• ヨーロッパ
    夏好き旅行者が訪れるべきフランスのおすすめビーチリゾート 厳選5選
    2015年6月13日
  • 国内旅行
    日光湯西川温泉かまくら祭り2016はツアーなしでも楽しめる!7ヶ所全てを紹介
    2016年1月20日
  • 北米
    アメリカの桜も美しい!ワシントンDCの全米桜祭りはエキゾチックに開催!
    2015年3月26日
  • passport+airplane オセアニア
    ニュージーランド歴5年の私がおすすめするお得な格安航空券の選び方と注意点
    2015年5月21日
  • ヨーロッパ
    ロンドン旅行者におすすめな電車バスで行ける日帰り観光地厳選7選
    2015年3月10日
  • ヨーロッパ
    夏のフランス観光に外せないバイヨンヌ祭り2015の日程と楽しみ方
    2015年7月28日
  • ハワイ・グアム・ミクロネシア
    買い物帰りに癒されるハワイの穴場レストラン 厳選8選
    2015年1月13日
  • 世界のおすすめ情報
    年末年始を過ごすのにぴったりな海外のおススメスポット厳選20選(後編)
    2015年12月10日
  • 国内旅行
    秋の上高地観光におすすめな紅葉スポット2015 厳選10選
    2015年9月10日
  • 国内旅行
    城崎温泉を日帰りでも満足度100%のおすすめ温泉宿と外湯 厳選10選
    2016年2月24日
テオティワカン太陽のピラミッドは必見!メキシコシティの観光スポット 厳選10選
スポンサーリンク

ラテンアメリカを語る上で欠かせない都市がメキシコシティです。2000万人の人口を抱える街ですが、政治経済の中心というだけではなくメキシコ観光の中心地でもあります。

かつてラテンアメリカ一帯にあったアステカ帝国の遺跡、その後の植民地時代の遺跡など、世界遺産に登録されている観光スポットも多いです。メキシコシティを回るのに欠かせない観光スポットを10個厳選しましたので、早速見ていきましょう。

テオティワカン遺跡

Mexiko 2006; Mexico City
画像出典:http://en.wikipedia.org/

テオティワカン文明の中心となった都市遺跡で、世界遺産に登録されています。テオティワカン文明は紀元前の文明とは思えないほど優れた統治組織の存在、独自の宗教観による生け贄などの文化でも注目される文明です。

ピラミッド、壁画博物館など見どころもいくつかありますが、特にピラミッドは実際に上ってみるのがおススメ。暑いので、水分補給は必須です。

施設名:テオティワカン遺跡
英名:Teotihuacan
住所:Plaza Juarez s/n, Col. Centro, Teotihuacan, EdoMex, C.P. 55800
URL:http://www.teotihuacan.gob.mx/

 

スポンサーリンク

死者の道

mexik2
画像出典:http://traveldesigned.com/

上述のテオティワカン遺跡の中にある道で、ピラミッドまで続く広い道を指しています。道沿いにお土産を売っている方が多いので、値段を聞いて買ってみるのもアリです。

テオティワカンのピラミッドに上るとなると必ず通る道なので特に感慨深いというわけではありませんが、フォトジェニックな場所。写真を撮るなら背景にピラミッドを置いて、手前に死者の道を入れるときれいです。

施設名:死者の道
英名:La Calle de los Muertos
住所:Avenida Tuxpan San Martin Centro, San Martin De Las Piramides, Mexico

 

メキシコ シティ歴史地区とソチミルコ

mexik3
画像出典:http://ja.wikipedia.org/

ソチミルコはメキシコシティの行政区の1つで、運河を船でクルーズして観光することから『メキシコのヴェネツィア』とのあだ名も持っています。

派手な船(トラヒネラ)に乗って楽団の演奏を聞きながらクルーズを楽しんでみてはいかがでしょうか?また、昨今話題となった心霊スポットである『人形島』もソチミルコにあります。

施設名:メキシコ シティ歴史地区とソチミルコ
英名:Historic Centre of Mexico City and Xochimilco
住所:Xochimilco, Federal District, Mexico

 

ソチカルコの古代遺跡地帯

mexik4
画像出典:http://commons.wikimedia.org/

メキシコで長い間最大の勢力として活躍してきたテオティワカンが衰退しはじめた時、後続の勢力として力を伸ばしたのがソチカルコです。ソチカルコの遺跡は1999年に世界遺産登録されました。

ソチカルコの宗教的な一面を表すのが、羽毛のヘビであるケツァルコアトル神。ピラミッドに描かれているので、探してみましょう。

施設名:ソチカルコの古代遺跡地帯
英名:Archaeological Monuments Zone of Xochicalco
住所:Carretera Federal Xochicalco-Tetlama S/N, Miacatlan, Morelos, Mexico

 

メトロポリタン カテドラル

mexik5
画像出典:http://en.wikipedia.org/

メキシコでもっとも大きなカトリック教会で、メキシコのカトリック教徒たちにとって非常に重要な場所です。

スペインがメキシコを植民地にする際、現地の人々の信仰心を失くすためにあえて神殿を壊して作ったという歴史もあります。全体的にはスペインのカトリック教会に近いですが、南米らしい抜けるような青空によく映え、印象がやや異なります。

施設名:メトロポリタン カテドラル
英名:Catedral Metropolitana
住所:Plaza de La Constitucion S/N, Centro, Cuauhtemoc, Ciudad de Mexico, Distrito Federal, Mexico

 

グアダルーペ寺院

mexik6
画像出典:http://commons.wikimedia.org/

メキシコの守護神である『聖母グアダルーペ』図像をたてまつっている寺で、カトリックの本拠地であるバチカンから『カトリック3大奇跡』にも選ばれています。

絶対に見たいのはインディオのフアン・ディエゴのマントに突如として現れたグアダルーペの聖母の図像。この図像を見るために、世界中から人々が集まるほどの人気ぶりです。

施設名:グアダルーペ寺院
英名:Basilica de Guadalupe
住所:Plaza de las Americas 1, Villa de Guadalupe, 07050 Mexico City, Distrito Federal

 

国立人類学博物館

mexik7
画像出典:http://en.wikipedia.org/

メキシコとかつて周辺にまで大きな影響を与えた古代文明の歴史を知ることができる博物館です。規模が大きく、じっくり見て回るなら2日はかかるとも言われています。

特に有名な展示物は巨大な人頭像、アステカカレンダーなどです。館内では日本語のガイドブックも販売されているので、おみやげとして持って帰るのもよいかもしれません。

施設名:国立人類学博物館
英名:Museo Nacional de Antropologia
住所:Paseo de La Reforma Sn, Bosque de Chapultepec, 11580 Miguel Hidalgo
URL:http://www.patronatomna.com/

 

メキシコ国立自治大学

mexik8
画像出典:http://commons.wikimedia.org/

アメリカ大陸で2番目に古い大学で、大学の卒業者に3人ものノーベル賞受賞者がいる、メキシコの高等教育施設の代表です。

もっとも人気があるスポットは、メキシカン・モダン建築家のホアン・オルゴマンによる壁画。壁画に描かれた繊細な世界観は、まさにアートを体感しに来たといった感じです。

周辺には屋台などがあるので、芝生に座って壁画を眺めながらのんびりご飯をするのもまた一興です。

施設名:メキシコ国立自治大学
英名:Universidad Nacional Autonoma de Mexico
住所:Escolar Coyoacan, Coyacan, Distrito Federal, Mexico
URL:http://www.unam.mx/

 

チャプルテペック城/国立歴史博物館

mexik9
画像出典:http://commons.wikimedia.org/

かつて別荘だったものが1934年に博物館となりました。館内の調度品や装飾などがラグジュアリーで、中世から近代のヨーロッパの雰囲気を楽しめます。

チャプルテペック城/国立歴史博物館に行くまでに通る公園では、現地の家族連れがのんびりしていたりと平和で穏やかな光景がよく見られます。時間があれば公園散策もよいでしょう。

施設名:チャプルテペック城/国立歴史博物館
英名:Castillo de Chapultepec/Museo Nacional de Historia
住所:Castillo de Chapultepec Av Crnl. Felipe Santiago Xicotencatl, Bosque de Chapultepec I, Miguel Hidalgo, Ciudad de Mexico

 

よく読まれている関連記事はこちら

[blogcard url="http://ryoko-tatsujin.net/southamerica/15373/"]

[blogcard url="http://ryoko-tatsujin.net/southamerica/15371/"]

[blogcard url="http://ryoko-tatsujin.net/southamerica/15369/"]

国立宮殿

Mexico City, Dec 2003
画像出典:http://commons.wikimedia.org/

植民地時代の宮殿で、独立の鐘・壁画『メキシコの歴史』などでよく知られる観光地でもあります。壁画はアステカ時代からのメキシコの歴史を紹介しています。

メキシコの人々にとってこの宮殿は独立の象徴でもあります。毎年9月15日の独立記念日には、大統領が宮殿から『メキシコ万歳!』と叫び、国民と一緒に独立をお祝いする習慣があります。

施設名:国立宮殿
英名:Palacio Nacional
住所:Centro, Cuauhtemoc, Ciudad de Mexico City

 

メキシコ最大の都市、メキシコシティの10の観光スポットはいかがでしたか?大きく分けるとスペイン植民地時代より前と後の遺跡・史跡に分けることができます。

植民地時代より前は石造りで祭壇を中心とした遺跡が多く、植民地時代以降はカトリック教会や邸宅などの観光スポットが多いです。国立人類学博物館やテオティワカン遺跡は日曜日には混み合うので、空いているのが好きな方は日曜日は避けてください。

 

 

スポンサーリンク
関連キーワード
中南米の関連記事
  • 疲れが癒やされるトリニダードトバゴのおすすめホテル 厳選10選
  • ポルト・セグーロでおいしいと話題のレストラン厳選10選
  • ブラジル独立運動の拠点となったサルバドールの人気観光地 厳選10選
  • ブラジルで大航海時代を満喫!ポルト・セグーロの人気観光地 厳選10選
  • ブラジル人にも大人気!ポルト・セグーロのおすすめビーチリゾート厳選10選
  • トリニダードトバゴ料理といえばカリブ風シーフード!人気レストランはここだ!厳選10選
おすすめの記事