• ヨーロッパ
    夏好き旅行者が訪れるべきフランスのおすすめビーチリゾート 厳選5選
    2015年6月13日
  • rusty tructor オセアニア
    観光客が驚愕!ニュージーランドの驚くべき習慣厳選7選
    2015年3月21日
  • 国内旅行
    支笏湖氷濤まつりの美しすぎる氷の世界 厳選写真25枚
    2015年2月12日
  • 国内旅行
    【まるで絵本の世界】日本にあったメルヘンな建物とカフェ6選
    2015年2月14日
  • 中南米
    世界一周旅行ハネームーンカップルがおすすめイースター島観光スポット厳選5選
    2015年6月1日
  • Sanglasses オセアニア
    ニュージーランドに旅行するならこの季節!過ごしやすい気候で満喫旅
    2015年3月6日
  • 旅行のスキル
    日焼け止めランキング2018年のおすすめTOP3だけ知っておけば安心!
    2016年6月22日
  • ハワイ・グアム・ミクロネシア
    【Airbnb】ハワイで思いっきりゴルフ旅におすすめの宿3選
    2015年6月20日
  • 旅行のスキル
    海外旅行初心者におすすめな無料体験オンライン英会話教室 厳選4選+α
    2015年6月23日
  • 世界のおすすめ情報
    年末年始を過ごすのにぴったりな海外のおススメスポット厳選20選(後編)
    2015年12月10日
知らずのうちに罰金も!?知らないと怖いハワイの法律5つ
スポンサーリンク

ここは日本!?と錯覚してしまうくらい日本語がよく通じるハワイ。特にワイキキ周辺でしたら英語をほとんど知らなくても観光には問題ないと言われるくらいです。

ですがそんなハワイもやはり日本とは違う文化やマナーを持っています。ハワイに行く前に必ずおさえておきたいハワイの常識の中でも、ここではちょっと気を付けておきたい法律関係をまとめてみました。

喫煙エリアは事前にチェック!

hou1

日本でも最近は喫煙エリアが少なくなっていますが、ハワイでは禁煙エリアでタバコを吸うと罰金を取られるという法律があるので、愛煙家の方は要注意です。

基本的に交通機関や公共施設はもちろん、飲食店・ホテル等も禁煙となっていますので、うっかりタバコを吸って罰金を取られないようにしましょう。ちなみに罰金は最大で500ドル(5万円程度)です。

ワイキキの喫煙所マップなどをお気に入りサイトに入れたうえで旅行に行くのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

20歳はお酒禁止!

hou2

ハワイはアメリカ本土と同様に飲酒関係の取り締まりはかなり厳しい部類に入ります。ここで注意したいのが、日本ではお酒がOKな20歳もハワイではお酒が禁止ということ。

ハワイの法律でお酒は21歳以上と決められているので、まだ21歳になっていない方は絶対に飲酒しないでください。最悪の場合、強制帰国になります。

また、30歳以下に見える場合には写真つきの身分証を提示するよう求められることもあります。日本人は若く見えやすいので提示の機会が多いかもしれませんが、提示は義務なので従ってください。

 

おすすめ記事finger-redハワイでレンタカーを借りる時のトラブル対処法!犯罪・事故編

 

公共場所での飲酒は禁止

hou3

続いてもお酒関係の法律ですが、ハワイでは公共の場所での飲酒は禁止とされています。日本では路上や公園でお酒を飲む方もいますが、ハワイでそれをやると逮捕される可能性があります。

逮捕されると奉仕活動と罰金刑になるので、うっかりでも公共の場所での飲酒はしないように!

ちなみに、深夜0時以降はお酒の販売ができないシステムなので、ホテルなどでお酒を飲む場合にも早めに買いに行くのがよいでしょう。

 

絶対に横断歩道を利用

hou4
画像出典:http://trip-to-hawai.seesaa.net

日本ではたびたび見られる車道を渡る行為。車に乗る側からすると危険だなと思いますが、それで歩行者が罰せられるのを見たことがある方はいないでしょう。

ハワイでは横断歩道のない場所を横切ってわたると1人につき130ドルの罰金が科されます。例え車がまったく走っていないようなときであっても、とにかく横断歩道を渡らなければなりません。

また、手押し式の信号でボタンを押さないと信号がいつまでも変わらないこともありますので注意しましょう。

 

おすすめ記事finger-redハワイ・ワイキキの日本語が通じる病院3つ+日本の薬が買えるお店

 

ウミガメに触らない

hou5

ハワイといえばマリンアクティビティも魅力!中でもウミガメを観察するツアーやダイビングには人気が集まります。

このウミガメですが、追いかけまわしたり触ったりするのは禁止。ウミガメ以外にも野生動物は基本的に触らないのが賢明です。ウミガメに触った場合は罰金刑になるほか、産卵場所の柵内に入った場合も犯罪となります。

例外的に、ウミガメの方から近づいてきて触れた場合は人間が罰金を取られることはないので安心してください。

 

意外と知らないハワイの法律。特に旅先では気が緩みやすいのでタバコ・お酒関係には注意が必要です。

郷に入っては郷に従え!現地の法律をしっかり守って楽しいハワイ旅行にしてくださいね。

 

おすすめ記事finger-redハワイ旅行の前にチェック!知っておくべきハワイの常識・マナー5つ

スポンサーリンク
関連キーワード
旅行のスキルの関連記事
  • ハワイ旅行に行くなら断然『デルタ航空』がお得な理由とは!!
  • SPGの「プラチナチャレンジ」とは・・・SPGアメックスを活用して最上級会員になる方法
  • 【動画で解説】海外旅行に行ったときに、もっともお得な現地通貨への両替方法とは!!
  • nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を払って、クレジットカードのポイントを貯める方法
  • 『グローバルWiFi』を公式サイトよりもお得にレンタルする方法!!2カ国以上なら断然『jetfi』
  • ハワイ旅行に「お土産宅配便」が超便利!!そもそも、定番のお土産って現地で買う必要はある???
おすすめの記事