• 旅行のスキル
    【裏ワザ】高額な海外旅行の保険料を無料にする方法
    2016年8月9日
  • 北米
    効果抜群!セドナで人気のお土産にしたいパワーストーン 厳選3選
    2015年5月10日
  • ヨーロッパ
    格安旅行に必須!ヨーロッパに3年住んでいる私が使っている航空券・電車チケットを取るサイト14つ
    2016年4月17日
  • 国内旅行
    肝試しには最高な京都の最恐心霊スポット&住所 厳選20選
    2015年7月23日
  • ヨーロッパ
    美人とITとメルヘンが融合するエストニア・タリンのおすすめ観光地とグルメ
    2015年5月28日
  • 世界のおすすめ情報
    年末年始を過ごすのにぴったりな海外のおススメスポット厳選20選(後編)
    2015年12月10日
  • トレンド
    カップルでデートにおすすめな全国の有名七夕祭り2015 厳選20選
    2015年7月7日
  • ヨーロッパ
    要注意!知らないと危険なドイツ旅行の常識?ドイツで生き残るための9ヶ条
    2016年1月13日
  • ヨーロッパ
    ラトビア観光に外せない首都リガのおすすめ観光地と謎の日本食レストラン
    2015年6月16日
  • 世界のおすすめ情報
    夏休みにまだ間に合うトラベルコちゃん8月のおすすめ格安ツアー 厳選5選
    2015年6月16日
国際線の飛行機に乗るときに注意したい『液体』の持ち込み手荷物
スポンサーリンク

海外旅行に行くときに注意しなければいけないことが国際線の液体持ち込みについて。液体物はすべて100ml以下の容器に入れて、容量1L以下の袋に入れなければいけないという決まりがあります。

それにプラスして、袋はジッパー付きの透明プラスチック袋、持ち込めるのは1人あたり1袋だけという決まりも。

どんなものが『液体』なのか、特に注意したいものは、など国際線に搭乗するときの液体持ち込みに関するちょっとしたポイントを見ていきます。

例外:医薬品と離乳食

ekitai1

まず液体に当てはまりはするものの、例外的に袋に入れなくても持ち込めるとされるのが医薬品と離乳食。医薬品にはコンタクトレンズの保存液や液状・スプレー状の薬などが当てはまります。

検査時に申し出る必要もありませんが、念のため診断書・処方箋などを持っておくと安心です。

 

スポンサーリンク

クリーム・ジェル・歯磨き粉も液体扱い

cd6ccbb877d6aec07806e802990fe231_m

スキンケア用のクリームはものによっては非常に固めで液体とは到底思えませんが、国際線の機内持ち込みの荷物分類上は液体となります。

また、ジェルに関しても同様でローヤルゼリーなどの健康食品、プリンなどの食品も液体扱い、100ml以下の容器に入れなければいけません。

その他に液体に分類されるジェル・クリーム状の商品にはリップグロス、ハンドサニタイザー、蜂蜜、修正液、歯磨き粉などがありますので注意しましょう。

 

シートは問題なし

ekitai3
画像出典:http://makeupandbeauty.com

ウェットティッシュやクレンジングシート、洗顔シートなどシートに液体が染み込んでいるタイプの商品に関しては、液体物の持ち込み制限対象外となります。

つまり100mlの容器に入れたり1Lの袋に入れたりすることなく機内に持ち込める荷物ということです。

シートパックも同様に機内持ち込み可能ですので、飛行機内の乾燥が気になる女性は保湿には少量の化粧品とシートパックを持っていくと安心です。

 

スプレーは種類によって違う

ekitai4
画像出典:http://www.twentysixandthensome.com

かゆみ止めのためのスプレーや制汗スプレー、ヘアスプレーなどもほかの液体と同じように100ml以下の容器に入っていれば持ち込みOK。

ですが静電気防止スプレーや防水スプレーなどはそもそも客室内への持ち込みがNGですので、注意してください。預入の荷物には入れられますので、基本的にスプレー類はまとめて預けるのがおすすめです。

 

液体機内持ち込みのおすすめ方法

ekitai5

機内に液体を持ち込むためのビニール袋は空港でも手に入れられますが、空港であれこれ手間取るのも面倒ですし、先に用意しておくことをおすすめします。

旅行用品店で専門の袋を買うもよし、ジップロックの中サイズで対応するもよしです。ジップロックにはロゴが入っていますが、全面に模様がなければ『透明の袋』とみなされるケースがほとんどです。

bf60f405bf3f5f85185dc6ef90568059_m

女性の場合化粧水、乳液、クリーム…と入れていくと思ったよりも早く袋がいっぱいになってしまうので、機内でも旅先でも使えるオールインワン商品を買っておくのがおすすめ。

おすすめのオールインワン化粧品👉機内の乾燥対策は?国際線機内持込サイズのコンシダーマル1本で解決!

また、ロストバゲージの可能性がありますので、現地で1日くらいはそのバッグだけでも過ごせるようなものを入れる気持ちで準備するとよいでしょう。例えばシャンプー・リンスは1回分、お試しサイズの歯磨き粉などです。

私自身が海外旅行に行くときに危うくお気に入りのリップグロスを没収されかかったので、事前にどれが液体でどれが液体でないのかをしっかり調べていくことが重要です。

液体かどうか判断がつかなければ航空会社に聞くのもよいですし、それが面倒であれば最初からビニール袋に余白を作っておくと荷物制限で泣く泣くお気に入りの商品を手放すリスクを減らせます。

 

スポンサーリンク
関連キーワード
旅行のスキルの関連記事
  • ハワイ旅行に行くなら断然『デルタ航空』がお得な理由とは!!
  • SPGの「プラチナチャレンジ」とは・・・SPGアメックスを活用して最上級会員になる方法
  • 【動画で解説】海外旅行に行ったときに、もっともお得な現地通貨への両替方法とは!!
  • nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を払って、クレジットカードのポイントを貯める方法
  • 『グローバルWiFi』を公式サイトよりもお得にレンタルする方法!!2カ国以上なら断然『jetfi』
  • ハワイ旅行に「お土産宅配便」が超便利!!そもそも、定番のお土産って現地で買う必要はある???
おすすめの記事