouse, Harker St., Healesville, VIC 3777

 

21 モンガ-湖

ausgensen30
画像出典:http://www.shutterstock.com

モンガ-湖はパースから車で10分という立地の良さが特徴の観光地です。湖の穏やかな様子を風に吹かれながら見るのも良いですが、何と言ってもぜひ見ておきたいのはブラックスワン。

パース州の州鳥でもあるブラックスワンはどことなく妖艶で、引き込まれてしまう魅力があります。人慣れしていて、かなり近くでの観察も可能です。

 

施設名:モンガ-湖
英名:Lake Monger
住所:Lake Monger, Perth, Western Australia, Australia

 

20 フェザーデール ワイルドパーク

ausgensen31
画像出典:http://www.entouriste.com

オーストラリアで動物と触れ合ってみたい方におすすめなのがフェザーデール ワイルドパーク。定番のコアラとの記念撮影が無料ということで、世界中から来る観光客に人気のパークです。

また、空港などで手に入るシドニー観光ガイドに割引券がついていることもありお得感満載です。餌やりエリア、ふれあいエリアでオーストラリアの動物に思う存分癒やされましょう。

 

施設名:フェザーデール ワイルドパーク
英名:Featherdale Wildlife Park
住所:217 Kildare Road, Doonside NSW 2767
URL:http://www.featherdale.com.au/

 

19 タロンガ動物園

ausgensen32
画像出典:http://trevorstravels.com

タロンガ動物園はカモノハシやコアラを始めとしたオーストラリア固有種からキリン、アザラシに至るまで400種もの動物を飼育展示しているシドニーの動物園。

園内ではさまざまな催し物が行われていますが、特に人気が高いのはバードショー。色鮮やかなの鳥たちが悠々と動く様子は、日本ではまず見られません。園内はアップダウンがあるので、スニーカー必須です。

 

施設名:タロンガ動物園
英名:Taronga Zoo
住所:Bradleys Head Road, Mosman, NSW 2088

 

18 フィッツロイガーデン

ausgensen33
画像出典:http://etetet.deviantart.com

メルボルン市民の憩いの場となっているのが総面積26ヘクタールもの広さを持つフィッツロイガーデンです。公園内にはキャプテン・ジェームス・クックの家やフェアリーズ・ツリーなど整備された観光地もあります。

そして何よりフィッツロイガーデンの最大の魅力は、開放感溢れる雰囲気。周囲に高層ビルがあるとは思えないほど静かでのびのびとしており、リラックスするのにぴったりです。

 

施設名:フィッツロイガーデン
英名:Fitzroy Gardens
住所: 230 Wellington Parade, East Melbourne VIC 3002 オーストラリア

 

17 エスプラネード

ausgensen34
画像出典:http://www.cairnsattractions.com.au

エスプラネードはケアンズ市議会やオーストラリア政府が10年以上の時間をかけて作り上げた人工のラグーンです。砂浜のあるプールを中心としてピクニックエリアやバーベキューエリアもあり、楽しみ方の幅が広いのが特徴と言えるでしょう。

また、ケアンズを訪れた旅行者にはエスプラネードから続いているボードウォークでウォーキングやジョギングを楽しむ方も多いです。

 

施設名:エスプラネード
英名:The Esplanade
住所:Esplanade, Cairns QLD 4870

 

16 世界遺産土ボタルツアー

ausgensen35
画像出典:http://goldcoastaustraliatours.com.au

日本のホタルが放つ光はどちらかと言えば緑色に近いですが、こちらオーストラリアの土ボタルは青白い光が特徴。世界遺産土ボタルツアーに参加することで、洞窟をプラネタリウムに変えてしまう土ボタルの魅力を存分に味わえます。

幻想的かつ神秘的、静寂の中で土ボタルが放つ光を見る経験は一生忘れられない思い出になること間違いなし。新婚旅行で行くのもおすすめですよ。

 

施設名:世界遺産土ボタルツアー
英名:World Heritage Glow Worm Tour
住所:16 Barnett Place,Molendinar, Gold Coast, 4214 Queensland

 

15 シドニー フィッシュマーケット

ausgensen36
画像出典:http://sydneyfoodlovers.com.au

シドニー フィッシュマーケットは世界でも5本の指に入る水揚げ高を誇る市場を観光地化した場所。こじんまりとしたレストランエリアでお手頃価格のシーフードを思う存分満喫できるという、食事を旅行の楽しみにしている方にはたまらない観光地でもあります。

一番人気はカキとエビで、どちらも素材のうまみをそのまま感じられること間違いなし。閉店は早めなので、ブランチかランチにおすすめです。

 

施設名:シドニー フィッシュマーケット
英名:Sydney Fish Market
住所:Blackwattle Bay, Corner Pyrmont Bridge Road and Bank Street, Sydney, New South Wales, 2009

 

14 レインフォレステーション ネイチャー パーク

ausgensen37
画像出典:http://www.rainforest.com.au

レインフォレステーション ネイチャー パークはキュランダにあるテーマパークで、キュランダの熱帯雨林の様子とアボリジニの暮らしに興味のある方には特におすすめの観光地。

コアラ、タスマニアンデビル、カンガルーなどの動物に出会える他、アボリジニ・ダンスショーを見ることも可能。水陸両用車でダイナミックな観光を楽しんでください。

 

施設名:レインフォレステーション ネイチャー パーク
英名:Rainforestation Nature Park
住所:Kennedy Higway, Kuranda QLD 4881
URL:http://www.rainforest.com.au/jpn/index.htm

 

13 シェル ビーチ

ausgensen38
画像出典:http://www.funnybreed.com

オーストラリアは海がきれいという印象がある方も多いと思います。その中でも一風変わったビーチが、シャークベイにあるシェル ビーチ。何とこのビーチ、砂に当たる部分が貝殻でできたビーチです。

現在貝殻の深さは10m近く、長さは110kmにもわたって続いており壮大な眺めも見ごたえの1つとなっています。歩くと痛いので、ビーチサンダルよりは靴で行くのがおすすめ。

 

施設名:シェル ビーチ
英名:Shell Beach
住所:Shell Beach Conservation Park WA, Australia

 

12 キングスパーク

ausgensen39
画像出典:http://www.spiritland.net

『世界で一番美しい街』とも言われるパースの街並みを存分に楽しみたいならキングスパークへ行ってみましょう。404ヘクタールの土地にサイクリングコースからお土産屋さんまで、さまざまなスポットがある公園です。

天気の良い日にカフェで冷たいジュースを飲みながら街を一望すると、気持ちが晴れやかになります。また、9月から10月の1か月間はワイルドフラワーフェスティバルが開かれているので、ガーデニングや植物に興味のある方も楽しめます。

 

施設名:キングスパーク
英名:Kings Park
住所:Perth WA 6005
URL:http://www.bgpa.wa.gov.au/kings-park

 

11 セントメアリー大聖堂

ausgensen40
画像出典:http://www.victorianweb.org

セントメアリー大聖堂はシドニーを代表する大聖堂で、シドニー旅行をするなら必ず行っておきたい観光スポットでもあります。中心部から近くアクセスも良好、ハイドパークに隣接しているので一緒に観光するのも良いでしょう。

大聖堂のステンドグラスは非常に繊細で、光が当たるたびに表情を変える様子が見ていて感動するほどです。ただし、結婚式が行われているときは入れないので注意してください。

 

施設名:セントメアリー大聖堂
英名:St Mary’s Cathedral
住所:St. Marys Road, Sydney NSW 2000
URL:http://www.stmaryscathedral.org.au/
営業時間:8.30am to 5pm Monday to Friday

 

よく読まれている関連記事はこちら

10 ウエーブロック

Wheat Belt/Wave Rock 20
画像出典:https://pl.wikipedia.org

パースから350kmの場所にあるウエーブロックは、何と高さ15mの岩。名前の通り海の波のような形の独特の岩で、自然の不思議を痛感させられるインパクトの強い場所です。

この岩ですが、風が一定方向に吹いてくることと、風に含まれるさまざまな物質によって岩が浸食されたことで今のような形になったと言われています。

頂上に上ることもできますので、歩きやすい靴で行って、ぜひ頂上からの美しい眺めを楽しみながら地球の不思議を肌で感じてみてください。

 

施設名:ウエーブロック
英名:Wave Rock
住所:Wave Rock Road, Hyden, Western Australia, 6359

 

9 12人の使徒

ausgensen42
画像出典:http://www.victoria.visitorsbureau.com.au

12人の使徒と言えばイエスの教えを布教したイエスの弟子たち。そんな12人の使徒を思わせる岩が、グレートオーシャンロードにあります。

海の浸食に耐えた45mもの奇岩『12人の使徒』は二度と同じ状態を見られることのない観光スポットでもあります。現在も浸食が進んでおり、少しずつ形を変えるためです。2016年現在では8つの使徒が残っています。

 

施設名:12人の使徒
英名:Twelve Apostles – Great Ocean Road
住所:9400 Great Ocean Road, Port Campbell, VIC 3269

 

8 サーファーズパラダイス

ausgensen43
画像出典:http://www.evacation.org

サーファーズパラダイスはゴールドコーストでも大人気のリゾート地で、名前の通りサーフィンを楽しめるだけではなく展望台や水族館までさまざまな施設があります。

良い波が来るとされるポイントは4つあり、初めてサーフィンをする方でもサーフィン・ボディボードレッスンがあるので安心して挑戦できるのが大きなメリットです。

 

施設名:サーファーズパラダイス
英名:Surfers Paradise
住所:Surfers Paradise QLD, Australia

 

7 グリーン島

ausgensen44
画像出典:http://travelvietnamtours.blogspot.jp

グレートバリアリーフの中に浮かぶ緑の宝石と呼ばれるのが、グリーン島。ケアンズから1時間足らずで行けるというアクセスも手伝って、昔から大人気の観光スポットです。

透明度が高く美しい海が特徴なので、マリンアクティビティを楽しむ方が多め。運が良ければ、ダイビング中にウミガメに出会えるかもしれません。

また、空気が澄んでいることから夜になると降ってきそうなほどたくさんの星を眺めることもできます。

 

施設名:グリーン島
英名:Green Island
住所:Green Island, QLD 4870

 

6 ロックアード ゴージ

ausgensen45
画像出典:http://www.sittingonsuitcases.com

12人の使徒などの奇岩を楽しめるグレートオーシャンロードにあるロックアード ゴージは、入り組んだ海岸線の中に現れる岩と入江になっているビーチが特徴です。

ロックアードという名前は、1878年に沈んでしまったオーストラリア最後の移民船から来ており、洞窟入口には亡くなった52人の墓があります。午前中は人が少なく、静かな景色を存分に味わえます。

 

施設名:ロックアード ゴージ
英名:Loch Ard Gorge
住所:Great Ocean Road, Port Campbell National Park, VIC 3269

 

5 シドニー オペラハウス

ausgensen46
画像出典:https://en.wikipedia.org

シドニー オペラハウスはシドニーを、そしてオーストラリアを代表する近代建築物です。テレビや本などを通して一度は見たことがある方が多いでしょう。

現在も年間1500以上の演劇、コンサートなどが上映されているので、気になる演目がある方はチケットを事前予約してみてください。

オペラハウスの内部を見るのであれば、1時間以内で終わることの多いツアーがおすすめ。日本語のツアーもあります。

 

施設名:シドニー オペラハウス
英名:Sydney Opera House
住所:2 Macquarie Street, Sydney NSW 2000
URL:http://www.sydneyoperahouse.com/

 

4 スリーシスターズ&エコーポイント

-
画像出典:http://www.nationalparks.nsw.gov.au

ユーカリの葉が生い茂るブルーマウンテンズを代表する岩がスリーシスターズ。マイナー、ウィムラー、ガナドゥという3姉妹が岩に換えられ、そのまま戻ることができなくなったという悲しい伝説が残されています。

身を寄せるようにして立っている3つの岩を眺められるのがエコーポイントで、写真を撮るにもエコーポイントからがおすすめ。展望台にはジャイアントステアウェイを通って行くことも可能です。

 

施設名:スリーシスターズ&エコーポイント
英名:The Three Sisters & Echo Point
住所:23-31 Echo Point Road, Katoomba NSW 2780

 

3 ランセリン大砂丘

Lancelin, Western Australia.
画像出典:http://philhillphotography.photoshelter.com

ランセリン大砂丘は地元の方々に『西オーストラリアの雪』と呼ばれる砂丘です。どこまでも広がる白い砂丘を車で走ったり、ソリを使って斜面を滑ったりすると爽快感を得られること間違いなし!

パースからは120km以上ありますが道は単純なのでレンタカーを借りて行くこともできます。砂丘内に入るのであれば4WDでないと埋まってしまうので注意しましょう。

 

施設名:ランセリン大砂丘
英名:Lancelin Sand Dunes
住所:via Kendall Road, Lancelin, Western Australia, 6044

 

2 ウルル(カタ ジュタ国立公園) / エアーズロック

ausgensen49
画像出典:http://arcturian-rainbow-healing.webs.com

オーストラリアの大自然を楽しみたいのであれば必見のスポットが、エアーズロック。世界最大級の一枚岩として知られ、観光パンフレットはもちろん社会科の資料集などにも掲載されることが多いですよね。

このエアーズロックは時間帯によってまったく違う表情を見せてくれるので、サンセットツアー・サンライズツアーが人気。

同じカタ・ジュタ国立公園内にある、地下でつながっている36個の岩石群『カタジュタ』も必見ポイントですのでぜひ一緒に見ていきましょう。

 

施設名:ウルル(カタ ジュタ国立公園) / エアーズロック
英名:Uluru-Kata Tjuta National Park
住所:Petermann, Northern Territory

 

1 ホワイトヘブンビーチ

ausgensen50
画像出典:http://www.spotstovisit.com

グレートバリアリーフの真ん中に位置するハミルトン島からおよそ30分で到着するホワイトヘブンビーチは、天国かと思うような美しい眺めが特徴のビーチ。

もちろんグレートバリアリーフ全体も透明度の高い海が多いですが、このホワイトヘブンビーチは指の隙間からすぐに零れ落ちてしまうほどの細かな白砂と海のグラデーションの鮮やかさが際立っています。

周辺にはあまり魚などがいないので、マリンアクティビティを楽しむよりも、のんびりビーチの様子を眺めてリラックスするのがおすすめです。

 

施設名:ホワイトヘブンビーチ
英名:Whitehaven Beach
住所:Whitsunday Island National Park, Airlie Beach
URL:http://tourismwhitsundays.com.au
アクセス:ハミルトン島から水上飛行機、ヘリコプター、船のツアー

 

オーストラリア全土のおすすめ観光スポット50選を紹介してきましたが、いかがでしたか?日本とはまったく違った生態系、自然の姿を持つオーストラリアだけにどこに行っても新しい発見ができること間違いなしです。

 

よく読まれている関連記事はこちら

また、自然スポットはやはり写真で見るよりも実際に行って自分の肌で体感するとまた違った感想が得られるはず。ぜひ、オーストラリアの大自然に体と心を預けてみてくださいね。


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

chihiro

この人が書いた記事

  • 子連れ必見!子供と遊べる上高地の観光地-定番・穴場-厳選10選

  • 子連れ必見!子供と遊べる尻焼温泉・六合の観光地-定番・穴場-厳選10選

  • 子連れ必見!子どもと遊べる軽井沢の観光地-定番・穴場-厳選10選

  • 子連れ必見!子供と遊べる札幌の観光地-定番・穴場-厳選10選

関連記事

  • rusty tructor

    観光客が驚愕!ニュージーランドの驚くべき習慣厳選7選

  • オーストラリアならでは!お土産におすすめなユーカリ蜂蜜12種類

  • passport+airplane

    ニュージーランド歴5年の私がおすすめするお得な格安航空券の選び方と注意点

  • ケアンズ観光に外せないおすすめグルメレストラン 厳選10選

  • ビーチも遊園地も!ゴールドコーストのおすすめ観光地厳選10選

  • sheep

    羊だけじゃない!ニュージーランド北島のオススメ観光スポット厳選8選