1. TOP
  2. ベトナム旅行で訪れたい南国感たっぷりのおすすめビーチ 厳選6選

ベトナム旅行で訪れたい南国感たっぷりのおすすめビーチ 厳選6選

東南アジアに位置するベトナムは、南北に長い国土を持つためエリアによって気候は異なります。場所によっては南国らしい常夏の気候をが続き、年間を通して海水浴ができるビーチエリアもあります。今回はベトナム旅行者にとって、おすすめのビーチを6つ紹介します。

Sponsored Link

【ニャチャン】ニャチャンビーチ

IMG_9279_R

おそらく外国人に最も知名度があり、かつ人気があるのがこちら、「ニャチャンビーチ」。5kmにわたるビーチエリアは、どこでも泳ぐことが可能。砂浜がここまで延々と続くビーチはベトナムでは非常に珍しいです。

年間を通して世界各国から海水浴客が訪れ、ホテルやレストランなどが並ぶ観光のメインストリートからもビーチまでは徒歩圏内。泳がなくとも海沿いの遊歩道を散歩するだけで南国気分を味わうことができます。

また、ジェットスキーやパラセーリングといったマリンスポーツも体験することができます。

【ホイアン】クアダイビーチ

DSCN1335_R

中部世界遺産のホイアン歴史保護地区からタクシーで10分ほど走ったところに広がるビーチエリアです。「クアダイビーチ」は主に欧米人観光客と現地人に支持されていて、ビーチから歴史保護地区まで自転車でサイクリングすることもできます。

クアダイビーチの特徴は、海沿いにオープンするシーフードレストラン。砂浜にテーブルチェアを置いて、シーサイドで獲れたての魚介を堪能することができます。

背の高い椰子の木が砂浜に木陰を作り、その下でシートを広げてピクニックをしている現地人の、のどかな休日の一コマをうかがうこともできます。

【ダナン】ミーケービーチ

DSCN1308_R

中部ダナンは、ハノイとホーチミンに続くベトナム第三の都市と呼ばれ、近年観光開発に力を入れている様子です。そんなダナン市の中心市街地から、ソンハン橋を渡った先に広がる海が「ミーケービーチ」です。

中部地方は南部ホーチミンとは異なり、シーズンによっては肌寒い気温に下がることもあるので、ハイシーズンに旅行するのがベスト。外国人観光客に親しまれているビーチエリアです。

周辺には欧米人経営のカフェや、魚介を扱う食堂が多く並んでいます。タライに泳いでいる魚介を指差して注文し、「焼き、茹で」を選ぶことができます。価格はすべてマーケットプライスなので注意も必要。

【ムイネー】ムイネービーチ

IMG_2866_R

ホーチミン市からバスで約5時間。ヌクマム(ベトナム魚醤)の生産地として有名のファンティエットの町に到着します。そこからさらに30分ほど進むと、砂丘と海が広がるリゾートエリア・ムイネーに行くことができます。

ロシア人の避暑地として開発されたのがはじまりで、現在では数多くのバンガロータイプの宿泊施設やレストランが目抜き通りに軒を連ねています。ホーチミン旅行客でも一泊二日から楽しむことができます。

海水浴ができるエリアは目抜き通りのグエンディンチウ(Nguyen Dinh Chieu)沿いに広がるビーチ。ただし、多くの区画が傍の宿泊施設のものとなっているので、海沿いのホテルに宿をとるのがおすすめ。宿泊客以外いないので、プライベートビーチ感覚で満喫することができます。

【ブンタウ】バックビーチ

IMG_0613_R

ホーチミン市からバスで約二時間半、もしくは高速船で90分のところにあるブンタウは、ホーチミン観光客も日帰りで行ける庶民派ビーチリゾートです。「ベトナムの熱海」と称されているだけあって、海水浴客のほとんどがベトナム人。

南シナ海に面するブンタウのビーチは水温が高いのが特徴。ところによって波も高いので注意が必要です。ビーチエリアで最も人気なのは「バックビーチ」。トゥイヴァン(Thuy Van)通り沿いに広がっています。夜には屋台が海沿いに並び、ちょっとしたナイトマーケットにもなります。

【フーコック島】ロングビーチ

IMG_8712_R

ホーチミン市からはタンソンニャット空港の国内線で約60分のフライト。近年観光開発が進むフーコック島は、まだまだ外国人には知名度が低い穴場のビーチエリアとなっています。

ユーンドン市街地に沿って広がる「ロングビーチ」は哀愁ただよう静かなビーチ。海水浴も可能ですが、それよりは砂浜にプラスティックチェアを置いて、ベトナミーズコーヒーやココナッツを飲みながらサンセットを愛でるのが現地ならではの楽しみ方。

また、近年は北側エリアにリゾートホテルが建ち、その界隈では海水浴のほかマリンスポーツを楽しむこともできます。思いっきり泳ぎたい方はそちらのビーチエリアがおすすめです。

 

 

ベトナム各地のおすすめビーチを紹介しましたが、いかがでしたか。中南部以南は1年中泳ぐことができます。ただし、雨季の期間は波が高くなったり、突然の豪雨(スコール)に見舞われることもありますので、雨の心配をしたくない方は乾季に訪れるのがおすすめです。


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

古川 悠紀

古川 悠紀

大学時代に東南アジアを周遊し、2011年からベトナムのホーチミン市に移住。好きなエリアは世界遺産ホイアンと、ビーチリゾートのニャチャン。
観光名所を慌ただしく巡るプランよりも、何をすることもなく、のほほんと時間を過ごす旅行をこよなく愛しています。趣味はバドミントンとカフェ巡り!

この人が書いた記事

  • だからベトナムに行きたくなる!ベトナム人が日本を好きな7個の理由

  • ベトナムの穴場観光地クレイジーハウスに行ってみので画像と感想を報告

  • フォーだけじゃない!ベトナム人にも大人気なローカル麺料理 厳選7選

  • 子供と楽しめるベトナム観光におすすめなホーチミンのテーマパーク 厳選3選

関連記事

  • 安いのに美味い!台湾旅行者に人気なおすすめローカルグルメ 厳選9選

  • フィリピン旅行者がマニラで買う定番雑貨・おすすめお土産 厳選10選

  • 高級料理も食べたい!ラオス・ルアンパバーンの人気カフェ・レストラン厳選10選

  • 海外にもひな祭りがあった?女性の為の祭りナヴァラトリ【インド】

  • シーフードが美味い!プーケットのおすすめ絶品グルメ 厳選10選

  • フィリピン・マニラ観光に外せない、おすすめグルメレストラン 厳選10選