• ヨーロッパ
    夢の中にいるみたい!迫力満点のアルザス地方クリスマスマーケット厳選6選
    2015年12月15日
  • 東南アジア
    ベトナム旅行者に人気なスーパーで買えるベトナムのお土産 厳選10選
    2015年6月2日
  • 旅行のスキル
    海外旅行ロストバゲッジ経験者が語るおすすめの予防&対応策5選
    2015年4月21日
  • トレンド
    カップルでデートにおすすめな全国の有名七夕祭り2015 厳選20選
    2015年7月7日
  • 北米
    ワシントンDC6年目の私がお勧めする最高級ホテル 厳選7選
    2015年4月20日
  • 国内旅行
    日光湯西川温泉6月の観光は平家大祭2015の見どころ8つ
    2015年5月30日
  • ヨーロッパ
    ドイツ旅行で訪れたい"存在しない街"と噂のビーレフェルト
    2015年9月15日
  • 世界のおすすめ情報
    AirPano『もしもあの観光地が一つの惑星だったら』厳選画像21選
    2015年4月11日
  • 世界のおすすめ情報
    スピリチュアル系旅行者におすすめな世界のパワースポット厳選50選
    2015年7月1日
  • 旅行のスキル
    旅行中の日焼け止めはコレで決まり!敏感肌の私がやっと見つけた紫外線対策に最適なUVケアクリーム!
    2016年5月5日
赤ちゃんの紫外線対策は万全?ハワイでの紫外線ケア方法4つ
スポンサーリンク

日本よりもはるかに強いハワイの日差し。赤ちゃんへの影響も気になるところですが、一方で赤ちゃんに日焼け止めを塗っても大丈夫?とも思いますよね。

そこで、赤ちゃん連れの家族でハワイに行くときの、赤ちゃんの日焼け対策を紹介したいと思います。

赤ちゃんこそ紫外線ケアを

akachan1

実は幼い頃に浴びた紫外線の量が成人後の白内障・皮膚がん発症リスクとかかわっているという話があります。

皮膚がんが多い国と言われるオーストラリアでは紫外線対策を積極的に取り入れることのなかった老年層でいまだに皮膚がんの発症率が高いままでもあるのです。

しかも赤ちゃんの肌は大人の2分の1の薄さで、非常に敏感。紫外線によるダメージも大人以上なので、しっかり親御さんがケアしてあげましょう。

 

スポンサーリンク

10-14時は室内で過ごそう

akachan2
画像出典:http://wikiwikishopping.blogspot.jp

1日の中で特に日差しが強いのは10時から14時ころ。ハワイに旅行に行くとき、赤ちゃん連れならこの時間はできるだけ屋内にいた方が安心です。

ハワイは日の入りが冬でも18時ころで14時を過ぎてもまだまだ海で遊べますので、紫外線ダメージのひどい時間に無理に海で遊ぶ必要はありません。

レンタカーなどで移動するときも、日よけのためにサンシェードを使うのがおすすめです。

 

ベビーカーにもちょっとの工夫を

akachan3

日本からベビーカーを持っていくとちょっと手間にはなってしまいますが、一般的なハワイのレンタルベビーカーに比べて日本のベビーカーは日よけ部分が大きめ。

紫外線ケアの面から言えば、日本からベビーカーを持っていくのがベストと言えます。

レンタルする場合にはベビーカー用の日傘を日本から持っていくか現地で買うようにすれば紫外線対策がでいます。2000円くらいの商品もありますし、たためるので持ち運びが便利です。

 

日焼け止めは3ヶ月以降

akachan4
画像出典:http://www.alkaloid.com.mk

赤ちゃんの肌はもともと敏感ですが、なかでも生後3か月までの赤ちゃんは超敏感肌と言っても過言ではないほどですので、3ヶ月までは日よけで紫外線対策をしましょう。

3ヶ月以降の赤ちゃんであれば、ベビー用の日焼け止めを使ってもOK。基本的にはベビー用は紫外線散乱剤を使っているもので、赤ちゃんに使うなら無添加、低刺激の商品が良いでしょう。

また、大人の場合は日焼け止めをクレンジングで落とすこともできますが、赤ちゃんにはクレンジングが刺激になってしまう可能性も。

石けんなどで落とせるタイプかどうか、ということも赤ちゃん用の日焼け止めを選ぶ重要なポイントです。耳や耳の後ろ、鼻、足先などは塗り忘れが多いので注意してくださいね。

 

よく読まれている関連記事はこちら

 

[blogcard url="http://ryoko-tatsujin.net/ryoko-skill/29470/"] [blogcard url="http://ryoko-tatsujin.net/hawaii-guam-micronesia/28807/"] [blogcard url="http://ryoko-tatsujin.net/ryoko-skill/27780/"]

 

日焼けをしてしまったら…

akachan5
画像出典:http://www.ecvv.com

これだけ注意しても日焼けをしてしまった場合には、すぐに冷やすことが大事です。日焼けは一種の火傷ですので、保冷剤をタオルやガーゼでくるんだもので冷やしてあげましょう。

皮膚の薄い赤ちゃんはちょっと日に当たっただけでも炎症を起こすことがあるので、数時間に1回は親御さんが日に当たりそうな部分をチェックするのがベストです。

 

ハワイで家族旅行の楽しい思い出を作るときには日焼け対策もしっかりと!赤ちゃんの肌を守って、将来のがんリスクも予防しましょう。

スポンサーリンク
関連キーワード
旅行のスキルの関連記事
  • ハワイ旅行に行くなら断然『デルタ航空』がお得な理由とは!!
  • SPGの「プラチナチャレンジ」とは・・・SPGアメックスを活用して最上級会員になる方法
  • 【動画で解説】海外旅行に行ったときに、もっともお得な現地通貨への両替方法とは!!
  • nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を払って、クレジットカードのポイントを貯める方法
  • 『グローバルWiFi』を公式サイトよりもお得にレンタルする方法!!2カ国以上なら断然『jetfi』
  • ハワイ旅行に「お土産宅配便」が超便利!!そもそも、定番のお土産って現地で買う必要はある???
おすすめの記事