• 中国・台湾・東アジア
    ソウル観光を最大限に満足できるグリーンバスの乗り方とおすすめ観光地
    2015年6月30日
  • 中国・台湾・東アジア
    韓国旅行の熟練が教える1度は食べるべきおすすめ屋台グルメ 厳選7選
    2015年4月17日
  • 国内旅行
    秋の日光観光に外せないおすすめ紅葉スポットと2015のベストシーズン
    2015年9月29日
  • 国内旅行
    日本からのお土産に日本酒を持っていきたい人必見!日本酒を選ぶポイント3つ
    2015年4月19日
  • トレンド
    まだ間に合う!ゴールデンウィーク最後のイベントに水瓶座流星群!
    2015年5月6日
  • 国内旅行
    日本人なら絶対見なきゃ!日本の伝統的な町並み12選
    2015年1月20日
  • ヨーロッパ
    夏のフランス観光に外せないバイヨンヌ祭り2015の日程と楽しみ方
    2015年7月28日
  • ヨーロッパ
    ローカルにも大人気なフランスのおすすめB級グルメ 厳選7選
    2015年5月15日
  • 旅行のスキル
    ワーキングホリデー経験者がおすすめする仕事を始める前に知っておくと便利な英語フレーズ 厳選13選
    2015年7月10日
  • 国内旅行
    支笏湖氷濤まつりの美しすぎる氷の世界 厳選写真25枚
    2015年2月12日
天才建築家ジェフリー・バワが手がけたスリランカのホテル 厳選3選
スポンサーリンク

旅先で滞在するホテルは、どうやって決めていますか?
一般的には予算、立地、部屋のタイプといったことで
決められると思いますが、スリランカのホテル選びには、
ぜひそれ以外にお勧めしたいテーマがあります。

 

それはスリランカを代表する建築家、ジェフリー・バワが手がけたホテルたちです。
彼はアジアンリゾートホテルの礎を作った建築家と評されています。

天才建築家ジェフリー・バワとは

出典:http://junquonimura.img.jugem.jp/20090607_573982.jpg

画像出典:http://junquonimura.img.jugem.jp

ジェフリー・バワ(Geoffrey Bawa)は1919年生まれ、
スリランカの首都コロンボ出身の建築家です。
しかし当初から建築家を志していたわけではなく、イギリスに留学したのち、
当初は弁護士として働いていました。

母国スリランカに理想郷を作りたいと勉強し、建築家として活動を開始したのは、
なんと彼が38歳の時だったそうです!人間、いくつになっても情熱は大切ですね……。

blue_pool
画像出典:http://www.everystockphoto.com/

その後、彼は2003年に84歳で世を去るまで、スリランカにある数々の名ホテルはもちろん、
あのアマンリゾートのデザインコンセプト作りにも関わるなど大活躍しました。
アジアの高級リゾートホテルを中心に広まった「インフィニティーエッジ・プール」も、
彼が発案したデザインなんです。

Geoffrey Bawa 公式サイト
http://www.geoffreybawa.com/

スポンサーリンク

ヨーロッパの気品、アジアの開放感。彼の建築が持つ魅力

Lunuganga
画像提供:http://www.geoffreybawa.com

他国のリゾートホテルにいろいろ滞在してきた人であれば、
彼が手がけたホテルに入ったとたん、不思議な印象を受けることでしょう。
どこにもなさそうな、しかし見たことがあるデザインですから。
彼のグローバルな経歴によるアイデアの引出しの多さと、
それに影響を受けた多くの建築家のおかげで、私たちは知らず知らずのうちに
彼のデザインに触れているのでしょうね。

Kandalama

彼の建築におけるテーマの一つは、建設地にある自然の造形を壊さず、
最大限に生かすことでした。
彼が手がけたホテルの多くは、ドアや壁による空間の仕切りを無くすことで
開放的な空間を実現しています。

おすすめ記事finger-red スリランカ旅行に外せない世界遺産の街ゴール おすすめの行き方は高速バス!

ジェフリー・バワが手がけたおすすめホテル

スリランカにはあちこちに彼が手がけたホテルが残っていて、今でも宿泊することができます。
一泊数万円からと高級~超高級ホテルの予算が必要で、
予約が取りにくいのが大変ではありますが……それをクリアする価値は十分にあるでしょう!

また、その良さを堪能するには連泊がよいとの声も多く聞かれますが、
私自身それを実感しました。
寝る場所、食べる場所としてだけではなく、
場所そのものをぜひゆっくり楽しんで欲しいホテルです。

おすすめ記事finger-redスリランカの天空に浮かぶ古代宮殿【世界遺産シギリヤロック】

The Blue Water

the blue water
画像提供:http://www.bluewatersrilanka.com/

建築家として精力的に活動してきた彼が、最後に手がけたことから、
その活動の集大成とも言われるホテルです。
ホテル内を水が流れる大胆な設計によって、「海と建物の一体化」が図られています。

the blue water
画像提供:http://rainbowsrilankamaldivesoct12.blogspot.jp/

ホテルにいながらにして涼しさと自然が感じられる構造が素敵ですね。
上記で紹介した「インフィニティーエッジ・プール」も、
敢えて海とプールの境目が曖昧になるよう設計されたものです。
スリランカ自慢の黄金海岸を望む場所にあり、
コロンボ市内から車で1時間ほどのロケーションです。

The Blue Water
http://www.bluewatersrilanka.com/

 

おすすめ記事finger-red世界遺産もビーチ紅茶も!スリランカのおすすめ観光地 厳選10選

 

Heritance Kandalama

Kandalama

リゾートホテルを多く手がけたバワですが、唯一、内陸に建築したリゾートホテルとして有名な「ヘリタンス・カンダラマ」。
有名な世界遺産「シギリヤロック」に近いことも魅力のホテルです。
そのコンセプトも「森と一体化したホテル」でした。

Kandalama
エントランスの壁として生かされた巨大な岩をはじめ、
周囲の自然をインテリアにそのまま取り入れたホテルデザインに圧倒されます。
外観は緑に覆われていてコンセプトを体現していますが、
内部の洗練されたインテリアとのギャップも楽しんでくださいね。

Kandalama

 

Heritance Kandalama
http://www.heritancehotels.com/kandalama/

おすすめ記事finger-red スリランカ観光で外せない黄金海岸に簡単アクセス!ビーチで夕焼けも

 

Lunuganga

Lunuganga
画像提供:http://www.geoffreybawa.com

「ヌルガンガ」はバワ自身のの別荘として建築されましたが、今でもそこに宿泊できるのが魅力!
彼のプライベートな建物でしたが、リゾートホテル設計の実験場にもなっていたそうで、
彼がこの世を去るまで改装が続けられていたそうです。

Lunuganga
画像提供:http://www.geoffreybawa.com

その内部はさまざまなテイストのデザインが施されて混沌として見えますが、
そのどれに注目してみても美しいホテルです。
下記のURLの左下にある「CONTACT」から宿泊の申し込みが可能ですよ。

Lunuganga
http://www.geoffreybawa.com/lunuganga-country-estate/introductionpage

 

よく読まれている関連記事はこちら

[blogcard url="http://ryoko-tatsujin.net/southeastasia/12068/"] [blogcard url="http://ryoko-tatsujin.net/southeastasia/12223/"] [blogcard url="http://ryoko-tatsujin.net/southeastasia/10459/"] [blogcard url="http://ryoko-tatsujin.net/southeastasia/13329/"]

 

スポンサーリンク
関連キーワード
東南アジアの関連記事
  • エアアジアを使って超格安で海外旅行を楽しむ方法!!BIGポイントの効率的な使い方も徹底解明!!
  • 【ANAのビジネスクラス搭乗記】優先チェックイン、優先レーン、ラウンジ、シート、機内食まで徹底レポート!!
  • 韓国旅行前に観たい!韓流人気ドラマ&ラブコメ 厳選7選
  • スリランカの無料wifi事情とネットを使うためのおすすめの方法
  • 古代王朝の魅力!ミャンマー・バゴーのおすすめ観光地 厳選10選
  • 高級料理も食べたい!ラオス・ルアンパバーンの人気カフェ・レストラン厳選10選
おすすめの記事