• 北米
    アメリカの桜も美しい!ワシントンDCの全米桜祭りはエキゾチックに開催!
    2015年3月26日
  • マイル
    【2018年】JALとANAのマイルを貯めるならどちらがお得か、マイルプログラムを徹底解明!!
    2017年12月15日
  • ヨーロッパ
    スコットランド歴2年の私がおススメするエディンバラ観光を楽しむベストプラン
    2015年2月22日
  • 旅行のスキル
    ビジネスクラスで世界一周旅行!私達がワンワールドを選んだ5つの理由
    2015年3月16日
  • 中近東
    【秘境】インド洋のガラパゴス「ソコトラ島」の魅力を伝える画像17枚
    2015年8月28日
  • 北米
    ヨセミテ国立公園で観光する人必見なおすすめスポットと四季別楽しみ方
    2015年9月7日
  • ヨーロッパ
    ヨーロッパ周遊旅行で全制覇!見逃しがちな人気観光都市9選
    2015年4月3日
  • ヨーロッパ
    棺桶派?刑務所派?ドイツ旅行で泊まりたい奇抜ホテル 厳選7選
    2016年1月26日
  • sheep オセアニア
    羊だけじゃない!ニュージーランド北島のオススメ観光スポット厳選8選
    2015年2月26日
  • 国内旅行
    軍艦島が世界遺産に!長崎県端島の行き方と島の中を動画で紹介
    2015年5月5日
地下鉄と署名は要注意!パリで多い4種類のスリ手口と対策法、注意すべき点は?
スポンサーリンク

歴史、美術観光から買い物まで楽しいことがたくさんの街であるフランス・パリですが実は治安はヨーロッパでも下から数えた方が早いほど悪い地域。

パリではどんな手口でスリが行われることが多いのか、気を付けておきたいポイントはどこかをお教えします。

地下鉄はスリが多め!

pari1
画像出典:https://pixabay.com

パリで観光するときには地下鉄を使うことも多いかもしれませんが、十分な注意が必要です。地下鉄の改札口やドア前で観光客を取り囲む少年グループなどがいます。

駅では日本語の注意アナウンスも流れていますしある程度の対策も取られているとは言え、やはり日々観光客をターゲットにしたスリ被害が確認されています。ちなみにパリの地下鉄ではスリが乗車したことがわかるとアナウンス(フランス語)もあります。

地下鉄に乗るときは普段よりもさらにしっかりとバッグに手をかけ、車内ではできるだけドア付近を避けるようにします。ドア付近だと、ほかの乗客の乗り降りに合わせたひったくり・スリがしやすいのです。

 

スポンサーリンク

観光地のATMは使わない

pari2
画像出典:https://pixabay.com

スリというより半分強盗のような感じもしますが、銀行のATMの影に隠れてクレジットカードの海外キャッシングをする人を狙うスリ犯もいます。

特に有名観光スポット近くのATMは脇の甘い観光客が利用すると考えられているので、十分な注意が必要。不安なら、いっそ観光地のATMは使わない方がよいです。

ATMを使う時はどんな場所のATMであっても周囲をよく確認し、手早く処理を行うことも大切なポイントです。

 

署名スリ

pari3
画像出典:https://pixabay.com

該当アンケート、何らかの活動のための署名をしないかと声をかけてきて、署名をしている間に仲間がターゲットの財布やスマホを盗むという手口です。

観光地に行くとさまざまな署名運動をやっていますが、どれがスリと関係のない署名かは見分けがつきにくいところ。パリ旅行中は道端での署名はしないと決めておいた方が楽です。

クリップボードを持って親しげに話しかけてきても気を緩めず、バッグを押さえて立ち去りましょう。

 

落し物スリ

pari4
画像出典:https://pixabay.com

目の前で指輪かなにかを落として、『これあなたの?』と聞いてきて、こちらが油断したときに仲間がやってきてスリをする手口です。あるいは無理やり指輪を押し付けてきて代金を払えと言うたかりにこの手口が使われることも。

逆に犯人がわざとガイドブックなどを落とし、気づいたこちらが拾っている最中のスキを狙って仲間がスリをすることもあります。

全員を無視するのはさすがに心が痛むかもしれませんが基本は無視しつつ、親しげに話しかけてくる人がいても常にバッグや貴重品にも意識を向けてください。

 

総合的なスリ対策

pari5
画像出典:https://pixabay.com

あらゆる手口のスリが横行するパリですから、まず『自分だけはスリに遭わないだろう』という憶測は捨てて行くのが鉄則です。スリに遭わないような工夫をしたうえで、スリに遭った時の対応も考えておくのがもっとも適切なスリ対策となります。

人の目につく場所で観光MAPを広げたりしない、バッグは自分の体にたすき掛けにするか常に手でつかんでおく、資金を分散しておくのが基本のスリ対策です。

また、最近のパリは失業率が上がると同時に貧困層が増えており、スマホを盗んで売り飛ばしお金に換えようとするスリも多くいます。特にiPhoneは人気が高いです。

地下鉄でスマホを使っているとターゲットにされやすいとも言われているので、地下鉄の駅に入る前にスマホで路線確認などを済ませておいた方がよいでしょう。

また、被害に遭った場合、お金や物が返ってくる可能性はほとんどありません。ですが海外旅行保険の補償対象として請求するには盗難届が必要なので、警察署で盗難届を書いてもらいましょう。

その上で保険会社に連絡、クレジットカードが盗まれた時は停止手続きの必要もあります。

 

こうして見てみるとパリは危険なだけの地域のように見えますが、素晴らしい作品や建造物、景色、買い物も楽しめる人気の地域という顔も持っています。

ただ、人に関しては犯罪をする人・しない人を即座に見分けられるわけではないので、やはり見知らぬ人との会話や親切(に見える行為)を受ける際には普段よりも気を引き締めて『万一』を考えることが大切です。

また、日本とは違って常に気を張っている状態ですので、パリ旅行中は疲れやすくなりがち。無理のない予定を組んで、パリを楽しんでくださいね。

 

スポンサーリンク
関連キーワード
旅行のスキルの関連記事
  • SPGの「プラチナチャレンジ」とは・・・SPGアメックスを活用して最上級会員になる方法
  • 【動画で解説】海外旅行に行ったときに、もっともお得な現地通貨への両替方法とは!!
  • nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を払って、クレジットカードのポイントを貯める方法
  • 『グローバルWiFi』を公式サイトよりもお得にレンタルする方法!!2カ国以上なら断然『jetfi』
  • ハワイ旅行に「お土産宅配便」が超便利!!そもそも、定番のお土産って現地で買う必要はある???
  • 【トリップアドバイザーでマイルが貯まる】トリップアドバイザーの口コミを参考にお得に格安で国内・海外のホテルを予約する方法とは
おすすめの記事