• 国内旅行
    日本人なら絶対見なきゃ!日本の伝統的な町並み12選
    2015年1月20日
  • 旅行のスキル
    海外旅行初心者におすすめな無料体験オンライン英会話教室 厳選4選+α
    2015年6月23日
  • ヨーロッパ
    格安旅行に必須!ヨーロッパに3年住んでいる私が使っている航空券・電車チケットを取るサイト14つ
    2016年4月17日
  • 中国・台湾・東アジア
    濃いソウル観光をお望みの旅行者にはブルーバス143番がおすすめ
    2015年5月26日
  • ヨーロッパ
    イタリア一周旅行した私がオススメするプーリア州の穴場観光地厳選7選
    2015年3月21日
  • 旅行のスキル
    大道芸を13年しながら海外旅行を続けて気がついたこと7つ
    2015年3月8日
  • ヨーロッパ
    夢の中にいるみたい!迫力満点のアルザス地方クリスマスマーケット厳選6選
    2015年12月15日
  • 国内旅行
    秋の北海道観光を彩る絶景名所と紅葉スポット 厳選10選
    2015年9月9日
  • 東南アジア
    スリランカ観光で外せない黄金海岸に簡単アクセス!ビーチで夕焼けも
    2015年5月14日
  • 中国・台湾・東アジア
    韓国旅行の熟練が教えるソウルの市バス・マウルバスの乗り方と降り方
    2015年4月26日
【要注意】海外旅行中のクレジットカードで支払い、署名・サインは漢字でもOK?
スポンサーリンク

現地通貨を使わくていいし、いざというときの保険にもなることから海外旅行には欠かせないクレジットカード。

ですが、ここでちょっと気になるのがカードの裏にある署名欄。

漢字を使うのは日本や中国など一部の国だけなので、果たしてヨーロッパやアメリカに行くときは裏面の署名はどうするべきなのかと思う方もいるかもしれません。

ここでは、海外旅行に行くときにクレジットカードの署名はどうするのか、どこに注意すればよいのかを紹介します。

サインと裏面の署名が違うとトラブルに?

kanzi1

クレジットカードで何かを買う時にはサインの筆跡と署名欄の筆跡は絶対に確認されますよね。この2つの筆跡が違うと、他人による不正利用の可能性が考えられるからです。

ここでもしも署名欄が漢字、サインがローマ字だった場合どうなるかというと、最悪の場合警察を呼ばれて事情聴取を受けることになります。すぐに潔白が証明されればよいですが、どのみち貴重な観光の時間を奪われるのは確かです。

うっかりだったとしても購入したときのサインと裏面の署名が違うようなことがあってはならない、と心にしっかりととどめておきましょう。

 

スポンサーリンク

漢字のサインもOK!

kanzi2

アメリカやヨーロッパの方が読めなくても、もともとクレジットカードの裏面の署名を漢字で書いてあるのであれば、変える必要はありません。

『重要なのはサインと署名が同じ』ということなので、署名の方に合わせてサインも漢字で書けばよいのです。

ですので、署名がローマ字ならサインもローマ字、署名が漢字で名字だけならサインも漢字で名字だけとなります。

重要なのはたった1つ、『署名とサインが同じであることが本人の証明になる』ということです。

 

漢字の署名はセキュリティになる?

kanzi3
画像出典:http://jp.freeimages.com

以前は漢字の署名は海外旅行の際のセキュリティ対策の1つになると言われていました。漢字は書き順によって流れができますので、漢字になじみのない方には真似されにくかったためです。

ただ、昨今はアジア系の方も増えていますし以前ほどのセキュリティ効果があるとは言えません。

また、どのみち盗難や不正使用の際には補償がありますので、セキュリティの面から絶対に漢字が良いというわけでもなく、そこはライフスタイルや好みで選ぶのが一番です。

漢字かローマ字で変わるというよりも、真似しにくい筆跡(書き方)の方がセキュリティから見ると安心です。

 

署名を変えたいんだけど…

kanzi4

よく海外に行くし、漢字じゃなくてローマ字の署名にしたいという方もいるかもしれません。そんな時はカードの再発行手続きを行えばOK。

実際に海外に行くという理由だけでなく、セキュリティ対策のために漢字を崩したような形の署名にしたりという方もいます。

まずはお使いのクレジットカードの発行会社にカードの署名を変えたいと相談してみましょう。

 

最後に、海外旅行でクレジットカード使いときの注意点

海外旅行の最中はクレジットカードを使うことも多いと思いますが、署名・サインに関しては普段以上に注意してカードを使いましょう。

国によっては、使えないクレジットカードもあるので渡航先の状況を調べて使えるクレジットカードを持っていきましょう。

東南アジア近辺は、JCBやアメックスが使えない地域は多いです。

VISAかMASTERは使える地域が多いです。

また、海外旅行に行くときは盗難にあった時のためにクレジットカードは数枚持っていき、保管するバッグは分けておきましょう。

カード関係のトラブルがあった時に本人証明の手立てとなるのがパスポートですので、どこに行くにしても必ずパスポートを持っていくことも大切です。

タクシーに乗っていて検問にあって、パスポートを見せろと言われ、持ってないと言ったら警察に連行されそうになりました。

友人一人を残してホテルに取りに行って事なきを得ましたが、大変なことになるところでした。

オリジナルのパスポートを持ち歩くか、最低でも写メを撮ってスマホに画像を保管しておいてください。
※スマホの画像では許してもらえない場合もあります。

 

クレジットカードを海外旅行に紛失してしまった場合の対処法も予め知っておきましょう。→海外旅行中にクレジットカードを紛失!失くした時の正しい対処法とは?

スポンサーリンク
関連キーワード
旅行のスキルの関連記事
  • ハワイ旅行に行くなら断然『デルタ航空』がお得な理由とは!!
  • SPGの「プラチナチャレンジ」とは・・・SPGアメックスを活用して最上級会員になる方法
  • 【動画で解説】海外旅行に行ったときに、もっともお得な現地通貨への両替方法とは!!
  • nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を払って、クレジットカードのポイントを貯める方法
  • 『グローバルWiFi』を公式サイトよりもお得にレンタルする方法!!2カ国以上なら断然『jetfi』
  • ハワイ旅行に「お土産宅配便」が超便利!!そもそも、定番のお土産って現地で買う必要はある???
おすすめの記事