1. TOP
  2. シンガポールのチャンギ空港でwifiを登録する具体的な方法

シンガポールのチャンギ空港でwifiを登録する具体的な方法

シンガポールの通信環境における最大の特徴は、政府が無料でwifi環境を提供してくれているということ。

シンガポールに着いた瞬間からネットを使うために、チャンギ空港でwifiの登録をする方法をお教えします。

 

ターミナル内でwifiを使う方法

pole1
画像出典:http://www.brenontheroad.com

まずは空港内のみでwifiを使う方法です。

こちらの方法ならIDやパスワードなしで無料でwifiを使うことが可能ですので、空港に着いてすぐに家族に連絡したいときなどに利用するのがおすすめです。

空港到着後、wifiネットワーク検索で『#WiFi@Changi』を選択、携帯番号を入力するとワンタイムパスワードがSMSで送られてくるので、パスワードを入力すれば完了です。

 

Wireless@SGの利用法

pole2
画像出典:http://monchack.blog.so-net.ne.jp

政府が主導しているWireless@SGをチャンギ空港で登録・利用するための方法を紹介します。

まずは到着後すぐに1階にあるインフォメーションカウンターへ。

大きな文字で『i』と書いており、近くには外貨両替のカウンターがあります。

チャンギ空港は世界的なトランジット空港だけあって非常に広いので、案内板を確認しながら行きましょう。

pole3
画像出典:http://mikespassport.com

次にカウンターでWireless@SGを利用したいと告げます。

するとパスポートの提示を求められますので、パスポートは税関終了後奥にしまいこまないように注意しましょう。

パスポートで本人確認が終了すると、プロバイダ、ユーザーID、パスワードが書かれた紙を渡されます。

これをもとに、今度はwifiにつないでいきます。

手持ちのスマホやパソコンでwifiネットワークを検索、Wireless@SGにアクセス後、先ほどもらったユーザIDとパスワードを入力すればOKです。

ユーザー名・パスワードの有効時間は6時間ですので、もらったその場で手続きを済ませておくのがおすすめ。

 

もしもわからなくなったら…

pole4
画像出典:http://silvet.biz

普段あまり海外に行かないし、設定の変更がわからないという方もいるかもしれません。

そういう場合は、言語設定を英語にしてカウンターに相談するという方法もあります。

多くのスマホで、設定→言語と入力や言語設定→各言語選択ができるようになっているので、Englishを選びます。

その状態で相談するとカウンターの職員にとってもわかりやすく、スムーズに事が運ぶので言語設定変更だけは行っておきましょう。

英語がそれほど話せなくても後は身振り手振りでどうにか通じるはずです。

 

シンガポールならではの無料wifiネットワークであるWireless@SG。

公共の無料wifiで速度がとても速いというわけではないので、常にネットをつないで地図や情報を確認したい方はプリペイドSIMやwifiルーターのレンタルを検討してみてください。

wifiルーターは現地の方がやや割安、キャンペーンをやっていると日本円で1日500円以内で収まることもあるので、まずはチャンギ空港公式ページのwifiルーターをチェックしてみましょう。

>>人気No.1!『イモトのwifi』最新キャンペーンはこちら

よく読まれている関連記事はこちら


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

chihiro

この人が書いた記事

  • まるでファンタジー!幻想的な世界遺産トップ10!

  • 綺麗なビーチならココ!世界の絶景ビーチリゾート10選

  • 彼女をときめかせるホワイトデープラン♪デートスポット特集2017

  • 意外と喜ばれる!家族でひな祭りイベントへ!

関連記事

  • 海外旅行ロストバゲッジ経験者が語るおすすめの予防&対応策5選

  • 旅行の荷物を減らす方法。荷物がいつも多くなる人に知ってもらいたい5つのコツ

  • 海抜0mから燃料0 所持金0円でエベレストに登頂して気がついたこと9つ

  • 子供連れ海外旅行の持ち物リストに加えるべきはこのクレジットカード

  • 13年間海外旅行を続けて感じた最も便利な持ち物とは?

  • 日焼け止めランキング2016年のおすすめTOP3だけ知っておけば安心!