• 国内旅行
    軍艦島が世界遺産に!長崎県端島の行き方と島の中を動画で紹介
    2015年5月5日
  • 旅行のスキル
    【裏ワザ】高額な海外旅行の保険料を無料にする方法
    2016年8月9日
  • 国内旅行
    関西カップルに超人気なイルミネーションスポット2016 厳選10選
    2015年12月2日
  • ヨーロッパ
    夏のロンドン観光はイギリス最大のクラシック音楽の祭典BBCプロムスがおすすめ
    2015年7月23日
  • 北米
    効果抜群!セドナで人気のお土産にしたいパワーストーン 厳選3選
    2015年5月10日
  • ヨーロッパ
    イギリス住の私が選ぶお土産におすすめなお菓子と紅茶 厳選13選
    2015年3月19日
  • 中近東
    【秘境】インド洋のガラパゴス「ソコトラ島」の魅力を伝える画像17枚
    2015年8月28日
  • 中国・台湾・東アジア
    韓国旅行の熟練が教えるソウルの市バス・マウルバスの乗り方と降り方
    2015年4月26日
  • 北米
    ワシントンDC6年目の私がお勧めする最高級ホテル 厳選7選
    2015年4月20日
  • ヨーロッパ
    世界一周ハネームーンカップルがおすすめするイタリアの街アルベロベッロはおとぎの国
    2015年7月22日
【パスポートとビザの違い】日本人が最強のパスポートを保有しない理由とは・・・
スポンサーリンク

パスポートとビザってなに?

海外に旅行に行くには、パスポートが
絶対に必要です。

パスポートとは、政府やそれに相当
する公的機関が交付し、国外に渡航
する人に国籍及び、その他身分に
関する事項に証明を与え、外国官庁に
保護を依頼する公文書です。

しかし、国によってはパスポートだけ
でなくビザを取得する必要があります。

ビザとは、日本語では査証と言われる
もので、日本国籍を持つ人が、他の国
に入国する際に、入国するに値する
資格を持つことを証明する書類のことです。

これでは、わかりにくいので、
もう少しわかりやすく解説します。

例えば、ハワイで考えます。

ハワイは人気の観光地です。
世界中からたくさんの人達が旅行
に訪れます。

では、ハワイには誰でも行くことが
できるのでしょうか?

もし、無制限に人を受け入れると
様々なトラブルが起こることが
想像できます。

例えば、アメリカは世界の国々の中
では最も豊かな国の1つです。

アメリカでの給料は高いです。

なので、貧しい国の人がハワイに
来て、住んでしまうかもしれません。

そうすると、現地の人の仕事を
奪う事にもなりますし、治安が
悪化する原因にもなります。

また、豊かな国の人でも、誰でも
大丈夫というわけではありません。

例えば、犯罪を犯す可能性のある人を
受け入れてしまっては危険です。

そのような理由から、どんな人ならば
受け入れても大丈夫かという審査を
する必要があります。

この審査が入国審査です。

入国審査は、飛行機で現地の空港に
到着したときに、一番初めに行われます。

この入国審査の際に参考にする書類が
ビザです。

このビザが無いと、入国審査をする人
があなたがどのような人なのか把握
することができません。

だから、事前にビザを申請し入国審査
のときに、ビザ発行のときの情報を
入国審査官が見ることができるように
なっているのです。

このように、ビザとは、入国するため
の証明書です。

このビザの発行を拒否されるという
ことは、事前審査でNGが出たという
ことのなので、その国には入国が
できません。

スポンサーリンク

日本のパスポートは最強?!

このように入国するためにとても大切
なビザですが、実は日本人であれば、
ほとんどの国で申請する必要がありません。

なぜなら、日本は世界でも有数の
先進国であり、犯罪率も少なく安全な
国民だからです。

もちろん、経済的に豊かな日本人が
多く旅行に来ることでその国の経済も
潤います。

そんな理由から、日本は多くの国で
煩わしいビザの手続きが免除されています。

ビザが免除されても、それぞれの国に
よって一定の条件が課せられます。

例えば、滞在時間や就労や学校に通う
ことなどです。

滞在できる時間は国によって異なり
ますし、就労や学校に通う場合は、
それ専用のビザが必要な場合が多いです。

それを差し引いても、日本で取得する
パスポートは、他の国と比べとても
便利なものです。

しかし・・・

外務省の調査では、2016年の日本人
のパスポートの保有率は約23%です。

日本人は4人に1人も、パスポートを
持っていないことになります。

最も保有率が低い青森県は、9%以下
なので10人に1人もパスポートを
持っていないことになります。

ちなみに、イギリスが約60%、カナダ
は約70%です。

なぜ、こんなに便利なパスポートが
あるのに日本の保有率は他の国に比べ
圧倒的に低いのでしょうか。

日本のパスポート取得率が低い理由とは

日本と同じようにパスポートを保有率が
低い国があります。

それはアメリカです。

アメリカのパスポート保有率は約30%。
日本よりは高いにしても他の先進諸国
から比べると低いです。

もちろんアメリカのパスポートは最強
です。

アメリカがビザなしで入国できる国は
147ヶ国で世界第1位です。

それでは、なぜアメリカのパスポート
保有率は低いのでしょうか?

その理由は、「なんでもここにある」

アメリカ人が母国から出ない理由と
して「国の大きさ」が挙げられます。

つまり、大陸ほど大きなアメリカでは
、たくさんの景色や自然環境が
楽しめるということです。

綺麗な海で泳ぎ、砂浜でくつろぎたい
ならば、タイではなくフロリダ州に
行けばいい。

自然の力を感じさせるような砂漠を
冒険したければ、アリゾナ州に
行けばいいので、アフリカまで
飛ぶ必要なんてない。

アラスカでもオーロラが見れて、
アイスランドで旅をする意味がない。

このように考え、わざわざ海外旅行に
行く必要を感じないアメリカ人が多い
のだと、アメリカのトラベルブロガー
のNomadic Mattは述べています。

日本はアメリカほど大きな国では
ありませんが、似たような話を
しばしば耳にします。

日本人もアメリカ人と同じように、
母国にはなんでもあり、外に出る
必要性を感じないという人が
多いのではないでしょうか?

日本食よりもおいしいものはない。
海外の料理だって東京に行けば
世界の有名店はいっぱいある。

綺麗な海なら、沖縄。
ショッピングなら、東京。
雪が見たいなら北海道。

わざわざ海外に行かなくても良い
、と考えるのは日本もアメリカと
同じかもしれません。

海外って本当に危険?!

もう一つの理由として、
Nomadic Mattは、アメリカ人が
海外に行かないのは、「海外は怖い」
という考えが根付いてしまっている
からだと述べています。

これは、日本にも同じ事が言える
のではないでしょうか。

2015年に英誌エコノミストが、
世界50都市の安全度ランキングを、
発表しました。

その結果がこちらです。

1位 東京
2位 シンガポール
3位 大阪
4位 ストックホルム
5位 アムステルダム
・・・・・・
10位 ニューヨーク

確かに、日本は安全ということは否定
できない事実です。

一方、日本が安全だから海外は危険だと
いうことではありません。

日本と比べると危険ということです。

でも、

このようにアメリカや日本が海外を危険
と考える理由は他にもあるようです。

日本の学生は留学しない?!

興味深い教育データを紹介します。

日本人の学生の留学率です。
もう一つの理由は、若者の内向き志向
です。

日本人学生の留学率はOECD諸国の
学生と比べてどうでしょうか?

上の図は、自国民の大学生の何%が
留学しているかを示したものです。

確かに日本人学生の留学率は1.2%と
他のOECD諸国と比べるとかなり低いです。

ちなみに、アメリカは最下位です。

時系列データを見ると、確かに留学
する日本人はここ10年間で増えています。

しかし、他のOECD諸国は日本以上
に留学する学生の割合が増えています。

このような結果の理由は、2012年の
「海外に興味がない」から2014年は
「語学スキルの不安」や、「金銭的
な心配」に変化してきています。

つまり、語学習得や奨学金制度など
教育改善によって海外に興味を持つ
若者は増加するかもしれません。

日本は最強のパスポートを保有できる
国です。

ぜひ、この最強のパスポートを活用
して海外に出てみてください!!

海外旅行は、日本にはない雄大な自然
に触れたり、異文化の街並や趣に
触れることができます。

また、海外から日本を見ることで
日本の素晴らしさを再認識できるはずです。

スポンサーリンク
マイルの関連記事
  • nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を払って、クレジットカードのポイントを貯める方法
  • 【トリップアドバイザーでマイルが貯まる】トリップアドバイザーの口コミを参考にお得に格安で国内・海外のホテルを予約する方法とは
  • 「アメックスでマイルを貯める人」におすすめのクレジットカードランキング3選!!
  • ”ソラチカルート廃止”で陸マイラーはどうするべきか・・・
  • 楽天スーパーポイントを爆貯めして大量にマイルを手に入れる方法とは
  • 【2018年】JALとANAのマイルを貯めるならどちらがお得か、マイルプログラムを徹底解明!!
おすすめの記事