1. TOP
  2. シンガポールの観光名所&おすすめスポット厳選100選【決定版】

シンガポールの観光名所&おすすめスポット厳選100選【決定版】

マレー半島の端に位置するとても小さな国、シンガポール。

東京23区とほとんど同じ広さですが、経済的な基盤の整った国でもあり、グローバル企業からの注目も高いです。そして、小さな国でありながら観光資源も数多くあります。

動物園や植物園、公園、ショー、寺院などバラエティ豊かなシンガポールの観光スポットをチェックしてみましょう。

Sponsored Link

もくじ

1. ラッフルズ ホテル アーケード

singak1
画像出典:http://hospitality-on.com/

ラッフルズホテルの中にあるショッピングアーケードで、見た目はホテルか劇場のような形をしています。特産品やホテルのグッズの他、高級ブランドの店舗も入居している場所です。

人気があるのは紅茶やジャムなど、ティータイムのお伴になるもの。

 

施設名:ラッフルズ ホテル アーケード
英名:Raffles Hotel Arcade
住所:1 Beach Rd Singapore 189673
アクセス:Esplanade駅からすぐ
URL:http://www.raffles.com/singapore/
営業時間:店舗により異なる
定休日:なし

 

2. プラナカン博物館

singak2
画像出典:http://www.fabulouslybroke.com/

ペラナカンというのは中国出身の貿易商人のことで、もともとシンガポールに住んでいた女性と結婚して新たな文化を創り出しました。そんなペラナカンたちが結婚式で使う衣装、刺しゅうなどが飾られているのがプラナカン博物館です。

ビーズ細工などは非常に繊細で、中国の影響を受けたようなカラフルな色使いが特徴です。

 

施設名:プラナカン博物館
英名:The Peranakan Museum
住所:39 Armenian Street, Singapore 179941
営業時間:10:00-19:00(金曜日のみ21:00まで)
定休日:なし
入場料:大人1人6SGドル、子供と60歳以上のシニア1人3SGドル、6歳以下は無料
備考:火-金10:30より無料の日本語ガイドあり

 

3. シンガポール国立博物館

singak3
画像出典:http://openbuildings.com/

ヨーロッパにありそうな白亜の建物が特徴的で、見つけやすいです。シンガポールの歴史と文化、民族について知ることができる博物館で、館内は広く優雅な印象があります。

中庭では食事やお茶などを楽しむこともできます。

 

施設名:シンガポール国立博物館
英名:National Museum of Singapore
住所:93 Stamford Road, Singapore 178897
アクセス:ブラス・バサー駅から徒歩5分、ドービー・ゴート駅から徒歩5分
営業時間:10:00-18:00(入場は17:30まで)
定休日:なし
入場料:大人1人10SGドル、子供と60歳以上のシニア1人5SGドル、6歳以下は無料

 

4. 戦争記念公園

singak4
画像出典:https://limjinjiefyp.wordpress.com/

1967年に日本・シンガポールの政府が協力して建てられた搭で、正式名称は『日本占領時期死難人民記念碑』です。オフィス街にいきなり見える高い塔で、何か展示物などがあるわけではありません。

日本占領下の歴史について考えさせられる場所です。

 

施設名:戦争記念公園
英名:War Memorial Park
住所:Nicoll Highway, Singapore 189562
アクセス:エスプラネード駅から徒歩2分
営業時間:24時間(搭の点灯は19:00-翌7:00)
定休日:なし
入場料:無料

 

5. シンガポール切手博物館

singak5
画像出典:http://www.weekendnotes.com/

カラフルなかわいらしい建物が特徴的で、シンガポールの歴史を『切手』という観点から探り出すちょっとコアな博物館です。歴史的な価値のある切手のほか、珍しい切手などもあり、切手収集家なら何時間も楽しめます。

ここで切手を買って、日本へ手紙を送るのもよいですね。

 

施設名:シンガポール切手博物館
英名:Singapore Philatelic Museum
住所:23B Coleman Street, Singapore 179807
アクセス:シティ・ホール駅から徒歩15分
営業時間:9:00-19:00(月曜日のみ13:00から)
定休日:なし
入場料:大人1人6SGドル、子供とシニア1人4SGドル

 

シンガポール旅行に便利な人気高級ホテルはこちら

6. エスプラネード シアターズ オン ザ ベイ

singak6
画像出典:http://openbuildings.com/

現地の方々には『ドリアン』の愛称で親しまれている劇場、コンベンションセンター、レストラン、ショッピングセンターの役割を担う建物です。シンガポール交響楽団の演奏が行われることでも知られています。

コンサートホールなどは静かな雰囲気です。

 

施設名:エスプラネード シアターズ オン ザ ベイ
英名:Esplanade Theatres On The Bay
住所:1 Esplanade Drive, Singapore 038981
アクセス:エスプラネード駅から徒歩8分
URL:http://www.esplanade.com/
営業時間:店により異なる
定休日:なし

 

7. セント アンドリュース大聖堂

singak7
画像出典:http://www.ne.jp/

英国国教会として1836年に建設、現在の形になったのは1863年のことです。外観は白を基調とした清潔感あふれる作り、内部はブルーを基調とした涼しげで美しい雰囲気があります。

ステンドグラスが大きく、その輝きに見とれる方も多いようです。

 

施設名:セント アンドリュース大聖堂
英名:St. Andrew’s Cathedral
住所:11 St Andrew’s Road, Singapore 178959
アクセス:シティ・ホール駅からすぐ
営業時間:9:00-17:00(行事によって異なる)
定休日:なし
入場料:無料

 

8. エスプラネード パーク

singak8
画像出典:http://www.panoramio.com/

海沿いの公園で、晴れた日や休日には地元の人々の憩いの場となっています。爽やかな海風が気持ちよく、のんびり街歩きしたい方には特におススメ。

この公園を中心として、周囲に上記で紹介した戦争記念公園やエスプラネード・シアターズ・オン・ザ・ベイなどがあります。

 

施設名:エスプラネード パーク
英名:Esplanade Park
住所:1 Esplanade Drive, Singapore 038981
アクセス:シティ・ホール駅から徒歩3分
営業時間:24時間
定休日:なし
入場料:無料

 

9. シティ ホール

singak9
画像出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

1945年の日本軍の降伏調印式、1959年のシンガポール自治政府宣言、1963年のマレーシアとの統合宣言など、近代シンガポールの重要な歴史の転換点の中心地となったのが、シティ・ホールです。

2015年にはこのシティ・ホールをギャラリーにするための工事が開始されました。

 

施設名:シティ ホール
英名:City Hall
住所:3 Saint Andrew’s Road, Singapore 178958
アクセス:シティ・ホール駅から徒歩10分
営業時間:24時間

 

10. シビル ディフェンス ヘリテージ ギャラリー

singak10
画像出典:https://blogofsorts.wordpress.com/

消防に関する博物館で、バーチャル防水体験や消防服着用体験など、子供が喜べる仕掛けがたくさん。休日になると親子連れでにぎわう場所です。

火事から街を守ってくれる消防士たちの裏舞台を見られる場所と言えるでしょう。

 

施設名:シビル ディフェンス ヘリテージ ギャラリー
英名:Civil Defence Heritage Gallery
住所:62 Hill Street, Singapore 179367
営業時間:10:00-17:00
定休日:月曜
入場料:無料

 

11. ジャマエ・モスク

singak11
画像出典:http://www.ghettosingapore.com/

シンガポールで最も古いモスクと言われ、創建は1826年にまでさかのぼります。ペパーミント色のミナレットが特徴的で、外観はかわいらしい感じ。ですが内部は白を基調とした清潔さと荘厳さが混じり合う独特な空間です。

お祈り中の方も多いので、静かに見回りましょう。

 

施設名:ジャマエ・モスク
住所:218 South Bridge Rd., Singapore
アクセス:チャイナタウン駅から徒歩5分
営業時間:月-木10:00-18:00、金曜10:00-12:15、14:30-18:00
定休日:なし
入場料:無料
備考:透ける服やミニスカートはNG

 

12. スリ マリアマン寺院

singak12
画像出典:http://www.thetravellingeditor.com/

シンガポール最古のヒンドゥー寺院で、何と言っても特徴的なのは入口から屋根にかけての彫刻。極彩色の神々や動物がパッと目をひく寺院です。

外の写真と入場は無料ですが、内部の写真を撮るときには3SGドルを払わなければなりません。

 

施設名:スリ マリアマン寺院
英名:Sri Mariamman Temple
住所:244 South Bridge Road, Singapore 058793
アクセス:チャイナタウン駅から徒歩6分
営業時間:7:00-12:00、18:00-21:00
定休日:なし
入場料:無料

 

13. シアン ホッケン寺院 (ティアン ホッケン寺院)

singak13
画像出典:http://www.ghettosingapore.com/

中国から運ばれた石彫刻などを用いた、シンガポール最古の中国寺院です。中国や台湾などでよく見かける寺院と同様に、赤と金を基調とした建物が特徴。

海に面した国ということで航海の安全にご利益のある神様がまつられています。

 

施設名:シアン ホッケン寺院 (ティアン ホッケン寺院)
英名:Thian Hock Keng Temple
住所:158 Telok Ayer Street, Singapore 068613
アクセス:タンジョン・パガー駅から徒歩12分
URL:http://www.thianhockkeng.com.sg/home.html
営業時間:7:30-17:30
定休日:なし
入場料:無料

 

14. 新加坡佛牙寺龍華院

singak14
画像出典:https://www.compathy.net/

チャイナタウンの中心的な仏教寺院で、瓦ぶきの屋根が特徴。現在の建物の形ができたのは2007年とつい最近のことですので、とてもきれいな建物です。

3階は仏教博物館となっており、仏陀の遺物を見ることができます。

 

施設名:新加坡佛牙寺龍華院
英名:Buddha Tooth Relic Temple and Museum
住所:288 S Bridge Road, Singapore 058840
アクセス:チャイナタウン駅から5分
営業時間:7:00-19:00(博物館は9:00-18:00)
定休日:なし
入場料:無料

 

15. ナゴール ダルガー寺院

singak15
画像出典:http://www.guidegecko.com/

19世紀に南インドからやってきたイスラム教徒によって建てられた寺院で、2014年11月にギャラリーなどを作って再オープンしたばかりです。インドから来たイスラム教徒たちの歴史の展示があります。

外観は東洋建築と西洋建築の混在が見てとれます。

 

施設名:ナゴール ダルガー寺院
英名:Nagore Durgha Shrine
住所:140 Telok Ayer Street, Singapore 068604
アクセス:ラッフルズプレイス駅から徒歩6分
URL:http://singaporenagoredargah.com/
営業時間:9:00-17:00(土曜は12:30まで)
定休日:日曜


海外旅行 保険

\ SNSでシェアしよう! /

旅行の達人の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

旅行の達人の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介

chihiro

この人が書いた記事

  • 実は日本にもたくさんある!綺麗すぎて感動する絶景スポット10選

  • まるでファンタジー!幻想的な世界遺産トップ10!

  • 綺麗なビーチならココ!世界の絶景ビーチリゾート10選

  • 彼女をときめかせるホワイトデープラン♪デートスポット特集2017

関連記事

  • ボルネオ島の美味しいと評判のシーフード&インドネシア料理レストラン 厳選10選

  • プーケットだけじゃない!タイのおすすめ離島リゾート観光スポット 50選

  • スリランカの森に埋もれるホテル『ヘリタンス・カンダラマ』に泊まってみた

  • カンボジア・シェムリアップのおすすめグルメレストラン 厳選10選

  • ラオス観光の目玉!ヴィエンチャンのおすすめ仏像観光スポット 厳選10選

  • フィリピン旅行者がマニラで買う定番雑貨・おすすめお土産 厳選10選