1. TOP
  2. 【裏ワザ】高額な海外旅行の保険料を無料にする方法

【裏ワザ】高額な海外旅行の保険料を無料にする方法

65カ国以上を旅行した僕ですが、実はお金を払って保険に入ったのは世界一周旅行をした時と海外に留学した時の2回だけなんです!

もちろん、お金を払って保険に入っていない旅行でもトラブルに巻き込まれたり、病気になったりとありました。

でも、そんな時に非常に役立ったのがクレジットカードについている自動付帯保険なんです。この『自動付帯保険』のおかげで、海外の高い治療費もまかなうことができました(⌒-⌒; )

今回の記事では、意外と出費の大きい海外旅行の保険を、クレジットカードの付帯保険で無料にする方法を説明します。

海外旅行の保険が付帯しているクレジットカードにもいろんなタイプがあるのでぜひ、参考にしてください。
 

クレジットカードの付帯保険で大切な自動付帯と利用付帯の違い

クレジットカード付帯保険には、自動付帯と利用付帯の2タイプがあるのをご存じですか?

実は、カードを持っているだけでは補償を受けられない場合があります。

クレジットカードに保険が付帯しているのは知っていても、その内容を知らなかったり、事故に遭ったりしたときの連絡先すらも調べていない人も多いようです。

特に、事前に自動付帯・利用付帯については、ちゃんと把握しておきましょう。

自動付帯とは

自動付帯とは、カードを持っているだけで海外旅行保険に自動的に入るものです。

手続きや登録などといった手間はありません。

年会費無料のものならコストも0円です。

自動付帯の多くは、出国した日から90日間が補償の期間です。

カードによって補償期間は30日や60日ということもあるので、確認が必要です。

一度、日本に戻って再度出国した場合、また出国から90日間は補償され、1年に何度旅行に行っても使えます。

利用付帯とは

一方で、利用付帯とは、ツアー代金や公共交通機関の料金をクレジットカードを利用しなければ、海外旅行保険が適用にならないものです。

具体的には旅行会社へのツアー・パック旅行費用や、出国するまでの公共交通機関(航空機や電車、船、バス、タクシー)の支払いをカードですることを条件に、その海外旅行中の補償を受けることができます。

自動付帯と利用付帯を比べると、もちろん自動付帯の方が便利で優れているカード保険と言えます。

お持ちのクレジットカードが自動付帯か利用付帯かを確認し、もし利用付帯のカードでしたら自動付帯のカードを一枚は所有することをオススメします。

今回は僕自身も使っているのですが、旅行中にあった熟練旅行者たちもよく使っている、持っているだけで保険に加入できるクレジットカード4つを紹介したいと思います。

 

保険が無料で付いてくるクレジットカード厳選4つ

『クレジットカードに保険がついているモノがある』というのは結構有名ですが、これを効果的に使っている旅行者はあまりいません。

 

自動付帯保険という無料で入れる保険のついているクレジットカードならば、持っているだけで無料で保険が適用されるのです。

 

しかもこれから紹介する4つのカードは治療を受けてもキャッシュレス(その場でお金を支払う必要が無い)ので、本当に便利です。

 

 

絶対に1枚は持っておくべき!エポスカード

d3860-92-757447-1

自動付帯保険付きのクレジットカードで1番人気が高いのがエポスカードです。

理由は

  • 年会費が無料
  • ケガ・病気の治療費も十分
  • 持ち物にも保険が掛けられる
  • キャッシュレス診療

海外の高額な治療費を払う際に1度は現金で支払いをしなければならないのが普通ですがす。

 

エポスカードなら保証以内の額面ならお金を払わずに治療を受けることができます。

スクリーンショット 2015-05-25 18.59.04

セゾンブルー

 

 

 

カード発行まで2〜3週間かかるので、急ぐ場合はセゾンブルー・アメリカンエキスプレスカードが最短で発行できるのでおすすめです。

エポスカードの詳細記事はこちらから、【海外旅行一人旅の持ち物リストに加えるべきオススメ度No.1のクレジットカードとは?】

 

 

 

急いでいるならセゾンブルー・アメリカンエキスプレスカード

16757335_P.eps

エポスカードの魅力は会員費が無料な点ですが、どうしてもすぐに発行して欲しいという場合はセゾンアメリカンエキスプレスカードが1番オススメです。

 

最短で即日発行、遅くても3営業日で発行をしてくれるという優れものです。

デメリットは翌年度から年会費3000円がかかる点ですが、流石はアメックスということで補償額は一般クレジットカードの中でも最大級です。

サービスも充実しており、帰国時のスーツケースも無料(通常は1700円)で宅配してくれます。

 

もちろん、万が一病気になった時もキャッシュレスで診療をうけることができます。

スクリーンショット 2015-05-25 18.59.19

セゾンブルー

 

家族旅行なら三井住友VISAゴールドカード♪

img_card_01

エポスカード、セゾンブルー・アメリカンエキスプレスカードと三井住友VISAゴールドカードの違いは家族も保険特約を適応することができる点です。

クレジットカードの無料保険で家族も守れるというのはかなり大きなメリットですよね。

スクリーンショット 2015-05-25 18.59.38

 

ちなみにこの三井住友VISAカード裏技を使うことで2年目からかかる年会費も4000円まで抑えることができます。

旅行の保険にかかる費用が家族全員で4000円というのはとても安いです。

補償額も大きいので家族で海外に行く人にオススメです。

三井住友VISAカード

 

同居する両親との家族旅行ならセゾンゴールド・アメリカンエキスプレスカード

スクリーンショット 2015-05-20 19.26.00

クレジットカードのゴールドカードは家族旅行をする上で欠かせません。

 

セゾンゴールド・アメリカンエキスプレスカード最大の特徴は配偶者はもちろんのこと、同居する両親、未婚の子供にも自動付帯保険が適用される点です。

 

初年度の年会費は無料で、2年目から1万円がかかってしまいますが、両親を含める家族全員の1年間の旅行保険が1万円で済むとなれば安いものです。

 

使わないと思ったら解約するのも手ですね♪

スクリーンショット 2015-05-25 18.59.54

セゾンゴールドカード

 

膨大なお金がかかる海外の治療費

海外旅行の達人が使っている自動付帯保険でお得なクレジットカード 厳選4選海外旅行中に病院にお世話になったことがある人は、どれだけ日本の医療福祉が高度なものか思い知ることになるでしょう。

 

僕はマレーシア旅行中、わき腹にいきなり鈍痛が襲い病院に行ったことがあります。

 

「胃カメラを飲め!」と言われて診断してもらった結果、胃に潰瘍ができており、緊急入院をすることに・・・。

 

2日間の入院でかかった医療費はなんと8万円!!

 

『東南アジアだから安く旅行ができる』と思っていたのに大きな誤算でした。

 

これがきっかけで僕は旅行の時に無料で使えるクレジットカードの自動付帯保険を常備することになりました。

 

因みにですが、この治療費の額はまだ安い方で、アメリカの旅行中だとこんんなに治療費がかかってしまうんだとか´д` ;

 

アメリカで盲腸手術をした治療費がやばいと話題に

海外旅行の達人が使っている自動付帯保険でお得なクレジットカード 厳選4選

術後の回復室にはせいぜい二時間しかいなかったのにその使用料は7,501ドル(78万円)、入院はたった1泊なのに、部屋代と食事代が4,878ドル(51万円)っていったいなんなんだ?それに、彼らは4,500ドル(47万円)もする麻酔を使ったようだ。
出典:http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1797927.html

 

盲腸の手術をして入院を一泊しただけで治療費が167万円!!

 

この治療費を払うことを考えると冷や汗しかでません。。。

 

アメリカで子供が病院にかかり、870ドルの支払い

海外旅行の達人が使っている自動付帯保険でお得なクレジットカード 厳選4選
出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

 

病院でほとんど何もされていないのに高額な医療費を払うことになるかもしれません。

 

海外旅行ではどんなトラブルやハプニングが起こるかわからないので絶対に保険への加入は必要です。

 

海外旅行の保険料

海外旅行の達人が使っている自動付帯保険でお得なクレジットカード 厳選4選

だからと行って、保険に入るのも勿体無い!できるだけ旅費は抑えたいというのも事実。。。

海外旅行向けの保険はインターネットの格安なものでも1日500円程度から。

 

1ヶ月かけてアジア周遊やヨーロッパ周遊をしようものなら、その金額は30倍にも膨れ上がってしまうのです・・・。

 

ただでさえ、安宿に泊まって交通費をケチって歩く程の予算が無いのに、保険に1万円もかけてられるはずもありません。

 

しかもこれらの保険はいざ病院で治療したとしても一度は現金で建て替えをしなければなりません。

 

つまり、数十万円を現地通貨で用意しなくてはならないのです。

 

まとめ

海外旅行はクレジットカードに付いている自動付帯保険を持っていると『安心』、ということを伝割りましたでしょうか?

 

 

個人旅行ではエポスカードを必ず持って行きたいですね。

 

即日発行が必要であればセゾンブルー・アメリカンエキスプレスカードにしましょう。

 

そして、家族旅行なら家族分をカバーできる

 

を持って行くといいでしょう。持っているだけで保険が適応されます。

 

以上、旅行をお得にすすためのクレジットカードの保険を利用する方法を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

 

便利なだけではなく安全な旅行にするためにもクレジットカードは今や必携のアイテムです。

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

Sora

この人が書いた記事

  • 【裏ワザ】高額な海外旅行の保険料を無料にする方法

  • 【要注意】海外旅行中のクレジットカードで支払い、署名・サインは漢字でもOK?

  • 海外旅行の買い物はクレジットカードがお得!3つのお得ポイントを知ろう

  • 海外旅行中にクレジットカードを紛失!失くした時の正しい対処法とは?

関連記事

  • 68カ国旅行した僕が海外旅行初心者の友人におすすめしている語学力の不安を解消する方法

  • 国内線に搭乗するとき、飛行機への化粧品持ち込みに制限はあるの?

  • お得に旅行をしたい人へ・旅の名人から学ぶ究極の節約術

  • 知らない人は遅れてる!旅好きの間で話題のAirbnbとは

  • 海抜0mから燃料0 所持金0円でエベレストに登頂して気がついたこと9つ

  • 旅行の荷物を減らす方法。荷物がいつも多くなる人に知ってもらいたい5つのコツ