1. TOP
  2. 旅行の荷物を減らす方法。荷物がいつも多くなる人に知ってもらいたい5つのコツ

旅行の荷物を減らす方法。荷物がいつも多くなる人に知ってもらいたい5つのコツ

旅行の際、ついつい荷物が多くなってしまって飛行機の重量制限で超過料金を取られたり、移動の時に不便だったりという経験をお持ちの方も少なくはないはず。

いつも大荷物になってしまう方がどうやって荷物を減らしていけばいいのか、いくつかのコツを紹介します。

Sponsored Link

リストを作る

nimotsu1

まず1番に大事なことはリストを作ること。絶対に必要なもの、それなりに必要なもの、あれば使うけどなければないでも大丈夫なものに分けましょう。

また、現地で手に入れられるものと現地で手に入れられないものに分けるのも効果的。自分の荷物がどれくらいなのかを可視化するためにも旅行の前に必ずやっておきたい作業です。

このリストに沿って持ち物を詰めていき、スーツケースやかばんの空きを見ながら調節していくのがベストと言えるでしょう。

 

バッグ選びも重要

nimotsu2

次にバッグのサイズですが、これは旅の方向性に合わせて決めるのが良いでしょう。例えばパックツアーで空港送迎が着いているなら大きなバッグを持って行っても困ることはあまりありません。

一方でバックパッカーや個人旅行の場合は、バッグそのものを小さくする必要があります。大体40Lまでで2泊、45-59Lで3-4泊、65-74Lで5日から1週間が目安と言われています。

 

化粧品に注意!

nimotsu3

女性の場合荷物が多くなる原因の1つに化粧品があります。特に日差しの強い国に行く場合は日焼け止めなども持って行かなければなりませんし、必然的に荷物が増えてしまうのです。

ですが工夫次第で化粧品も減らすことが可能。具体的にまず取り組みたいのがサンプルを使うことです。何か買った時にちょっともらったサンプルを旅行のためにストックしておくとよいでしょう。

もう1つは旅行中のスキンケアをシンプルにするためにオールインワン商品を使うこと。化粧水、乳液といろいろ持っていくよりも大幅に荷物が減らせます。

 

ポーチよりもビニール袋

nimotsu4
画像出典:http://mery.jp

旅行中の荷物を詰めるときは洋服は洋服、コスメはコスメといったように分けますが、その際にポーチを使うとポーチそのものが幅を取ってしまうことが多いです。

洋服については圧縮タイプのビニール袋がおすすめで、そのほかのものもよほどこだわりがあるもの以外はマチのないタイプのジップロックに入れましょう。

意外とポーチが占める容量は大きいので、このコツは特に重要です。

 

シェアして使おう!

nimotsu5

友達と旅行に行くときはシェアできるものを考えてみるのもおすすめ。例えばヘアドライヤーなどはみんなでシェアできるものの代表です。

あとは洋服やアクセサリーなどをシェアする方もいますが好みの違いなどもあるので、実際に話し合って決めてみてください。

人数が多ければ多いほど荷物が減らせる裏技と言えるでしょう。女性の場合はスキンケア用品のシェアもおすすめ。

 

持っていく荷物が少なければそれだけお土産をスーツケースやかばんに入れる余裕も出てきます。家を発つ前にはできるだけ荷物を減らして、軽やかに旅に出ましょう!

 


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

chihiro

この人が書いた記事

  • 子連れ必見!子供と遊べる上高地の観光地-定番・穴場-厳選10選

  • 子連れ必見!子供と遊べる尻焼温泉・六合の観光地-定番・穴場-厳選10選

  • 子連れ必見!子どもと遊べる軽井沢の観光地-定番・穴場-厳選10選

  • 子連れ必見!子供と遊べる札幌の観光地-定番・穴場-厳選10選

関連記事

  • 68カ国旅行した僕が海外旅行初心者の友人におすすめしている語学力の不安を解消する方法

  • 格安航空会社(LCC)はなぜ凄い?思わず納得する4つの理由

  • 旅行のパッキングは軽量化が命!旅行女子実践しているプチアイデア10選

  • 海外旅行ではクレカがお得!持っていきたいクレジットカード4つのポイント

  • 知らずのうちに罰金も!?知らないと怖いハワイの法律5つ

  • 海外旅行で緊急入院!入院費用はいくら?アメリカ/オーストラリア/イギリス/エジプト/中国の医療費を比較