1. TOP
  2. 沖縄の海でも焼けない!絶対覚えておきたい最強の日焼け対策5選

沖縄の海でも焼けない!絶対覚えておきたい最強の日焼け対策5選

夏と言えばやっぱり海。どうせ見るなら沖縄のエメラルドブルーの海に癒やされたり、シュノーケリングで海の中まで楽しみたいものですよね。

夏でも冬でも国内旅行の人気ランキングでは常にトップ10に入る沖縄。ただし、日差しには注意が必要です。ここでは沖縄の海で遊ぶときにもおすすめの最強の日焼け対策を5つ紹介します。

Sponsored Link

アームカバーやUVカーデ

okinawas1
画像出典:https://sp.ecollabo-jp.com

沖縄県に住む女性の多くが持っていると言われるのがアームカバーや薄手のUVカーディガン、パーカー。これは夏の強い日差しから肌を少しでも守るためにあります。

アームカバーは最近ではおしゃれなものがプチプラで買えたりしますので、1人1つか2つくらいは持っていても良いかもしれません。太陽がじかに当たらないので腕が少しは涼しいというメリットもありますよ。レンタカーを借りて運転するときにも必須です。

UVカーディガン、UVパーカーは海に入るときに使うことが多いです。水着だけで海にいると紫外線で真赤に腫れてしまうこともあるので、プチプラのUVカーデ、パーカーがあると便利です。

 

ビーチテント

okinawas2
画像出典:http://fineartamerica.com

海で1日遊びたいというときにおすすめなのがビーチテント・サンシェルター。ワンタッチで開くタイプなら持ち運びも設置も楽に行えます。

友達同士で海に行く、家族や親せきと海に行くシーンではビーチテントの中に荷物を置いたり、ビーチテントにミニテーブルを置いてご飯を食べたりするのがおすすめ。

5000円以内で買えるビーチテントが多いので、沖縄旅行に行く前に必ずゲットしておきましょう。

 

日焼け止めサプリ

okinawas3
画像出典:http://whiteveil.hatenablog.com

最近ブームになっているのが飲む日焼け止め。紫外線の刺激と光老化から肌を守ってくれるとあって、人気が高いです。また、日焼け止め成分だけではなくビタミンCやビタミンEが配合されているものは美肌効果も期待できます。

ただし、日焼け止めサプリを飲むだけではやはり不十分。普段通り気を配って日焼け止めを塗ったりアームカバーをしたうえで日焼け止めサプリを飲むことで美白と美肌をしっかり守れるのです。

沖縄旅行に行くときだけ飲んでおきたいのであればお試しセットを頼んでみるとよいでしょう。

日焼け止め

 

ローカル民もやっている!11-14時は出かけない

okinawas4
意外と多くの沖縄県民が行っているこの方法。日焼けをしたくないなら外に出なければいい、という旅行者的にはちょっと後ろ向きな方法ですが確実性は高いです。

真昼の海で泳いでいるのは沖縄県民ではなく観光客、なんていう話もあるくらい、沖縄県民は夕方以降にしか海で泳ぎません。夕方でも暑いですし、夕焼けに染まった海を見るのもよいですね。

沖縄を思い切り楽しみたい場合でも、11-14時の日差しの強い時間帯は屋内施設で過ごすプランを立てるのがおすすめですよ。

 

日焼け止めは最強クラスを使う

okinawas5
日焼け対策の基本となるのが日焼け止め。沖縄旅行に行くときにはSPF50+、PA++++の日焼け止めでしっかりと紫外線対策をするのがおすすめです。

ダイビングなどの計画があるならウォータープルーフを1個、それ以外の時に使うものを1個で最低でも2種類は持って行きましょう。離島に行くときには普段使っている日焼け止めを買えないこともあるので、少々荷物は多くなりますが2-3個持っておくと安心です。

 

よく読まれている関連記事はこちら

 

以上、沖縄の海を最大限に楽しむための日焼け対策を紹介しました。

沖縄の場合は日差しが特に強いので、普段は日焼け止めを塗らない男性も旅行の最中だけは気を配っておいた方がよいです。

日焼け止め


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

chihiro

この人が書いた記事

  • 彼女をときめかせるホワイトデープラン♪デートスポット特集2017

  • 意外と喜ばれる!家族でひな祭りイベントへ!

  • バレンタインデート2017-都内のおすすめスポット7選-

  • 子連れ必見!子供と遊べる上高地の観光地-定番・穴場-厳選10選

関連記事

  • 国際線の飛行機に乗るときに注意したい『液体』の持ち込み手荷物

  • シンガポールのwifi環境は?レンタルは日本でした方が安い

  • 【裏ワザ】高額な海外旅行の保険料を無料にする方法

  • ビジネスクラスで世界一周旅行!私達がワンワールドを選んだ5つの理由

  • ハワイ旅行の日焼け対策、日焼け止めは日本から最低でも1つ持って行こう

  • 国内線に搭乗するとき、飛行機への化粧品持ち込みに制限はあるの?