• 国内旅行
    まるで海外!日本で海外に行った気分になれるスポット7選
    2015年1月15日
  • ヨーロッパ
    USJより大興奮!本場イギリスのハリーポッター名所観光【完全攻略】
    2015年3月23日
  • 国内旅行
    支笏湖氷濤まつりの美しすぎる氷の世界 厳選写真25枚
    2015年2月12日
  • 東南アジア
    予約無しでも楽しめる!?タイのコムローイ祭り2015の日程は11月25日!
    2015年10月9日
  • 中国・台湾・東アジア
    韓国旅行の熟練が教えるソウルの市バス・マウルバスの乗り方と降り方
    2015年4月26日
  • passport+airplane オセアニア
    ニュージーランド歴5年の私がおすすめするお得な格安航空券の選び方と注意点
    2015年5月21日
  • ヨーロッパ
    3日で満喫できるモデルプラン!初めてのバルセロナ旅行で外せないおすすめ観光スポット5ヶ所を堪能
    2016年5月2日
  • 国内旅行
    城崎温泉を日帰りでも満足度100%のおすすめ温泉宿と外湯 厳選10選
    2016年2月24日
  • 旅行のスキル
    旅行中の日焼け止めはコレで決まり!敏感肌の私がやっと見つけた紫外線対策に最適なUVケアクリーム!
    2016年5月5日
  • 東南アジア
    スリランカの天空に浮かぶ古代宮殿【世界遺産シギリヤロック】
    2015年4月23日
海外旅行が安心に!これだけは絶対にこだわりたい持ち物10こ
スポンサーリンク

海外旅行に行くときは、できるだけ荷物がかさばらない方がいいですよね。

でも、これだけは絶対に持っ行ってほしいものをリストアップしました。

色々と裏テクみたいな情報は全く無いのですが、これがあれば絶対に後悔しない旅行にすることができます。

なのでもし、プラスαの荷物を持って行くよりも、これだけは最低限絶対に持っていかないと行けないものを紹介します。

 

1. 2つ目の『財布』

海外旅行, 持ち物,リスト,機内,荷物,便利

お財布は、外に出かける時に最小限のお金を入れておく財布とホテルに、大金が入っているお金が入った財布を2つ用意しておくことが重要です。

出かける時に持つ財布にはいかにもお金を持ってなさそうな財布にするといいです。

そうするとスリに狙われる可能性も低くなります。

 

中には何を入れるのかというと、その日に必要な現金クレジットカードパスポートのコピーを入れておきましょう。

 

もしお金がなくなった場合もクレジットカードで支払いを済ませる事ができるので、何か高額な支払いをしなければいけなくなった時も安心です。

 

もう1つの財布の方には、まとめて大事なお金やクレジットカード、運転免許証などをまとめて入れておきましょう。

わたしがオススメする財布は・・・

小さい財布

ちなみにこれが商品名ですw

商品名のとおり、手のひらやポケットにさっと収まるサイズです。

何と言ってもズボンの前ポケットに入るので、盗難される可能性が極端に下がります。

サイズは、なんと約6cm×9cmです。

無駄な隙間を極力なくし、究極のご極小財布を実現しています。

この小ささで、カード・コインも入って、お札を折らずに収納できます。

カラーバリエーションも豊富です。

わたしは、この動画を見て惹かれました。

 

 

スポンサーリンク

2. 海外旅行中のトラブルから守ってくれる『保険』

海外旅行, 持ち物,リスト,機内,荷物,便利

海外旅行で保険に入っていることは絶対に必要です。

 

もしも食べ物にあたって緊急入院することになったら、もしも交通事故にあって病院で治療を受けなければいけなくなったとしたら、本当にビックリするくらいお金がかかります。

 

それから、海外は日本以上に盗難などの犯罪は日常的です。特に日本人が多く訪れる観光地にはプロのスリ集団が多く忍んでいます。

 

日本から持って行く高額なカメラやスマホ、それから財布など全て無くなってしまう可能性は誰にでもあります。

 

そんなことにならないように、海外旅行中、保険に入っていることは絶対です。最悪、旅行にかかった飛行機やホテルの代金よりも病院や盗難にかかった損害額のほうが大きくなってしまいます。

 

3. 実は現金よりも重要な『クレジットカード3枚』

海外旅行, 持ち物,リスト,機内,荷物,便利

海外旅行では、もう絶対に持って行かないといけないマストアイテムです。

 

クレジットカードを3枚持っていく理由としては、メインで使う用、盗難した時用、そして旅行中の保険に無料で入る為のカードです。

 

それから、カードの種類はどこの国でも使えるように、VISA、MASTER、プラス1枚がいいでしょう。

 

VISAとMASTERを持っていれば、クレジットカードが使えるお店であれば必ずどこでも使えます。

 

また、クレジットカードをもっているだけで保険が適用されるカード会社はいくつかありますが、選ぶ時に重要視すべきは

  • 保険料はかからない
  • キャッシュレスでも治療を受けられる
  • 持っているカメラやスマホもカバーしてくれる
  •     

  • 自動付帯である

という点をしっかり踏まえているかが大事です。

 

それからもし家族旅行だから自分だけではなくて家族の分もクレジットカードの保険でカバーできるので、家族の分がしっかりカバーできるものを選びましょう。

わたしが、海外保険用におススメするクレジットカードはこちらです。

傷害死亡・後遺障害保険金最高5,000万円を補償。

ケガや病気、あるいは携行品の破損など、海外旅行における不慮の事故に対応しています。

この楽天プレミアムカードは、海外保険用として、とても優秀なカードですが、それ以外に超お得なサービスが付いています。

それが、無料で空港のラウンジが使用できる「Priority Pass」です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

プライオリティ・パス(Priority Pass)を徹底解明!!ラウンジは同伴者も使えるの??
2017-12-10 12:26
飛行機の待ち時間に、免税店で買い物 をするのもいいけど、疲れたので ゆっくりしたい。 そんなときに、重宝されるのが、 空港ラウンジです。 空港ラウンジは、そんな飛行機に乗る 人が出...

おすすめ記事finger-red海外旅行中の不安なトラブルを『安心』に変える保険付きクレジットカード 厳選4選

[blogcard url="http://ryoko-tatsujin.net/ryoko-skill/12449/"]

 

4. 日本で使っている『スマホ』

海外旅行, 持ち物,リスト,機内,荷物,便利

今は情報は全てwebの時代。

 

最新の観光地情報は全てwebで確認できます。逆にガイドマップに載っているお店はを探してみても中々見つかりにくいのですが、グーグル・マップがあればすぐに見つかります。

 

レンタカーを借りる時もグーグル・マップがあればカーナビは一切必要ありません。

 

それから現地のオプショナルツアーなどもインターネットで申し込んだほうが割引がついてきて安くなったりもします。

 

それから、今のスマホはデジカメに全く劣らない画質で画像や動画もとれます。スマホがあれば、旅行がスムーズに進みます。

 

5. 海外で使える『ポケットwifi』

海外旅行, 持ち物,リスト,機内,荷物,便利

スマホを持って行ったものの、『ネット環境が整っていない』とスマホを持っていてもネット環境が整っていなければ『Oh my god!!』と叫びたくなってしまうでしょう。

 

例えばネット環境があると表示されているホテルやレストランであっても、速度が遅く、かなり重くて使い物にならなかったなんてことは普通です。

 

かと言って、自分が加入している日本の海外でも使えるサービスに申し込むとメチャクチャ高額なお金を支払う、『パケ死』状態になってしまいます。。

 

このパケ死状態になると、携帯会社から数万円の請求が来るので覚えておきましょう。

 

なので、いつも海外旅行で使えるポケットWiFiを持ち歩いています。

 

ハワイやグアムの人気観光地からアメリカやイギリス、フランスなども1日980円で使い放題です。

 

ポケットwifiを持っていると時間も効率化できるし、色々調べたりするときもサクサクで少ない時間の中で旅行をする時は絶対に必携です。

海外旅行者がよく使っているポケットwifi3社を厳選した記事もあるので詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

[blogcard url="http://ryoko-tatsujin.net/ryoko-skill/29630/"]

 

 

 

6. 身分を証明するための『パスポートのコピー』

海外旅行, 持ち物,リスト,機内,荷物,便利

旅行中、警察に職務質問されたことがある人はこのパスポートの重要性について気がついていると思いますが、基本的に旅行者はパスポート、もしくは運転免許証などの身分証明書を携帯していないといけません。

 

『職務質問なんてされること殆ど無いんじゃない?』なんて思う人も多いかもしれませんが、タクシーに乗っていたら検問に引っかかって職務質問されることも少なくありません。

 

そんな時にパスポートを持ってないと警察に行く羽目になったり、中には賄賂を請求してくる悪い警察官もいます。そんな時の為にパスポートのコピーは必ず持っていましょう。

 

スマホに撮っておくのもいいですが、フォトショップで加工されているなんてイチャモンも付けられるので、紙媒体でのコピーを持っておくことが望ましいです。

 

7. あなたの荷物を守ってくれる『スーツケース』

海外旅行, 持ち物,リスト,機内,荷物,便利

スーツケース選びを失敗すると荷物が入らない、しかも壊れるなど最悪です。しかも値段も高いので、一度失敗すると中々買い換えることすら難しくなってずーーっと将来的に不憫な思い押します。

 

なので絶対にスーツケース選びは失敗しないで下さい。スーツケース選びの選び方は簡単にいうと6つです。

 

 

1. 帰りはお土産等、荷物が増えるので大きい物にする

現地でお土産や記念品を買うので旅行の荷物は行く時よりも帰りの方が多くなります。なのでコンパクトにまとめようとするよりも一回りサイズが大きいスーツケースを選んだほうが賢いです。

サイズで言うと

  • 2、3泊なら50~60リットル
  • 5、6泊なら100リットル

という感じですが、海外旅行に行くのならできるだけ大きいスーツケースの方が良いでしょう。大は小を兼ねるので色々な旅行に対応することができます。

 

 

2. スーツケース自体が軽量で丈夫であること

大抵の飛行機では一人当たりの荷物は20キロまで預けられます。

 

それを過ぎるとものすごく高い超過料金を取られるので知っておきましょう。ということで、スーツケースが軽量ということもとても重要です。

 

重いスーツケースだとそれだけで7、8キロしたりと、それだけでほぼ半分の重さを持って行かれてしまいます。

 

大きさにもよりますが超軽量のスーツケースを選びましょう。小型のスーツケースなら2キロ、大型のスーツケースであれば4キロが理想です。

 

 

3. 重い荷物もスムーズに運びやすいダブルホイールのもにする

スーツケースを転がす時に思ったように転がすことのできないスーツケースがありますが、それは典型的な使えないスーツケースです。

 

20キロが入ったスーツケースは操作性も悪く、最悪手首を怪我したりする可能性もあります。

 

なので操作性がよいダブルホイールの物を選びましょう。

 

 

4. TSAロックが着いたものにする

空港で荷物を預けた時に、税関が荷物の抜き打ちチェックをする時にかばんを開けることがあります。

 

スーツケースにカギを掛けていると無理やりカギを壊されてしまいます。

 

TSAロック付きのスーツケースであれば、関税の職員もマスターキーを持っているのでカギを壊されずに、スーツケースを開けることができます。

 

なのでスーツケースはしっかりTSAロックが付いたものを選びましょう。

 

5. カギはダイアル式を選ぶ

TSAロック式のものであればみんなダイアル式なので大丈夫です。

 

ダイアル式であればカギを無くして開けられなくなるということがありません。

 

スーツケースについている小さなカギは、結構簡単に紛失してしまうものです。

 

ダイアル式ならスマホで画像を取っておいたり、メモを残し置けば、カギがなくて開かないということは避けることができます。

 

 

6. 価格は3〜8万円のものが信頼できて安心

楽天やアマゾンでは5千〜2万円の格安のスーツケースも買うことができますが、中国などで作られている模造品に出会う確率も高いようです。

 

ファスナーを1回開けただけで壊れたなんて話もよく耳にします。

 

1回で壊れるというのは大げさですが、これでは『いつ壊れてもおかしくない』という不安を抱えながら旅行をするのは、全く旅行を楽しめません。

 

大事な荷物だからこそ、しっかり信頼できる価格帯のスーツケースを選びましょう。

 

この6つをしっかり補っているスーツケースでなければ、不安になることも少ないでしょう。

 

特にTSAロックは付いていないと空港で抜き打ちの荷物チェックをされる時にカギを壊される原因になるので絶対に必須です。

スクリーンショット 2016-07-13 17.48.58

>>レーシングカー・飛行機に使われている超軽量なのに剛性素材使用<<

 

8. 目の病気から回避するための『サングラス』

海外旅行, 持ち物,リスト,機内,荷物,便利

海外の日差しは日本の日差しの比ではありません。

 

なぜならば、湿気の多い日本の夏とは違い、砂漠のように乾燥しているので紫外線をもろに浴びてしまいます。なのでサングラスは絶対に必要です。

 

下の図を見ると分かりますが、日本は紫外線についてはそれほど強いわけではありません。

スクリーンショット 2016-07-13 15.57.27
出典:http://www.data.jma.go.jp

それにくれべて南国やアメリカ、オーストラリアは特に紫外線が強いです。更に、乾燥しているので体感する紫外線の強さはそれ以上です。

 

現地で安いサングラスを買うという手もありますが、露天で売っている安物のサングラスはUVカット機能が付いていないので、白内障などの目の病気を発症させる原因もなってしまうので気をつけましょう。

 

日本で普段使っているものでいいので絶対にサングラスは持って行きましょう。

 

9. 皮膚がんを防ぐために『日焼け止め』

海外旅行, 持ち物,リスト,機内,荷物,便利

上にも書きましたが海外の紫外線は本当に強いです。

 

どれほど強いかというと、目玉が焦げるのではないか?というくらい強いです。なので日焼け止めは必須です。

 

いきなり日差しが強いところに行くと、肌がヤケドを起こし、最悪皮膚がんになるということも想定しておかなければなりません。

 

なので海外旅行中はしっかり日焼け対策もしましょう。

わたしがオススメするのはこちらの商品です。

ポーラB.Aプロテクター

ポーラB.Aプロテクターは、なんと、「ベストコスメ累計9冠」に輝いた超人気です。

紫外線や近赤外線から肌を守り、潤いを与えるポーラ最高峰ブランドB.Aの日中用エイジングクリームです。

わたしも含め、出張や旅行で重宝している人は多いですよ。

ぜひ、お試しください!!!

ポーラB.Aプロテクター公式サイトはこちら

 

10. 砂漠みたいな乾燥から守る『保湿対策グッズ』

海外旅行, 持ち物,リスト,機内,荷物,便利

旅行中に乗る飛行機の機内は湿度が20%と砂漠状態です。

 

とても乾燥しています。どれくらい乾燥しているかというと、外国人が日本の夏は『まるでサウナ』とビックリするくらい、日本とはことなります。

 

日本の湿度が70〜80%だとすればイタリアは60%、ギリシャは40%、オーストラリアは40%、アメリカでは30%くらいと夏なのに日本の冬に匹敵する程乾燥しているエリアも多いです。

 

なので日焼け対策もそうですが、肌荒れを避けるために保湿対策もしっかりしましょう。

スクリーンショット 2016-07-13 21.38.50

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

これだけは絶対に持って行くべき持ち物10こを紹介しました。旅行に慣れていれば、慣れている人ほど現地で手に入るから大丈夫!というものも中にはあるのですが、日本でしか手に入らない、日本で準備しなければならないこともやはりあります。

 

これら10この持ち物を忘れずに、ぜひ安全で楽しい旅行にして下さい。
 

スポンサーリンク
関連キーワード
旅行のスキルの関連記事
  • SPGの「プラチナチャレンジ」とは・・・SPGアメックスを活用して最上級会員になる方法
  • 【動画で解説】海外旅行に行ったときに、もっともお得な現地通貨への両替方法とは!!
  • nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を払って、クレジットカードのポイントを貯める方法
  • 『グローバルWiFi』を公式サイトよりもお得にレンタルする方法!!2カ国以上なら断然『jetfi』
  • ハワイ旅行に「お土産宅配便」が超便利!!そもそも、定番のお土産って現地で買う必要はある???
  • 【トリップアドバイザーでマイルが貯まる】トリップアドバイザーの口コミを参考にお得に格安で国内・海外のホテルを予約する方法とは
おすすめの記事